Powered by ミセつく
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2006年12月31日(日) 03時03分47秒

元旦那の話

テーマ:家族の話

このあいだ、元旦那から電話があった



どうしたのかな?と思って出てみると



少しやけどな、子供らにお年玉のつもりでお金振り込んどいたし、また正月に渡したって



え?いいの?



おう!ほんま少しやけどな



12月給料あったん?



あったで


















そう。旦那は私と一緒に暮らしてた10数年の間は、怪我なんて一度もした事がなかったけど、11月に現場で土砂に腰から下が埋まってしまって、右脚を骨折して仕事ができていなかった



私と一緒にいたころの旦那だったら、そのまま仕事休んだままもう同じ職場にはいかなかっただろう



でも、今の旦那はあのころの血気盛んさはもうないというか



40代後半にもなって、ようやく普通の落ち着きを持つようになった



骨折したあと、私に電話してきたのは、お金をせびるとか、泣き言を言うためでなく、早く現場に行きたいけど、松葉づえじゃどうにもならんから、安い杖を買えるところしらんか?と聞きたかったからだった



旦那が、今の職場に就職したのは、お兄ちゃんを妊娠したときだった



それまでは、月に15日しか働かないと勝手に決めていて、わざと日給月給のところにしか就職しないし、本当に毎月15日程度しか仕事にいかなかった



子供を妊娠したとわかったときに、はじめて真面目に働くと私に告げ、その代わり子供を生めといわれたのだけど



そのころすでに、もう借金だらけで一緒に暮らした7年間は私にとっては全然楽しい思い出もなにもなかったし、ましてや子供なんて生みたくもなかった



でも、生むしかなかったあのころ



もうあれから10年以上がたっている



元旦那が改心したのは、私の力ではない



どっちかいうと、子供のおかげだと思う



でも、一緒に暮らしていたころは、まだ元旦那は自分の欲が一番で、子供とか私のことは二の次だった



離婚して、独りになって自分の給料は独り占めし、私には養育費も慰謝料も一切払わないで、今までできなかった自分のお金を自由に使う生活を手に入れ



そして、家族を失った



子供がいなかったときから、頑張って一生懸命働いていれば、私もそれほどお金に対してうるさく言わなかっただろうし、生活に必要なお金を家にいれてさえくれれば、あとは自由に使ってもいいと思っていた



でも、ろくに働きもせずに私の給料をあてにして、ほしいものは我慢しないで何でもいますぐにほしいという子供のようなわがままが、いつまでもまかり通るわけがない



旦那が、なぜそういう生き方しかできなかったのかというのは、旦那の生育歴に問題があったのだけど、私はそういう逆境を乗り越えてほしかったし、いつかはできるんじゃないか?と思っていた



でも、やっぱり口先だけで全然頑張れない旦那をみていて、嫌になってきたのと、子供に対してそういう父親の姿をこれ以上見せたくなかった



だから、離婚した



でも、そのおかげでか・・・



旦那は、嘘みたいに改心した



そして、いま一緒に住んでいる奥さんは、きっと今までのどの女性よりも、大人で落ち着いてそぉっと旦那のそばにいるんだろう



私は、離婚したことを後悔はしていない



たぶん、一緒に暮らしていたら旦那はあのまま変わらなかったと思う



独りになってお金と家族を引き換えにしたあの日から



旦那は自分を見つめなおし、何でこうなってしまったのかきっと考えたんだろうと思う



いまの父ちゃんは、優しいから好き



子供らは、本心でそういっていると思う



でも、その傍ら、それはいつも一緒にいないから優しくできるんだということも、子供らは知っている



私が結婚できない理由とは



男の人は、籍を入れるとがらりと変わってしまうような気がして怖いというのもある



また、私が夜勤をしている間に子供に危害を加えられたらどうしようと考えてしまうのもある



また、私が心のそこから人を信頼できなくなってしまったというのもある



また、こうして子供と元旦那との関係がうまくいかなくなってしまうような気がするのもある。それは、もしかして、新しい旦那さんができたら、子供らがこうやって前の旦那と遊んだり連絡を取ったりすることを、寛大な気持ちでみていてくれるような・・・・



そんな心の広い男の人が、この世にいるわけがないと思うから



それと、いまたくさんの男友達との付き合いができなくなってしまうのも困る気がする



理由はひとつではないけど



私に、たとえ好きな人ができたとしても



先に結婚とかを考えて付き合ったりすることが、もうできないような気がしてしまうのには色々な理由がある



それを、うまくクリアしてもう一度誰かとやり直すということを、考えると頭が痛くなるというか、多分解決策が見つからなくなって深く悩んでしまいそうだし



そういう風に考えると



やっぱり今のスタイルはBESTなんだと思う



自分でいいように解釈しているだけですが(笑)



