Powered by ミセつく
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2005年11月30日(水) 23時47分03秒

MさんとHさんの話

テーマ:恋愛の話
いまのおじさん(Mさん)は、前のおじさん(Fさん)と何で違うのか?


私の中での違いは、仕事に対する姿勢ですかね?年齢は、前のおじさん(Fさん)は49歳で、今回のおじさん(Mさん)は47歳で、見た目はいまのおじさんは、おじさんと言っていいのかな?くらいに若いです


でも会社では、それなりの地位にあって、バリバリやってる人なんで、仕事場での色んな話とか部下の扱いが大変だとか色々自分の知らない世界の話をしてくれるので面白い


前のおじさん(Fさん)は、仕事の話があまりないというか、ただ座ってるだけで退屈なんだといって、メールしてた頃はしょっちゅうメールが来てた。まぁ前のおじさんも、課長補佐とか言ってた。国家公務員であっちこっちに転勤があるとは言ってたけど・・・でも、仕事が退屈で面白くないといわれても、私は仕事の話も聞くのが好きなので、そういう点でなんとなく・・・・あれでした


おじさん的なよさは、落ち着いた雰囲気と言うか、まぁこれは年齢に関係ないんやけど、私からみたら年上であっても年下であっても、なんていうか、おおらかな気持ちっていうのか、そういうのが今は自分も落ち着くって言うのかな?


最近は特に、私自身は、仕事場以外では子供みたいな所ばかりがでてきて、自分自身大人気ないなぁって思う事も多々あるので、そういう私を、なんか微笑ましく見てくれるような、そんな人が心地いい


あ!ゆ~ちゃんは、私生活はこんなんですけど、職場ではいつも冷静でクールで落ち着いてて、大人で、誰も私が泣き虫で寂しがりで、ロマンチストで、夢みる夢子だとは思ってもいないです(笑) いやいや!本間にやで?


前のおじさん(Fさん)は、趣味がこれといってないんで、いつも1人が寂しいとか、お酒ばかり飲んでたり休みはサウナにいってビール飲んで泊まって帰ってきて・・・・だから、寝ても冷めても私なんかの幻をみるんじゃないか?て思ったりした


今のおじさん(Mさん)は、忙しい時はメールもこないし、私も別にメールもしないし、まぁ忘れない程度にメールがくる感じで、私にはちょうどいい


今日のゆ~ちゃんのご機嫌はいかが?


別に私、不機嫌なときなんてないんやけど(笑)


もう1人のメールの人(Hさん)は、主にエロ話が多い(笑) そうかと思えば、私の身体を気遣ってくれるようなメールがきたりもする


この人(Hさん)は私より随分したやけど、なんちゅうか職業人の貫禄っていうか、彼なりに仕事で色々と人と付き合ってきた年輪を感じるというか、これまた大人って感じです


エロイ話ばっかりしてるくせに、子供の事件でニュースが流れると、えらい憤慨して怒ってたり、なんか面白い♪


私は夜になると、こうやってブログ書いてたりしてメールに何時間も返事もせずに放置している時もあって、夜はいつも夜中遅くまで仕事されてるみたいで、私は自分だけさっさと挨拶もせずに寝てしまったりすることも多々ある(笑) (*_ _)人ゴメンナサイ


最近は、そういうのも慣れてきたらしく、あ~寝たのか?って思ってくれるから楽チンです


どっちの人も、普段はとっても優しくてでもいじめっ子型かな


私は苛められるのが好きなほうなので、いわゆるMです(笑) 
でも普段はいじめっ子かなぁ


最近はもうサイトもうっとおしいのでいってません。昔、コンパに行き( ゚Д゚)アキタヨ・・・みたいな感じというか、今の人たちで結構気分的に落ち着いてるから


落ち着いてるって何か変やな。そんだけいたら十分やろ?ヾ(▼ヘ▼;)って怒られそうやなぁ


さてと、今日はもう寝ることにしよう


あ、そういえば、お風呂に入ってる時に、関東の元彼から電話がありました。今日は当直なのかな?ちょうど3年前の今頃は、チャットで顔も知らないで文字だけで会話してただけやのに、人の縁って不思議だなぁ


