ことだま。

旅と写真と日常と・・・日々流れていく数々の想いを書きとめていく日記。

誰かの心のどこかに何かがひっかかってくれれば、幸いです。


テーマ:

インドで、たくさんのイスラエル人に会ったのを思い出した。

皆、友達とバカンスに来ていた。

バスの中で、仲良くなった男の人。

たぶん同い年くらい。

友達が、イスラエルは安全?

と聞いたら、その人は、笑って、

どこだって危険はあるよ、って言った。

確かに、日本が安全とも言い切れないけど。

でも、今、イスラエルは大変そうだ。

あの人は元気だろうか。


彫刻で有名な海辺の町で出会ったオランダ人。

そのときは、かなり怪しい親父だと思ったけど、

後で、もらった新聞の記事をじっくり読んだら、

彫刻家だった。

ガンジーの彫刻が記事には載っていた。

夢は、彫刻をたくさん作って、幸せな公園を世界中に作ること。


私は、その前の日に、実は、地元の人の家に泊まらせてもらっていて、

生まれて初めて、石の床に布切れ一枚で寝て(寝れなくて)

ほんとに、死ぬかと思って、

大変な思いをしてて、

この人に、今の思いをすべて打ち明けてみようかと

思ったりもしたけど、

結局、会いにいきそびれた。

もし、それを話したら、

なんと答えてくれただろうと、今でも思う。


旅をして、『人に幸せを与えられる人』にたくさん出会った。

苦しい時ほど笑えるかどうか。

それが大事なんだと、インドで何度も教わった。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2005.11.03(8)

プシュカル→デリー

夜行バスでイスラエル人の旅人と友達になった。amitはヒンディー語と英語と日本語、マミもヒンディー語と英語と日本語、イスラエル人はイスラエル語(?)と英語が話せる。そんな中、私はといえば、日本語とつたない英語力と、さらに挨拶程度のヒンディー語。なんだ、これは。皆が話してることは、7割ぐらい分かったけど、全然会話ができない。あー、悔しい。

そして、朝方まで、私とマミは自分の将来について語り合う。あと、ルーズソックスとか、日本人の変なところを思い出して、大爆笑。ちょっとストレスがたまってたので、楽しかった。その後、一度amitの家まで行き、ちょっと寝てから、チケットを取りに駅へ。4日の寝台列車のチケットを購入。その後、dheerajにもう1度会い、偶然持って来ていた吉本ばななの「キッチン」の文庫本をプレゼント。それから、今夜はcharuの家にマミと泊まらせてもらう。ここでamitとは一旦別れる。夜、近くのマーケットに行き、屋台でチキンを食べた。美味しい。


2005.11.04(9)

寝台列車でコルカタへ

朝、9時に起きて、charuの具合が悪そうなので、マミと去年お世話になったgeetaの家に突撃訪問してみることにした。突然行ったのに、あら来たの?といった感じで、快く出迎えてくれた。インド人は皆、こんな感じで、すぐに泊まらせてくれる。おかげで、まだホテルいらず。dheerajに続いて、このgeetaも日本文学を勉強中で、今日は百人一首を暗記していた。私も覚えてないんですけど・・。川端康成が好きとのこと。3才の息子アディーは、相変わらずやんちゃ坊主だった。今日はムスリムの断食明けの日で、町中人だらけ。で、止められたのにも関わらず、私達は近くのマーケットへ行き、私はリュックを購入。スーツケースでは動きにくいので、荷物を家に置かせてもらって、この先はリュックで旅を続けることに。案の定道に迷って、ぎりぎりで駅に到着。電車が動き出してから飛び乗った。ここで、マミとはお別れ。いろいろありがとう。


2005.11.05(10)

