2011-03-14 10:07:01

私たちにできること

テーマ:ブログ

11日、その時間、私は都内の地下鉄に乗っていた。

電車が止まった時も、よくある信号機の確認だろうくらいにしか思っていなくて、またいつものようにすぐに動き出すだろうと思っていた。


でも、電車はなかなか動かなかった。

しばらくすると、アナウンスが流れた。

地上では、大きな地震が起こっていて、停車していること。

車内は安全だから決して外には出ないように。


そう言われて初めて気がついた。

車体がわずかにだが揺れていることに。


車内は少しだけざわめき立った。

少しだけ。

そうだ、この時、乗客の誰もがすぐにおさまるだろうと思っていた。


時間が経つにつれて、

気分が悪くなる女性も出てきた。

皆が携帯電話を手に情報を得ようとした。もちろん私もだった。

でも、地下鉄の中ではアンテナが1本も立っておらず、

外の情報は入ってこない。


その間も、何度も車内アナウンスが流れた。

内容はまったく変わらず、

地上では、大きな地震が起こっていて、停車していること。

車内は安全だから決して外には出ないように。


地上はどうなっているのだろう。

それは、たぶん、この電車に乗っている人、

皆が思っていることだったと思う。

学校に、幼稚園に、職場にいる家族は大丈夫だろうか?


ようやく電車が動き出し、

銀座で降りることができ、地上に上がった。

信号機が大きく揺れていた。

でも、その時の私は、まだ何もわかっていなかった。

いつもより少し大きく長い地震が起きている、

そんな風に思っていた。


家まで帰らなければならない。

地下鉄がダメなら、中央線で帰るしかない。

中央線なら動いているだろう。

私は東京駅まで歩いた。


東京駅は人でごった返していた。

新幹線をはじめ、すべての電車が動いてなかった。

幼稚園のお迎えまでには再開するだろうと思いながら、

大事をとって母に連絡をして、先に迎えに行ってもらおう。


公衆電話は長蛇の列。

やっと自分の順番が回ってきて、母にお迎えを頼み、

ほっとして、電車再開を待つために近くのコーヒーショップに入った。

今、思えば、この時の私は何にもわかっちゃいなかった。


コーヒーショップで見たツイッターで、

東北地方で大変なことが起こっていることを知った。

その間も、コーヒーショップのペンダントライトが大きく揺れ、

その度に、客席では小さな悲鳴が起こっていた。

ここ東京でもこうなのだ。東北地方はどうなっているのだろう。


電車再開は、今夜中は無理だという。

どこかで夜を明かすしかない。

渋谷の友人の家までなら歩ける距離だ。歩き始める。

いつ届くかわからないが、友人宅に行くことを

夫にメールで伝える。


日が暮れ、あたりは暗くなっていた。

東京駅から皇居、国会議事堂、いつもならこんな時間、

ひっそりとしている場所に、たくさんの人が歩いていた。


赤坂、青山・・・道が狭くなると、

前の人と触れあうくらいたくさんの人が歩いていた。


10時過ぎ、友人宅に着く。

そこでテレビを見て、自分の目を疑った。

この時の気持ちを、どういう言葉で表現すればいいのかわからない。

とにかく今まで見たこともない光景が

テレビ画面に映し出されていた。


夫が11時頃に友人宅に来た。

テレビのニュースで京王線が再開したことを知り、

初台まで歩いて、電車に乗る。

電車は朝のピーク時並みにすし詰め状態だったが、

殺気だった様子はなく、一人でも多くの人が乗れるように

奥へ奥へと必死に詰めていた。


1時過ぎ。府中に着いた。

タクシー乗り場は長蛇の列で、夫と歩いて帰ろうと思った時、

京王バスの人が人の群れに向かって

「国分寺まで行かれる方、こちらです!バスが運行してます」

大きな声で誘導してくれていた。

私たちはそちらに走った。走りながらも、

この人にも家族はいるんだろうと思うと頭が下がる思いだった。


家に着いたのは2時近かった。

母が起きて待っていてくれた。


つけてあったテレビ画面には、地震の様子が映し出されていた。

信じられない惨状。

無性に涙がこぼれてきた。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


あれから週末を過ごし、現実、被災地の状況をテレビで見るたび、

胸が締め付けられる思いでいる。


そして、私はずっと考えている。私には何ができるだろう。

ピグの募金、コンビニでの募金。

私の住む市では、今日12:40から3時間、

計画停電が実施されることになったが、

それ以外の時でも、服を1枚多く着こんで暖房器具を使わない、

玄関の照明を消す、最低限の電気しかつけない、

私にできることは本当に些細な事ではあるが、

これからも節電に協力していこうと思う。


ありきたりの言葉になってしまいますが、

被災地の皆さん、頑張ってください。

私たちの思いが大きな力になって、届くように願っています。


いつもはコメント欄を閉じていますが、

こんな時に私に何ができるかと考えて、

コメント欄を開いておきます。

お役に立てるかわかりませんが、連絡がつかない等、

困ったことがありましたら、書きこんでください。

コメントは、自動公開にしておきますので、

書きこまれた段階で反映されると思いますので、

不確かな不安をあおるような情報の書き込みはご遠慮ください。

またこんな時ですので、被災地の皆さんが

不快になるような心ないコメントもどうか書かないでください。

心からお願い致します。













いいね!した人  |  コメント(221)  |  リブログ(0)

カータンさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

221 ■Re:無題

>あかひさん

共感して頂いてありがとうございました。
私も微力ながらも支援し続けていけたらと思っています

220 ■無題

カータンさん、はじめまして。
最近になりカータンさんのブログに出逢い、過去記事にまたぎとても楽しく読ませていただいています。

今日、カータンさんの2011.4.25のブログを見て、初めてふんばろう東日本プロジェクトでAmazon経由の支援を知りました。

お金での支援以外にこういった支援あることを今さらながら知りまして、さっそく贈らせていただいた次第です。

ブログで取り上げていただいたおかげさまでこのプロジェクトのことを知りましたので、カータンさんへ一言お礼を言いたく、コメントを書き込めるこちらでお礼を言わせてください!
カータンさん、ブログでAmazonほしいものリストを取り上げていただきありがとうございます!
有名なプロジェクトのようですが、無知な私は今日初めて知ったのです。


Amazonのほしいものリストで、これからも出来る限りの支援を続けていきます。
あり

219 ■久しぶりに…

地震以来アメブロからも遠ざかっていて、久しぶりにカータンさんのブログ見ました。私は岩手県に住んでいます。地震の日は盛岡にいましたが、復興支援対策のグループに異動した主人について、沿岸の被災地へと転入しました。

いまだに瓦礫の山、崩れて跡形のない三陸鉄道の線路、ガードレール、防波堤、防潮林がなくなりむき出しの海を見ると鳥肌がたちます。家が、家族がなくなった方の話しもたくさん聞きました。主人の実家も流されました。

あの日震えながら夜を明かしたこと、雪の積もった翌朝、神様なんていないなって思ったこと、ガソリンやいろんなものがなくて不安だったこと、連絡のつかない沿岸の家族を思い泣いたこと、三日ぶりに停電がなおりテレビを見て言葉が出なかったこと、今でも覚えてます。

たくさんの方の支援を、被災地の人たちは本当に感謝しています。カータンさん、日記、ありがとうございます。

218 ■無題

わたしは北陸在住です。
地震がおきて義援金や物資も送りました。ちゃんと届いているんでしょうか?
2ヶ月しかたってないのでまだまだ不十分だと思います。もっと被災地の人の声が聞きたいです。
毎日空をみるたび日本はつながってることを感じています…

217 ■浦安市民さんごめんなさい

コメント欄を開けていただいた当初、
浦安市民さんを名指しで非難してしまった者です。

我が家もしばらく停電・断水しました。
復旧してカータンのブログを読んで見た
市民さんのコメントに、よく読みもせずに
きついコメントを書いてしまいました。

当時、関東地方の被災の報道はほとんどされておらず、
浦安の大変な状況もわからずに勝手なコメントをしてしまって
本当に申し訳ありませんでした。

もう、このコメントを読んでくださっていないかもしれませんが、
ここでおわびさせていただきます。



216 ■被災者です

今は、関西の実家に避難してきていますが、夫は東京に3ヶ月だけ単身赴任中で、私は福島県大熊町に4ヶ月の娘と二人でした。そこは福島原発の10キロ県内の町です。ちょうど地震が起きた時、4ヶ月の娘の予防接種を終えて帰宅する所でした。家に帰ると、どんな揺れ方をしたのか…。置いてあった物が色んな方向に倒れていました。車で出掛けていてよかった…。大熊町は、津波の被害はなっかたようです。

地震発生から、次の日。両親は上野まで来て、そこからレンタカーを借り、した道で、避難生活2日目の、身寄りのない私を心配して兵庫県から両親が車で迎えに来てくれましたが、実家で過ごしている事が苦しくて仕方ありません。今思えば、その行動も被災地にとって迷惑だったはずです。
東京電力がたたかれている事もつらいです。
天災なのです。1000年に一度といわれる程の津波だったんです。
今、現場で戦っているんです。友人の旦那さんは地震の時、福島第一にいて、数日後に避難要請がでましたが、その避難場所が福島第二なんです。
そりゃ、原発も恐ろしいです。
でも、頑張っている今、責めないでやってほしいです。身内意見かもしれませんが…。

215 ■無題

>Nao☆さん
茨城の事いろいろ気にかけて下さってありがとうございます。
私の友人は県北で被災地の復旧作業をしています。現状はとても悲惨な様ですが、みんなで励まし合って頑張っているそうです。
Nao☆さんのブログに拝見させて頂いてます。ありがとうございます。

214 ■>193はなさんへ

まだ見てますか?無事でいますか?
昨日、あなたのメッセージをブログにのせたらアクセス数がかなりありました。
ちっぽけなブログですが、少しでも多くの方に現状に目をむけてもらえてかもしれません。

そして磯山さやかさんのブログで茨城県の記事をのせてます。多くの茨城県の被災者の方がコメントを寄せてます。可能であればそちらも見てください。ここに直リンは貼れないので私のブログにリンク先貼ってます。

誰も茨城を見捨てませんよ。少なくともここにくる方たちはあなたのことを心配してる人がいます。
あなたも現状を書き込んで下さい。

213 ■こんにちは

いつも拝見しています。
コメント欄解放してくださり有り難うございます。

地震が起きてから今日で一週間。
長いような・・・短いような・・・。

被災地の方の復興も心よりお祈りしますと共に
被災地以外の方などが無力感を感じて
自分を責めてしまう光景をよく目にします。

でも今回の地震で今までにない経験をし
今までにない衝撃を受けたということにおいては
全ての人にとってかわりない事実です。

どうか自分を責めないで欲しい。
心の傷に優劣など存在しないんですから・・・。

災害時のメンタルケアについて
詳しく書かれている記事を見つけました。
参考までにと思いはりつけさせて頂きます。
http://juicylab.blogspot.com/2011/03/blog-post_13.html

212 ■原発難民の方は

原発難民の方はほんとにお気の毒です。国は何をやってるんだ?危機的状況だぞ!

