SPECIAL POLICE UNIT 誠の旗の下に

  新選組・幕末史関連の記事と紀行文、すみやかに異文化を取り入れた新選組隊士たちにあやかって、ちょこっと国際交流を書いています。


テーマ:

豊臣家の人々

 秀吉に呼ばれながら、重い腰を上げなかった父昌幸が、いよいよ長男信幸をともなって、大坂にやってきました。再会を喜ぶ信繁ですが、そこは秀吉、今度はなかなか父と兄に会ってはくれず、間に入って右往左往の信繁です。

 茶々の口添えもあって、何とか秀吉からは直接、所領安堵のお墨付きをもらいましたが、家康傘下の与力大名になるようにとのお達しで、真田家としては頭の痛い話です。ただ、こうやって大名たちを豊臣の傘下に収め、天下統一が進み、戦乱のない世になかになっていったのかと、興味深いものがありました。

 

 秀吉が茶々に側室になるようにと、くどいています。返答に迷う茶々はなぜか、信繁に相談。高貴な生まれながらも、茶々の過酷な生い立ちを聞き、小さくても愛情深い一家で育った信繁としては、同情するしかないですが、相談されてもねぇ。信繁は「殿下の側室になるのが幸せかどうかはわからないが、側室にならなければ、不幸になるでしょう。」と答えていました。

 茶々は側室になることを決意し、護衛役だった信繁をお役御免にしました。そして、「再び、再会して、同じ日に死ぬだろう。」と予言していました。再会は当然ありますが、同日に2人が亡くなることはありません。何日ずれるかは、本ドラマの最終回を楽しみにしていてください。それとも、三谷さんのことだから、同日にするつもりなんでしょうかねぇ。

 今回、茶々の母で信長の妹、お市の方の話題が出ていました。戦国第一の美女とたたえられたお市さんです。


4



持明院1

 ここ高野山の小坂坊持明院は、お市の次女、お初の嫁いだ先、京極家の菩提寺でした。その縁からか、お市と浅井長政の絵姿が残されています。お寺の古文書には、京極高次(お初の夫)が当寺院を訪れたという記録があると、お寺の方にお聞きしました。



5

 この絵はお市の没後10年を期して描かれたそうで、元は長女の茶々が持っていたものを冬の陣が終わった後、お初に渡したのではないかとお寺には伝わっているそうです。これは精巧な模造ですが、本品は重要文化財に指定されています。



6

 こちらは長政の没後17年に描かれた絵姿です。お市と一緒に描かれたようです。


8


7

 お庭には、牡丹やシャクナゲの花が咲いていて、とてもきれいでした。


3


2

 今、南海電車はラッピングされていて、楽しいことになっています。


9


10

AD
いいね!(5)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

5月5日は真田信繁の法要

     ~信繁忌~

 信繁は秀吉に気に入られ、馬廻役(護衛役)になりました。信繁は豊臣の姓と従5位下 左衛門佐(さえもんのすけ)という官位をもらいますので、豊臣家の家臣団の中で厚遇されていますから、何らかの役回りをしていたのは確かです。




若い信繁、秀吉はじめ、豊臣家の人々に振り回されています。信州では真田家の中で守られていた次男坊ですが、大坂という大都会にやってきて、宮仕えをしながら、修行に励む日々です。

出雲の阿国に緊張した時には、腹に力を入れて息を吸い、ゆっくりはくという対処法を教えてもらい、練習している信繁です。それを夜中の秀吉vs家康会談で2人に教えるという場面は傑作でした。思わず、見ている筆者もまねして、息をはいてしまいました。3回、4回見ても、おもしろいというこのドラマ、堺さん、小日向さん、内野さんら達者な役者さんたちの名演技の賜物ですね。


茶々の護衛役を秀吉に仰せつかった信繁の今後、何やら波乱含みです。上田から父や兄たちも上洛してきて、大坂を舞台とした物語も盛り上がってきました。


信繁たちが見上げている大坂城の天守閣、壁が黒いです。修復されて真っ白すぎると言われているのは姫路城ですが、この黒と白のお城の境目は関ヶ原だそうです。関ヶ原以前に建造された城は、概ね黒色で、関ヶ原以降、江戸城が建造されて以後は白色が流行したそうです。

コストは白色の方がかかるので、関ヶ原の戦いが終わり、平和になった時代になって白色が流行しました。現在の大坂城の天守閣は、江戸期の天守台に昭和になって造られた天守閣が乗っていますが、豊臣期のものを再建するつもりだったのなら、もっと、壁を黒くするべきでした。それでも、最近の大修理の際に、以前よりは黒壁に近くなりましたが。


今年も5月5日に、大阪玉造の心眼寺さんで、真田信繁の没後401年目の法要を行わせていただきました。多数、ご参列いただき、ありがとうございました。心眼寺さんには、いつもきれいにお墓を守っていただき、感謝しています。






8


3

先日、テレビ番組で心眼寺さんが登場していました。そこで、心眼寺さんに六文銭をかたどった刀の鍔があることを知りました。御住職さんにぜひ、見せていただけないかとお願いしましたところ、快く持ってきていただきました。




結構大きく、太刀の鍔だと思います。明らかに、誰かが使用していた六文銭の鍔です。最近の物ではありません。よい物を見せていただきました。






3

信繁の命日は慶長20年5月7日ですので、ぜひ、来年も5月5日に法要を行わせていただきたいと願っています。今からご予定いただけますと、幸いです。お墓の前で、信繁の生前最期の書状を読む・・なかなかできない経験です。




4

最近、心眼寺さんの山門に大阪市の銘板がはられました。


5

真田丸の説明があります。


6

こちらは寺前の明星学園の横に設置された石碑です。


7

詳しい説明が載せられています。このあたりの史跡も整備されてきました。さすがに大河ドラマはえらいものです。







2






AD
いいね!(5)  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

         心眼寺

 大河ドラマ「真田丸」で人気の真田信繁の命日は、旧暦の5月7日です。今年は、没後401年目にあたります。

 大阪市天王寺区餌差町にある心眼寺は真田信繁と息子大助の菩提寺になります。最近、NHKによる地下調査で「真田丸」が餌差町にあったことが判明しました。心眼寺はその東端になります。


 5月5日(木)午後2時半から、心眼寺の御住職様に法要をお願いしました。参加自由ですので、どうぞ、ご参集ください。


 また、筆者とともに真田丸の現地を歩いてみようという方は、「大阪あそ歩」の5月5日、1時から地下鉄森之宮駅西改札集合のコースに申し込んでください。

 皆様とご一緒に、信繁の遺徳をしのびましょう。



0信繁


 

AD
いいね!(9)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。