普通に生きてたら、絶対にあうはずのない人と、知り合ったりできる。楽しい反面、顔も知らない人と会話して実は怖い目に合ったりしている人も世の中にはいっぱいいてて、そうおもえば、私は出会う人に恵まれてるなぁって思う


不思議やけど、本間になんでこんないい人がサイトに遊びにきてんだろう?って思うような人がたまにいます(笑) そういう人はちょっとメールしただけでだいたいわかる。反対に、変な人も大体わかる


いい年になってきたので、この辺でちょっと落ち着くべしか?と最近自分でも思うので、新しい人間ウォッチングはしないで、今の人たちと楽しく続いていけたらいいなぁって思うこのごろです♪


でわお(^o^-) や(o^O^) す(^。^o) みぃ(o^-^)ヾ
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005年11月30日(水) 22時38分43秒

年末の催し

テーマ:日常の話

今日は仕事でちょっとイライラしてさっきまで1時間も電話で愚痴ってた(笑


すっきりしたぁ~(´▽`)はぁぁ・ というわけでブログに向かう


明日からもう12月


12月っていえば、毎年色々催しがあって忙しいです


その中で忘年会もその1つ。今年はもう何も企画はしてなかったけど、時々みんなを巻き込んでダンスとかしたくなるゆ~ちゃんです


さっき、昔のアルバムを見てたら過去に忘年会でやった写真があったので公開してみる


Σ∬`▽´;∬


これは何かわかりますか?


もうこの写真も6年前になるけど、当時流行ってたモー娘♪の曲をダンス付でやったのでした。写真見えにくいけど、ちゃんと黒とシルバーの布で衣装も手作りしました。もちろん、マイクも手作り。この衣装は実は、ゆ~ちゃんが1人でみんなのサイズを採寸して作ったのでした


実は家庭科はいつも「5」だった!本間に!


この時は8人でダンスしました。実は、この時みんなに黙ってたけど、チビさんが私のおなかの中にいてたのでした。いえばみんなにダンス反対されるので妊娠してること黙ってたゆ~ちゃんです♪


Σ< ̄! ̄;>


さて?これは何だかわかりますか?(笑)


もう10年前かな?うふふ♪ (* ̄ー ̄)v


当時流行ってた、SMAPの「KANSHAして」の衣装です。これはちゃんと6人でこれまたゆ~ちゃんが衣装担当です。この頃、超ショートヘアでした(笑)


つい最近は、2年前に武富士ダンスを録画して覚えて、みんなで黒い衣装(もちろん、みんな短パンにハイソックス)で、完璧にダンスをマスターしてたんだけど・・・


何故かレクリエーション係の子が、私らのやることを説明してたにも関わらず、忘年会の場所を懐石料理屋さんにセッティングしてたので、さすがにそんな静かなお座敷で武富士やったらヒンシュクちゃうん?!って感じで・・・・・・・・


当時、子供らがお座敷を走り回るので、私はお店の人に注意されて、他のお客様に迷惑です!と言われて、部屋にあった置物をすべて取りさらってしまわれたので、さすがにここで武富士はまずい?って思いました。


出入り禁止覚悟でやる?


一瞬そうおもったけど、いやいや・・・・(|| ゚Д゚)ヤバイでしょ


と言うわけで、披露することなく終わった時もあった


去年は、私が持ってる色んな衣装で、ドクターに金髪かつらをかぶらせてヨンサマにさせたり、チャイナドレスを着せたりして遊んだけど~


今年は、何も考えてません


流行り物でいえば、ハードゲイ レーザーラモンかな?あれを部長にやらせようか?とかいって、またまた私が何故か持っている、マニアックなSMチックな衣装があって (何でももってますよ) それを着せようかとか、セーラー服を着せようか?(これももってる) とか企んでます


実は、ゆ~ちゃんは、コスプレが好きです(笑)