211 ■微量だって

微量だって毎日浴び続ければ心配。子供達だけでも遠くへやるか?

210 ■ガソリン欲しいよ~!

これから給油。何時間並ぶか?

209 ■募金 2/2

今は安否の確認、当面の生活の保障(安全・物資面)
避難所も何十・百?個所あるのかわかりませんが
その次を考えられるときがきたら
今度は未来への希望を各自が持てる環境を皆で作り出すことが必要かと思います。



また善意でよかれと思ってしたことが
相手にはありがた迷惑なこともあるかと思います。
空気を読めない(その場で使えない物資)が届いたり
遊び気分のボランティアが食糧を奪ったりなど
阪神大震災でよかったこと・よくなかったこと(しないでほしいこと)を
もっと周知して、迷惑になることはしないでほしいです。


うまくまとまりませんが
カータンさんのブログなら少しでもいい方向に動くと思い
コメントさせていただきました。


追伸
当日ご帰宅大変でしたね。
ご家族と離れ離れもご心配だったと存じます。
私は普段から片道45分、ポスチュアウォーキング通勤しています。
(昨年のblog3周年記念で教えていただきました)
なので歩いて帰りましたが、歩き慣れていなければ大変だったと思います。


そして落ち着いたらまたカータンさんのblogで大笑いさせてください。
皆で笑える日が早く来ることを祈り、私もできること行動します。


2回に渡っての長文、失礼いたしました。


208 ■募金 1/2

カータンさんのblog更新、いつも楽しみにしています。
笑い、元気、幸せをいただいたり
竜ちゃんのピュアな心、カータンさんの家族への愛情・想いに
ほのぼの&ホロリとしています。



都内であの2回の揺れを経験しました。
机の下にもぐりながら見る携帯の速報は震源地宮城。
「東京は震源地じゃないから大丈夫。
でもこの今まで経験したことのない震度&長さは?
東京も阪神大震災のようになる?
震源地ではないここ(東京)でこの揺れなら
宮城はどうなるの?」と1回目の長い地震の間に考えていました。




一緒に仕事をしている方が阪神大震災で自宅全壊、
妹さんはお子さんを出産したばかり。
3か月避難所生活の後、家を借りるまでの話を伺いました。
自宅全壊なのに、国からのお見舞金は10万円だけ。

「え?それでどうやって(立て直すんですか)?」と驚いてしまいました。
火災保険分くらいは出ると思っていました。



要は「貯金」がないと家も借りれない、新しい生活も始められない。


心から募金しよう、募金したいと思いました。
カータンさんのように影響力のある方ならもっとすごい力になると思います。
募金先は検討中ですが
税金と一緒で透明性がなく不安もあります。
しかし本当に必要な方にきちんと渡るなら、もっと多くのお金が集まると思います。
例えばにょろりさんの企画でどれくらい透明性があり
本当に活用してもらっているのか取材していただくことはできませんでしょうか。

207 ■無題

>193 はなさんへ

初めまして、こんばんは。
私も茨城の県北に実家のある人間です。両親から実情を聞き、ブログに掲載しました。
ぜひ、はなさんの叫びも掲載させて下さいm(__)m 一刻も早く、現状を知ってもらい、救いの手が伸びるように・・・

自分の無力さに、自分自身情けなくなりますが、本当に何も出来てなくてごめんなさいm(__)m
私もブログに掲載した後、ブログを見て頂きたいと言ってみようと思います。

一日も一刻も早く、救援物資が届きますよう、心から祈っております。

206 ■被災地で出産予定の方へ

出産費・健診費を支援、応援してくれる

NPO法人 円ブリオ基金 をご紹介させていただきます。




出産に関し支援、貸付をご希望の方はこちらに連絡してみてください。

e-mail embryokikin@nifty.com
※氏名、携帯電話、住所または避難所等もお知らせ下さい。

0120-70-8852




本当に必要な方々がこの情報にたどり着ける環境にあるのか、

心配ですが、必要な方に、必要なタイミングで情報が届きますよう

お祈りしています。

205 ■一極集中ではない報道・支援を・・・

救援物資が東北の被災地になかなか届かない。
でも、届くものもある。

しかし、同じようにライフラインを切断されているのに、何も届かない場所もあります。

東北の被害には衝撃を受けます。
私の義実家も大きな被災地です。

しかし、地元の茨城もかなりの被災地です。
(私の居住地は大丈夫ですが)

