Powered by ミセつく
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2006年09月30日(土) 21時03分43秒

今週の私の過ごし方

テーマ:日常の話

なんだか、日々忙しいです(笑)



ゆ~ちゃんは、とにかく周りのみんなに

いっつも忙しい人だと思われている



忙しい振りをしてるわけじゃなく、本間に忙しいねんで(笑)



たとえば、今週の私の1週間です



月曜日  日曜日の事件があったので1日チビと一緒にいた


       夕方、お兄ちゃんが帰ってきてからチビとおにいちゃんは

       友達の家に遊びに行ったので、私は16時から仕事に行った


       夜中に緊急入院があって帰宅時間が夜中の2時だった


       色々と明日の用意をして3時過ぎに寝た



火曜日  朝は7時に起きた


      お兄ちゃんを学校に送り、チビを幼稚園に預けてから家に

      帰って洗濯してお風呂に入って着替えて10時に家を出て

      Hさんとデート


      15時にHさんと別れて車を飛ばして16時に帰宅した


      お兄ちゃんをサッカーまで送ってから

      会議のために病院に向かった


      会議が終わったのが夜の20時前

      急いでチビを幼稚園に迎えにいった


      帰ってからピザを頼んで、お風呂に入って明日の用意を

      していると夜中0時になったので、急いで寝た



水曜日  朝は6時に起きた


      お弁当を作って出かける用意をして子供を7時に起こして

      7時半に家を出て幼稚園に送ってから仕事に行った


      仕事が17時に終わってから昨日と別の話し合いで

      19時半まで病院にいた


      今日は、チビは幼稚園の友達の家に預かってもらってた

      ので、仕事の帰りに迎えにいったら、チビはすでに夕食も

      お風呂も済ませてくれていた


      家に電話すると、お兄ちゃんは1人で冷凍のカレーを食べてた


      急いで帰って明日の用意を・・・と思いつつ、中々帰る機会が

      なく21時までその家にいてチビをつれて帰宅した


      明日は、幼稚園はお弁当の日だったので、チビと私の弁当を

      作って、洗濯してお風呂に入って、家に帰ってから話し合った

      ことをパソコンで色々作業して・・・・


      またもや0時過ぎに寝た



木曜日  朝は6時に起きた


      異常に眠かった(笑)でも、今日も日勤なので忙しい


      昨日と同じく、7時半に家を出発して仕事に向かった


      夏休み休暇が消化できていないスタッフがいたので

      急遽、2人帰ったので、勤務人数がいつもの半分で

      仕事になった


      午後から、異常に入院が続いて、仕事終わったのが

      19時前だった


      あ~~~~今日は、なに食べよう・・・・・と思いつつ


      家に帰ってから、味噌汁とサラダといり卵で夕食


      今日はもう・・・限界だったので22時には寝た



金曜日  朝は今日も6時おき


      またもや日勤で、なんだか這うようにして仕事に行った


      今日は、定時に終わったので17時には病院を出た


      ただ・・・・・ご飯を炊いておくのを忘れて疲れていた

      2人を連れて、coco壱番にカレーを食べに行った


      帰ってから、お風呂に入って21時に寝た


      0時におきて仕事に行った


      はう~~~~しんどっ



土曜日  9時に仕事が終わったけど、夜中はチョコチョコと

      ナースコールがなるので、仮眠はできなかった(笑)


      家に帰ると、お兄ちゃんが半泣きでサッカーの靴下

      を履いてた


      いちど7時に起きたのにまた寝てしまったらしく

      泣いていた(笑)着がえが済んだおにいちゃんを

      学校まで送ってから帰宅した


      洗濯して、サッカーの試合の準備をして12時過ぎまで

      そのまま起きていた


      12時に家を出て、学校にクーラーボックスとか運んで

      そのまま、他校の車がやってくるので校門の前で

      誘導していた


      13時半・・・・あまりに暑くて倒れそうだったので

      他のお母さんにお願いして、一旦家に帰った


      15時過ぎまで・・・・約1時間寝た


      は~~~~しんどいっ


      今度は、自転車で学校に向かった


      2試合目が始まったところで、他のお母さんがたに

      さっきの試合の結果を報告を受けた


      お兄ちゃんが、ロングシュートをしたという話だった


      あ~~~そこ観たかったわ。。。。。


      試合が終わって、18時過ぎに自転車で荷物を

      いっぱい積みながら帰ってきて、車に乗ってチビを

      迎えに幼稚園へ


      家には、ご飯が炊いてあった

       (お兄ちゃんが朝炊いてくれた)

