野中さんちの事情

kyoちゃん(D'ERLANGER)激!偏愛中vvv
ムウ様(聖闘士星矢)と寿也(MAJOR)をこよなく愛する主腐の戯言v



テーマ:

 お待ちしておりました~vvv という訳で、地元でデランジェ!

 

 ツアーは前半・中盤・後半と回りたい野中ですが、今回は中盤が地元の祭りと重なったため断念。

という訳で、二本目の参戦でいきなりセミファイナルです。

 

 って、無茶苦茶寒くないっ!?

試しにバンTとパーカーで朝の散歩(犬の)に出てみたけど、無理!!!極寒っ!

 今回のデランジェさんは天候に恵まれてませんね。台風にも襲われたし…。

 遊びに行って風邪ひく訳にはいかないので、長Tの上にバンT。上はジャンパーという冬な出で立ちでGOです。

 

 今回はELL。嬉しいな!

同行者の一子ちゃんと物販列へ。

 お目当てはサイン本と、浜松で売り切れていたパーカーLL(旦那用)と、銀熊(旦那リクエスト)。

旦那様、着々とデラ沼に入り込んでおります。けど今日は欠席。

 明日仕事だし…とか甘っちょろいこと言ってる人は、来なくてよろしい!!!

 

 さて、パーカーと銀熊は無事購入できましたが、サイン本は早々売り切れ!

物販開始時間前から並んでた人も買えなかったって。

 

 ええ~~~;;;

 京都でも売り切れたんでしょ? 見通し甘くない?

 

 それとも 「手が疲れる」から、あんまり作って頂けないんでしょうか?サイン本…。

…アマゾンで通常版を買うよ!

 

 まぁいいや。物販はオマケ。本命はライブですから!!!

なにしろファンのおすすめ度No.1のELLで、しかもセミファイナルですから!

 期待するでしょ!これは!!!

 

 今回整番過去最悪…; 200番台… でも、ELLは見やすいからね。見れればいいのよ見れれば!

中に入ると、もう当然のように入り口付近大混雑です。

 一子ちゃんはじめ、開場で出会ったナナちゃんとユリちゃんも壇上待機。

フロア降りるの私だけか~。待ち時間、ちょっと悲しい…。

 でも今回は16:30 OPEN、17:00 STARTのテキパキっとした時間割でしたので、長く待たず↓

[Kilmister=Old NO.7]

 しょっぱなからいい感じに揺れてるよ!会場!

 

 さてさて、本日のkyoちゃんは?

 

 ……… ……… ………ぱじゃま?

 

 というのが野中の第一印象でしたが;

 

 テロテロっとした、黒地に柄の入った羽織。多分和装のイメージ。

でも、襟の部分が赤で、ジャケットみたいなってる。脇入ってるスリットがセクシー!

例えとして一番近いのは、よさこいの上着かな。

 下は、脇がガバッと開いた、ゆるっとした黒タンク。

だから、羽織がひらっと開くたびに、kyoちゃんの脇がチラチラ見えてvvv

話によると乳首が見えたそうなのですが、私は気づかなかった………残念過ぎる!!!

 プラス、フレアパンツ。靴見えず。

 

一曲目[the end of eden]

 曲調もさながら、ルーズに伸ばした金髪とも相まって、まさに酔いどれ貴族様v

ゆらゆら揺れながら唄うkyoちゃんエロいよ~エロいよ~vvvv

 相変わらず指先の動きがキレイvvv

 

[Harlem Queen]×2~MC。

 ようやく明るくなり、羽織の模様が鶴だと判明。

首に二重巻のチョーカー黒v シルバーのチャーム付き。チョーカー好きv

 

kyo 「名古屋~!会いたかったぜ~~~!!!俺たちの見たことのない名古屋を見せてくれよ!!!」

   「デランジェの音に酔って下さい」

     ↓

[LOVE is GHOST]

 羽織をヒラヒラさせるkyoちゃん。裾の使い方が凄い効果的よ!なんなの?この色気っ???

「首筋に」のフレーズで首をなぞる仕草の美しいことっ!