下着フェチです(笑) 


o(゚∇゚*o) o(*゚∇゚*)o (o*゚∇゚)o キャアキャア♪


さてっと、今日も元気に 一発よろしく  

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年11月30日(水) 19時30分12秒

母と弟の話

テーマ:家族の話

ちょっとヘビーな話かも・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


なので読む前には


一呼吸・・・・



フタ呼吸・・・・




深呼吸・・・・


ε=(。・д・。)フーε=(。・д・。)フーε=(。・д・。)フー




★注意書★★注意書★★注意書★★注意書★★注意書★★注意書★

心臓の弱い方、お読みにならないほうがいいかもです(ナンチャッテ)

これを読んでもずしんと重苦しい気持ちにはならないでください

自信のない方は・・・・・・・・ここから先は見ないほうがいいです

人の不幸が大好きな人なら、読んで笑ってください。(ёё。)(。ёё)

★注意書★★注意書★★注意書★★注意書★★注意書★★注意書★


人の不幸話って蜜の味がします


だから、自分の活力にするために、自分より不幸な話を聞くのも

たまには、いいかもしんない?(笑)


もっと、不幸な人なんて世の中なんぼでもいるとも思いますし


では、ノンフィクションな話です♪どうぞ~~
























ワタシの家族はいまは2人の子供たちだけになってしまった

前はワタシにも親があって、弟が2人もいて、いたって普通の

家庭に育ってきたと思うんだけども・・・・いつ頃からこの

家族だった人たちがいなくなったのかと言うと・・・・・・・・

離婚したあとはまだいたなぁ・・・

まだいなくなってから、そう何年もたってなかったわ


ワタシが家族と認められる人たちは今はもうどっかに

消えてしまって、消えてしまったって言うのは何も

失踪したとか、この世にいないとかそういう類ではなく

生きてるけども・・・私の家族でなくなったというのが

正しい答えかな?



もちろんワタシが生まれ育った家もいまはないし

ワタシは故郷って言うものもなくなってしまいました


別に悲しいなんて今はこれっぽっちも思ってない


まぁ・・・いなくなったときは、少しは悲しく寂しく孤独感を

感じたとは思うんだけど、あんまり嫌なことっていうのは

ある種の操作をしてしまえば、何でもなくなってしまうという

不思議な心の構造になってます


消えてしまったというか、初めからそこになかったんだと

思えば大して悲しいとも思わなくなるので、自然にワタシは

そういう心の操作をして、自分自身をマインドコントロール

しているのかもしれないけど・・・・


ワタシは、反面教師的な人間で、自分がされて嫌だった

事とか、自分が体験してきて嫌だった事とか、忘れる

と言うよりは、教訓として頭に刻み込んで、自分が

そういう事をしないように気をつけようとか、同じ様には

しないでおこうとか・・・・・一応は思ってはいる


思ってても失敗したのが、結婚生活ヾ(´▽`*)ゝアハハ


子育てはまぁ・・・今のところは実践中です~(-゛-;)~


仕事はまぁ・・・・真面目に一生懸命やってます。(ёё。)(。ёё)。

これはスキだからって言うのもあるんだけど~


お正月になると、毎年ワタシはここぞとばかりに仕事三昧

誰だってお正月はゆっくりと家族で団欒をしたいと思う

のかもしれないけど、もう10年以上・・・いや多分もっと

前からワタシはお正月は稼ぎ時よぉ~☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ

って思って、人が嫌がる日にあえて仕事をすることによって

時間をお金で買うって生活ばっかりしてて・・・・・・・


まぁ生活するのにお金がいるので、いっつも金欠だった

ワタシは、とにかく働け!働けるうちに働け!!ってカンジで

別に仕事人間なつもりもまったくないんだけども・・・・



お正月は、まぁゆうたら病院で過ごすなんてこんな寂しい

ものはないとおもう。(病気の人がね)


なので、ワタシは年末も年始もずっと仕事三昧することで

その寂しいお正月を過ごす人たちと一緒に寂しさを分かちあって

おりまする。


離婚してから今回のお正月で5回目です

夫は12月25日の早朝に荷物をまとめて我が家から出て行きました

(神様がクリスマスプレゼントをくれたのかと勘違いするくらい、

12月25日はうれしい記念日になりました)


