相続税の改正ー基礎控除額の変更

テーマ:

相続税改正のお話をこれまでニュース等でお聞きしたこともあるか
と思いますが、平成25年度税制改正が3月29日に正式に成立し
ました。


それを受けて相続税が変更されます。


相続税の主な改正が実施されるのは、平成27年1月からで以下のとお
り特記すべきは基礎控除額が引き下げられている点です。


●基礎控除額の改正

 現行   5,000万円+1,000万円×法定相続人の数
       ↓
改正後  3,000万円+  600万円×法定相続人の数


※基礎控除額は、相続税申告が必要か否かのボーダーラインです。


具体例:
被相続人の遺産総額が6,000万円の場合、法定相続人の数が2人の
場合    


現行法の計算式に当てはめれば、課税遺産総額が基礎控除額7,000
万円を下回るので、相続税がかかりません。


ところが、改正法の場合は、課税遺産総額が基礎控除額4,200万円
を上回ることになりますので、相続税が発生することになります。


基礎控除額の引き下げにより自分は相続税がかからないと思っていた人
も相続税がかかる人が増えると予想されます。


特に都心部に戸建の家を持っている方ほど、今回の改正法施行により影
響を受けやすいのではと思います。



<相続・遺言、離婚等のお問い合わせ・ご相談窓口> 

田村行政書士事務所(大阪)
大阪府大阪市中央区釣鐘町1-1-1大宗ビル6階
電話:06-4256-7938
⇒ http://www.kit.hi-ho.ne.jp/masamichi/



===============================

ブログランキング ⇒ http://blog.with2.net/link.php?1435779

AD