すぐに立てるわけではない。

スケート靴を履いて立つのは簡単じゃない

何度も何度も転んだ。

手すりをしっかり持って、それでもうまく進めない

無理しなくていいよと見守る

そして、声かけて、その歩幅に合わせて

その目線に合わせて。

自分で立ってみるという気持ちが大事で。

手をつないで進めるようになった。

 

やがて、すいすいと

自分でチャレンジ。

 

子どもが持っているものとは、

こういう事なのかもしれない。

 

5歳児のチャレンジの記事(少し詳しく)↓

http://blog.yukarigospel.com/?eid=1233420

ゆかり☆ゴスペル、音楽活動のこと、子育てのこと、

ホームページのブログ、Facebookページでも

いろんな角度から書いています。

(アメブロは、教育に関する事も書いていますが、

他のは、少し違う角度から書く事もあります〜)

主に、音楽活動について↓

https://www.facebook.com/yukarigospel/

 

アメブロ、もう少し書いていこうかな。

読者の方がいらっしゃる。表示の数で測れないはず。

(そうは言っても、読者登録、Facebookページいいね!は、嬉しいです)

AD