離婚してからワタシは年末年始は約10日近く子供を実家に

預けっぱなしで朝から晩まで働き、帰ったら寝てまた仕事に

行って・・・・を繰り返すうちに、紅白は終わり、かくし芸も

終わり欽ちゃんの仮装大賞もゆっくりと見ずに、かくし芸も

ほとんど見ないで、ただ楽しみと言えば年始に近くの

ショッピングセンターで初売りやら、福袋をあさりまくる事を

唯一の楽しみにしております。


今のところ、4年間・・・・・・・・・Perfectに独りでお正月です


今年度は、本当は初めて子供らと一緒に過ごせるわって

思って、もちろん仕事は入れてたけど、帰ったら寒くて

真っ暗な家に帰る事はなく、今年こそ、子供らが


ちゃあちゃぁぁぁぁぁんっっっヽ(´ー`)ノおかえりぃぃぃ


って迎えてくれるって思ってたんですけど・・・・・・・・・


今はワタシの家族ではなくなった人が私の子供を連れて

自分の故郷に帰ると急に言い出して・・・


(一。一;;)エッ?なんでよ?


とワタシは思ったものですが、これは子供の

意見も聞かねばなりませんので、オニイチャンに確認しました


すると、初めての新幹線に乗れるっちゅう特典つきに

まんまと子供らの気持ちをさらっていかれました


Σ[´Д`;] Oh~ そうですか・・・・・・(_ _。)・・・シュン


またもや独りでのお正月ケッテイ~☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ


思えば、2年前のほうがつらかった。なぜかというと、年末の

29日にワタシは突然発熱して、こんな時に急に誰も勤務

変わってもくれないよ(ノ_-;)ハア… 


仕方ないので震えながら座薬を入れて
熱を下げて仕事し家に帰ったらただ寝る・・・・



そんな毎日で、キガツクト世間はお正月も過ぎ去っていた


本当は、仕事の合間をぬって実家に帰る予定ではあったの

ですが、熱出してとても片道50kmも車を運転する気力もなかったので

ワタシは「熱でてしんどいから帰れない』と電話をして独りで寝ていました。


しかし実家では『めんどくさいから仮病でも使ってるんやろう』と思われ


あんたは本間に協調性がないわ!!


何でワタシが子供の面倒をみなあかんのよ!!


なんてヒドイ言葉を背に受けて、くそぉ~~と心で思いつつ反論もせず

『すいません』と一言だけ言って、独り涙する日々もありましたわ。ヾ(´▽`*)ゝ


まぁ勝手にワタシのことを誤解して、ひどいこと言われるのには

慣れていましたので、いまさら傷なんてつかないよ~┏( ̄へ ̄;)┓


なんて可愛くないんですか?!(´~`)イヤーマッタク


最近は、ますますこのひねくれ具合に磨きがかかって

きて、もう暴走列車は止まりませんですよっ


何故に家族がいなくなったのか?そこはワタシの生まれて

きてからの一番の教育方針であったことを守らない人

が現れたからですわ┏( ̄へ ̄;)┓ふんがー





★我が家の教訓★

うちは、昔父親が、兄弟の借金の保証人になってたおかげで

当時で600万円という多額の借金が舞い込んできたことがあった

当時の600万円ですから、今で言ういくらくらいに相当するか

ワタシはよくわかりませんが・・・・


毎日毎日母親は、私達の顔を見るたびに口をすっぱくして

言いました。いいか?いくら家族であってもきょうだいであっても

お金の貸し借りだけはしたらあかんで。それから人の保証人に

だけは絶対になったらあかんし、頼んでもあかんで!


ワタシは、その教えを忠実に守ってきました


ここまで書けば私に起こったすさまじい出来事がなんとなく

想像できるかと思うのですが・・・・・


ワタシは昔、夫といた頃に毎日毎日の留守番電話の借金の催促

電話にすごく恐怖感があって、もう二度とあんな毎日は嫌だと

思ってました。何とか借金も少なくなり、家賃も滞納することなく

払える。公共料金が払える事にシアワセなど感じる日々でした


離婚して生活費が困っても、何かを節約すればなんとか

生活できていた私たち。その代償は子供のおやつも当然

含まれてはいたけど、子供たちもうちにお金がないって

わかってるのか、いつもコンビにでお菓子は見るだけ~

って合言葉の様に言ってました


そんなある日


ワタシの弟から電話でした。それは少しだけお金貸してくれないか?

