やさい屋優々とリハビリテーション

理学療法士*野菜の栽培・販売*リハビリ・介護関連講義*個別ケアサービス*リハビリテーションの本質を研究・実践*人生と幸せ(お金・豊かさ・人間関係・教育・医療・福祉・介護・食・性・占星術・スピリチュアル等)について研究・実践*日々感じたことを発信しています


テーマ:

 

リハビリテーションとは(1)

リハビリテーションとは(2)

リハビリテーションとは(3)

 

の続きです。

 

 

 

 

 

リハビリテーションとは(1)のコメントにて、質問をいただきました。

 

同じように感じていらっしゃる方もいらっしゃるかもしれないので、シェアさせていただきますね。(掲載の了承はいただいています)

 

 

 

---------------

 

1. 質問です。

 

リハビリについてとっても考える出来事が数年前おりました。
老人ホームで介助のボランティアをしていた時に、デイサービスを利用するご年配の方々とお話した時にとっても考えさせられます。

「リハビリがつらい。このままなぜ死なせてくれないの?動いてたら怪我をしてより今よりひどい状態になるかもしれない。怖いのになぜリハビリさせるの?」


療法士さんの話では、「動いていかないと今より怪我をする可能性が高くなる。
動ける幅が広がれば、楽しい事を見つける事も出来る。今まで出来なかった事、諦めていた事が出来るようになる。楽しみを見てけて欲しい」

ご年配の方は、今すぐ死にたい。楽しみなど必要ない。
と、私がどんなに明るく話かけても楽しみを見つけようとしてもその言葉が返ってきました。

つらいだけのリハビリは、必要ないのでしょうか?

 

 

-----以下、私の返信です-----

 

 

2. Re:質問です。

>萌枝さん

私は、必要ないと思います。

ご本人の気持ちを考えずに、正論で関わるから、ご本人がより苦しくなられるのでは・・・と。

その方にとっては、リハビリテーションが楽しいことになっていない。なのに、楽しみを見つけてほしいと言う矛盾。。
そのような認識が、療法士側にあるのかどうか?

一緒に楽しいことを見つけていくことも大切なリハビリテーションの関わりの一つであるのに。。
そしてリハビリの時間そのものが楽しい時間であったり。

そのように考え、関わって行くことがとても大切だと思っています。

その方の言葉を受け止め、考えていらっしゃる萌枝さん。
とても素敵な関わりをされているなぁ。。と感じました。

私の気持ちとしては、療法士が関わることがリハビリテーションの本質ではなく、萌枝さんのような気持ちで関わってくださることが、本質だと捉えています。

 

-----ここまで-----

 

 

 

 

リハビリテーションって何だろう?

幸せって何だろう?

その方にとってのより良い暮らし、人生。。

 

そのように感じ、考え、試行錯誤しながら私自身も幸せに人生を送っていくこと。

 

そしてその方にとっての生活や暮らしや人生に携わらせていただくこと。

 

そんなリハビリテーションをこれからも行っていきたいと思います。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

リハビリテーションとは(1)

リハビリテーションとは(2)

の続きです。

 

 

 

 

 

 

 

医学も日々進歩しています。どんな可能性だって残されていると思います。

 

 

たくさんの過去の幸せ話や苦労話を聞いて楽しい時間を共有したり、昨夜は足が痛くて辛かったと言われれば、優しく足をさすったりする。

 

スタッフの家族のことも、自分の喜びのように聞いてくださったり。

 

また、心地良さを感じていただけるよう、体の向きを整えたり、立位をとったり、歩いたりしていただく(歩きたいというご希望があればです)。

 

体が硬くなると、痛みが出やすくなったり、内臓の働きも弱くなったりして心地良さが減っていくので体を触りケアすることをプログラムにいれたりもします。

 

 

極力、ご本人の希望に応じて、やりたいことをサポートする。

 

それが、リハビリテーションの本質だと思います。

 

 

ご本人の心が置き去りにされたままに、運動機能の回復に重点が置かれ過ぎているものはリハビリテーションの本質とは言えません。

 

 

まずは、ご本人の気持ち、幸せ、心地良さ。

 

 

そんなリハビリテーションが益々広がっていったら、利用者さんも、ご家族も、スタッフも、周りの方もさらなる幸せの循環になっていくのではないでしょうか。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

リハビリテーションとは(1)の続きです。

 

 

 

 

 

 

 

例えば、旅行に行きたい、という希望を持つ方がいたとします。

 

その方は頑張って、長い距離歩ける練習をするかもしれない。段差の練習をするかもしれない。

 

でも、頑張れば達成できそうな方であればそれで良いのですが、頑張っても達成できない方もたくさんいらっしゃいます。

 

そのような場合、少しでも足の機能が向上するように練習はすると思います。

 

しかし、延々とそれだけを続けることが、リハビリテーションでしょうか?

 

 

 

どうして旅行に行きたいのですか?

 

介護付きの旅行会社もありますよと提案してみたりもするかもしれません。(たいていは、お金もかかるし、人に迷惑をかけてまで行きたくないと言われる方が多いです)

 

車椅子のままでも、旅行に行けることが喜びだと思う方には、そうできるようにサポートする。

 

今まで行った旅行先を聞いて、嬉しい思い出をたくさん共有する。

 

写真を見せて頂いたり、一緒に喜びを感じる。

 

そのような時間も、リハビリテーションの大切な形の一つです。

 

 

仮に自分の旅行に行きたいという思いよりも、迷惑をかけてまでは行きたくはないと思っている場合には、旅行に行くことだけが自分の人生にとって幸せの核であるのか、を日々の語り合いの中でじっくりとその方の人生観を感じ取りフィードバックし一緒に考えていく。

 

その結果、どうしても旅行に行きたいから、歩く練習を頑張りたいと言われるのであれば、歩く練習を一緒にサポートする。

 

仮に、医学的に見たら、歩けるようになる希望はあまりないと思われる方であっても。

 

もう歩けません、なんて決める権利は誰にもないのです。

 

そして、人の可能性に「絶対に無理である」というものはないのです。

 

 

ご本人が希望を持っていて、強い意志をもっているのであれば、その方向でサポートする。

 

それが、リハビリテーションです。

 

 

機能回復(上記の例で言えば歩く練習をすること)を頑張るのか、また別の道を探っていくのか、どの方向で進めていくのか。

 

それを決めるのはご本人です。

 

そしてその都度、目標も目的も変わっていって全然大丈夫なのです。

 

その方が日々何を感じ、考え、どう生きていくのか、それを感じ取り、一緒に考え、サポートしていくことがリハビリテーションです。

 

 

リハビリテーション=身体機能の回復のみ

 

では決してありません。

 

 

 

 

 

 

 

※③に続きます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。