去年も乗ったラージダニエクスプレスはインドでも最速の寝台列車。冷房付きの3段ベット。食事付き。日本円で3500円ぐらい。乗っているのは階級の高いインド人と外国人。周りが英語が話せるので安心。昨日、夕方17時にデリーを出発し、今日のお昼13時半に、コルカタのHAWRAH駅に到着。ここで、本当ならば、友達が待ってくれているはずだったけど、昨日時間がなくて電話ができなかったため、着いてから電話をしてみる。デリーの友達は日本語が話せたけれど、コルカタの友達はすべて英語。何を伝えるにも時間がかかる。とりあえず、待ち合わせ場所に向かうことになり、タクシーで来いと言われたけど、節約のため、バスで向かう。バス停なんてないけど、行き先を叫んでいれば、なぜかバスに乗れる。これぞインドの旅って感じ。バスに乗ってる人は階級が低くて、英語も話せないけど、お金は安いし、別に問題ない。ちょっと時間がかかったけど、なんとか友達に会えて、今日はpriyankaの家に。priyankaは、この間の夏に日本に来て、私の家にもホームステイに来た。彼女の英語はなぜかちゃんと聞き取れる。家族もいい人達。となりに住んでるいとこの女の子と遊んだ。



2005.11.06(11)

国立博物館→ミレニアムパーク→プラネタリウム

今日は念願の博物館へ。インドの博物館てどんな感じだろうと思ってたら、期待通りの汚さだった。埃まみれだけど、量と数はすごい。そして、生まれる寸前の赤ちゃんホルマリン漬けを発見。これが、日本にあったら、結構話題になるんじゃないかと思う代物だったけど、見に来ているインド人は皆楽しそうにその赤ちゃんを観察してる。日本の博物館は静かだけど、議論好きのインド人は博物館に来ても、皆で、目の前の展示物について議論しているので、とてもうるさい。それから、夕方にはプラネタリウムに行った。滅多に並ばないインド人がすごい行列を作ってるぐらい人気のプラネタリウム。私のために英語の回を選んでくれたというのに、私は半分も聞かずに熟睡。すみません・・。携帯の電源は切ってください!!と何度も言っていたのが、日本と同じで面白かった。そして今日はanjanaさんの家に泊まらせてもらう。最初に連れて行ってくれた部屋で、日本の話をしながらお茶を飲んでいたら、実はそこはお隣さんの家だった。というハプニングもありつつ、とても親切な家族で、また快適に過ごさせてもらった。そして、ここらへんから私の鼻と喉がやばいことに・・


2005.11.07(12)

どうやら風邪を引いたみたい。お腹と胃には気をつけていたのに、なんと排気ガスでやられてしまった。体調は優れず、コルカタでちゃんと休もうと思った。今日は朝、ニガム先生の家に寄った。インド人の旦那さんと結婚してインドで日本語を教えている日本人の先生だ。久しぶりにちゃんとした日本語使って、日本茶を飲んで、少し元気をもらった。でも咳が止まらない、これはピンチ。そして、今度は、komalの家にお世話になる。この子も、夏に私の家でホームステイした子。なぜか、この日は、元彼が会いに来ていて私も付き合わされた。


2005.11.08(13)

komalの家は、引っ越して1週間の新しいアパート。なんと、プール・ジム・ゲストハウス・パーティールーム・ゲームルームなんかがある。今日本で建築ラッシュの高級マンションの原型みたい。でも、部屋から外を見ると、ごみの山なの。自分が使う所はぴかぴかなのに・・。この価値観どうにかしてほしい。今日は、チケットを買いに行きたかったのに、ちょっと強引にバザールに連れていかれてしまった。Komalはいい子なんだけど、自分のやりたいことはやる!っていうパワーに、風邪気味の私は押されて、ついてくはめに。言葉があんまりできないと、立場弱いな。頑張れ,私。


2005.11.09(14)

今日は、去年私達が宿泊していたラーマクリシュナミッションへ向かう。目的は、去年、何度か行ってるうちに知り合いになった、電話屋の夫婦と、屋台のオヤジと、ラッシー屋のお姉さんに、去年撮った写真をプレゼントするため。皆、喜んでくれた。1年後も何も変わらず、営業してて嬉しかった。そして、今日は、sujoyniのお家へ。sujoyniの家族は、ママがダンスの先生、パパが英語の先生で、彼女も勉強も音楽もダンスもできる。そして、上流家庭らしく、家にはジャズが流れていて、昨日までの、いつも元気でがやがやしていたkomalの家とは大違い。チケットは明日、sujoyniの知り合いの旅行会社の人が持ってきてくれることに。