そういう類の話で、うちはお金ないって言いました。


あるわけないやろ?と心で思いつつ・・・・弟が当時急死した父親の

あとをついで会社をやってるのはしってたけど、資金繰り

うまくいってないのかな?軽く考えていました


実は火の車だったのに、そういう話は何も言わない


今度は違う話を持ってきた。今度は会社の資金の入金が

給与に間に合わないので、ちょっと借りて穴埋めして入金

があったら返すっていう話だった。その頃ワタシはそういう

弟の事を信じたいが、どうもうさんくさいけど、本間に返すの

だろうか?と思ったし、またワタシなんて保証人になっても

契約できひんでしょ?とも思ってた


でも、親の教えのお金の貸し借りや保証人にはなるな

って言う事を破らないといけない。でも、親に言うたら

心配するやろうし・・・・私はその時嫌だと断った


でも、弟はしつこかった


毎日毎日電話してくる


こんなところで変な情を出すべきじゃなかったと今なら

思うのだけど、本間にワタシに迷惑かけるような事しない?

急に払えないって言われても困るけど・・・・何度も念押し

だけど、弟は軽く笑ってた。


すぐに返すから( ̄∇ ̄o)


その言葉にうまく操られ、ワタシはサインをしてしまった


半年もたたないうちに今度はまた電話だった


前のとこより金利安いところみつけたから借り直すと

いう話だった。


(一。一;;)エッ?前のとこってまだ返してなかったん?何で?


と言ったが、この時も実にうまいいいわけで納得できるようなカンジで
今より金利安いなら・・・・とまたワタシはサインした


お馬鹿ですなぁ~┐(´∇`)┌


結局、それは後でわかったことだけど借り換えではなく新たな借金だった。


当時の私は仕事と子育てと夜勤の合間に実家との片道

50kmの道のりの往復でかなり疲れていた。実際毎日

3時間くらいしか寝てなかった。色気もへったくれもない

毎日で、死にそうだった。正常に色んな事を考える心の

ゆとりも何もなかった


思考回路がおかしかったのか?ただここで断る事により

じぶんの家族が窮地に追いやられるのならワタシが・・・

みたいな救世主にでもなったみたいな錯角だったのだろう

ワタシが助けてほしかったのに・・・・・


当時親は家も借金はすべて終わり、仕事も退職し

のんびり生活できると喜んでいた。そのお金少しでいいから

ワタシにくれへんかなぁ?と心では思ってた。でも意地っ張りなワタシは

いえなかった。母親は何を血迷ったのかワタシが家を買うときに

あげるといって、退職金から300万円をワタシのためにとってあると言った


ワタシがいつか家でも買えるとでも思ってるのだろうか?と不思議だった

しかし・・・・ワタシは喉から手が出そうなくらいに、そのお金が今ほしい

しかし・・・・自分が間違った結婚をしてできた産物のためにお金を

分けてくださいなどととてもいえないし、とてもくれるとは思えなかった


ワタシは、ただ黙って黙々同じような生活を繰り返していた



実はこの時、ワタシの知らない間に実家はすでに担保に入り、

退職金もほとんど底をついていたらしい・・・・・・マジで?


弟が一体どこにいくら使ったのか?何にどれだけかかってたのか?

ただしいお金の使い方してたのか?


今ではすべてワタシの憶測だが、おそらくばかげたお金の使い方


・・・・女に貢いでたりしてたのだと思う


あとはギャンブルかな?


母親は弟のために自分が何を犠牲にしてでも守り抜いてきた家をあっさりと提供しワタシにおいてあると言ってた300万円まで弟に使ってもうなかった


ワタシはその母親のマイホームの夢のために、どれだけ犠牲者になって

いたかなんて彼女は知らないと思う。


高校生の時、ワタシは毎月3000円のお小遣いでそれ以外は、友達と映画に行きたいといってもお金は

余分にはくれず、塾に行きたいといっても行かせて貰えず、また服がほしいと言っても何も買ってもらえず。


バイトしたいと言っても、学校で禁止されてる事はしなくてよろしいと言われた。


すでに理不尽な対応はこの時から始まってたけど、ワタシはすぐしたの弟と同じ高校だった。何故か弟は夜にアルバイトしにいってた。Σ(・ん・;メ)

同じ学校やのに?何でワタシはいかんの?Σ(・ん・;メ)おかしいなぁ?



