不登校児にやるべきこと!

テーマ:
{A123B5E1-28B1-44A7-B3CF-7C623E733D1C}

確かにお子さんは学校という枠にはまらなくてもいいです。

🌏日本や世界の良い言葉、良いことを次の世代に繋げる番組を作っています。

これから書くことは、思い当たる節がある方はカチンときます。塾もやってるし、不登校ともご縁のある子育て体験もあって


しかしお子さんのために書きます。




【親による様々な不登校の時の対応について】


親が小さい頃からきちんとしていた子であった場合

・色々な体験から、自由に生きることに夢を描きます。だから、子供の不登校の理由を
自由に本音が言えるって素晴らしいと思う傾向があります。


・親自身の枠を取れずに、自分は頑張ったんだらなんとかして学校に行かせようとするあまり、問題の焦点がずれて自分や子供の精神が辛くなる傾向にあります。


・家族の中で不登校に対する意見が対立した場合、母親などが落ち込み、自分のことで精一杯になる傾向があります。


◆親がかつて不登校だつた場合

・自分のようにならないように、きちんと行かせたい!いくことが正義であるように本質とはずれる傾向の方もいます。


・そうよ、学校なんて辛くても行かなくてもいいわよ。私だってそうだったし、なんとかなるわよと、ものすごく楽天的に考える方がいます。


◆親が他人によく叱られた経験がある場合

・人のことは気にしなくてもいい!
自分は自分で生きなさい!
私は応援するから


色々なバリエーションがありますね。
でも、

親御さんの過去の生き方、
心の強さ


などでかなり対応が違うこともわかります。


ここで義務教育というものについて考えてみますと

そもそも教育を受ける権利というのはここ200年くらいの観念です。
それまでは、一部の人以外は読み書きなんて知らない方がいいくらいに考えられていました。
特権階級の特別なことだったのです。


それが、民主主義になり、国民一人ひとりが最低限の教育を受ける権利を持ちました。

どうかすると昔、一個人としての子供ではなく、

労働力としても子供

が望まれていた悲しい時代もありました。
読み書きなんて知らない方が使いやすいですし。


しかし色々な時代へて義務教育というものが生まれました。
最低限の教育と定めらたものを

子供たちは教えてもらえる権利を手に入れたのです。

同時に、学問の面だけではなく、社会を身につける場としても学校を位置付けました。


ですから、学問、社会性を二本立てで学ぶのが学校です。

今の社会でよりよく生きるための訓練を受けることができるわけです。
そして、義務教育の義務は親御さんの義務です。


もし、学校に行かない場合、
学問を義務教育レベルまで教えるのも親御さんの義務です。

学校に適応しないので行きたくないことを認めるのなら、どうやったら社会に適応できるようになるかを考えるのも親の義務です。


義務教育の放棄(不登校)をするということは

義務が
公教育から親御さんに移ることです。

子供に教育を受けさせるのは親の義務ですからきちんと対策を立てなくてはいけないのです。


そこが大切なことです。

それこそ、学校委ねないのと決心したその日から
親の義務はすごいことになります。

テレビの「下克上受験」のお父様のように、お家の中に学校みたいな部屋を作って、覚えても覚えなくても知識は親が教えなくではいけません。

法治国家では、法律を守るわけです。
義務教育を受けさせるのは親の義務、
ご両親は大変な責務を負うわけです。


こんな重荷もあるので子供に対する気持ちは親の過去の体験を反映させず無垢に向き合わないといけないなと様々な親御さんにあっていて思います。

不登校を批判も肯定もしていません。

お子さんの権利と、
親御さんの義務の話から書いてみました。


現在、不登校、あるいは不登校気味のお子さんをお持ちの人は

登校を目指すのも
不登校で生きるのも

わたしがあれこれ言っているのではありません。


ただ、不登校の場合は、その子に対するカリキュラムを立てるというものすごく親御さんのやることが増えるから頑張って欲しいなと思っています。

教育をどうつけていくか、
社会性をどう構築していくか
ストレス耐性をどうやって作っていくか


親御さんの考えることは山ほどあります。
色々な学んで子育てしてくださいね。
お子さんの年齢は毎年1つずつ増えて待ってはくれませんから。

いつでも多数派が社会の常識になっていくのでマイノリティは生きづらいです。
でも、決めたならレッツゴーです。



🌏日本や世界の良い言葉、良いことを次の世代に繋げる番組を作っています。

ホンマルラジオ愛知  
「いいこと見つけてサニーピャ」 
パーソナリティ  

スーパーメリットアドバイザー
自己肯定感アップほめ愛トレーナー 
アカシックカードメッセンジャー
Akariです。 








AD