寒いのも、飢えも同じなのに、何の助けも来ない場所。
助けてあげてほしいです。

204 ■東京の電気

東京の電気を作っていた地域の住民が苦しんでいます。避難所はきついです。買い占めやめてください。きれいな応援メッセージいりませんから。

203 ■今欲しいのは

応援メッセージより欲しいのはガソリンです。ガソリンがなくては、田舎はどこへも行けません。ガソリンを買いに行くガソリンも残しておかなければ。

202 ■(>.<

かーたん泣かないで。悲しい記事ばかりだと被災地の方達が久しぶりにみる記事が悲しかったら悲しみます。

私はアメリカにいて日本の為に何か助けをしたいけどお金をDonateすることしかできません。実際日本へいっても何かできるわけではありませんが。。。遠くネットでNHKで状況を把握するしかありません。
かーたんさん自身が今日本でできる事は今誰も笑えない状況の中いつものカーたんパワーで笑いを作ってください。周りが悲しいとドミノのように回りもドンドン悲しくなります。

怪我に気をつけてください。

201 ■無題

>193はなさんへ

はじめまして、こんにちわ。
あなたの叫びを一部抜粋して私のブログへのせました。非常事態なので事後報告でごめんなさい。
これから色々な有名人のブログへ見てくださいとコメントしていきたいと思います。
ひとりでも多くの人の目に触れるように。
一人でも買占めをやめていただくように。


こんなかたちでしか協力できなくてごめんなさい。
あなたに、あなたの周りにいる人に、まだ救いの手がのびていない被災者の方全員に救援物資が一刻も早く届くよう心からお祈りいたします。

200 ■九州より

西日本の買い占めについて、私の見たことをお伝えします。

昨日郵便局に行ったら、関東あての荷物を運びこむ人が目につきました。内容はお米や野菜でした。入手しにくくなってしまったのでしょう。

また、被災地への物資運搬トラックが物資受入をするというので水を箱買いしようとスーパーに行ったら売り切れでした。他の生活品を箱買いしたら、レジの方に「東北に送るんですね」と言われました。

地震の被害を受けていない地域での買占めは、被災地に送るためというケースも多いのではないでしょうか。自分自身のためではないと信じたいです。

199 ■Re:茨城の被災者です。お願い。

>はなさん

目に止めていただき、ありがとうございました。
もっともっと悲惨な場所があります。

ここに書き込んでから、湧き水を汲みに行きました。
近所の方も来ていました。
今から、その水を利用して各家から持ち寄った材料で炊き出しを
することになりました。

助け合って生きていきます。
支援を求める前に自分たちで出来ることをしていこうと思います。
本当にありがとうございました。

カータン
いつものようにブログ書いてね。

198 ■避難所情報(寺院)

お寺なども避難所になっているようですが、テレビではなかなか報道されていないようなのでURLを貼ります。

こちらのコメ欄を使わせていただくことを御容赦ください。

http://www.myoshinji.or.jp/webhonjo/index.html

参考になれば幸いです。
失礼致しましたm(_ _)m

197 ■カータンにしか出来ない事

いつもカータンブログを楽しませてもらっています。

今回は本当に未曾有の大災害で信じられない位の大被害が発生してしまいましたね。

世の中は被災地を考慮してTV等もお笑い番組などは放送を控えていますが、こんな時こそ「笑い」が必要です。

泣いているばかりじゃ復興できません。

笑顔でたちあがって元気に励まし合って生きていかなきゃ!

他の方々もコメントしていますが、、、、今こそカータンのユーモア心で多くの日本人を笑顔で包んでください。

「そんな気分じゃないよ」と想うかもしれませんが、また前の様にブログ書いてください。

楽しみに待ってますよ。

196 ■今こそカータンのブログで笑顔を!

カータン、泣いてばかりいないでください。
いつもみたいに笑わせてください。

カータンは人に笑顔を与えるのがお仕事です。そのためにブログをやってきたんですよね。今カータンの日々の報道を見て涙して、何もかも自粛してしまうより、被災していない我々が日常の生活を送り、勇気や笑顔を与えることも復興に向けては必要だと思います。経済を活性化させるのも私たちの役割です。

カータンのブログから勇気をたくさんもらいました。落ち込んだとき、どんなに癒しになったか・・・

読者の中にはきっと被災された方もいると思います。カータンのブログを見て笑顔を取り戻したいって思ってアクセスする方もいるでしょう。

お願いです。どうか笑顔を届けて!不謹慎でもなんでもありませんよ。今できることって、それじゃないでしょうか。明るいブログを待っています。

195 ■お力をお貸しください ~被災地から~

今回の地震による津波の被害の大きかった宮城からです。

全国・世界中のみなさんからのご支援ありがとうございます。

大津波の被害を受けた仙台港から15㎞ほど内陸に位置する我が家は難を逃れましたが、いまだに安否の確認できない友人知人が多数おります。

ガス・水道をはじめとするライフラインをはじめ、通信手段もままならず(ネットが出来るようになったのが昨晩です←我が家の場合)多くの方が不自由を強いられております。


現地で一番深刻なのはガソリン・灯油の不足です。


今朝はカーテンが凍った窓にに張り付くほどの真冬並みの寒さです。
今朝の新聞には、「入院患者が暖房がなく寒さが原因で死亡?」という記事もありました。
各家庭には少量の灯油しか残っていないはずです。