あ~とうとう12月31日になってしまいましたね



2006年もあと19時間ほどですね~



また夕方から仕事なので、そろそろ寝ないといけない







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年12月30日(土) 14時17分04秒

年末年始の予定

テーマ:日常の話

この年末年始は、離婚後初めて・・・



独りじゃないお正月を迎えられそうですラブラブ



いつも、年末年始は稼ぐために私は仕事してきました



もちろん今年もそうなんですが



子供たちとはいつも離れ離れで1週間ほど独りぼっちでお正月を迎えていたんだけど、今回から子供たちは、ばあちゃんと一緒にばあちゃんの実家にも帰らず



私と一緒にすごせることになった



別に、私にとって普段の生活となんら変わりない三が日だけど、世間ではほとんどの人が、お正月だなんだとにぎやかしく



私は、そういうなかで



別に独りでもいいもん



寂しいけど、寂しいって自分で思うと余計に寂しくなるので思わないようにしてきた



でも、やっぱり寂しいもんは寂しい



3人でいてても、特に何をするってわけでもないんやけど



こういうイベントのときになると、独りは無性に寂しく感じる



私が付き合っている人たちは、それぞれみんな帰省しちゃいました



R君もたぶん、明日ぐらいには帰省するらしい



Christmasあたりから、ずっとR君の家に頻繁に行ってました



おじさんBからまた逢いたいといわれたけど、もう逢うのはやめとこうと思います



来年はどうなるのかな~



今年の私の運勢では、新しい出会いはなく別れの予感があったんやけど



結局は、特に別れはなかったし



新しい出会いもあったし



運勢とか、占いって当たるようであたらないもんかなぁ(笑)



来年も、とにかく健康で怪我もせずに、お金に苦しまずにすごせたらいいなぁと思います



無性に寂しい病に陥って12月はちょっと荒れてましたが、そろそろまた落ち着こうと思います(笑)



とかなんとか言いながら、また病気になるんだろうけど



ま~適当に、寂しさを埋めながらしか生きれないたちなので



これも私なりの生き方なんでしょう



さてっと~年末年始の仕事はまだ昨日から始まったばかりです



今日も、そろそろ仕事の準備に入ります




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年12月27日(水) 16時36分25秒

心の中の話

テーマ:心の中の話

ちょっとま落ち込んでたので、ブログの更新が滞ってました(笑)



でもまぁ~落ち込んでも、いっつもまた這い上がってしまう雑草のような性格のわたしです



今日は、今年最後のお休みです



普通は、明日とか明後日とか?人によって色々だろうけど、多くの人は年末年始に向けて、大型の連休になるんだろうなぁ



ゆ~ちゃんは、この5年以上・・・・



正月はゆっくりのんびり過ごした記憶がないです(笑)



なんせ、病院というところは、年中無休24時間営業のコンビニと一緒なので、誰かが働かないといけない



みんな休みたいときに働くというのは、当然、その見返りに手当てがついてくる



その、正月手当てのためにゆ~ちゃんは、28日の夕方から1月4日の朝までの仕事をフルに働くのだった



そして、例年ですが・・・・



1月5日~7日は休みを取って旅行に行くのでした



今年は、はじめての小児科病棟での正月を過ごすことになる



小児科に移動になってから、亡くなる患者さんには出会わなくなったけど、多くの障害を持った子供に出会ったこの1年



大人には大人の色々な病気・家族・環境があって



子供には子供の色々な病気・家族・環境がある



この1年で、つくづく感じたことは



私は、子供を抱えながら必死で生きてきた



でも、こうやって正月も関係なく、ずっと仕事できてきたのは、子供が病気もせずに健康で元気に育ってくれてたからなんだと、小児科に移動になってはじめてわかった



子供だけで留守番をさせていると、時々危険なこともあったけど



それでも、無事に10歳と6歳になった



いままで、たくさんつらいことがあって、いつもいつも困ったときは誰も助けてくれないし、私はいっつも1人なんだって思ってきたし、神様なんて絶対にいないんだと思ってきた



