正木屋材木店blog

いわき市の正木屋材木店です。
いわき家ナビ、新しい神棚など
最新情報発信中。
来年創業100年です。


テーマ:
震災後、半壊、全壊の判定を受けた建物がいわき市内には20,000棟以上あります。

半壊の場合
・ちゃんと直せるのか
・どう直せるのか
・予算はどれくらいか

全壊の場合は
・建て直すしか選択肢はないのか
・修復できる可能性はあるのか
・建て直すと修復では予算はどれくらい違うのか

など、様々な疑問と不安があると思います。
震災の被害から先に進むために
今一度家について検討するためのセミナーを開催します。
中越地震でも全壊の建物をたくさん救ってきた専門家が
豊富な事例を元に説明します。


$Green Works Iwaki


「木造建築の耐震性と修復について」
 ー地域が健全な復興の道を歩むためにー


 甚大な地震津波被害からまもなく1年。震災に耐え残った家をどうするか、解体を待つか、直せる方法があるなら検討するか、あらためて真剣に考え始められた方も多いことと思います。また未曽有の大震災に多忙を極め、なかなか修復の依頼に手がつけられないなど対応に苦慮している工務店側の現状もあるかと存じます。
 この度新潟県中越地震以来の様々な被災地において多くの建物の修復を重ねてきた専門家による、コストなど具体的な事例を含めた各種修復の説明会を開催します。今後あるべき地域復興・再生のためにも少しでもお役に立てればと思います。皆様のご参加をお待ちしております。 

講 師:住まい空間研究所主宰、建物修復支援ネットワーク代表
      長谷川 順一 氏

日 時:平成24年2月17日(金)18:30~20:30

会 場:いわき駅前ラトブ6階いわき産業創造館会議室1

参加費:無料(資料代1,000円)

主 催:いわき家ナビ(正木屋材木店)

《講師プロフィール》
長谷川 順一氏(住まい空間研究所主宰、建物修復支援ネットワーク代表:新潟市)

新築住宅から古民家改修まで主に木造建築を中心に手がける。阪神淡路大震災では「木造住宅は弱い、古いものほど危ない」という風説で、直せば安全に使える貴重な建物までが修復という選択肢を示されることのないまま、解体される事例が相次いだ。
2004年10月23日に発生した新潟県中越地震では、同じ過ちを繰り返してはならないという思いから被災地支援活動を展開。町内会、地域づくり団体などと連携して「被災家屋の修復相談」を企画開催し、「全壊」と言われた建物を多く含む様々な被災家屋を修復に導いてきた。
この活動は復興の過程において、被災者の負担軽減と生活再建に資することとなった。また行政側も経済・財政負担を抑えることができると評価、東日本大震災の様々な被災地で活躍している。

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

会場の都合で定員がございます。
 参加ご希望の方はお電話またはFAXまたはメールにてお申し込みください。

※お名前、お電話番号、ご住所、参加人数をご記入ください。
※締切2月13日(月)

■TEL 0246-43-6006(正木屋材木店)
■FAX 0246-43-6003
■メール yuharuhiro@gmail.com  
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

yuharuhiroさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。