      が・・・・なんだかしんどくて、夕食を作る元気がなく



      またもや、今日も外食・・・・・でした



      いやぁ~


















ほんま・・・・・・・・


















家にずっといてくれて家事をしてくれる奥さんがほしい(笑)




シマンテックビジネスストア
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2006年09月27日(水) 23時01分03秒

子供を守るための方法

テーマ:子供の話

こないだのサッカーの試合以来 くわしくはこちら⇒サッカーの話



私は、毎日悶々としていた



というのは、どうやったら6年数人とその母親に、うちのチビに謝ってもらうかを考えるためだった



いつも、このお母さんは、自分たちのものがなくなったりすると、まず自分たちのところを探さずに、1番に 『4年がとったんちゃうか?』 とか、『4年が間違って持っていったんちゃうか?』と疑ってくる



大概、自分たちの整理が悪いだけで探せばすぐに見つかるのだけど、合宿のときも何かと物がないというたびに、私らに間違ってもって言ってない?ときいてくる



私らは、少ない人数ながらチームワークバツグンで、いつも荷物も整理してたし、ましてや6年のものなんて恐ろしくて触るわけがない(笑)



そういう今までのいきさつもあり



今回は、結局ボールは翌日になって出てきました!とあっさりしたメールが来て、うちの子供に対して疑ったその行為はどないすんねん?って感じで、ますます腹が立った



自分なりに、こういう人に謝ってもらうには・・・・と考えた



正攻法で言ったって、どうせ自分は悪くないと思ってるだろうし、自分がしたことをたいしたことと捕らえていないと思うので、こっちが臨むような謝り方をするわけがない



そこで、私は心理作戦を考えた



まずは、自分の学年のお母さんがたが私の代わりにめっちゃ怒ってる気持ちをうまく使うのだ。



本当は、私もその日は多少落ち込んだけど、やっぱり自分の子供は自分が守るしかないと結論が出たし、チビも案外気にしていないけど、普通・・・・繊細な子なら・・・・自分がやってもいないことで、大人と6年生が、よってたかって自分に疑いをかけてきたら



もうサッカーに行きたくない・・・とか、トラウマになったりすることも十分に考えられるし



そのくらいひどいことを、母親が先頭きって幼稚園児に向かってやったということの罪の重さを知るべきだ



なので、うちのチビは落ち込んでもうサッカーには行きたくないといってるので、しばらく練習もいかず、試合の応援にも行かないことにした



サッカーをしたいチビにはこくなことだけど



自分の名誉を守るためと、間違ったことをした人にはきちんと謝ってもらうべきだし、相手が大人だからって泣き寝入りするな!ということをチビにも説明した



すると、チビはわかったといった



僕も、すごい嫌な気分やったし、ちゃんと謝ってほしいと思ってる



お兄ちゃんには、このことを説明し、チビの名誉を守るために自分たちで協力し合っていかないといけないから、しばらくは私は血人ともに応援にはいけないのと説明した



お兄ちゃんも、わかったといった



私が試合の応援に行かなくても、ちゃんと頑張って試合するにゃで?他のお母さんにしっかり見ててもらって、ちゃんと報告もらうしな!と説明した



うん。僕もチビにちゃんと謝ってほしいから頑張る



この作戦で、本当にいいのかどうか?不安だった



なので、お馬の元彼に電話した



すると、お馬の彼は言った



自分で考えたにしては、上出来やんかニコニコ それでええとおもうで。今回のように、小さな子供に対して、心に傷を負わせた人には、それなりの湿気たっぷりのおしおきをしなあかんしな!