そして今日で、旅も折り返し地点。長いな~

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2005.10.27(1)

6時起床。10時に成田空港到着。昼12時発のエア・インディアで出発。見送りに友達が来てくれた。周りは6割方インド人。酔っ払ってる人も席をベット代わりに寝ている人もいる。正直、直前になって少し一人旅が怖くなってきたけど、ここまできたら楽しむしかない。約8時間でデリーのインディラ・ガンディー空港に到着(現地時間17時半)。出口に行く途中で知り合いのインド人に会う。同じ飛行機だったのね・・。今回は行きだけ、インドに帰るインド人の友達amitと一緒に来た。今日はその子の家に泊まらせてもらう。


2005.10.28(2)

ラール・キラー→インディアン・ゲート→ネルー大学

1日バイクの後ろに乗っていたら、顔が黒くなり、鼻水も黒くなり、髪は櫛が通らなくなっていた。排気ガスをバカにすると痛い目に合う。2回目のインドは、いざ来て見ると、人は多いし、公害はすごいし、正直寿命が縮みそう。夕方ネルー大学で、去年からの友達dheerajに会う。インド人なのに、日本語がうますぎる。日本文学を専攻してて、今は吉本ばななの「ムーンライト・シャドウ」と仏教の関係についての論文を書いてるらしい。そして、この日は大学の学生選挙の開票日で、大盛りあがりの中、アメリカ人の生徒が代表に選ばれた。


2005.10.29(3)

メトロで友達charuの家へ→夜行バスでジャイプルへ

今日乗ったメトロは韓国と日本が協力してつくられた最新型の地下鉄だった。でも、嬉しくて駅構内で写真を撮っていたら、警備員(銃所有)にものすごい勢いで怒鳴られた。地下鉄はhigh security area なんだってさ。びっくりした。そして、今日はもうひとつ怖いことが。夜7時のバスを友達と待っていたら、ニュースが飛び込んできた。昨日観光に行ったラージキラーの近くを含む3ヶ所で爆発が起きて61人死んだ。3日後に控えたヒンドゥー教最大の祭りDIVARIの前で興奮したムスリム(イスラム教徒)の仕業かもしれないとのこと。こんなことは3年振りぐらいらしいが、日本てなんて安全なんだと改めて思ってしまった。


2005.10.30(4)

ジャイプル到着→観光そしてマミに再会

ジャイプルはデリーよりも南西に位置する有名な観光地(バスで6時間ぐらい)。なんで有名かというと、街中ピンクの建物だらけで、ピンクシティと呼ばれているから。ここに、今留学中なのが、マミという友達。で、着いてからマミを捜してみたんだけど、寮の住所を聞き忘れたため、大学に行ってみるが、いない。前のホームステイ先を見つけて、聞き出して、やっと会えたのは夕方だった。すっかりヒンディー語がうまくなってて、インド人との交渉もスムーズ。さすが。私は、嬉しくて、今日はマミの寮に泊まらせてもらうことに。ここは、砂漠がある州ということもあって、気候が厳しい分、信仰も厚い。夕方お寺に行ったけど、お祈りの時間になると自然と人が集り、皆ひざまずいて真剣に祈っている。ほとんどがベジタリアン。そして、着ている服もとてもカラフルで原色が多い。都会から離れて、少しほっとした。


2005.10.31(5)
アンベール城→ジャイガルゴート
今日はジャイプルの街からバスで30分のところにあるお城へ。お城はなかなか素敵で、写真を撮りまくってしまった。ラクダにも乗ってしまった。楽しかった。そして、夜はマミと少しだけ豪華なレストランへ。春巻きとパスタとコーンスープ。どれも、インド風で、日本で食べるそれとは比べ物にならないほど、味が濃くて濃くて仕方ないけど、でも久しぶりにスパイスの入っていない料理を食べれて満足。そして街で唯一日本語が打てるネットカフェで初のメールチェック。母と友達からテロは大丈夫かと心配のメールが来ていた。日本でもニュースになってたみたい。ちなみに、新聞もテレビもない生活をしているマミは、私の話を聞いて初めてテロのことを知ったみたいだった。


2005.11.01(6) HAPPY DIVARI!!