どんなに一生懸命頑張ったって、どうなるもんでもないし



適当に生きていけばいいや・・・・って思ったり、生きてて何が楽しいのか?と真剣に思ってた時期もあった



でも、今は違う



毎日、帰る家があって、家族がいて、仕事ができて、子供が元気で、安定した生活ができて、たまに旅行に行って、たまにデートしてくれる相手がいて



こんだけあれば、十分だなぁ



たまに、それでもやっぱり寂しくなるときがあって



時々情緒不安定になってしまって



どうしても、心底他人を信用できない私は



男の人に対しては特にだけど



一線を引いた付き合いしかできないようになったけど



だから、1人の人を信じることもできないし、自分もどこかそういう自分を納得させるために、みだらな生き方をすることで



私がこんなんだから、普通の幸せなんてあるわけない



そういう風に自分に言い聞かせてしまっている感もある



お馬の元彼のところに戻らないのも、意地もあるし、でも彼と付き合ってたころの自分にはもう戻れないし、いまみたいな生き方をしている私は



お馬の彼に愛してもらう資格はないんだ



そういう風に自分に思わせる



物事は、考えようなので、暗く考えるか明るく考えるかは自分しだい



何事も前向きに、一瞬一瞬を楽しく生きていくためには



いやなことはいい風に考えるようにするのが一番だと自分に納得させている



もしかしたら、本当は無理に自分を明るく振舞おうとしているだけかもしれないけど



私はこうすることでしか、今の自分の日々の生活を楽しいんだと心から思えないんだと思う



大方の時間はすごく楽しい



でも、ふっとしたときに不安になる



心のどっかに小さな穴が今も開いている



ふさがってるように見えても、やっぱりそこは、完全にはふさぎきれていない



それでも、穴が開いてる事実を認めたくない私は、もう穴が開くなんてないよ!と自分に言い聞かせている



これが、本当にいいのか?わるいのかは私にはわからない



こういう生き方を、それでもいいんじゃないか?といってくれる人もいれば、そんなんあかんに決まってる!という人もいるだろう



いつかしらないけど、心の中にぽっかり明いた穴がふさがることがあるかもしれない



そういう望みを少しは持ちながら、これからも模索しながら生きていきそうな気がする



大きな失敗はもうしないだろうけど、小さな失敗を繰り返しながら、また新しい1年に向かっていちよ前向きに生きていこうと思ってます



まぁ~とりあえず、今年1年無事に過ごせた自分へのご褒美として、今日は朝から美容院にいってフルコース



カット⇒パーマ⇒カラーリング⇒草木染⇒トリートメント



そして、夜はもう一度美容院のエステルームに行って



全身エステです音譜

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年12月24日(日) 20時15分52秒

クリスマスイヴのすごし方

テーマ:子供の話

きょうは、子供と3人で家で過ごしました



チビがいった



今年はボクん家、サンタクロース来ないね



お兄ちゃんが言った



サンタクロースなんていいひんで



チビ > え~でも!去年はサンタクロースきたやん!



そう・・・・去年までは、私がいっつもプレゼントをこっそりと隠しておいて、夜になると家の中やらベランダやらを探させて、そぉっとプレゼントを仕込んでおいた



それを、チビは本当にサンタクロースがこっそり持ってきてくれていると思ってたらしい



今年は、子供らに何をプレゼントするのか、事前に聞いておくのをうっかり忘れてて、トイザラスの商品券にしてあった。



そして、明日は夜勤なので今日のうちにそのプレゼントを渡して、一緒に買い物にいってきたのだった



私にしたら、クリスマスプレゼントのつもりだったのに



チビは、それはチャアチャンからのプレゼントで、サンタさんからのプレゼントはまたこっそりどっかに置いてあるんじゃないか?と思っていたらしい



チビの小さな夢を壊すのもわるいなぁと思っていると



お兄ちゃんが言った



> サンタさんなんて本間はいいひんで



私は言った



> みんなね、その家ごとにサンタさんがいるねん



チビはいった



> でも!前はボクのうちにサンタさん来てくれた!



私は言った



> そやね・・・・でも、今年はきてくれなかったからチャアチャンが代わりにサンタさんになったの



チビはいった



> ボクがいい子にしてへんかったから?サンタさん来なかったん?

> だから、チャアチャンが僕たちが、可哀相やからプレゼントくれたん?


















お兄ちゃんの年になると、もうサンタはいないとわかってるけど、チビはまだサンタさんは本当にいるんだと思ってるようです



まぁ~そういう会話もありながら、今年も家でのんびりクリスマスイヴを過ごしました



朝から頑張って作った料理と、ケーキです




イヴ1  


イヴ2



ケーキ1


家で焼いたケーキに飾りつけ



ケーキ2

 クリスマスツリーmerryChristmasクリスマスツリー




ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006年12月24日(日) 16時31分00秒

競馬の話

テーマ:お金の話

みなさん▼o・_・o▼コンニチワン♪



今日は、朝からローストチキンの仕込みとケーキを焼くべく仕込みをしてました



そのかたわら・・・・



今日は、有馬記念の日でしたね



ゆ~ちゃんは、その昔、お馬の彼氏と付き合ってたときに、競馬場に初めて連れて行ってもらって、馬を目の前で見ることの感激をうけました



お馬の彼氏は、競馬をギャンブルとしてではなく



男のロマンのようにいつも話してくれていた



とうぜん、馬を知り尽くした彼は、いつも馬券を当てていた



一緒に競馬をしようとおもってJRAの馬券を口座で買えるように、加入した



お馬の彼氏と別れてから、しばらくは競馬から遠ざかっていたゆ~ちゃんは、年に1回くらいだけG1レースを買っていた



今年は、買うことを忘れてて、もうこのまま権利がなくなりそうなくらいに放置していた



それで、口座に残っていたお金が300円



















有馬記念を、この300円で買った


















1-4-5 3連複


















みごと命中しちゃいました(笑)


















うそみたいですが、3連複あてたのこれで、たったの2回目(笑)


















100円が・・・・・



















2890円でした

ソースネクスト
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。