おかしいと思って聞くと、あんたは女の子やからや!!と前と違う理由で言い含められた(納得できなかったなぁ・・・)


でも、何かワタシが言うと、その何十倍にもなって小言となって返ってくる

だからワタシは、ここで言い争いをしても勝ち目はないし、黙ってるしか

できなかった。


『あんたは黙って親のゆうとおりにしといたらええねん!』



これが親の口癖だった。


はーい~


同じ子供やのに、何でこんなに差別されるのか?私には昔からよく理解できないことだったけど、明らかに昔からワタシは甚振られ、弟はめちゃ甘やかされていたことは、30にもなっていまだに親のすねかじりで実家を離れようとしない所からも十分に納得できた


そういう過去があっただけに、ワタシは不公平さを取り越して、ワタシはきっと親に愛されてない子なんだと子供ながらにずっと思ってた



穏やかにつつましく生きていたワタシにある日急に不吉な電話がかかってきた。


かねないねん・・・・今月から例の支払いできひんから・・・・・・


(一。一;;)エッ?


どうゆうこと?


ガチャン!!















やられた・・・・・・・・・・・・・・・はめられた・・・・・・・・・・・・・


いまさら思ってもどうにもならん・・・・・・・・あかんわ・・ワタシの破滅だ・・・・・・・・ちゅうかどうしよ・・・・・・・・・・・・・


目の前が真っ暗になった


ワタシは家が1件買えるほどの借金もちになっていた


その後ワタシは再び毎日毎日家にも職場にも借金の催促の電話が山のようにかかってくる日々となってしまった


地獄だぁ・・・・・・・でもワタシが悪いねん、信用した私が悪い。どうしたらいいのかもうわからなかった。恐ろしかった


誰にも相談できない。相談する人がいない・・・・・・・・・・・・・


ワタシは、本当はこの2年後に仕事をやめて関東にお嫁さんになる予定で一生懸命頑張って早く残りの借金を返そうとしていた。すべては順調で、遠距離でありながら彼は毎日ワタシに電話をかけてくれて毎朝5分間話することが唯一のワタシの楽しみだった。


時々ネットでつなぎっぱなしでカメラをつないで顔を見ながら話をしながら一緒に寝る。そんなちょっとした楽しい時間で満足していた。そして、ボーナスが出た後に飛行機で羽田に飛んで、日帰りデートを楽しんでいた


そんなワタシの小さなシアワセが崩れていった瞬間でもあった


彼は借金で別れるなんて納得いかない!!とものすごく説得された。



でもワタシはもうこれ以上は無理・・・・もう逢えないし・・・・・・・・何ヶ月に一回の会う楽しみさえもない



もしかしたらワタシは何もかも失ってしまうのではないかと脅威だった。彼とは長い話し合いの末、いまはごたごたしててとにかくワタシをそっとしといてくれと言い放った。


遠くで何もしてやれないことを彼は嘆いていたけど、彼には何も関係のない借金だし、一緒に返したらいいやんかって言ってくれた気持ちはうれしいけど、それに甘えるほど私はまだ落ちぶれてない!・・・・そう自分に言い聞かせていた



彼と別れたあとに、ワタシは手当たり次第に知り合いに電話した


ワタシは一体どうしたらいい?


みんな口をそろえて言うのは 『 自己破産 』 したら?だった。


デモワタシはそれだけは断じてできないと思った



自己破産するならもっと早い段階でやってたよ!でも自分の意地があった。自分で絶対に借金からは

逃げたくないっていう思いがあった。


それに、ここでワタシが何かうっかりして安易に楽になる道を選んだとき、将来子供がどこかで就職するときとかにこれが足を引っ張りはしないか?とかなんせ何も知識がないのでわからなかった。


自分自身が困るだけじゃなくて、子供に悪影響のある事だけは避けたかった。


・・・・・ちゅか十分迷惑かけてるやんけっ(゚Д゚)≡゚д゚)、カァー ペッ!!アハハ


それと何にそんなに強くこだわったのかわからないけど・・・・・何となく自己破産して楽になることは、ワタシがこれから色んな困難にぶつかった時に、いつも逃げの姿勢でいくような恐怖感があった。


だから、ワタシは何とか他にワタシが生き延びれる道はないの?