ほんま?よかったぁ~~~ラブラブ!



お馬の彼に褒められるとものすごい安心する(笑)



そして、もしも謝ってきても、「こないだはごめんな~」てな具合で、あっさりした謝りかたとかやったら、チビはこういうだろう



悪いことしたときは、ちゃんと謝らないとあかんで?



僕は、そんな謝りかたやったら(▼皿▼#)ユルサン!!



チビがいえなかったら困るので、私は片時もチビのそばを離れないでおこうと思っている。そして、一緒になってチビを疑った6年生にたちも、一緒にその場に呼ぶ



間違った対応を教えないで、正しい謝り方の見本を、このお母さんに教えてもらってな



そういって6年生の前で、チビに謝ってもらう。そしてそのあと、6年生にも同じように謝ってもらうのだ



そこで、お馬の彼は言った



絶対に許したらあかんねんで?



え?なんで?許したらあかんの?



あかんで?そんな簡単に謝って許してもらえるって思わせたらあかん。その人は、今まではそうやって何でもすぐに人を疑ったりしても、相手が大人やったから大きな問題にならんで済んだけど、今回は、大きな間違いを犯したんやってわからせる必要がある



子供の心を傷つけた罪は重いんやで?



うん・・・・・そうやんな



そういうひどいことを、自分は何も考えずに発言したことで、どえらいことをしたんだって自覚させないと意味ないやん



そっかぁ~~~わかった



私や、チビの顔を見るたびに思い出して、心痛めたらええってこと?



そうや!

















お馬の彼は、とにかく自分の子供に対してもそうだし、自分の子供の友達とか、もちろん私の子供にたいしても、ものすごい必死で守ろうとしてくれる



なので、子供が自分でちゃんと対処できない年齢の間は、何かあったらすぐに飛んでくるくらいの勢いで、学校にも何度も乗り込んできた人です



でも、間違ったことは決してしない



ただ、そうやって子供を傷つけたときに、相手に対する精神的な圧迫を与えるのはものすごい得意技だ



私は、前に付き合ってたときに、いっつも何でも妥協して諦めて生きてきたことで、よく彼に注意された



そういうのを、子供に見せたらあかんで?



でも・・・・私は、あなたみたいに相手に向かってどこまでも突き進んでいけない



昔の私はそうだった



でも・・・・・



今は違う



自分の子供を守るのは自分しかいないのだ



これからも、ずっとずっと・・・・・私が自分の子供を守ってやらないといけない



子供にとって、一番の味方になってくれ、いつも守ってくれる人がいるという安心感が、子供にとっては大事なことであり、自信を持って安心して生きていけるカテになる



そう・・・・彼に教えられた



だから、私はそれ以来はいつも必死で子供を守ってきた



今回も、きっちり謝ってもらうために頑張るのだ

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006年09月25日(月) 10時18分49秒

サッカーの話

テーマ:子供の話

昨日は、ちょっと気がめいってしまった



昨日は、うちの小学校のグラウンドでサッカーの交流試合があって、4年と6年が一緒に交互に試合だった



私は、当番だったのと、午前中はお兄ちゃんがサッカーの練習があって、午前中は2年生以下がグラウンドで交流試合があり、午後から4年と6年が試合という設定だったので、朝からチビをつれてグラウンドに行っていた



午後から試合の時間になって、私は当番だったので色々やることがあってチビをずっと監視できていなかった



まぁ~いつも誰かが遊んでくれてたりするので、それに甘えていたのもあるんやけど・・・・



4年生の2回目の試合の途中、急に6年生のボールがなくなったといって、6年生のお母さんが騒ぎ出した



私は見てなかったんやけど、誰かが私にささやいてきた



さっきな、あの人(6年のお母さん)、うちのチビに向かって、「ボールどこにやってん?!」って言ってたで。ボールなくしたんやろ?って思い出し!ちゅうてな、疑ってかかってたわ



いま、みんなでボール捜してるし



(゜ロ゜;)エェッ!?そうなん?



