↓全国から届くJUMPRIZEルアーでの
釣果レポート専用↓

JUMPRIZE BLOG
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-07-19 11:15:40

飛びキング絶好調~♪

テーマ:ブログ

 

7月18日の早朝4時11分に無事に第二子が産まれました。

男の子です。

たくさんの祝福メッセージありがとうございましたm(_ _ )m

 

 

1500429813423.jpg

 

 

陣痛で苦しむ中、2歳になったばかりの勇飛はピース全開です(笑)

 

 

1500429833251.jpg

 

今回は陣痛が来てから9時間でした。

名前は朝昇(あさひ)です。

 

 

 

さて、今日も昨日も病院から帰ってきたら開発室で夜中まで設計作業~。

 

飛びキング105HSも最終調整を終えて、いよいよ量産に入ります。

 

11月中の発売を目指していますが、順調に進んでいるので晩秋~冬の外洋トップシーズンにおそらく間に合いそうです。

 

サーフからのフラットゲームでは実績がどんどん積み重なっています。

 

青物やヒラスズキも意識をして開発したルアーではありますが、やはり飛びキング105HSの性能が最も活きてくるのはサーフゲームです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水温の上昇する夏のサーフは基本的にフラットフィッシュのサイズが伸び悩みます。

激戦区の遠州サーフでは周囲の釣果が伸び悩む中、飛びキング105HSには驚くほどコンスタントにヒットがあります。

 

ぶっ飛び君95S、かっ飛び棒130BRの釣り方と異なり、飛びキング105HSはメタルジグと全く同じ感覚で使用できるミノープラグという認識で操作してもらえばOK。

 

メタルジグのアピール不足とアクション不足を完全に解決させた、しっかり中空部を確保したプラグですから従来獲り切れなかった魚達をヒットに持ち込めるのは当然と言えます。

 

 

 

 

 

 

 

ただし、ぶっ飛び君95Sで届く範囲内に魚が居て、ボトムをしっかりと感知できる海況であれば、浮遊感の高いぶっ飛び君95Sの方が断然釣果は期待できます。

 

また水深が浅く、飛びキング105HSでも頻繁にボトムコンタクトを行なってしまう状況では、浮き上がりの強い、かっ飛び棒130BRの方が当然強いわけです。

 

フッキング、ヒット後のバラシ率等を考えた場合はやはりぶっ飛び君95S、かっ飛び棒130BRに分があります。

 

飛びキング105HSは従来メタルジグで攻略していたシチュエーション攻略を徹底的に突き詰めたルアーであり、ぶっ飛び君95S、かっ飛び棒130BRの代用品にはならないので、全く別物と考えてください。

 

 

ぶっ飛び君95S

かっ飛び棒130BR

飛びキング105HS

 

 

この3アイテムを状況に合わせて使いこなせれば対遠距離戦は完璧です。

変にサイズ展開をしないのも、細かなサイズ調整はたいして意味がないと感じているからです。

 

発売までまだ4ヶ月ありますので引き続きテストを継続していきます。

 

8月末~9月上旬にはララペン125Fが発売になります

 

ショア青物をメインに考えて設計されたルアーですが、やはりオフショアでも強いです。

受注は8月1日から開始する予定です。

 

プチボンバー70Sは9月末~10月上旬の発売予定です。

 

こちらは8月末のツネミ受注会から受注開始予定です。

 

よろしくお願い致します(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。