 すんごい気持ち良さそうに揺れて酔ってるのは、kyoちゃんの方ですよ!

   

[Parfum de l'avidite]

 なにがきっかけだったのか?

 第一回目のサビに入り損ねたkyoちゃん。多分そこで歌詞ぶっ飛んだ。

歌詞モニターを見るも、「今どこだっ!?」って感じだった模様。

サイファに目線で助け求めてたし。(ように見えた。妄想かもしれない・笑)

 途中で立て直したけど、その後も歌詞が不安になっちゃったのか、しょっちゅう歌詞モニター見てました。

 

バラードゾーン突入。

[Je t'aime]

 最初こそパジャマに見えた衣装も、時と共にしっくりくるから不思議です。

さっきも書いたけど、ヒラヒラ揺れる羽織がメッチャクチャ効果的にセクシーなんですよ!

 kyoちゃんも舌出したり唇舐めたりするしv 和服効果絶大(*^^*

 

[BABY]

 kyoちゃん劇場も素敵だけど、最後の「らららら~」のとこで会場にマイク向けて唄わせて、大合唱。

気持ち良かったv

一体感v

 

[LULLABY]

「こころなしか~」の後のギターソロ。弾く代わりに→サイファ「セミやで」 会場「キャーv」

  一言でファンを失神させるサイファすげー!

「こーもりうーたを」唄いながらサイファに近寄るkyoちゃん→ワンマイクで「ひーとーつ」。

  わたくしシアワセですv もっと絡んで下さい!

チャチャチャ・チャーチャチャッチャ→会場「フー!」×3がばっちり決まって、kyoちゃん嬉しそうです。

 

 曲の途中で哲のスティックがびゅんびゅん飛んでくるのが怖かった;

↑こういう風になるのを想像してしまった。※『魔王の秘書』より。

 

[CRAZY4YOU]で本編終了。

 すんごい楽しいんだけど、終わりが近づくにつれ、「ああ~もう終わっちゃうよ~(>_<)」って悲しくなってきた野中。

ライブでそういう感情持ったこと、あんまりないから、自分でちょっとビックリしました。

 

~アンコール~

 kyoちゃん、ツアT 。ドルマンはシーラさん。二人とも似合うけど…。

kyoちゃんの二の腕が見えない………悲しい………。

 

ラスト[沈む]

 みんなが「すごい!」って言ってる理由が、前方のギューギューから解放されていた今回、良く分かった!

音が押し寄せてくるのね!

 kyoちゃんも、こんなに入ってたなんて!

とっても良かったです!!!

 

 

 さてさて、実は今回、長年の連れ一子ちゃんが「卒業」発言をしていました。

新しいことを始めたくなっちゃったそうで、来年はもうライブ通いはやめて、地元だけの参戦にしようか、的な。

 今日見て決める、と申しておりました。

 

野中 「で?サイファはどうだった?」

一子 「…カッコ良かった。」

    「一か所だけで我慢できるのか?自分?と思う。」

野中 「無理でしょv」

 

 そんなに簡単に抜けられたら、こんなに溺れてないわよね~!デラ沼で!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

 浜松~vvv 近いぜっ!車で行ける!嬉しいなり!

 

「23号バイパスのコストコ渋滞が心配だよね~」

という予想通り、バッチリ渋滞にはまり…その上、先乗りの友人一子ちゃんから、

「駐車場一杯だよ!なんかイベントやってる!」

との情報が!

 車は楽でいいんだけど、駐車場の問題がねぇ;

 まぁ、無事駐車場は確保できたから良かったんだけど。

 

 てなことがありつつも、無事物販列に。

 今回は珍しく、旦那様から「パーカーが欲しい」との要望があったのですが、まさかのLLサイズ完売!二日目の浜松で無くなるなんて、京都では男性陣がこぞってパーカーを購入したのね!

 今回の天使モチーフ、可愛いもんね!

 パーカーLLサイズは再販するそうですよ。良かったね!