私は、当番なのでテントを離れることができないので、他の4年生のお母さんがたがうちのチビの疑いを晴らそうとして必死で探してくれていた



試合が終わった後も、色々なお母さんがたがうちのチビが、6年のお母さんにすごい怖い言い方されてて、6年生の子供まで一緒になって、チビを疑ってかかって攻め寄ってたときいた



私は、むかむかしてた



でも、確かにボールで少し遊んでたのは私もチラッとみてた。だけど、チビはそのあと他の子供と一緒に学校の前の公園に遊びに行ってたので、ボールがなくなったと騒いでた随分前から学校内にはいなかったはず



チビがなくしたわけじゃないのに、親が疑ってかかったので子供までがみんな同じように疑ってかかってたのが、誰が見てもすごい嫌な気分だった



チビにきいても、僕さわってたけど最後はしらん・・・としか言わず



試合が終わってからも、みんなで探したけど出てこなかった



子供たちがボールをいれておくボールケースというのがあって、そこからボールを出したのはうちのチビではなく、ボールをなくした子供の弟らしかった



うちのチビも、みんなに疑われてすごい嫌な気分だったらしい



その場では、おちゃらけていたけど家に帰る途中、ずっとずっと「僕は、ちゃんと置いたのに・・・」って言っていた



私が見てなかったのが一番悪いんだと思う。



学校では4年生のお母さん方が目撃してた情報を集めると、チビがボールを持って木の上に座ってた。そのあと、しばらくして校門になぜかボールが転がってたのを、2年生の子供が校庭のほうに向かって蹴ったらしい。でも、そのすぐあとにチビはその2年生の子供とそのお母さんと一緒に、ずっと公園で遊んでたのでボールで遊んではないはずということだった



でも、6年生のお母さんはチビがボールを木に向かって投げていたという。6年生の何人かも見ていたのでチビにきいたらわかるかと思って、きいただけで疑ったわけじゃないとあとになってからメールが来た



私は、ボールがなくなったことと、チビがそのボールで遊んでたという事実はわかるけど、だからといってチビに向かって大人と6年生が攻め寄っていったということが、ものすごい嫌だった



そして、私に謝るんじゃなくチビに謝ってほしいと思った



でも・・・・あとあとのことを考えるとその言葉がどうしても言えず、私がちゃんと見ていなかったのがわるいと思うのですいませんと謝った



むしゃくしゃしてすごいブルーな気分になった



試合が終わってから、6年生のお母さんに私たち全員が招集された



試合のときに、下の子供がたくさんくるのは仕方がないこととはいえ、当番のお母さんにはずっと子供をみとけっていうのも無理があるのはわかっている。けど、みんなで協力して試合の邪魔にならないようにしてほしいし、子供たちがウロウロして今回もボールで遊んでなくなったりしてるので、気をつけてくださいと注意された



4年のお母さんたちは、みんな口をつむっていた



でも、1人の人が急に言い出した



子供がじっとできないのは仕方のないことだと思うし、試合の邪魔になったりしないように気をつけてみてないといけないというのもわかるけど、4年の子供はみんな兄弟がしたにいる人ばっかりだし、試合になったらやっぱりずっと子供をみとけって言うのにも無理がある。かといって、じゃ~子供をつれてくるなってことになったら、もう誰も試合にこれなくなってしまう。



それに、今日はボールがなくなったことに関して、1人の子供に名指しで疑いをかけたことは、あんまりいいことじゃないと思う。親がそういう風に言うから、子供までが真似して一緒になってその子供によってたかって疑いをかけてた