必死だった。誰か助けて・・・・・・真剣にそう思った


でも、誰もこんな事助けてはくれないよね・・・・わかってる


でも、どうかワタシに救いの手を差し伸べてください・・・・心から思った


これがワタシが二度目に受けた、家族からの裏切り行為デシタ




----------ここまでが過去にSTOPしてた部分----------







めっちゃブルーやな(笑) この記事は~♪ とUP中止した









でも、せっかく書いたのを消すのは勿体ない気がして











------------ここからは、この日書きました-------------------







そんなこんなで自己破産ではなく、個人民事再生という方法を見つけた私は、ちょうど2年前になるけれど、なけなしの貯金をはたいて、弁護士にお願いして手続きをした


可決されるまでには、また色々な問題が起こってなんやかんやで、職場にも知れ渡り一時は人間不信どころか、今まで自分が築いてきた信用までもが一気に崩れ落ちた気がした


庶務の人たち、院長、看護部長、みんなが私を笑ってるんじゃないか?そう思えて仕方なかったし、仕事に行くのも憂鬱だったし、今まで色んな屈辱があったけど、こんなに人を憎んだことはないというくらいに、肉親を憎み、弁護士を憎み、心が汚くなっていった


でも、わかってくれる人もいる


本来ならできないところを、子供と私の生活を守るために無理して動いてくれた庶務の人に感謝もする。すんでのところで、給与の4分の1を差し押さえまでされたのを、相手に振り込むこともなく私の元にお金が返ってきて、ちょうど1年前の9月から、民事再生が可決されて私の支払い命令が下った


あれから1年チョットかな?


ちゃんと毎月忘れない様に、銀行の「きちんと振込みサービス」っちゅうやつで払ってます


その頃から半年くらいは、本当にふさぎこんでる時間が多くて、過去記事ブログ読んでても 何か私くらいわなぁって思う(笑)


でも、なんちゅうか・・・・


喉元すぎれば熱さも忘れる?(笑)


今は、そんな事書いてたこの過去記事に、UPせずに残ってたこの記事に、こうやって記事を追加して明るい気持ちで昔話なのよ~っていえる自分がとってもうれしい


いわば、ゆ~ちゃんは、雑草ですね♪


踏まれても、踏まれても、どっかから芽を出してはまたその葉をのばし、花を咲かせようとしては摘まれ、でもめげずにまた、違うところから芽を出す♪


ええなぁ~こういう静かな時間がずっとほしかった


人間いいことばかりじゃないけど、苦しみの分だけ幸せは訪れる。本当にいまはそうおもうのでした


神様とか、家族とか、そういうもんは何も信じてはいない。信じるものは己だけ。そうは思ってはいるけど、何故か人間が好きな私は、新しい誰かを求め、違う何かを求め、さまよいながらまだまだ行きます


あ~もうあれです


今までみたいな失敗はしませんよ?(笑)


ほんまほんま!


ほんまにたっかい授業料やったわぁ~(笑)


もうええやんな?




注)これは過去に書いてほおむられてた記事を偶然見つけて追記して書いたものです(笑) 読んでて暗くなった方?いませんか?暗くなったらダメです。これみて、ゆ~ちゃんってアホ?と思った方


それが正解です(笑)


馬鹿は死ななきゃ治らない?でもアホは死なんでも治せる?実話(笑)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年11月29日(火) 19時14分26秒

妊娠から出産まで

テーマ:子供の話

私の妊娠ライフから出産まではなんていうか・・・・


心がすさんでたので、はっきりいってあんまりあれです


あれってなんや?って感じですが・・・過去記事に書いてたのを探してきた♪


順不同になってしまうと思うけども・・・


興味ある方はまぁ・・・クリックしてみてください(笑)


