畑と家族とお天道様と要相談。~北海道十勝清水で農業を営む3代目農家のブログ~

農業ネタを中心に、日々感じたことを綴ったブログです。


テーマ:
小麦のはなし。

秋まき小麦は春から、概ね、3回ほど追肥を行います。

1回目は、起生期という雪が解けて小麦が目が覚ます時期に。
2回目は、幼穂形成期という幼穂(小麦の穂の赤ん坊?)がつくられる時期に。
3回目は、止葉期という生育上最後の葉っぱが出てくる時期に。

普及センターの人曰く、
起生期は穂の段数を確保するために、
幼穂形成期は1段のうちにつくられる実の数を確保するために、
止葉期は子実の充実を図るために
行うのだそうだ。

本当にそのような効果が得られるのか、その目的設定でいいのか、
については、まだ勉強が足りてないので、
今は普及センターの指導を参考ににやってます。


んで、そろそろ幼穂形成期追肥の時期。

畑の様子はこんな感じです。


畑と家族とお天道様と要相談。~北海道十勝清水の3代目農家のブログ~



ところで幼穂ってどれさ?って?


あ、ハタ目には分からない?


じゃぁ…ちょっとズームイン。

畑と家族とお天道様と要相談。~北海道十勝清水の3代目農家のブログ~

こんな感じです。

現在、というか今年は1株から9~10本くらいの茎が生えております。



で、上の写真を見ても、何が幼穂か、さっぱり分からないと思います。

さらにズームイン。

株から1本、ピックアップ。


畑と家族とお天道様と要相談。~北海道十勝清水の3代目農家のブログ~


さらに、1枚ずつ葉っぱをはぐと…


畑と家族とお天道様と要相談。~北海道十勝清水の3代目農家のブログ~


やっとでてきました。根の上の小さな物体の先端にあります。

この茎で1.5mmほど。
肉眼でよーやっと確認できるほどの小さな物体であります。

ケータイのカメラではこれが限界です。。

5mm~1cmくらいになってくると、写真でも分かるようになるとは思うのだが。




で、さらに普及センターの人曰く、
幼穂形成期追肥のタイミングとしては2mmくらいのタイミングが良いそうだ。

とはいえ、追肥作業は雨降りにはできないので、
いつ追肥を行おうか、じみ~に悩むところだったりもするのです。

11日から2日間?3日間?連続で雨降りの予報なので、
最悪4日間から5日間は畑に入れなくなる可能性大。

そうなるとタイミングを逃した感が出てくるし、
この茎で、割と平均的なサイズの茎だったような気がするので、
やっぱ雨前にやらんきゃ、かしら。

去年、一昨年も幼穂形成期追肥のタイミングとしては、
11日頃の雨前のタイミングだったような気がしないでもない。

一昨年は、ワンテンポ、タイミングが遅れて、
ちょっと悔しい思いした覚えがあるし。




ま、そんな感じで、今日はこの辺で。



以上。




AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

ゆーいちさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。