遊んでたことは事実やけど、なくした現場を誰も見てないのに、そういうのはよくないと思う



そういう風に4年生のお母さんが言ってくれた



私は、頭の中が混乱して言葉を整理しないと、うまくいえないし、そういうときに感情に任せて口走るとものすごい暴言を吐いてしまうと自分でわかってたので何もいえなかった



帰りがけに、みんなが私に子供のことと、私のことを気にして声をかけてくれた



大丈夫?気にしたらあかんで



うん・・・わかってる。ありがとう・・・・大丈夫やから



そういいつつも、家に帰ってからずしんと気がめいってきた



今度から、4年生だけで試合のときはいいけど、6年生も一緒に試合があるときはもうチビを連れて行くのはやめとこう・・とか、私も行くのはやめとこう・・・・とか、色々なことを考えた



チビにも、話をして今度から試合の応援にいくときのルールを決めた



ルールが守れないなら今度から試合のときは連れて行かないことにした



でも、そういう風にしかできない自分が歯がゆかった



本当は、違うことを6年生の親に言いたかったけど、いえないことが腹立たしい



いつも、お馬の彼に言われていた



私はすぐに何でも自分が妥協して、諦めて、自分が我慢すればええっていう考えになるので、いうときは言わないとあかん!子供を守ってやらないとあかん!そういう風にずっと言われてたのに



またここで妥協して、我慢して言葉を飲み込んでしまった自分にイライラした



どういう風にしたらよかったのかがわからなくなってお馬の元彼にメールした



仕事中だとういうのに、電話をくれた



何があったんや?



今日の出来事を話した。そして、色々とアドバイスをもらった。



あんたが落ち込んでたらあかんねんで?子供が一番傷ついてるんやしな。子供の精神的ケアーをしてやらんとあかんし。お兄ちゃんはどうしてる?お兄ちゃんもちゃんと協力してくれるんやから、1人で抱え込んだらあかんで?わかってるやろ?



うん・・・わかってる




わかってるんやけど・・・・・



チビは、まぁ~もとから神経が図太いっていうのか・・・・あんまり気にもしていない様子で、それはそれでいいのかわるいのか?(笑)



まだ私はちょっとマイナー気分なので・・・・



ε-(;ーωーA フゥ…



あかんあかんあせる

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006年09月23日(土) 15時28分00秒

運動会の話

テーマ:子供の話

いやぁ~今日はめっちゃ暑い一日でした晴れ



本日は、お日柄もよく・・・・っていうのか



まさに、運動会日和でした



ゆ~ちゃんにとっては、これで幼稚園の運動会も最後になります



延べ8年間・・・・長かったなぁ・・・ほんま



チビも、いつの間にかこんなに大きくなって、すごいもんだなって改めて感慨深い気持ちになって関係ないところで涙が出てしまった(笑) でも、サングラスしてたから誰も気づいてないやろう(笑)



きのう、夜中に仕事から帰ってきて3時ぐらいにねて、朝は7時に起きた



う~~ん~~眠いっショック!



でも、今日は遠くの小学校のグラウンドまでチャリですし、リレーには出ないといけないし、チビは朝から張り切ってるし(笑)



頑張るしかないあせる



今日は、ビデオカメラとこないだ買ったばかりのNikonのデジカメ一眼レフをかついで写真とビデオをとりまくってきた



うちのチビは、クラスでは一番足が速いらしい



私は運動神経は鈍いので、きっとそこは旦那に似たんだと思うけど、身が軽いっていうのか、お兄ちゃんの後ろを必死でついていってるようですが、チビは案外平気でいっつも4年生に混じって遊んでる



気がつくと、いつも木の上にいたりとかあせる



おまいは、サルか?って言いたくなります



なので、今日もクラス対向リレーは1番でした。でも、みていると、全力では走ってなかったので、なんで?ってきくと、だって全力で走ったら、ぶっちぎりやもん・・・・と、あんまり可愛くないコメントが返ってきた



私は、今年で最後なので、やっぱり保護者リレーに出た



毎年ずっと走ってるせいか、なぜか他のお母さん方とか、他のクラスの人まで知ってて、去年も走ってましたよね?と口々に言われた



(∂。∂; アハハ…



でも、別に速くはないですよ(笑)