ジャイプル→アジュメール→プシュカル

インドの3大祭りの一つDIVARI。富と幸福の女神ラクシュミーの祭り。繁盛を願う商人が幸運を祈る庶民が、家々の戸口に灯明をともし、女神を招く。←地球の歩き方より。そんな記念すべき日に、私達は、バスで、ヒンドゥ―教の聖地プシュカルへ向かう。このバスは、一番グレードの低い方々が乗るバスらしく、aはこんなバスに乗るのは初めてだということだ。さすが階級社会。いつもそんなバスに乗っているマミは本当のインドを体験してるということらしい。途中、アジュメールという街に寄った。ここには有名はモスクがあり、aはヒンドゥー教徒のはずなのに、有名だからという理由で、お祈りに参加していた。ヒンドゥー教徒とムスリムの対立の話はよく聞くけれど、実際にはこんなもんなんだなと思う。そして、夕方に、プシュカルに到着。湖を何千という白い寺院が囲むきれいな街だ。ここは、日本人には知られてないけど、賑やかな観光地で(イスラエル人と韓国人が多かった)、皆英語が話せるし、おいしいビュッフェがたくさんある。マミが静養に来る場所と言っていた意味が分かった。私もすぐに気に入った。

そして、今日はなんといっても1年で一番といってもいいほど大きなお祭り。

街中、お祈りの灯りと花火と、そして皆が投げる爆竹の、音と光の連続で、すっごくきれい。でも、夜中まで続く爆竹の音と、無邪気に人の足元めがけて爆竹を投げてくる子ども達には、まいった。案の定、今年もデリーではこのお祭りで3人が命を落としたそう。やりすぎには注意。


2005.11.02(7)
インドに来て1週間がたった。インドに来てから寝てばっかり。夜12時には寝て、8時~10時に起きる。昼間もたいてい眠い。人も道端でよく寝てるし、犬もお腹広げて死んだように眠っている。ほこりで常にアレルギー気味で目はかゆいし、鼻はぐずぐずだからかな、といい訳してみる。でも、まだお腹はこわしてないし、胃もなんとかなっている。そしてやっとこの国に慣れてきた。この国ではずーずーしくなるしかない。人に気を使っていたら損をするだけ。わがままが普通。
今日は、DIVARIの次の日でまだまだお祭り気分。この日に向けて、皆、家の掃除をし、今日は新しい服を着ているので、街中がきれいにみえる。ここは、外国人向けのインド雑貨・洋服屋も多く、買い物をして写真撮って、ビュッフェでのんびり過ごした。夜、夜行バスでデリーに向かう。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

《旅の記録》

日程;2005.10.27-2005.11.23 28日間

場所;インド デリー→ジャイプル→デリー→コルカタ→チェンナイ→マハーバリプラム→バンガロール

→デリー

目的;

①去年は団体で1ヶ月滞在したけど、もう一度個人で行ってみたかった。

②去年学生会議で知り合ったインド人の友達に会いに行く。

③留学中の友達に会いに行く。

④一人旅をする。


宿泊;

友人(インド人)宅 7カ所13泊

友人(日本人)宅 1ヶ所2泊

現地で知り合った人宅 1ヶ所1泊

ホテル 5カ所5泊

電車中泊 3カ所4泊

バス中泊 1カ所1泊

飛行機中泊 1泊


使ったフィルム; カラー13本 モノクロ1本 ほぼインドで現像

写真もそのうち載せていきたいと思います。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。