 

 私はドルマンTシャツを購入。天使モチーフなんだから、バックプリントの方が良かったな~。今回ドルマンはサイズアップされているらしく、私が着るとダブッとした感じになりました。(身長158cm)

 J'aimeのツアTの柄は「風車みたい」と思ってたけど、ケイちゃんが買ったの(黒)見たら結構アリだと思いました。プリントがグレーなのがいいね!けど、相変わらず首元が締まってるデザインだった。もっと広ければいいのに!

 

 しかし、前回(二年前らしい)も思ったけど、窓枠の物販、のんびり過ぎじゃないですか?と思ったのは私だけ?ちゃんと開場に間に合うのか心配になっちゃったよ!

 

 という訳で、車に戻って買ったばかりのドルマンに着替え、買ったばかりのタオルを首に巻いて準備完了!車はこういう時、本当に楽だ!荷物ほかせるし!

 

 さてさて、今回は整番が140番台だったのですが、窓枠のフロアは横に長い長方形なので、奥行きは短い。前回は一番後ろから(フラット床の一番後ろ。二段目は封鎖)でも良く見えたから「余裕~v」なんてぶっこいていたんです。が、今回は違ったよ!

 私は前に詰めたのでそうでもなかったけど、後ろに残った旦那様曰く、「一杯過ぎて全然見えなかった」(旦那様の身長は170cm)と。

 確かに、開場からしばらくたってから↓

「入り口付近が非常に混み合っていますので、前に詰めて下さい」

とアナウンスがあったわ。そんなに混んでたのに、二段目は封鎖されてた。あそこは解放されないものなの???

 

 まぁ、そんな後方の事情は終了後に聞いたもので、私はケイちゃんと共に前線へv 開場→開演30分は有難い!

 大した遅れもなく、スタートです!

 

SE. Kilmister=Old NO.7

 窓枠のステージは上手からの入場です。ステージの向かって右奥のカーテンの向こうにはkyoちゃんが待機。してたのは私からは見えなかったけど、右隣のケイちゃんはバッチシ見えたそうよ。

 哲、シーラ、サイファに続いて、たっぷりの溜めの後にkyoちゃん登場!!!

 

 細身の体にフィットする黒いジャケットがセクシー過ぎる!ジャケットの下は黒タンクvvvv だから、ジャケットがはだける度に、肩の付け根周辺がチラチラと見える!

 白い肌に、シルバーのネックレスが良く似合うわ~~~v

 

 いやあぁぁぁ!!!カッコいいから~~~!!!

 

 

1曲目. EASY MAKE,EASY MARK

 しょっぱなから飛ばします!kyoちゃんやっぱりカッコいい!!!目にするたびに、自分の本命バンドはここだ!と改めて思い知らされる!

 

 Harlem Queen Complex~

 Newアルバムの曲へ引き継ぎ。春ツアーの時よりノリがいい感じ。全体的に良く揺れてるv

 

 唄ってる時はすんごいカッコいいんだけど、腰が細すぎてずり落ちるのか、曲合いでゴソゴソとパンツ(多分フレアパンツ)を引き上げるkyoちゃん; ちょっとカッコ悪い。

 けど可愛いv

 

kyo 「浜松!久しぶり!二年振り?合ってる?

    地元の人どのくらいいる?おお~結構いるね」

 

 野中は近くだけど静岡県人じゃないので上げられない。

 

kyo「浜松に磯野ホテルってあるんだって?縁もゆかりもない浜松に、シンパシー感じるなんてね。第四の故郷くらい」

 

 第一の故郷が生誕地だとしたら、第二の故郷は京都と東京のどちらでしょうか?

