正木屋材木店blog

いわき市の正木屋材木店です。
いわき家ナビ、新しい神棚など
最新情報発信中。
来年創業100年です。


テーマ:
東日本大震災の津波で消失してしまった
茨城県北茨城市五浦の六角堂。

太平洋を望む岩盤ぎりぎりに立つその姿は
明治の思想家の志をみるようでもありました。

何もなくなってしまったその場所に言葉を失いましたが
このぎりぎりの場所に建っていたということは
岡倉天心の遠くない未来への意図があったのだと思わざるを得ません。

建物が流されむき出しになった柱の下の基礎には六角の水晶が埋め込まれていたとか。


六角堂(北茨城市HPより)
明治の日本美術院の主催者であり、思想家である岡倉天心の住居敷地(茨城大学五浦美術文化研究所)の一角、太平洋に張り出した岩盤の上に天心自身の設計により建てられ「観瀾亭」と名づけられた赤い六角形の堂が建っています。朱色の建物と青い海、白い波の色合いがとてもよくマッチングして、まるで一枚の絵画のようです。


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

今回、茨城大学を中心に六角堂が再建されることになりました。
田人にある樹齢150年の杉が一般の方より寄贈され
弊社で製材することになりました。
Green Works Iwaki

Green Works Iwaki

通常は木材の目を読みながら製材の仕方を決めていくのですが
今回はまず丸太を6等分します。大胆!
Green Works Iwaki

Green Works Iwaki
そして木の生えていた方角そのままに柱を配置していくそうです。
南向きの面は南の柱に、北は北に、、、。

Green Works Iwaki
テレビ局も密着取材されてました。歴史的建造物の再建ですものね。

Green Works Iwaki
木をみる目も真剣そのもの。このような6分割の木取りはめったにないです。

Green Works Iwaki
ゴロンゴロンとフォークリフトで転がしながら固定して切っていくという荒業。

Green Works Iwaki
無事6分割されました。ちょっとスイカのようです。

Green Works Iwaki
6等分したものを製材機でさらに五角形にしていきます。
弊社会長50余年の材木屋人生でも始めてだそうです。

Green Works Iwaki
六角堂の六本の柱が出来上がりました!

とりあえずこの日はここで終了!
この再建プロジェクトを竣工するまで見守っていきたいと思います。


追記
この日製材した田人産の杉のおが屑を検査に出して
含有放射線測定(ベクレル)をしたところ不検出だったそうです。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

yuharuhiroさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。