〜まんがだから伝わる魅せられる〜 渡すだけで売りが伝わる!!まんがチラシ

まんがライター りんどうまきです☆

自分の売りを伝えにくい方にお勧めのまんがチラシ・4コマまんがをご提供しています。
口下手で自分の売りをうまく伝えられない方にも最適!
まんがの効果をぜひ体感してみてください☆

まんがライター りんどうまきのブログです。


あなたの想いや商品の魅力・お客様の感じる「素敵」「すごい」をカタチにして
お客様にお伝えするお手伝いをしています。

ハートの点(blue)商品の魅力をカタチにする:まんがチラシ&4コマまんが

らくがきまんがチラシ 4コマまんが

ハートの点(blue)お気軽にご相談&お問い合わせください mail*【お申込みフォーム】


ハートの点(blue)あなたの魅力をカタチにする:コンサルメニュー
最短夢実現コンサル 強み深堀セッション

ハートの点(blue)お気軽にご相談&お問い合わせください mail*【お申込みフォーム(コンサルメニュー)】




くまブログ:くまことば
Webサイト:Twinkle★Drops
NEW !
テーマ:
AIと働き方と教育の話、を聞いてきました。

正確には、こんなイベント名。長い…

おもしろかった!!
講演も、パネルディスカッションも、もっと聞きたかったなぁ、という感じ。
かなり駆け足でお話されていたので、じっくりがっつり聞きたかったなー。

{32C23EA8-806B-4E01-A92C-DB3C2223EB41}

AIが今どのように進化してきたのか、という話や
そもそもAIってどんな風につくられて進化していくのか、どんなものか、や
今後どのように進化するかわからないくらい加速して進化している、という話など

ITの専門家や実際にいろんな層でAIに関わってる方の話もあり
知らないことが多くて、興味深く聞きました。


仕事がAIでとってかわられなくなるだろう、という説は実際どうなのよ?とか、
人間だからこその力、の部分と(これから必要とされる力)
AIにとってかわられる可能性の高い力、の部分と(これから不要になる力)
過渡期である今はどちらも必要、とか
詳しく知っている人だからこその、リアルな話もあり。


でも、結局、
具体的な仕事の内容なり、役割なりは変わるとしても、
必要なのは、
自分で見つけて、自分で考えて、自分で決める力。

それは、状況が変わろうと、変わらないなぁ、と。
変化があっても対応する、順応するために、必要な力が大事で、
人に答えを求めて、それに従ってたらなんとかなる、ではダメだなぁ、ということ。

こうなるだろう、という説があったって、ほんとにそうなるかはわからないし
これが必要になる、というのが当たってるとしても、合う合わないがあるのだし

そのときの状況みて、自分ができること考えて、
どうするか、どうしたらよさそうか、自分が決めるだけ。

「本質」という話もあったけど、
結局自分のことわかった上で、やりたいことできることを見つけてやってく、ってこと。


「知る→使う→つくる」
「妄想力」
という話も個人的には興味あるキーワードだったなぁ。
特に、日本人は妄想するのが得意、そこから生まれるものがある、というのは
納得だし心強くもあるかな、と。
シリコンバレーとは違う考え方だから生み出せるもの、を意識したらおもしろいかもね。



AIの時代がくる、のは確かだし
それによって時代が大きく変わるけども
どうなるかわからないからこそ、
わからなくてもその場その場で自分で考えて決めることが大事だし
その力さえ育てていればなんとかなる、のは、状況がどうなろうと変わらない。

AIがどう進化しようと、ほかに何かがあろうと、特に何もなくても、
結局個人として本質的に必要なところは同じで、そこを意識したらいいんだなぁ、と思いました。


AI自体の話は、もっと知っておきたいなぁ、とは思うので
紹介されてた本など読んでおきたいな。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
質問力、うまく使えてますか??
よい質問をする、よい聞き方をする、
それだけで相手との距離がぐっと縮まってコミュニケーションがうまくいきます
きらきら

ついつい、こんな話し方しちゃってません??
下
思い込みをもって話したり聞いたりしてしまう
聞くのが下手、ちゃんと話を聞けない
尋問のような質問になってしまう
思い通りになるように誘導して話そうとしてしまう
話してて「勝とう」としてしまう

うまく使えば
相手をよく知れる、距離を縮めたり意思疎通がうまくいくツールになる
「質問するチカラ」

使い方がよくないと
自分の想いを押し付けたり相手を傷つけたりしてしまう、
困った力になってしまいます。

そこで
質問力を鍛えたい方にぴったりの
柴田朋子さん「質問力を身につけよう」セミナーを開催します
前回開催時には増席になった、人気のセミナーです。

{CA0BA905-22E4-4350-8CD1-6D6A3A2850D1:01}

「質問」って
コミュニケーションのはじまりになる
んですよ。

そして
「相手のことを知りたい」「あなたに興味があります」っていうのを
伝えるものでもある。


「何かをもっと深めたい」「一緒に考えたい」っていうのを
伝えるものでもある。


そういうチカラがいいなぁ、と思って
自分でも&ほかのところでも学んできたのですが

柴田さんの質問力セミナーを開催したいなと思ったのは
いつもいつもセミナーで柴田さんの受講者の方への質問を見ているから。
柴田さんの質問が
受講者の方々が考えるきっかけになったり視点を変えるきっかけになったり
「いい質問で変わっていく」ところを何度も見ているから。