1人目の妊娠から出産まで その1

1人目の妊娠から出産まで その2

2人目の妊娠

2人目の出産 その1

2人目の出産 その2


ついでに過去記事の色々あったので添付してみました


こちらも、興味ある方はクリックどうぞ(笑)


私の子育てにまつわる色々な話です


その1

その2

その3

その4

その5


また子供の話整理しなきゃなって感じです(笑)でわまた~


あ!忘れてた!よかったらここもクリック  おねがいします♪

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年11月29日(火) 16時21分32秒

スーパー銭湯

テーマ:子供の話
去年まで、スパワールドに毎月行ってたゆ~ちゃん一家


今年になって、あんまりいけなくなった


理由その1


私は、毎月土日の休みが1回しかない。1回しかないっていうのは、最低月に1回は土日に休みをもらえるけど、病院の中でも病棟勤務と言うのは、コンビニのように24時間年中無休なので、いつも誰かが勤務しとかないといけない。なので、土日はまぁ交代で誰かが勤務するわけで


勤務表はいつも師長が1ヶ月分シフトを決めるんやけど、今月のようにたまたま土日に休みが集中する場合と来月の様に、土日はほとんど仕事って言う場合がある


お兄ちゃんがサッカーをするようになったこの4月から、私の土日の休みとお兄ちゃんのサッカーの試合やカブスカウトの加減で、まったく休みがあわなくなってしまったのだった。当然、チビもたまにですが、お兄ちゃんがいなくて私が仕事の時は、たった5歳で数時間1人でお留守番をしないといけない場合もあったりなんかして


理由その2


小学校3年生からは、男の子は男湯に入ってください


こんな張り紙のある銭湯もある。スパワールドは女湯の年齢制限はいくつやったかな?でも、そうゆうわけで行きにくいのもある。お兄ちゃんがいないと、当然チビも男湯に入りたがる。悲しいかな、いつかこうやってお風呂は別々になってしまうのはわかってたけど、何か寂しい


2人が小さい時は、ゆっくり浸かることも、サウナも、マッサージもできひんかったんで、あ~早くおっきくなってくれ!って思ってたけど、いざそうなってくると、寂しいのと、ヤツラはマナーもなってないんで、心配なんだ!男親がいないのを困るなぁって少しだけ(笑)感じる瞬間です


最近は、2人でお風呂に入らせてるのは、お風呂に2人で入る練習のつもりなんだけど、2人で先に風呂に入らせると、Σ(゚д゚)オイオイあんたら?いつまで入ってるん?ちゅうくらい長湯です。長湯っていうかぁ・・・・なんで水中眼鏡して風呂にはいるんや?(笑) 


2人は、お風呂に水中眼鏡をして潜っている


アパートの風呂は狭いので、もう私と2人が入るにはちと厳しい狭さなんやけど・・・その狭い浴槽でなぜに潜るのか?(笑) そうして1時間たってもあがってこないこともあります。あ~こんなんじゃまだまだ2人で男湯には入らせるわけにはいかへんなぁ・・・・


まぁそういうわけで、スパワールドに午前10時からいって、1日遊んでレストルームのソファで寝て泊まって翌朝かえるっちゅう唯一の楽しみが・・・・できないわけです


これも、そのうち1人で行くことになりそう?かな(笑)


あ!ちなみに、ここは8階に温水プールとお風呂コーナーがあるので、ファミリーとかカップルは、ロッカーは別々ですが、この8階でだけ一緒にお風呂気分も味わえます。なのでたまにアベックもみかけます。あ・・・・なのでここは水着でのお風呂になるんですが、たまに1人できている( ´Д`)キモッイ男の人が、います。子供らがプールで遊んでる時に、1人で温泉につかっていると、何故か私の行くところいくところに移動してくるので、気持ち悪かったので、思わず子供の所に逃げたこともあるゆ~ちゃんでした


なので、お風呂コーナーは女性は1人でいないほうが無難です(笑)


っていうか、この温水プールコーナーに1人でくる男は( ´Д`)キモッです


近寄らないようにしてくださいね♪
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。