 っていうか、”縁もゆかりもない”って目の前で言われると、ドキッとするくらい悲しいわ…あんまり人前で使わない方がいいかもね。

 

Mona Lisa

 うちの旦那様が好きな曲。っていうか、旦那様の同年代の男性には堪らない仕掛けが、たくさんちりばめられてるみたいですね。

 

kyo「久しぶりのやります」

 

 Parfum de l'avidite'

 おおv 久しぶりっていうか、私はライブでは多分初聞き!まだまだ、こういう感動が出来るんですね~vvv

 

 kyoちゃんから飛び散る汗が眩しいわvvv

 曲合いに哲の方を向きながらジャケットをパタパタするkyoちゃん。ジャケット脱ごうか?と葛藤してるのかしらv 脱いで!って言ったらダメかな?などと妄想して楽しむv

 哲の煽りドラムが無いと、脱いでくれないのかな~(^^

 

 曲合いは精一杯kyoちゃんの名前を叫んで、さてそろそろかな?となると大人しくなるファンに向かって↓

 

kyo「MCに入る頃合いを見計らって黙るの止めて」

 で、仕切り直し。わがままな王子様だv

 

 そんでもって、バラードゾーン突入。

 

「kyoちゃん、キャンディ好きだよね~」

 なんて言いながら耳を傾けてた↓

 

Candy in the shape of you

 

 けど、なんかすごい良かった。散々聞いて聞き慣れたからだと最初は思ったけど、そうではなくkyoちゃんの「魅せる」技術が上がったからだと、途中で気づきました。

 ホントに良かった!

 

 

 サイファが前に出て煽り出して、kyoちゃんがサイファに寄ってったから「柘榴は外さないのねv」と思ったら↓

 

Divina Commedia

 絡みは無かったけど、「おおv」っと思えたからいいやv

 

Singe et Insecte

 黒い猫は、マイク握り締めてシャウトで「ニャーーーー!!!」

 カッコいいぜ黒猫!!!

 

dummy blue

 kyoちゃんのテンションも最高潮!

 下手前方はお触り天国状態!羨ましい!!!

けど↓

kyo「お腹は触んないでv」

 

 お腹以外は触っていいみたいv お股もOK?(笑)

 

 LULLABY

 ♪チャッチャッチャ!チャ~チャチャッチャ♪

「ヘイ!」

 の部分の繰り返しは定番化した模様。

 子守唄の部分はCIPHERが何言ってたのか分からなかった。

 最後はカッコ良くジャンプ!のはずがジャーン外されて、「あれ?」って感じでkyoちゃん苦笑。そのまま↓

 

CRAZY4YOU

 砂に浮かべた愛しい君の名前は「うなぎ」。手で”にょろにょろ~”ってやるヒント付き(^^

 分かると嬉しいね!う~ん!楽しいっvvv

 
 
 アンコ待ち10分程度。案外早くメンバー再登場。
 
 kyoちゃん定番のドルマンv 腰の細さが際立ってvvvv
うなじが美しい!鎖骨が美しい!
 
Everlasting Rose
 J'aimeアルバム内で、野中が一番好きな曲v しっとりと低音から入る唄い出しが堪りませんv
 kyoちゃんが女言葉で唄うとゾクゾクするv
後半の盛り上がりが凄くイイ!
 
沈む
 スローナンバーに入るはずのこの曲。なのに、なぜここで、フロア前方に大きなうねりが起こるんでしょう???
 でも、今回はレッドラインからちょっと外れたカームベルトに居たため、十分に”絞り出すkyoちゃん”を堪能できましたv
 
 で、終わりかと思ったら、
 
kyo 「もう一発行こうか!行けるか!?イクぜ?イクぜ?イクぜ~~~!!!一緒に逝こう!バライロノセカイへ!」
 
バライロノセカイ
 も~!満腹です!今日もカッコ良かったーーーー!!!
 
 kyoちゃんの汗が沁み込んだドルマンTシャツは、野中の頭上を越え後方へ。
「あそこまでは飛び上がれない」と…。
 
 後方待機組と合流↓
旦那「ドラムヘッド、確実に俺に向かって飛んできて取ったのに、隣の女の人が必死の形相で掴んでたんで、負けて離した」
私 「取ってたらどうするつもりだったの?」
旦那「飾る」
 
 いつの間にか、旦那様がガッツリ哲ファンになってる!
恐るべし!!!
 
 これが
D'ERLANGERおじさまたちの実力だ!!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 lynch.初レポ挑戦!

