麻雀漫画の原作者として一応名を馳せるのだが、それまでも人生は悲劇だった。面白くもおかしくもあり、涙なみだの生活で、これを読む人はおそらく腹を抱えて笑い、こいつ馬鹿だと思うだろうえっ。さてどこから語ろうか。やはり赤貧時代から話そうかな。


AD