子供は速くても、私は速くは走れません走る人



でもまぁ~先頭の人が3位で帰ってきたので、いちよそのまま3位をキープして頑張った(笑)



私の運動会もこれで終わりです



ちなみに、お兄ちゃんの運動会は深夜明けなので、ボーっと傍観者に徹する




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006年09月23日(土) 02時09分42秒

結婚と恋愛の話

テーマ:家族の話

私の周りにいる色々な家族



サッカーの仲間の家族は、父も母もそろってサッカーに染まってる人も多い



最初はそうじゃなかったのかもしれんけど



子供がサッカーをはじめた後で、お父さんも今までサッカーなんて全然知らなかった人も、コーチの資格を取るために勉強して講習を受けていまじゃコーチをやってる人から、昔からサッカーをやっててそのまま今もチームに属している人もいる



運動会とかにいくと、張り切って子供の行事に参加して、毎年リレーに喜んで走ってるお父さんたちも多い



最近は、特にそうかもしれんけど



お父さんも子供の行事に参加している人も多い



でも、うちの前の旦那はとにかくそういう子供の行事とかに行くのは大嫌いだし、自分の子供の運動会でも誰に見せるのかわからないけど、上から下まで真っ白なおしゃれな格好をして応援にくる



子供は、うれしがって父親に走って飛びつこうものなら



ひっつくなや!汚れるやんけ!



そういってよく日陰でこっそり子供の演技とかリレーを観察して、まだ全部終わってもないのに、暑いから帰るわ!といって、帰ってしまったこともあった



私は、家族というか、旦那さんにはこういう行事には喜んで参加してくれて、リレーとかでも走ってくれるような人がよかったし、できたらスポーツとかやってて、毎週日曜日にはお父さんがやってるスポーツの応援とか行ってみたかった



いつも、いつも、かっこいい格好してなくてもいいから



でも、彼氏にするんなら、そらぁ少しでも見た目格好いい人がいい



本当は、私はデブはちょっと苦手なのですが(笑) それでも、お馬の元彼は付き合ってたとききっと、体重は80kgは超えてたと思う・・・・上に乗った時に、私は足がちょっとつらかったのを覚えている(笑)



ある程度の見た目も重要な要素ではあるけども、でもやっぱり・・・・・性格が合うっていうか、私のことを好きになってくれて、私のことを大事にしてくれて、ちゃんとマナーをわきまえてる人がいいと思ってしまう



マナーといっても、私が何でも知ってるわけじゃないので、ものすごい低い次元での話しやけど、なんせ私より物知りであればいいって程度のもんです(笑)



私が、若いころずっと籠の鳥のような、箱入りのような生活をしてたので、なんせ世間知らずだし、今もすごい狭い世界で生活してるので、たぶん・・・・半径1km以内で毎日生活を繰り返しているだけなので・・・・でかけるといえば、デートのときぐらいで(笑)



Mさんと毎月逢うことで、私は片道1時間半もかけてバスと電車を乗り継いで大阪のミナミのほうまで出て行くけど、デートがなかったら行くことないです(笑)



今まで付き合ってきた人たち、今も付き合いのある人たち、すべてを眺めてみていると、みんなそれぞれ私より優れた人だし、私より物知りだし、尊敬する部分がいっぱいある



でも、毎日生活を送っている中で、突如大きな問題に遭遇したとき、一番頼りにならなかったのは前の旦那だった



とにかく、口ばっかりで何か問題が生じると、一番に私を責めるし、一緒に考えようとはしないし、お金の問題になるともう「俺にどうしろっちゅうねん!」とほえるだけだった



情けない・・・・と思ってしまった



世の中の、色々な汚い部分をよく知ってて、どうやったらうまく生き抜いていけるか?って言うことについては、お馬の元彼とか、社長に聞くのが一番的確な意見をくれる



でも、SEXについては、私はなかなか相性のいい人にめぐり合うことがなかったので、いま付き合ってるMさんやHさんや、KKさんはそういう点ではベストな関係です



また、MさんもKKさんも私より物知りで、経験豊富で、大人なので私のことをすごくかわいがってくれるし、がさついたところもないし、話をしててもすごく楽しいです



Hさんは、年下だけどとても頼りがいがあって、すごい引っ張るタイプの男です。でも、いつもいつも、好きだとか可愛いとか、お前は俺だけのもんやとか・・・・・恥ずかしげもなくそういう言葉を連発する(笑)