 

 という訳でlynch.夏ツアー追加公演名古屋!

行って来ました!

 

 当日8//5(土)は近地で花火大会が開催されるということで、

「夕方は電車メチャ込みだよ。」

と聞いていたのですが、まぁ15時くらいなら大丈夫だろう。

 B番だし!

 

 って判断が超甘かった!!!

駅前駐車場全滅!!!上限無いとこまで!!!

 だいたいが「B番だし」ってことで、家出発も遅め。

うああああ~~~ん(@△@;)

 大失敗を反省しつつ、とにかく駐車場の空くのを待って、遅刻決定で名古屋を目指す。とほほ・・・。

 

 私一人が焦ったところで電車が二倍の速度で走る訳でもなく、電車の中で楽曲を復習。名駅地下を小走りで抜け、無事新栄到着。

急げ急げ!!!

 ダイアモンドホールのあるフレックスビルに到着した時には、すでに開演時刻を過ぎていました。人っ子一人いないビルのエレベーターに向かうと、そこには↓

『ダイアモンドホールをご利用のお客様は、当エレベーターをご利用頂けません。非常階段をお使いください』

 わお; 鬼かっ;

 

 ヒーヒー言いながら(マジで)階段五階分駆け上がって、着いた時には汗だくでした。今回はB番で場所も悪いだろうからと、少しで見えるようにヒールで来たんだよ; こんなことになるとは;;;

 チケットもぎ後、500円をドリンクコインに引き換えて中に入り、まずは手持ちのペットボトルの水で喉を潤す。

 スタッフに咎められるかと思ったけど、大丈夫でした。

おばちゃんだからね。熱中症で倒れたらシャレにならん!

 

 ダイアモンドホール内は夏仕様。体育館とかで見かけるオレンジの羽根の大型扇風機がホールの至るところに設置され、七分丈の黒いカーテンで仕切られたホール内へガンガン風を送り込んでました。

 

 入っていきなり真っ暗で(ただでさえ視力が弱ってんのに・・・)、配置が理解できないままとりあえずカーテンをめくると、下座のスピーカー前。悠介近っvvv

 けど近過ぎたので、もう一段後ろに下がりたいと再びカーテンの外に出ると、希望の場所は人が溢れてロビーにはみ出してました!!!

 という訳で、下手のスピーカー前から鑑賞です。

 

 S.E.は聞けなかったけど、一曲目間に合った!

『GALLOWS』

 一曲目からファンが元気いい!若いっ!

早速ヘドバンから逃げ出すおばちゃん。一歩下がる。

 

 さっきも言ったけど、悠介近いっ!!!

金髪可愛い~v やんわりとウエーブのかかった真ん中分け。

丸出しの肩にガーターベルト。パンツはワイドかな?首のストールが暑そう・・・。

 衣装の色はもちろん真っ黒です!

 本人は「色気」を意識してるらしいけど、でも、まだまだセクシーっていうより、かわいいvって感じね。

 

 葉月君の髪が短くなってた。私はこのくらい短い方が好みv

下手からスタッフさんが写真を撮っているお蔭が、決め顔が良くこちらに向いてウキウキv

 

葉月 「すげぇ景色です!名古屋のlynch.です!」

 

 ホント、すごい!満員御礼!圧巻です!!!

目が慣れてくると、会場のパフォーマンスも面白い。ほぼ全員が一斉にヘドバンすると壮観ですね~。

 もちろん、私は見るだけです。特に縦は無理!むち打ちになりたくない!40過ぎて縦ヘドバンやってる玲央さん凄いよ!

