鬼怒川氾濫の水災被害からの自宅復旧も後半戦。

大分、家らしくなってきました。


<11月27日>



このとおり、ようやく内壁が取り付けられました。

むき出しの断熱材の頃に比べて、ようやく落ち着き感が出てきた気がします。



側板が汚水を吸って完全に使い物にならなくなったキッチンも新調。

料理好きの唯野としても、またオムライスとか唐揚げとかニラレバ炒めとかを作るのが楽しみです。



庭の畑も土を入れ替えました。

これでまた安心してジャガイモや大根を育てられます。



<12月05日>



そしてついに壁紙も張られました。

以前と壁紙の色を少し変えてみました。

滅多にないリフォームの機会なので、何かしら変化は欲しいものでして。。

(まあ、滅多にあっても困りますが…)。




まだ機材や板が散財していますが、これらを片付ければ

家としてはほぼ完成ではないでしょうか?


洗面台も新しい物を設置中。

鏡の部分は水害前のものがなんとか使えそうなので、

ここに以前の鏡をはめこむ予定です。


なんとか12月中に全て終われば、良い新年が迎えられるのですが。。



さて、水害の日に一躍有名になったこちらのスーパー。



アピタ石下店ですが、水災後、2階部分のみで営業を再開していましたが、

やはり再建が厳しいとのことで、本日12/06をもって閉店することとなりました。

http://www.uny.co.jp/shop/208/


唯野もよく行っていたスーパーなので残念ではありますが、

被害が被害なだけに、仕方ないところかもしれません。。


水災は常総市民の生活をいろいろ変えてしまいましたけれど、

それでもたくましく復興して、2016年は明るい常総市を取り戻したいところですね。


常総市で復興祈願カラオケ大会とか企画できればと考えています。

明るい歌声が明るい常総市を取り戻すための呼び水になれば、素晴らしいことかと思います。

AD