ゆきがめのシネマ。試写と劇場に行こっ!!

観てきた映画、全部、語っちゃいます!ほとんど1日に1本は観ているかな。映画祭も大好きで色々な映画祭に参加してみてます。最近は、演劇も好きで、良く観に行っていますよ。お気軽にコメントしてください。
スミマセンが、ペタの受付を一時中断しています。ごめんなさい。


テーマ:

フィルメックス最後の作品は、「エステル」でした。 てんびん座


この作品は、ストーリーが、旧約聖書のエステル記そのままです。

ペルシア王アハシュエロスは、ユダヤ人モルデハイの姪エステルを妻に迎える。しかしモルデハイは、エステルに出身を決して話さない様にと言い含める。王の重臣のハマンは、目障りになったユダヤ人を虐殺するように王に進言し、王は信頼して任せてしまう。それを知ったモルデハイは、妃になったエステルの元へ行き、虐殺を止めるように王にとりなして欲しいと話す。エステルは策を練り、ハマンの陰謀を王に伝え、ハマンは死刑を言い渡される。結局、立場が逆転しただけで、虐殺は終わらない。

というお話です。


ゆきがめのシネマ、試写と劇場に行こっ!!-エステル1

エステル記って、10章しかないので、それほど内容があるわけではないのですが、一方を正しいとすると一方が悪くなり、いつまでも終わらない争いを描いています。ギタイ監督も、そういう悲劇を描きたかったようですが、なんたって25年も前の作品でしょ。古さがとても新鮮でした。


ゆきがめのシネマ、試写と劇場に行こっ!!-エステrう2

これから、「アモス・ギタイ監督-超えていく映画」 として、東京の日仏学院で12月12日まで、たくさんの作品を上映していくようですよ。私も、時間があったら観に行きたいなぁ。きっと、古い作品なので、レンタル屋さんの古典映画のところにあると思いますが、「ゴーレム、さまよえる魂」という作品がとても有名ですよね。映画好きなら、ぜひ観るべき監督だと伺ったので、これから段々とアモス・ギタイ監督作品を観て行きたいと思っています。


ゆきがめのシネマ、試写と劇場に行こっ!!-ギタイ1

私、この監督に興味を持ったのは、彼は、元々建築をやっていて、戦争に行って帰ってきた後、映画へと転向したようです。だから、建物の映し方とかが、すごく美しいんです。好きなタイプの映像です。


伝説なので、感想とか、ほとんど書きません。だって、すごい映画なんだもん。これからも伝えて行きたい映画です。カメ



ブログランキング

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

東京フィルメックスの7作目鑑賞は、「密告者」です。


ストーリーは、

犯罪情報局の捜査官ドンは、常に捜査に密告者を使っていたが、ある事件で素性が暴露された密告者が瀕死の重傷を負うという事態が起こり、罪の意識を背負う。1年後、ドンは、上司から宝石強盗団の捜査のために密告者を使うよう命じられ、ガイという名の若者を密告者として潜入させる。警察は強盗団のリーダーを逮捕することに成功するが、犯罪の痕跡は全て消されており、起訴するには証人が必要となる。ドンの上司は、ガイを承認として出廷させるようにドンに命じるのだが、ドンはガイの身が危うくなることを感づいていた。そしてドンが取った行動とは・・。

というお話です。


ゆきがめのシネマ、試写と劇場に行こっ!!-密告1

これ、全国公開になっても良いくらいの内容で、とても良い出来でした。起承転結がキッチリしていて、とても観やすいし、伏線で刑事の話などもあって、本当に面白いんです。


警察は、犯罪を失くすという名目で、色々な人を利用したり、嘘をついたり、汚い面を持っているんでしょうね。でも、それが人の為になるからこそやってくれているのだと理解していますが、その為に利用された人は、辛い立場になったり、生きていけなくなったりして、万民の為といいながら、じゃ少数民はいいのかってことになったりして、もー、誰がなんだか解らなくなってしまいます。安全は、人の犠牲の上に成り立つということが、こんなに平然と行なわれていて良いのか、考えてしまいました。


ゆきがめのシネマ、試写と劇場に行こっ!!-密告2

捜査官のドンは、自分の仕事に忠実でいようと思いながらも、人としての良心を捨てきれず、段々と壊れていってしまいます。過去に自分の妻とも上手く行かなくなってしまった事実もあり、1年前は自分の密告者を人間として普通に生活することが出来なくなってしまうような悲劇に合わせてしまったり、もう、既にボロボロなんですよ。それでも、仕事と割り切って、部下を従えて頑張っている姿が、あまりにもかわいそうでした。