通信手段が寸断された今、身内の安否を確認したく避難所を回りたくても、移動手段すらない。
給水車が来ても車が使えないため、重い水の入った容器を肩から提げて歩くお年寄り。
一部のスーパーで営業を再開しても、そこまで買い物に行く燃料が車にない。


本当に深刻です。避難所での生活を余儀なくされた方は、もっともっと深刻です。

テレビを見ると都心でもガソリンや食品、日用品の買い走りが始まっているようです。

みなさんにお願いです。
どうかその分を少しでも被災した地域に回していただくようお願いできないでしょうか?
本当に現地は緊迫しています。


どうか、どうかみなさんのお力をお貸しください。

194 ■無題

はなさんへ

おはようございます。私も茨城県民です。はなさんはどちらの市町村ですか?

加藤秀視と言う人が、ボランティア団体で、茨城の物資が足りない所を回ってくれているそうです。
↓以下、転送文
茨城の物資が届かない情報を知ってる人は下記のアドレスにもっともっと具体的になんという避難所になにが足りてないかを教えて下さい。
akabane-m@souei.info
加藤チームがそちらにうかがいます!

私の家の方はだいぶ復旧して来ましたが、県北の方に行って下さいとメールしました。その後電話でお話しましたが、こちらも情報が足りず詳しい場所を伝えられませんでした。
はなさんもしよかったら、メールして現状を伝えてみて下さい!!

193 ■茨城の被災者です。お願い。

二度目の投稿です。
眠れず、またここにきました。

地震の後、すぐに元の生活に戻れるものと信じ込んでいました。
しかし、未だ、水はありません。
くさい体にも慣れました。ただ、お腹は空きます。
でも、食べ物はありません。
陸の孤島の「茨城」になりつつあります。

お願い。
①マスコミの方へ。 
民放各局で話し合ってください。
各局、同じ映像を流す意味があるのでしょうか。
エリア毎にこれから生きていくために必要な情報を流してください。
②被災地以外の方へ
心温まる言葉ありがとうございます。

どうか、必要以上の買占めをしないで下さい。
支援物資は茨城を素通り。そこにきて被災地以外の方々が買占めをされる。
このままでは、茨城県民は誰にも知られること無く餓死する人が出てしまいます。

電気が通っただけ手もありがたいと感謝したのもつかの間、ここよりもっと被害が甚大な場所に住んでいる方々への炊き出しの映像を見て、思わず、「うらやましい」と呟いている自分がいました。醜い心の私です。


唯一、幸せを感じる時が有ります。人とのつながりです。近所で、皆、助け合って生きています。

声を大にしてさけぴます。
ここにも被災者がいます。見捨てないてください。
助けてください。

192 ■Re::電力代表様

.>よくまあ「原子力は安全」だと言えたものだ

とありますが、史上最大規模の地震が起こったのですよ。阪神大震災、関東大震災くらいの規模の地震は想定内だったのではないでしょうか。これは津波で流されてしまった村に住んでいたことが危険であったかどうかみたいなことだと思います。この村の方々だって先月までは平和に暮らされていたのでしょう。それと同じだと思います。私は元大手電機機器メーカーの技師ですが物を作ったりその安全性管理についての知識はある見地から書かせていただきました。


身の危険をさらして作業に当たっている方、正確な情報を与えるために計測されて方がいます。こういった情報が避難警告の材料になるんじゃないですか。できるだけ遠くに逃げられればそれがいいに決まっています。でもそれができない方々だっているから皆さん頑張っているのだと思いますよ。この発言は人々の不安を煽る言葉のような気がします。他の人も書かれていますが日本自体が原子力に頼らなければならない状態だったのでしょう。そのことについては今後見直しが必要かと思われますが、今は被害を最小規模に尽力することが重要かと思われます。

他地域でいらっしゃるそうですが、そちらでもし起こった場合のシュミレーションはできていらっしゃるのでしょうか?

191 ■うまく言えないのですが

私はオーストラリアからのコメントです。
被災された方々、節電を呼びかけ東電で命をかけて作業に当たっていらっしゃる方々がいる中、日本がこんな状態の中の日本のテレビ番組の内容が理解できませんのは私だけなのでしょうか・・・
今、自分に何が必要なのか、助けになる事はできないものなのか大小なり抱いてるはずです。
同情で涙を流すのだけではなく同時に行動に移せるための情報、みんなが助け合うための情報、何がどこに必要、どこはどれだけの危険性・・・などもっと情報の得れるテレビ番組になってくれれば良いのではと思うのは私だけなのでしょうか・・・
もし、私の思い違いでしたら申し訳ございません。
世界各国で深刻に日本の原発を見守っています。原発の情報がほぼ同じかこちらの方が早くテレビ放送されているように感じます。
こちらでも被災者の方々へ募金・物資援助の呼びかけが活発に行われています。
離れてはいても自国を守りたい気持ちは皆同じです。
1人1人の思いやり、助け合いがんばりましょうね。

