Powered by ミセつく
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2007年06月23日(土) 09時23分37秒

父の日の話③

テーマ:子供の話

6月17日(日)夕方



まずは、チビに話を聞いた



この土日、どこで何をしていたのか?と尋ねると、チビはなんと細かくいろいろ教えてくれた



万引きをしたのは、今日で4回目

最初は、学校の近くのお店で、お菓子がほしかったからやった

その時、一緒にいたA君に、パクッテいいかと聞いた

タイミング教えてやると言ってくれたので、お菓子を6個ぱくった

その後、1個をA君にあげた


土曜日、A君がB君とC君を誘って一緒にぱくろうといった

A君が、おれがレジで清算している間にみんなでパクレといった

そうして、4人でコンビニへいき、一人がレジをしている間に3人がぱくった


日曜日、A君B君とチビとでまたコンビニに行った

お菓子を昨日と同じ方法でぱくって山分けしていた

そこへ、うちのお兄ちゃんとA君のお兄ちゃんが合流した

A君が、うちのお兄ちゃんにチビがお菓子をぱくったと報告した

お兄ちゃんはチビに注意をした


その後、なぜかチビとお兄ちゃんとA君B君D君C君とA君の兄の7人でコンビニへ行った

そうして、A君がまたもやレジをしている間にB君よチビとお兄ちゃん2人が万引きをした

そのお菓子をまたもや公園で分けた

分けている際に、また別のEくんまで加わっていた



チビから聞いた話はざっとこんな感じで、ものすごいよくわかった



そうして、私は、それをいいことなのかどうなのか子供にこんこんと話をした。そうして今から自分たちはどうすればいいのか?考えろ!と告げて仕事に戻った



一方。私の知らない所では・・・・



うちのちびが筆頭に立って、万引きをしていた

そうして、A君は一緒にずっと何度も共犯で関わっていたくせに、親には「僕はやめろといっただけ」と報告していた

ほかのB君は、親には最初やってないと言っていたが、しつこく聞くと自分もやったと言っていた

A君の兄は今回が初めてだといった

A君の親は、うちのお兄ちゃんが実は今回が初めてじゃないから自分の子供を誘ったように思い込んでいた


うちは、朝から子供を叱っていたので子供がいらいらして万引きをしたんだという解釈になっていた


そうして、私が知らない間に他の親は集まり、初犯ということでそれぞれの家庭での注意で終わるという結論を出していたらしかった



私が、子供から話を聞いて家に帰ってから連絡を入れると、とりあえずみんな親は子供に注意をしたのでそれで話を終わるようなことを告げられた。ただ、それぞれの子供に親が話を聞いただけで、何も事実確認はしていないようだった。私が帰ってくるのを待ってから、親だけが集まって話をしようといわれた



事実確認をするのに、何で子供は呼ばないの?と聞いた

子供には、それぞれの親が話を聞いたので呼ばないといわれた


本当のことを知っているのは、子供だけ

子供不在のままでは、何も事実はみえないで?と思った

意味のない集まりならいきませんと告げた


そうして、私は子供が出した結論通りにお店に行って謝ってきますと告げた



すると、その親は急に私に待ったを告げた



一人で勝手に謝りに行かれたら困る!

行くなら一緒にいかないと!



え?でも、ほかの人らはそれぞれの家庭で子供に注意をして終わるって決まったんでしょう?じゃ~いいじゃないですか?うちは、こういうこと、うやむやに済ませたくないので、いくらばれてないとはいえ、正直に謝ってお金は払わないとって思うのでそうします。もし、それで警察に連絡と言われればそうしますからと告げた



え~~待ってよ

それなら今から学校に来てよ!といわれた


学校に皆さん、集まってるんですか?と尋ねると

いま子供らがサッカーをしてるんで・・・・・といわれた


あれ?昼間の電話では、サッカー部員ばっかりの集まりだったし、さすがに今日は練習はいけせれないって言ってませんでしたっけ?


そのつもりやったけど・・・・

●●さんを待ってる間、時間が長かったし・・・


わたしのせいかよ!!!!!!



しんじられへん!ムカッ( ̄∩ ̄#



子も子なら、親も親やわ!むかむかしながら学校に向かった



そうして、旦那にプレゼントを渡すと子供らが言ってたことなど

すっかり忘れてしまっていたのだった



つづく

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年06月22日(金) 22時15分09秒

父の日の話②

テーマ:子供の話

6月17日(日)



お昼休みにメールをみると、サッカー部の人から連絡が来ていた



至急連絡してください!