そして、利用される密告者たちも、警察に弱みを握られていて、どうしようもなくて密告者になっている奴がほとんどで、警察って卑怯だよ~って思うような場面がたくさんありました。これって、現実もそうなんでしょうね~。だって、情報提供者にあげるハズの報酬を、渡さずに、全部警察の裏金にしていたっていう事件ありましたよね。酷すぎるよ・・・。


ゆきがめのシネマ、試写と劇場に行こっ!!-密告3

イケメンのニコラス・ツェーが、ボウズにして、活躍しています。やっぱ、イケメンは、髪が無くてもイケメンなんですねぇ。ステキでした。他の役者さんたちも、アクションが凄かったりして、ずーっとドキドキハラハラの連続でした。面白かったなぁ。


ゆきがめのシネマ、試写と劇場に行こっ!!-密告3

この映画、日本公開、決まってないのかしら。全国公開してもイケるレベルだと思うんですけど、ダメなのかなぁ。すごく面白いですよ。題名をちょっと考えて、変えて欲しいけど、でも、日本で話題になると思います。もし、公開されたら、ぜひ観に行ってください。私は、すごくお奨め映画です。カメ



ブログランキング

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

東京フィルメックス、6作目鑑賞は、「愛が訪れる時」です。


ストーリーは、

レストランを経営する家族の一員である少女ライチュンには二人の母がいる。ライチュンの父は、経営者の娘と結婚して店を次いだが、妻に子供が出来ない為、妻の同意のもとに従業員の女性ツーホァを2番目の妻に向かえ、ライチュンと妹が生まれた。今もレストランで働いているツーホァは、仕事中に産気づき、男の子を産む。跡継ぎの誕生に喜ぶ家族だが、ライチュンは冷ややかだ。彼女は、母が高齢出産の危険を冒してまで男の子を産もうとしたことが理解出来ない。そんな時、ライチュンは自分自身が妊娠していることを知る。だが、 ボーイフレンドは消息を絶ち、電話にも出ようとしない。ライチュンは子供を産むかどうかの選択に迫られる。

というお話です。


ゆきがめのシネマ、試写と劇場に行こっ!!-愛が1

この作品、先日、台湾のアカデミー賞のような賞を頂いたそうです。すごいでしょ。監督は、前回のフィルメックスで「お父さん、元気?」が上映された、チャン・ツォーチ監督です。私、この映画も観たのですが、とっても良かった覚えがあります。


今回は、レストラン経営をしている家族7人と産まれてくる子供の普段の生活を追いながら、色々な苦難があったり、一緒にいるのに解り合えなかったり、笑いがあったりと、活き活きとした生活を描いています。この監督の作品は、いつも、とても人間が生々しく描かれていて、普段の生活の中で起きる出来事をそのまま映像に収めているように見えて、なんだか、とても暖かい感じを受けるんです。


ゆきがめのシネマ、試写と劇場に行こっ!!-愛が3

現代の台湾でも日本と同じで、若いライチュンは、何も考えずに、恋人と避妊もせずに行為に及んでしまい妊娠してしまいます。どうして、そういう危険があると考えないのかな?堕ろせばいいと簡単に思っているのかしら。はっきり言って、私も人の事を批判出来る様な生き方をしてきていないのですが、子供を育てられる環境を作れないのに危険な賭けはしませんでしたよ。収入も無いのに、どうして避妊しないかなぁ。ま、環境を整えてみたら子供が出来ないって事も往々にあるけどね。(笑)


ゆきがめのシネマ、試写と劇場に行こっ!!-愛が2

二人の母親が同じ家で暮らしているような複雑な家庭なのにそれなりに娘も育っているし、一人の男を共有しているのに二人とも割り切って助け合っているという、家族というものが、すべてを超越して成り立っているという事を描いていて、素晴らしいと思いました。そして、一人ひとりの心の描き方が繊細で、とってもステキです。


自閉症のおじさん役をやっている方が、すごく上手くて、本当に自閉症なのかと思ってしまうほどでした。娘役の二人は、16歳と17歳の時に撮影したそうで、とっても輝いていて、可愛いです。これからが楽しみですね。


ゆきがめのシネマ、試写と劇場に行こっ!!-愛が4

これ、日本公開されるかなぁ。もし公開されたら、ぜひ観に行ってみてください。観た後に、とっても暖かい気持ちになる映画です。派手な展開はありませんが、なんだか、イイんです。公開されるといいなぁ。カメ



ブログランキング

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。