 玲央さんが絶えずニコニコ笑顔なのが印象的でした。

 

 ヘドバンパーティーに続いて、おおv このセクシーな出だしはvvv

『GHOST』

 ようやく聞けた~v やっぱこの曲好きだわ~vvv 

葉月君もセクシーです。

 

 こっからバラードゾーン。悠介ギター本領発揮v

悠介がギターを弾いた指先をすうっと空中に向けて伸ばす仕草がキレイv 線も細いし、きれいな仕草がよく似合うねv

 

 この辺の曲はノリ方も穏やかなので、私でもたっぷり楽しめました。

 反対に、速いリズムに合わせて小刻みに手先を動かすのは苦手;

そこは自分なりのノリで楽しんでいます。

 

『SOROW』

 曲終わりが葉月君のアカペラで、声が途切れた後、会場が「シーン」となったのが印象的でした。

 こういう余韻を楽しめるファンが多いんだね。

大好きv

 

葉月 「今日、俺らと同じ時間にライブをやっている俺の先輩が言っていた!頭は振るためにある!ってな!!!」

 

 後半ヘドバン大会。みんな頑張れ~~~!

 

葉月 「若い頃は”35歳になったら落ち着いたバンドやってんだろうな~”と思ってましたが、変わってません!60になってもおんなじこと言います。

 やらせてくれーーー!セックスしようぜーーー!!!」

 

『pulse_』

 下座煽り↓

葉月 「下座の皆さんも、あの恥ずかしい四文字をご一緒に!

     はいっ!」

客  「やりたいやりたいやりたいやりたい~vvv」

 

 悠介煽り↓

ギターの竿を客席側に突き出してシコシコの定番。

 

 絡みのないlynch.のライブで唯一絡みが期待できるパルス。

悠介がちゃんと見せてくれましたよ~vvv

 後ろからサボートB.のNatsuki君に抱き着いて、そのままチュッv

キャアっvvvv 喜ぶおばちゃん(*^^*)

 

 そして本編ラスト!

『TRIGER』

 私、泣けました!泣きました!

ラストにこれを持ってきたことが、凄いいイイ!のにまずビックリした。

 それから、葉月君はライブ全般にわたってAKの存在を示唆していのだけど、ここへ来て完全に↓

「この曲はAKに向けて唄ってるんだぜ!」

ってのを晒して来たの。

 歌詞と、そういう背景とがキッチリ重なって、ファン歴が短い私にも十分伝わって来たのね。

 

♪ 狂い落ちてくよに 君へ手を伸ばした

 

 の部分で、今はいないベーシストに向かってめいっぱい手を伸ばす葉月君の姿。切ないとか、辛いとかいうことではなく、ただジンと来ました。

 

~アンコール~

 10分くらいで再登場。

晁直さん→ピンクはっぴ。

玲央さん→黒はっぴ完全装備。(←完全に的屋のおっちゃん。似合う!)

悠介→ツアタンク。脇から見えるほっそい体!折れちゃいそう~vvv

    手に持った扇子で舞を舞う。DVDに入ってたやつ。

葉月→黒はっぴを羽織り、バスタオルをその上に掛け、手には扇子。

         ↑

 在庫処分の宣伝をさせられたらしいです。

 

葉月 「明日の野音、来る人~(挙手)…ほぼ全員じゃん。じゃあもう言うことないです。お母さんとか、友達連れてきてください。

 野音、絶対完売したいんで!!!」

 

 野音の完売に意欲を見せる葉月君。

 そして、カウントダウンライブ発表!

 

葉月 「去年のカウントダウンの申し込みが凄くて、ここでも収まらなくて、じゃあZeppってことで。自然にZeppで出来るようになりました。」

(拍手が起こる)

葉月 「野音、絶対成功させたいんで!そんで次は!名古屋で一番でっかいとこ!…どこ?ガイシ?ガイシ!連れてくから!!!」

 

 熱いね!lynch.も!ファンも!

 

 アンコは熱いの四連発!も~すっごい楽しい!!!

 

 で、私は退場しました。

アンコ2まで見なくても満足しちゃったのでv

 

 今から昇ってく途中のバンドの熱って、ホント凄い熱い!と感じましたね。応援したい!ってますます思いました。

 野音は別の予定が入ってて行けなかったんだけど、ちゃんと完売!

 すごいね!!!

 

 さて、カウントダウンは、おばちゃん辞退;

22時開演の26時終わりって…開演の時点で就寝ですわ;

 秋ツアーも困ったことに; 日程が; どうしましょ???

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。