Powered by ミセつく
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年05月18日(水) 19時46分40秒

今の日本の抱える大問題とは

テーマ:看護・医療の話
私は。数年前から医療現場で管理職しています

今まで自分が、看護の第1戦で働いていた時には何にも考えず、ただ、毎日、自分の受け持ち患者さんの事だけを考えて、精一杯やれることやって、毎日が患者さん中心&その家族中心が当たり前で、とても充実した毎日でした😊

たとえ、急に帰れないような事になっても、困らないようにだけちゃんとして、でも、母子家庭で子供ら育てながら夜勤もしていたので、いまより睡眠時間も短かったけど充実した日々でした

でも、いまは、管理職

そんな風に自分と同じ目線や、力量や、ドクターとのやりとりや、認知症の患者さんと家族に向き合って、きっちり看護ができる人材を育成するのは、とても難しい世の中になってるのが現状

まずは自分が大事

これは、とても大切な大前提なんですけど、そうではなくて、白衣着てる時だけは、プロ意識で、患者さんと家族のために、正しいと思うこと、ドクターがヘンテコリンなら闘ってほしいですが

一回のやり取りで、もう無理ってこっちに丸投げ😅
いやいや、誰のために仕事してんの?と言っても

『だって、先生にゆってもわかってくれへんし、怒るし、これ以上無理なんで、師長がゆってください~』
丸投げです

全般的に、コミュニケーション力が足りない
でも、何とか自分でそこを手を替え品を替えはしません。私には無理です~

私が若い頃、常に患者さんのために闘い、ドクターとやりあい、最終的に師長がフォローするみたいなことは、いまの現場では中々難しいことなんですね~

みんな、自分が1番かわいくて、自分を守る事で挑戦しない

そして。
現場は長生きの結果の認知症
手に負えない家族は入院したらこない
薬を使わなくも安心させる術を知らないナース

なんて

医療現場は、常に戦場ですよ~

そして。そんな未熟な人たちを、なだめすかしながら、看護とは何か❓

わかってもらえるには、中々大変です(笑)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015年06月06日(土) 22時22分34秒

自分をみつめる

テーマ:看護・医療の話

自分の長年の夢がやっとかなうと思ってた



しんどくても管理職がんばってきてよかったと思った



でも、そんな気持ちは・・・・



数か月・・・・ま、正しくは、2か月の淡い夢の時間



私の人生は、常にあきらめの境地



そんな自分を打破したくて、思いきって

自分のしたかった事、意志表示してみたし

その結果、うまくいけるようになった!!



そんな風に思ってたけど



やっぱり、世の中、そんな甘くはなかった(笑)



またもや、ここで、あきらめる事の選択を強いられた



ま、色んな裏事情もあるんでしょうけども

こんだけ傷ついたのは、久しぶりかもしれない



ま、今までも、いっぱい傷ついてきたので

あきらめることには慣れてるけども



そういう自分の生き方を変えたかったのにな



残念で仕方ない



今後の身の振り方を考えようと真剣に思う



今後の職業人としての自分のあり方を・・・・・

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2014年11月09日(日) 13時52分29秒

新しい事に挑戦

テーマ:看護・医療の話

ひさしぶりに仕事の話でも書くか(笑)



っていうか、休みの日にあまり仕事の事を考えたく

なくなってしまい、頑張るパワーもあんまりなかった



5年前に転職してから、私がほんとはなりたい事に

むけて、毎年、東京にお勉強にもいってたけど

実際、大きな山というか、ま、少しずつは前には

進んでいるけど、しょうじきもう、今はお金もない



なので、早稲田まで年に1回お勉強にいってたけど

少し休憩。



それと別に、職場では全然違う事を次々に任命され

救急のインストラクターをはじめる事になったり

管理職の道に進むことになったり・・・・



なんだか、自分が思ってる事とは全然違う方向に

向かっている現実は、どうなんだ?と思いつつ



ま、それも、結果的には、今回の新しい事への

挑戦につながった感じがする



今までは、医療者向けの二次救命のインストラクター



でも、一人でも多くの人の突然死を防ぐには

一般市民の一次救命がなければどうにもならん



そうやって、たまたま第一発見者が一次救命を

頑張った患者さんは、救急車で病院に運ばれて

その時は、意識がなくっても、数日から数週間で

意識が回復し、歩いて帰る事ができるような



そんな奇跡を何度か経験した



なので、私は、今度から、一般市民にむけた

一次救命の指導ができるようになろうと思った



それと同時に、今まであんまり外傷の患者さん

に接する事は病院では少なかったけど



街でよく、交通事故の人に遭遇する



これは、外傷対応をちゃんと勉強した方が

いいなと思ってた矢先に、病院でそういう

コースをやっていこうという動きがあり・・・



なぜか、協力することになった(笑)



なので、いちからの勉強だけど、新しい事に

チャレンジすることになった



少しずつだけど、新しい事に挑戦してみようかと

思えるようになってきたのはいいことだな



もともと自分が目指している道はまだ先に

その前に、目の前に飛び込んできた事を

やってみよう



人生は、きっとどこかでまた何かの巡り合わせで

何かにつながって、点と点がある日線になって

つながる時がある



人と人の出会いもそう



出会った意味があり

別れる事もあれば、何かのきっかけで

また急につながることもある



とりあえず、自分が前だと思う方向に向いて

歩いていこう



なんか違うかなとか、間違ってる事に気づいたら

そこで、立ち止まって考えて、またやりなおせば

いいだけ



自分を信じること

夢をあきらめないこと

毎日を楽しく精一杯やること



疲れた時は休憩する(ノ´∀`*)

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2014年10月26日(日) 19時22分06秒

大阪マラソン2014

テーマ:看護・医療の話

今年はじめて、救護班で参加



場所的に、あまり何もないかと思いきや・・・・



同じ500M範囲内で同時に急病者発生



そのうち2名は救急車依頼するほどの事でした



でもまた、来年も参加しよう



少しでも、自分ができることで、世の中の

頑張る人に貢献したいです。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2014年10月25日(土) 23時15分00秒

大阪マラソン2014

テーマ:看護・医療の話

あすはいよいよ、大阪マラソンですね



私は、今年度は、救護班で参加いたします



万全の準備を整え、明日のために早寝します



参加の皆様が、自分のペースでゴールできる

事を祈り



そして、私の担当する場所での事は万全の

体制で望みます!!!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。