2月16日から3月15日までの一ヶ月間。
昨年の所得で個人事業者及びサラリーマンで2000万円以上の所得があった方(その他特別の方も含みます。)は今晩の24時までに住所地の税務署の<夜間窓口>に投函して【税務申告】することで終了します。
所得によっては、収入から支出を差し引いて、さらに、家族校正によるの必要経費を差j引いて利益が出れば税金を払わなければ成りません。
 利益が出て所得税を払う方は、今日までに支払わなくてはなりません。遅れた場合はぺナルティーという<延滞税>又は<滞納処分>を受けることになります。
期限内に申告書を提出した場合で、所得税のに納入ができない方は、明日から5月15日までに支払った場合は年利4.7%の利息を余計に払わなければなりません。
さらに、遅れた場合は5月16日以降は、支払いを終えるまで年利14.6%に加算されることになります。
 ただし、納入する所得税の3期分の2分の1以上を3月15日までに支払えば、残額についての所得税は今年の5月31日までに納付すれば<利息>は延納を認められた期間については年利4.4%が加算されることになっています。
また、金融機関または郵便局の<口座振替>を利用する方は、4月20日の引き落としですから、その日までは免除されることになっています。
ですから、4月20日に口座振替ができるように残高を確認しておかなければなりません。

  ★書き込み者のオジサンも、昨夜は徹夜して買い終わり、今日の昼ごろ申告してきました。大変な人ごみを掻き分けて………、ホッとしました。
AD