190 ■心一つに

私は岩手県盛岡市在住の30代パート主婦です。11日にあの大地震に遭いました。娘が熱を出し、私は仕事を早退して家で病院に行こうか迷っている時に被災。長い揺れに子ども達は泣き叫び収まって我に帰って実家の母親を思い出しました。母は子宮癌を患い、前日の10日に退院してきたばかりだったからです。すぐさま10分離れた自宅へ車に子ども三人乗せて飛び出しましたが停電で信号はストップ。完全に麻痺状態の町。なんとか実家へ到着しました。母は弱っていました。停電断水の中そのまま実家で過ごしました。娘の熱は上がる一方。ついに二番目の娘まで熱を出してしまいました。停電断水で家族で寄り合いながら復旧まで過ごしましたが、今は…奪いあいながら食料を買い漁り、スタンドには長い列。人々は沿岸で打撃を受けた人をも忘れて自分ばかり守ろうとしています。悲しい事に同じく被災した岩手県の中でもこんな状態です。計画停電の為に買いだめする都会の皆さん、同じ日本人として心一つにしませんか都市部が混乱していては私達被災地はもっと混乱します。原発なども心配ですが、まずは厳しい中で助かった命を優先に考えて欲しいです。

189 ■早く物資が届くように!

未だに水すら口に出来ない方も多いのですね・・・

そして物資を届けようにもガソリンが足りない。
近くのスタンドは不安のために一般の市民が殺到しています。
田舎でも無いのにそんなに車が必要なのか?
でもこれだけの災害を目の当たりにしてしまったら仕方ないのかなと諦めの気持ちです。

とにかく早く物資が届くことを祈ります。
被災地の方々 本当に本当に辛い日々ですが待っていてください。。。。

188 ■出来ること

14日にもコメントさせていただきました、福島県在住のあんなです。

どなたかのコメントにもありましたが、“いつも通りの日常を過ごす”=“いつも通り自分の役割を果たす”これが大事だと思います。

被害のなかった(少なかった)地域に住んでいる人々は、いつも通りに食べて寝て働いて、生産して消費して。そうして日本の経済を支えていってもらわなくちゃ!いざという時の為に心身共に健康でいてもらわなくちゃ!と思います。


相変わらず原発のニュースにビビりながら生活していますが、避難指示や屋内待避の地域にはまだなっていません。
わたしはケーキ屋なのですが、正直、こんな非常事態にケーキを買うお客さんはいないと思っていました。でも、いざ店を開けてみたら、売れるんです。昨日も今日も明日も、誰かの誕生日だったり記念日だったりするんです。
こんな時だからこそ、こんな特別な日にケーキが欲しい。
お客さんの感謝の言葉と嬉しそうな笑顔に、自分のやるべき事を教えられました。(そうは言っても材料が入ってこないので明日あたりが限界なのですが。)

自分の使命(大げさ?)がはっきりしたとき、まだまだ弱音は吐かないと思えました。


被災地の人々も、一日でも早く自分の役割、すべき仕事に就ける日が来ますように。


長々と失礼しました。


そういえば今朝、梅の花が咲いていることに気づきました。春は近づいています!

187 ■Re:Re:なぜですか?

>ともこさん

とてもともこさんの優しい気持ちよくわかります。
被災地で頑張っている家族を想うと胸が苦しくなり涙が常に出てきます。
泣きたくない場面でも涙が出、周囲の人にわからないようにしていることもあります。
泣いても何も解決しないことはわかっています。
でもどこかに涙を自分と一緒に流してくれている人がいる、そういうことに癒されることもあります。事実、そういった記事を読むと癒されます。

正直、被災事を経験していない人にはこの気持ち解るか、感じることもありました。
この人はあまり深刻には感じてないと思うこともあります。
腹が立つこともあります。

でも今、日本は一つになっていかなくてはなりません。あの人がこう発言した、書き方が気に食わないとか言っている場合ではないと思います。

カータンのブログの魅力は何でしょうか?
ユーモアと優しさではないでしょうか?
ぎすぎすした感じはごめんです。

でも、こんな風にコメントしてくださる皆さんは
被災地のことを想ってくださっているのですよね。どうもありがとう。

186 ■無題

TVで放送されているのはごく一部であることが皆さんのコメントでよくわかります。
支援の行き届いていない被災地にも、早々に支援が届きますように!
被災された皆様、大変な中状況を教えてくださりありがとうございます。
募金、買いだめをしない、節電以外にも何ができるのか、もう一度考えて行動してみます。



>mnさん
>涙さん

この場所にそぐわないでしょうか?
カータンは『連絡がつかない等、
困ったことがありましたら、書きこんでください。』
と、コメント欄を開放してくださっています。
浦安市民さんは当然のごとく状況を理解されたうえで書込みされています。
あわてず、よくお読みになってみましょうね。

185 ■たいへん申し訳なく・・・

>きなこさん

関東人として大変申しわけなく思います。
すみません。関東人でも節度ある態度
で頑張っている人がいることもご理解下さいね。

カータンさん、ご無事で何よりです。
コメント欄を開いてくださって
ありがとうございます。

アクセス数が多いカータンさんのコメント欄を
活用させて頂きます。
茨城県、大洗に勤務する友人からHELP!
のメールが来ました。
大洗・日立方面も被災して避難している
方がいますが、毛布、水、食料、暖房器具
が圧倒的に足りていないそうです。
陸の孤島状態になっているようです。
東北のほうが被害が大きいことも十分承知
の上でのお願いです。
茨城県で被災されている地域にも
援助物資が届きますよう、
応援してください。
よろしくお願い致します。

184 ■Re:なぜですか?

