相談会

テーマ:

某市役所での相談会に行ってきました。


いやでも順番に回ってくる当番相談員。


一年ぶりです。


大阪の相続手続、遺言等の法務サポート-soudanin


終了間際に駆け込み相談者が来ましたので応対しました。


やはりここでの相談も遺言でした。相続がらみの相談が多いですね。


遺言書は、一般的に、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言がありますが、お勧めしたいのは公正証書遺言です。


自筆証書遺言や秘密証書遺言の場合は、遺言内容について、公正証書遺言のように法律の専門家のチェックは入りませんので、万一、無効となったらせっかく遺言書を作成したのに意味がなくなります。


遺言が無効となった場合は、通常の相続となります。つまり相続人が法定相続分どおり相続するか、もしくは相続人全員が話し合って分割するかになります。


また、公正証書遺言の場合は、家庭裁判所での検認手続きが不要ですが、自筆証書遺言や秘密証書遺言の場合は、遺言者の死後、遺言書の保管者や遺言書を発見したものは、家庭裁判所へ遺言書を持参して検認手続きをする必要があります。


検認手続きは、面倒ですし、完了まで相当時間がかかります。


以上の点から、費用がかかりますができれば公正証書遺言を選択されることをお勧めします。



田村行政書士事務所(大阪)

<相続・遺言、離婚等のご相談はこちらへ> 

⇒ http://www.kit.hi-ho.ne.jp/masamichi/




===============================

ブログランキング ⇒ http://blog.with2.net/link.php?1435779

AD