ゆきがめのシネマ。試写と劇場に行こっ!!

観てきた映画、全部、語っちゃいます!ほとんど2日に1本は観ているかな。映画祭も大好きで色々な映画祭に参加してみてます。最近は、演劇も好きで、良く観に行っていますよ。お気軽にコメントしてください。
スミマセンが、ペタの受付を一時中断しています。ごめんなさい。

勝手映画評及び舞台評です。自分の思ったことを脳から直接指先に排出しているので、制御が効きません。音譜


映画館、試写会での鑑賞の他に、映画祭の記事も載せています。他に、舞台なども好きなので、そちらも読んでください。私の趣味満載のブログです。文句などがあっても、お手柔らかに。コメントなど、反映に長くて1日かかる場合がございます。申し訳ありません。待っていて下さいね。カメ

ペタを一時中断させていただいています。スミマセン。

NEW !
テーマ:

「劇場版 ソードアート・オンライン オーディナル・スケール」を観てきました。

 

ストーリーは、

VR(仮想空間)世界へのダイブ機能を排除した代わりに、AR(拡張現実)機能を最大限に広げた最先端ウェアラブル・マルチデバイス「オーグマー」が発売され、「オーディル・スケール」と呼ばれる専用のARMMO RPGによって、オーグマーは瞬く間に世間に広まっていく。アスナたちもプレイしているそのゲームに、キリトも参戦しようとするのだが……。

というお話です。

 

 

VR(仮想空間)へダイブしてプレイするゲームが事件により下火になり、今度はAR(拡張現実)というシステムによりゲームを楽しむことが流行り始めます。「オーディル・スケール」という専用の機器により、現実の世界で自分の身体を使って、仮想で現れる敵を倒してポイントを稼ぐというものです。

 

「ソードアート・オンライン」の事件で活躍したキリトとアスナは、今、穏やかにVRを愉しみ、その絆を深めていたのですが、オーグマーが社会に浸透し、VRよりもARのゲームにハマる人間が増えて、アスナたちもゲームにハマり始めます。そしてキリトにも、一緒に参加して欲しいと言うのですが、キリトはあまり乗る気ではありません。

 

 

オーグマーでは、ユナというキャラクターがゲームマスターとして登場するのですが、あまりにも人間的なので、もしかすると人間が演じているのではないかと噂になっています。そんなユナが、ある時から、ゲームの上位の者にボスキャラが出現する特別ステージの連絡を送るようになります。アスナたちはキリトを連れて、ボスキャラが現れるという現場に行ってみると「ソードアート・オンライン」に登場したボスキャラが何故か現れて、襲ってくるようになります。アスナは既に戦ったことのあるキャラなので、弱点を知っていて倒すことが出来るのですが、キリトは、まだオーグマーの使い方を身に着けることが出来ず、ほとんど参加することが出来ませんでした。

 

 

それからボスキャラのイベントが何度か始まるのですが、その度に、参加した人々の記憶が消去されていくというおかしな現象が起こり始めます。アスナもその一人になってしまい、ソードアートの記憶を無くし、キリトとの事も段々と忘れて行ってしまいます。キリトは、アスナの記憶を取り戻すため、オーグマーの秘密を探り、沢山の人々の記憶を取り戻そうとするのですが、そこにはユナという少女の哀しい記憶があり・・・。後は、映画を観てくださいね。

 

 

えーっと、私、TVドラマも小説も、全く知らずに観に行ってしまったので、本当の事を言って、全てを理解することが出来ていないと思います。ある程度は分かりましたが、知っていれば、もっと楽しめたのだろうなと思いました。ちょっと残念。TVアニメ版だと、キリトが、きっと、もっとカッコ良かったんだろうなと思いますが、今回は、キリトの戦い場面が少なかったので、もう少しアクション場面が観たかったなと思ってしまいました。

 

 

このオーグマーっていうシステムが本当に出来たら面白いでしょうね。街中で戦闘は困るけど、どこかスタジアムみたいなところでやるなら、それはもう、面白いだろうなぁと期待してしまいます。これなら身体も鍛えて健康になるだろうし、楽しそうですよね。でも、勘違いして、仮想現実と、現実が交錯してしまって、人を傷つけたりするような事件も起きそうなので、そこら辺の対処方も考えながら開発して欲しいです。

 

 

なんか、このお話、まだまだ続きそうですね。次もあるようなら、小説を読まないと、やっぱり、良く解らないのでダメですね。今後、読んでいきたいと思っています。もう、読む本が多すぎて、対応出来ないよぉ。クローンでもいれば、そちらに読ませて、脳だけシンクロさせれば良いんだけどなぁ。もー、映画も観て、本も読んで、仕事もして、演劇も観て、その上、家族サービスって、そりゃ、無理ですよねぇ。(笑)

 

話戻して、ユナの声を神田沙也加さんが演じられていました。やっぱり可愛くて上手いよねぇ。出来れば歌も彼女に歌って欲しかったけど、歌は違ったみたい。出来たら、歌もすべて、彼女がやってくれたら、結構、良かっただろうなって思いました。もちろん、他の声優さんたちもステキでしたが、やっぱり神田さん、良かったなぁ。

 

 

この映画、私は、お薦めしたいと思います。私のように、初めて観ても、ある程度は分かるし、楽しめるので、良いと思いました。絵もキレイだし、ストーリーもまとまっていたし、子供用ではなく、大人の楽しむアニメかなと思いました。でも、出来れば、この前の話も理解してから観た方が良いような気がしました。私も、読んでいけばよかった。ぜひ、観てみてください。

ぜひ、楽しんできてくださいね。カメ

 

 

劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-|映画情報のぴあ映画生活

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。