>責めたいわけではないですさんへ

はじめまして、ともこです。私なりにお返事させていただきますね。よろしくお願いします。
言い訳や偽善的に見えるかもしれませんが、本当に涙が出るのです。そしてそれを伝えることが無駄だとは 私は経験上 思わないのです。
仰るとおり、<被災地の方は泣くに泣けない状態>でいらっしゃいます。だから、「泣いています」と伝えることも大切なのです。
どうしていいか判らない時に誰かが自分達の傍に立って同じように感じてくれていると知ることは、少しだけでも心が軽くなるものなのです。
心と体が極限まで弱っている時に人は、些細なことで救われ、些細なことで傷つきます。
たまたま 安全な立場にいることは決して罪では有りません。そこに罪悪感を持ってほしいとは被災者の皆様だって思っていないはずです。
もしかして 「泣くことより励ますことのほうが先ではないか?」と思われていませんか?
元気で当たり前の生活にあるときは当たり前の言葉「応援しているから、<頑張れ!>」ですが、既に一杯一杯な状態で持ちこたえている被災者に、<がんばれ>ということは、唯一の応援なのでしょうか?
精神的にギリギリな状態で必死に踏みとどまっている者にとって、「既に限界まで頑張っているのに、これ以上どう頑張れと?」と、追い詰めることにもなりかねないのです。
応援は勿論ありがたいのですが、弱っている人にとって、悲しみの傍に寄り添ってただ立ち尽くし一緒に涙を流してもらうだけでも、痛みの共有に自分の悲しみが理解して貰えていると心が軽くなり癒されることもあるのです。
自分が哀しみの経験者なので、「頑張れ」と鞭打たれるように感じられる何気ない励ましよりも、
「泣いています」と一緒に悲しんでいただけるのは、自分が泣いている暇が無かった分、優しく感じられるのでとてもかけていただけたお言葉として有り難かったかったです。
上手く伝えられませんでしたが、<泣いています>と伝えていただいて救われる私のような人間も居りますので、そのお優しいお気持ちをご理解して認めていただけると幸いです。よろしくお願いします。
本当は、その時にかけていただくお気持ちやお言葉総てがそれぞれに嬉しいのです。だから一つも無駄な書き込みなんて無いのです。

183 ■茨城から

>175 ■なぜですか? さんへ

あまりにも非現実すぎて、泣けない状況の人も沢山いると思います。でも遠くで知らない人の為に涙してくれる、心の温かい人がいることもまた救い。


茨城も報道は少ないですが、原発を含めみんな不安の中で頑張っています。
でも、みんなの協力で必ず立ち直ります!

182 ■パン屋です。

埼玉で小さなパン屋を営んでいます。
お客さんも昨日よりは少し落ち着いて買い物をされていました。
明かりもBGMも一切使用していませんが、
皆さん理解してくれています。
「スーパーやコンビニに品物が無い」と
よく聞きますが、物流の業者さんが悲鳴を上げていました(ガソリン・渋滞など)。
とにかく、まずは物流を優先させてほしいです。
自分で自分の首を絞めるような行為は控えましょう。乱文ですいません。

181 ■無題

いつも拝見させて頂いています!!

今日、出掛けた子どもの児童館の職員の方に今はとにかく義援金と毛布が必要だと聞きました。

私にできる事は小さな事かも知れないけど、みんなの気持ちが大きな力になり被災地にとどきますように…。

人のために涙できること…それが日本人なんだと思います。

180 ■被災してない人達は

なるべく普段通りの生活を心がけるのがいいと思ってます。一番辛いのは被災した人達ですが、映像見て心が痛くて涙が出てしまうのはみんな一緒です。人間だから色んな事を感じるのは当たり前ですよね。
でも被災してない人達は、心も体も元気でいないと被災した人達を助けてあげる事が出来ないと思っています。
出来る事から応援します!被災地の皆さん頑張って下さいね。

179 ■無題

カータンさん、あたたかいメッセージとご対応をありがとうございます。
いつも楽しく読ませて頂いています。

両親、兄弟、親戚、多くの友人たちが茨城に住んでいます。
地震発生2日後に、やっと両親と電話で話す事が叶ったのですが、まだ断水と停電が続いているそうです。
年老いているので、寒かろう、不安だろうと心配です。。

少し状況が落ち着いたら、またカータンさんの楽しい記事を楽しみにしています。
「笑い」‥物資が落ち着いたら、大切な支援の1つのように思います。

178 ■親として

再びのコメです。
今朝、八戸の実家の母からメールがありました。内容は、「食料は足りているの?」
私は埼玉県在住ですが、ニュースを見て、関東では買いだめが起こり、食料が不足していることを知り、心配でメールしたみたいです。
向こうでも、食料が不足して、お米も買えずにいるというのに、心配をかけています。親とは、どんな状況の中でも子供を心配するものですが、本当に申し訳ないと思いました。
そして、こちらのこの「買いだめ」状態に怒りがこみ上げてきます。
親として、子供たちには、こういった「買いだめ」という行動をしている大人にはなって欲しくない。
人の痛みが分かり、助け合う心を持った大人になれるよう、しっかりと教育していく事も大事だと思いました。