何事?と思って電話をかけると、なにやら万引き事件があって、そこにうちの兄弟が関わっているらしいということだった



今日は仕事何時まで?と聞かれたので、早くて5時ですと答えた



かかわった人には、とりあえず連絡が行き、みんな親が子供から事情を聞いているということだった。そして、うちは私が仕事中だったので、連絡を入れようかどうしようかとみんなで悩んでたとのことだった。本来ならいますぐにでも集まりたいとのことだったが、私は仕事を抜けていけないので無理ですと答えた。仕事が終わってからも、まずは子供に事情を聞かないといけないので、すぐには無理ですと答えた



夕方からサッカーの練習があるけどどうするの?と聞かれたので、うちはもともと私がいないので今日は欠席の予定でしたと告げた。その人は、なるべく早く集まって話をしたいといわれたが、私はそういわれても無理なんで・・・としか言えなかった



とりあえず、子供をみかけたら職場にこさせてくださいと告げた



違う人からもメールが来ていたので、その人にも同じ事をメールした



数人で万引きをしたあと、お菓子を山分けしたらしく、その山分けだけしてもらった子が、家に帰って親に報告して事件が発覚したとのことだった



最初に子供から報告を受けた親が、うちの子供に色々質問をしたところ、ものすごい正直に教えてくれたんだけど、いちよお母さんからも子供の話聞いてやってといわれた



そうして、子供が職場にやってきたのは15時半前だった



私は上司に事情を説明して、30分だけ仕事を抜けて子どもと話をする時間をもらった



子供が話をしてくれた事実とは・・・・







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年06月20日(水) 21時42分27秒

父の日の話①

テーマ:子供の話

6月17日は父の日だった



前日の夜になって、お兄ちゃんが急に言い出した



ちゃあちゃん~父の日っていつ?



え?あしたやで?



うわぁ!たいへんや!僕プレゼント用意してなかった!



そういいつつ、手作りのプレゼントを考えたお兄ちゃん



さっそく、前の旦那にTELしていた



とうちゃん~明日何してる?ぼくな、プレゼント渡したいねん



そうして、昼間は用事があるので夜の6時ごろに取りに来てくれるということになった



いったい何をあげるの?



え?お守り!



なんでお守りなん?



前に、父ちゃん仕事で足の骨折ったやろ?だから、怪我せんようにお守り作ったげんねん



お兄ちゃんは、5年生になって裁縫道具を学校の教材で買ったあと、やたらと裁縫に目覚めている(笑)



自分のサッカーのエナメルバッグにもお守りをつけている



チビは、何もそういう手作りのことができないので、得意の手のひらマッサージをしてあげるねんといって2人とも張り切っていた



私は、日曜日の朝から仕事だったので家を出た



そうして・・・・・・



父の日に最高の?プレゼントを渡すことになった



つづく

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年06月15日(金) 14時31分29秒

トラブルの話⑦

テーマ:子供の話

今までの話はこちら → 同級生Sの話



月曜日の朝、2人は学校を休んだ



そして私は出勤前に学校にTELをした



学校にTELすると、たいてい教頭が電話にでる。この日も同じように、教頭が電話に出た



私の名前を名乗ると、教頭はこの頃、TELの向こうで最敬礼でもしているかのように、ペコペコしてるのを感じる



教頭:おはようございます。今日はどうしましたか?


私:すいません。下の子が学校に行きたくないといってて

   私は仕事なので、一人で家に置いておくわけには

   いかないので、お兄ちゃんと2人で留守番させておきます


教頭:2人で大丈夫ですか?


私:仕方ないでしょう。行きたくないって言ってるので


教頭:なにかあったのでしょうか?


私:さあ?わかりませんけど。たぶんですけど、こないだの

   週末のことが発端なんじゃないでしょうか?

   くわしく聞いてる時間ないので、とりあえず休ませます


教頭:わたくし、あいにく今から会議があって、ゆっくりと

    お話を聞く時間がないもので・・・・・


私:私だって、今から出勤なので、ゆっくり話している時間

   ないですよ。あとで、担任の先生からお電話していただいたら

   いいかと思います


教頭:わかりました。そのように伝えておきます


私:よろしくお願いします















そして、仕事をしていると、お昼前になってチビの担任からTELがかかってきた



担任:こんにちわ。お母さんすいません。今日は●●くんは

    学校に行きたくなくて休まれたと教頭から聞いたのですが

    なにかあったのでしょうか?


私:さあ?私もわかりません。たぶん、いろいろなことが積み重なって

   ストレスになってるんじゃないですか?引き金になったのは

   こないだの週末の件だと思いますけど?


