農林水産省出身のお気楽な作家、林雄介のブログ!

お気楽系作家・政治経済評論家の林雄介のアメブロ探求記。(日本ペンクラブ、日本文藝家協会、日本児童文学者協会会員、元農林水産省キャリア官僚。のんびり、まったり。林雄介with you。)

お気楽系作家・評論家の林雄介のアメブロ探求記。〔日本ペンクラブ、日本文藝家協会、日本児童文学者協会会員、農林水産省退学。のんびり、まったり。林雄介with you。〕早稲田大学政治経済学部、早稲田大学大学院(経済学修士)
NEW !
テーマ:
いつもありがとうございます。林雄介です。(*^_^*)

中村天風という人は立派なのかもしれないが、どうしても疑問が消えない。中村天風は、菜食で頭山満が長生きした。自分の言うことを聞いて頭山満は長生きしたと言っている。肺結核も治したと言っている。

頭山満というのは、頭山立助という息子がいて、大森曹玄さんなんかは頭山立助が素晴らしいと言っている。頭山満さんも頭山立助さんを尊敬している。この頭山立助さんは昭和16年に、51歳で長い肺結核の闘病生活を送り死んでいるんです。頭山満さんは、その数年後に亡くなるんですよ。

もしも、頭山満さんが本当に中村天風氏の心身統一法なり健康法なりを評価していたなら、なぜ、息子の頭山立助さんを中村天風さんにお願いしなかったのか?。

禅の大家の大森曹玄が、師匠と仰ぐのが頭山立助。頭山立助を大森曹玄に紹介したのは父親の頭山満ですよ。

これがどうしても疑問なんですよ。中村天風の親分が頭山満ですよ。親分の息子が何十年も闘病していて、なぜ、自分の健康法を頭山立助に伝えなかったのか?あるいは、頭山満に連なる大森曹玄らはなぜ、中村天風とほとんど親交がないのか?。

親分の息子が死にかかっていたら、普通は頭山立助さんをなんとか助けたいと思いますよね?。

もちろん、頭山満さんは出口王仁三郎とも親交があったけれど、息子のことは頼んだ節がないから、わかりませんけどね。
そんなに凄い健康法なら、頭山満さんがなぜ、息子にやらせていないのか?。仮にやらせていたとしたら、なぜあらゆる病に効果があると豪語している心身統一法で、頭山立助さんは51歳、頭山満さんより早くに亡くなったのか?。

ちょっと頭山満さんのことを学んだ人なら、頭山立助さんと中村天風の絡みがないのはおかしいと思うはずなんですよ。

林雄介with,you。
AD
いいね!(7)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。