177 ■日常を大事に

被災地の映像を見て泣く、その事を知って
気持ちを分かってくれてる、と慰められてる人も
たくさんいます。
一人じゃない、と感じてもらう事はすごく大事です
前を見る力になります
安全地帯にいる事はもちろん悪い事じゃありませんよ
安全な所にいるからでしょ、って事かな
「わざわざ「必要性がわからない」
なんだか怒ってる?
安全な所にいるのに心配してくれてる
まったくの他人なのに。
それはすごくうれしいです

被害が少ないのであればできるだけ普通に生活していてほしいです
それができるのですから。

まったく状況がわからずどこまで被害にあったかわからず不安だったけれど
でも、東京の弟は無事だと知った時、
泣くほどうれしかった
水道もガスもまだ駄目だけれど電気は復旧したからやっと充電できた
家にも帰れた
ツィッターやブログを見て
頑張って、と言われてもどう頑張るのか正直まだわからない
一緒に泣いてくれる人がいる事がうれしい、
その優しさがすごくあたたかくて
やっと声を出して泣けた

色んな考え、受け取り方があるのです。
それは良いとか悪いとかじゃない。

自分がわからなくてもいいじゃないですか
あぁ、そういう人もいるんだね。でいいんじゃないかなぁ
まだまだ笑顔がむずかしい地域もあります
だから代わりに笑ってください
いつか つられて笑顔になれる
ここは悲惨だけれど無事な所もあるから大丈夫、
そう感じられるのがうれしいです。


176 ■災害時のメンタルケア

災害時のメンタルケアについて臨床心理士さんが役立つ情報を発信しておられるので、よろしければ読んでみてください。私は今回の地震の影響で阪神淡路大震災のトラウマがフラッシュバックして精神的にまいっていましたがこれを読んで、大分自分を客観的に見ることができるようになり気持ちが楽になりました。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
【災害時のメンタルケア】
◆1.今こそ自分自身のメンタルケアを。

今はまだ地震直後であり、だれでもアドレナリンが噴出している時です。こういう時は何かをしたくてたまらなくなりますが、まずはその自分自身の感覚に意識を向けてみましょう。細々意識してみることをトラッキングといいます。自分自身に対するサポートを最初にしてください。

私たちが落ち着いているか、不安な状態であるかによって周りの人に与える影響が違ってきます。

◆2. テレビの視聴には気をつけてください。
  *特にお子様、感受性の強い老若男女の方々。
身体がだるくなったり、ボーッとしたり、涙が出てきたり、妙な罪悪感が湧いてきたり、不安状態にある自分に気づいたら、即刻テレビを消すか、必要なニュース速報のみが流れてくる全く違う番組にしてください。

テレビで繰り返し繰り返し流される悲惨な映像は、非常に強い吸引力を持ちます(とかく最近のメディアは人々の不安をあおるのが特徴です)。

人によっては催眠にかけられたようにテレビの前から動けなくなる人もいるでしょう。
こうした映像に何度も何度も自分をさらすことは、何の役にも立ちません。
トラウマの渦の引っ張り込む力はとてもとても強力です。
サンフランシスコ大地震の時は、繰り返されるメディア報道が人々にもたらすネガティブなインパクトは甚大だったといいます。

◆3. 今一番に必要なのは、身の安全を確保することです。
避難場所、食べ物、人々が安全かどうかをチェックすることが優先です。

◆4. そして非常時に最も大切なのは、人とのコミュニケーションです。
人を求めるのは、とてもとても自然なことです。

175 ■なぜですか?

被災地の映像を見て「泣きました」とわざわざ文字にするのでしょうか?
被災者の方は泣くに泣けない状態だと思うのですが。
泣くなんて書けるのは、ご自分が安全地帯にいるということではないでしょうか?
わざわざ泣いたことを文字にする必要性がわかりません。

174 ■自分が今できることを

私は愛知在住ですが、どこの店も水と乾電池がかなり品薄になっている様です。

不安に思うのは分かりますが、少しでも多くの物資を東北・関東へ送る為、必要最低限以外の買いだめをどうか、やめて下さい。

毎日ニュースで伝えられる悲惨さに心が痛く、被災者の方の方が泣きたいはずなのに、涙が止まりません。募金をすること、買いだめに走らない事、献血をすることしかできない自分が悔しいです。

ここ中部からは送電も限られた分しかできないとのこと。停電して一人でも多くの人が安心でき、暖をとれるのならば、ここも停電して構わないのに。

東海地震が起こると言われる中、今回の地震はとても他人ごとには思えませんが、どうか一人でも多くの方が助かり、少しでも心休まるときが来る事を祈っています。

とにかく今は、個人でできること皆でやり続けます。

173 ■宮城県石巻で子供が家族を探しているようです。

朝日新聞の記事で、石巻市立釜小学校3年の、あいさわ としひと君がご家族を探している、との記事がありました。

http://www.asahi.com/national/update/0315/TKY201103150451.html

本当に早く見つけてあげて欲しいと思い、ここにUpします。

172 ■大きな事は出来ないけど

私に出来るのは、小さい事…
でも、その小さい事が集まれば、きっと大きな力になるはず。

『頑張って』と言う事は簡単だけど、まず行動したいです

コメント投稿