{82523E71-1F78-4757-B0E8-5E761D4894D0:01}

同じようなことを伝えるのにも
「どんな風に質問するか」
「どんな風に聞くか」

というのが変わるだけで
相手の反応もその後の行動も全然違うものなのです。

質問力ってパワフルなので
うまく使えるようになったら伝える力がぐっと大きく広がりますよ!!


ビジネスでの仲間やお取引先との関係に使うだけでなく
お子様や旦那様との関係をよりよくするにも使える、

お勧めのセミナーです。




花日程
  12/12(月) 
  10時~13時 「質問力を身につけよう」セミナー


花価格 8000円
   
花 場所 新橋近辺
    
花 定員 12名

花お申込み
ノートパソコン(PC)携帯電話(携帯) https://ws.formzu.net/fgen/S17525538/


花キャンセルポリシー
リンク  【キャンセルポリシー】

お申し込みお待ちしています


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
何かやりたいこと、やらなきゃいけないこと
とりあえずやってみようか、というときに
どこからやれば何からやればいいだろう??となってしまうこと、ありませんか?

特に、すごい大きな作業とか、量が多いときとかきに
どこから手をつければいいかわからなくて、はじめられない、とか
とりあえずはじめてみたもののうまく進まない、とか
そういう状態になりがちです…

{3A746632-EDD8-4F59-BDA7-CC22C49ACB67}

そういう場合
とにかく目の前にあるものから手をつけたりとか
やりやすいものからやってみたりとか
一気に体当たりでやろうとしたりとか
まずやってみる、のもありだけども

まずはじめに
いったいどれくらいの大きさなの?
いったいどれくらいの量があるの?
全体を把握することが大事です。

当たり前、に聞こえるけども
全体把握ができていないから、
計画が立てられなかったり、計画立ててもそのとおりにできなかったりする。

ちょっと遠回りでも、その、基本が大事なのですよー

やり方がわからないから、うまく計画や行動ができないだけで
やり方がわかれば、ステップふんでやっていくだけ、なのです。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
会話のきっかけのためにする「質問」
情報がほしくてする「質問」

どちらにしても
相手に気持ちよく話していただける、
楽しくまたは/およびスムーズに話が続く、
のが望ましい状態だと思うんだけど

なんかうまくいかないな、というとき

「質問」でなくて「尋問」になっていませんか??
{F6CF9C92-7791-46C4-93C5-2B1D5329DBD0:01}
質問も尋問も似てるけど

というか質問の一種として尋問があるかなと思うけど

尋問状態、ってめっちゃ圧迫感がある。


質問でなくて尋問みたいになっちゃうときって
矢継ぎ早に質問投げるとか
一方的に質問しまくるとか
高圧的に質問して答えさせるとか
相手が言いたくないことまで無理に聞こうとするとか

相手のペースでなく自分のペースだし
相手が話しやすいことより自分都合になってると思うのね。

相手が全然、会話として楽しめてない感じ。


逆に言えば
相手のペースで、相手が話しやすいように、会話を楽しめるように
質問したら
スムーズに話せるはずですよね。

相手ありきでの、質問です!!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
講師として話すときとか
講演だとかお話し会だとか
人前に出て話すとき
どこを、何を、見ながら話してますか??


1人に話しかけるようにした方がいい、とか
見る人を決めて話した方が緊張しない、とかも聞くけども

そういう点ではなくて
講師として(話を伝える人として)
どういうところを見ながら話を進めているか、ということ。


教える、伝える、という立場からは
つい、用意してきた話をめいっぱい話し切ろう、としてしまうけども
予定どおりに話す、たくさん伝える、のが大事なのではなくて
聞いている人に伝わる、ということが大事です。

伝わってなさそうなら、わかりやすい例を加えるとか、
そもそも聞いてないなら、引き付けるような工夫をするとか、
予定どおりに話し切る前に、伝えるためにいろんなことをしていかないといけないですよね。

{86DA283F-715D-40F1-B216-5D6F7D3C1A8D}

なので、
受講生や聴講者が受け取れきれるように、
話を聞いてどれくらい伝わっていそうか、を見ていく必要がある。

どうやって見ていくか、というと
受講生や聴講者の反応を見るのです。


そんな、シンプルで簡単そうなことだけども、
しっかり話さなきゃ、教えなきゃ、と思っていると
目に入りにくくなることもあるし
多人数の人相手だと、なかなか見えないこともある。


どういうときに、どんな風に見ていけば
反応をたくさん拾えるようになるのか?


いろいろ応用できる視点や動き方なので、ぜひヒントをつかみにきてくださいね!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。