担任:そうですか。こないだのお電話で私のほうも今日は、ちゃんと

    2人をむき合わせて、●●くんの思ってることをちゃんと聞いて

    あげるつもりをしていたんですけど


私:本人はそのつもりだったみたいですけど、やっぱりまた

   いつものようになるんじゃ?っていう思いもあったんじゃ

   ないですか?なんせ、うちは最初から先生にあんまり

   信用もされてなかったみたいだし


担任・そのことは、本当に申し訳なかったと思います

   でも、いまは●●くんのことは本当にちゃんと見てますし

   いつも、相手のお子さんとのトラブルについても、●●くんが

   避けていらっしゃるのに、△△クンがよっていかれてて

   それで嫌がって蹴ったりされてるとお話したように・・・・


私:ですが、こないだも相手の子が嘘をついたと言って

   かなり怒って帰ってきたのでねぇ・・・・・

   

担任:また、明日にでも学校に来られた時に、必ず私が立ち会って

   お話をするようにしますので


私:学校に行きたくないと言ってるので、明日も明後日も行かないかも

   しれませんよ。私も、今週はずっと仕事なので、こうやって

   学校に行ってくれないと、お兄ちゃんまで休ませないといけない

   ことになるんで、困ってるんですよね


担任:そうですか・・・・そうしたら、どうすればいいでしょうか?


私:さあ?私にはわかりません。

  先生がいつもされてきたような解決方法でされたらいいんじゃ

  ないですか?


担任:そうですか。わかりました。

   相手の親御さんに一度お電話をしてみます

   またご連絡します


私:はい。わかりました












そうして、仕返し大作戦は、順調な滑り出しで幕が明けた



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年06月13日(水) 22時47分31秒

トラブルの話⑥

テーマ:子供の話

いままでの経過はこちら①~④を参照



同級生の話①  


同級生の話②  


同級生の話③  


同級生の話④  




決着の前の日、サッカー部の親睦会があった



1年生の参加は、この同級生一家とうちと、友達のうちだったが、うちはお兄ちゃんの学年のお母さんと一緒に居る予定で、友達は、お兄ちゃんが3年生に居る予定でこの同級生家族はどうするのかな?と思ってみていた



チビと同じクラスの上にサッカー部まで一緒というのが、ちびにとってはもう限界に嫌のようだった



なぜ、うちのちびをターゲットにしてきたのかは不明だけど、みていて思ったのは、子供だけでなく親もグチグチとネガティブ系で、いつも何かにつけて周りの何かに対して腹を立てていたり、人のせいにする傾向にあると思った



親睦会の日、その同級生親子を私は時々観察をしていた



母親は、いつも自分の子供が人にいじめられているとか、自分の子供が仲間外れにされているとか、いじわるされているとかいう割に、あんまり子供をみていないと思った



自分自身が、サッカー部のほかのお母さん方に交じることに必死の様子だった



そうしてその同級生の動きを私は観察していると、いろんな子供のうしろに背後霊のようについて回っては、誰とも会話をするでもなく、ちょこちょことついて回る子供が変わっていっていた



でも、その誰にも混じるわけでもない



ある時は、女の子2人で遊んでいる後ろに立っている

ある時は、上級生の男の子の後ろを走ってついていく



結局、人とうまく接することができないので、うちのちびの周りにはいつも人がたくさん集まっているからよっていくんだろう



そしてチビは、同級生Sが上から物を言うよな命令口調だったり、人の名前を呼び捨てにしたり、ちょっと何か言い返すと、すぐに大人のところに走って行っては



「●●くんが、僕が何もしていないのにいやなこと言ってくる」

「●●くんが、僕が何もしていないのに蹴ってきた」



そういう風に被害者のように訴えてそしてチビが怒られる



チビも、本当のことをいえばいいのに、そういうところで変に言い訳しない性格で、一方的に怒られるという図式がこの2か月の間繰り返されていたのだった



私は、あえてこの日曜日には何もなかったかのようにその同級生Sの母とも接触することもなく過ごした



すべては明日が勝負の日だったから



家に帰ってから、お兄ちゃんがぽつりと教えてくれた



今日な、あの△△がな、5年生の誰かの名前の書いたペットボトルに砂いれて一人で遊んでたから、違う子がそれを見つけて、人の名前が書いたペットボトルに砂なんかいれんなや!って注意したらな、△△は、「うっさいな!おちてたんやからええやんけ!」って口答えしてん



そしたら、その注意した5年と他の2人くらいが、こいつ何やねん?生意気な!ちゅうて、蹴りいれて、「豚!お前なんかあっちいけ!」って言うたら、ぴゅーーーって逃げて行った



ほんで、僕5年生の友達に教えてあげてん



あいつな、すぐに大人に「何もしてへんのに蹴られた」とかいってチクリよるし、相手せんほうがいいでって



へ~~そんなことがあったんや

ちゅうか、お兄ちゃん、そのアドバイス確かにそうやけど



きっと子供心に感じていることはみんな同じなんだなぁと思った



つづく









いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。