どこまで本気なのか?って言うのは、言葉だけではわからんのですが、でも、言われていると気持ちがいいのは事実です



前の旦那も、もしかして結婚なんてしてなかったら・・・・いつまでもいい付き合いができていたのかもしれんし、でも結婚してなかったら私は子供に出会えなかったと思うので、やっぱり一度は結婚して子供を生んでよかったとも思う



子供によって、色々な経験ができ、色々な感動を感じることもでき、そういう意味では、バツイチではあるけど、結果オーライって感じもする



私みたいな性格だと、1人の男の人でどこまで満足できるのか?って考えたら、なんだか無理っぽい気がしてならない



まぁゆうたら、今の付き合いの中では、総合的に考えると、お馬の元彼が一番安心していられて、子供のことも安心して任せていられるのだけど、SEXの相性がいまいちなので・・・・・



一緒になるとしたら、やっぱり他の人は全部切ってしまうタイプのゆ~ちゃんとしては、中々踏ん切りがつかないというか



昔だったら、Mさんとか、KKさんとか、Hさんのような人がいなかったので、ある意味SEXとはこんなもんか?って思いもあったのですが、自分と相性のあう人が世の中にいたんだなぁ・・・って知ってしまった今では



きっぱり切る自信もない



向こうが転勤とかで遠くに行ってしまって付き合いが終わったら話は別ですが、今のところ当分は転勤とかは、なさそうだと言ってたので・・・・・あとは、向こうがゆ~ちゃんに飽きて、さようならって言われない限りはたぶんこのまましばらく付き合ってそうな気がする



自慢じゃないけど、1年以上1人の人と付き合ってた経験があんまりないので(笑) 1年たってもいつも新鮮で、楽しくて、不安も感じることなく付き合えている今の状況は、私にとっては非常に珍しいことです



昔の私は、なんていうか・・・・飽きっぽいとかそういうんじゃなく、ついつい頭の中で先のことばかり考えてしまってて、こんな付き合い方でいいんだろうか?とか、この先どうなっていくんだろう?とか、付き合ってる途中で、色々な不安があった


先のことなんて、考えたって仕方ないやん



今だったら、決してそんな風には思わないし、不安も何もない



ただ、毎日が楽しくて、幸せな気分だったらそれでいい



いまはただそう思ってるだけです



恋愛観とか結婚観なんて、人それぞれだし、1回結婚した人と1回も結婚していない人とでは、考え方や、夢の抱き方も違う



私は、とりあえず1回結婚して失敗した人なので



一度も結婚していない人以上に、結婚に関しては慎重だとおもう



いつも、いつも頭の中であれこれ考えすぎて自滅してきた過去



いまは、そういう過去を戒めて・・・・・



あんまりあれこれと、頭で勝手に想像を膨らませたり、期待したり、妄想したりしないようにしてます



目の前の、ちょっとしたことに感激し、感動し、涙し、そういうのが素敵だなって思ってます



ま~~もしかしたら、ある日急に誰かものすごい狭い私のストライクゾーンにハマってしまうような人が現れたときは、結婚しちゃったりすることもあるかも?(笑)ですが



たぶんないだろう(笑)



私の狭いストライクゾーンにハマる人が、ゆ~ちゃんのことを好きになってくれる可能性は・・・・・ゼロに等しいから(笑)



というわけで、これからも楽しいバツイチ生活まっしぐらです



ヾ(@^▽^@)ノ

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。