2017-07-17 08:00:00

キハダ~♪

テーマ:ブログ

 

キハダは順調です♪

 

でも湾内のナブラは難しいです。

ナブラの質にもよりますが簡単には釣れません。

 

相模湾のキハダは、簡単には釣れません。

釣れる確率は上級者で15%、一般的には3~5%と言われているようです。

 

毎週通うアングラーで最初の一本に出会うまでに平均2年かかると言われます。

 

また一本に出会うまでに投資する金額は平均40~50万円らしいです。

 

確かに納得出来る数字です。

 

キハダゲームはキャスティングの精度&飛距離で決まると思っています。

ルアーのアクションは三の次、四の次だと思います。

 

人より釣りたければ、とにかくキャスト練習をしましょう。

まともに投げれない人には釣れません。

 

ナブラの形態を一瞬で見極めて何処に投げればいいのかを瞬時に判断出来る人はやはり釣ります。

 

私もキハダを始めてもう6年目。

自分で操船して多くのナブラを見てきたので、キハダさんの気持ちが少しずつですが分かってきたように思います(笑)

 

 

 

 

場所によっては良いサイズもボチボチ混じり始めました♪

 

まぁ良いサイズといってもヒレがまだ長くならないギリギリのレベルですけどね(笑)

 

40キロ越えると格好良いヒレ長の個体が多くなります。

 

 

【タックルデータ】

 

バックアッパー98/3

ツインパワー8000HG

オッズポート3号

D-SPEC60ポンド

ララペン165Fテストカラー

 

初期ドラグ5.5キロ

最終ドラグ7キロ

ファイトタイム2分

 

 

 

 

 

 

 

まだまだイワシ団子は少なく、誘い出しパターン。

エサはワカシ、ムロアジ、飛魚。

 

このパターンは飛距離が出た方が圧倒的に有利ですから、ショアキャスティングロッドのレングスから生まれる飛距離が大きな武器になると感じています。

 

22キロ~30キロまで今年はこの誘い出しパターンで例年より多くのキハダに出会えています。

 

 

 

 

【タックルデータ】

 

バックアッパー98/3

ツインパワー8000HG

オッズポート3号

D-SPEC60ポンド

ララペン165Fテストカラー

 

初期ドラグ5.5キロ

最終ドラグ7キロ

ファイトタイム2分

 

 

乗合い船は人数も多く制限が出てしまうのでロングロッドの使用は控えた方が良いと思いますが、少人数のチャーター船であればロングロッドの使用も全く問題ないので誘い出しパターンの釣果は確実にアップすると思います。

乗合いとチャーターは全く別物と考えた方がいいですね。

 

ララペンにインナーグリッターと強化蒸着メッキのテストカラーを試してますが反応は頗るいいです。

 

キハダは確実に色を見てますね。

そう感じます。

ABSだから可能な光の透過は大きな武器だと思います。

 

 

順調な所ですが、第二子の出産予定日が7月20日なので、キハダは一回中休み。

 

また8月頭から始動します。

 

それまでは子供の世話と開発に専念です♪

 

 

 

 

 

今年もこんなの釣りたいぞ(^^)

デッカイ新群れが待ち遠しい。

 

参考までに昨年の58キロのタックルデータです↓

 

 

【タックルデータ】

 

バックアッパー98/4プロト

ツインパワー8000HG

ウルトラキャストマンフルドラグ4号

キャストマンアブソーバー70ポンド

ララペンマグナム200Fピンク

 

初期ドラグ6.5キロ

中間ドラグ8キロ

最終ドラグ10キロ

 

 

ファイトタイム7分16秒

 

 

 

あ~ウズウズする(笑)

早くデカイの来い(^^)
 

 

 

AD

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。