わたし自身はあまり使う機会がないのですが、消費者金融は使い方次第では便利なのではないかと思っています。

消費者金融からの借入れというとなんだかブラックなイメージを持っている人もいるかもしれませんが、現在の消費者金融は以前とは違って強引な取り立ての回収や、利用者の返済能力を無視した貸付は行えなくなっていますし、消費者金融の業界が自助努力をしていることでかつてのような、トラブルは無くなったといえるのです。


それでも、お金の事にはくれぐれも慎重にならなければいけません、銀行でローンを組んで借入れをするのも消費者金融から借り入れるのも同じ感覚でなければなりません。

手軽にキャッシング出来るからと安易に考えていてはいけません。

便利なキャッシングだからこそつい使い過ぎてしまうというリスクがありますから本当に必要なのかと利用する前に一度冷静になって考えてみましょう。


しかし、生活しているなかで急な出費があるのも事実です、そんな時に手軽にキャッシングできる便利さは捨てがたいものですから、いつでも利用するのではなくて計画的な借入れをするのが賢い利用方法だと思います。


くれぐれもギャンブルで熱くなって衝動的な借入れしたりすることのないようにご注意して下さい。過去にあったサラ金問題を経験したわたしからのご忠告です。

AD

消費者金融では個人向けにお金を融資してもらうことができます。

銀行での融資は店頭に行かなければいけなかったり、書類に記入しなければならなかったりと面倒なことが多いですし、収入や仕事面などでも審査が厳しいのが特長です。


しかし消費者金融では、インターネットや自動契約機から簡単に申し込むことができますし、審査も甘くスピーディなので、即日お金を借りることも可能になります。


審査が通ると本人確認することになりますが、運転免許証や健康保険証などを用意するだけなので、とても簡単です。

ネットから申し込んだ場合はメールや電話で本人確認しますが、自動契約機の場合はその場で本人確認でき、さらにキャッシュカードも発行して貰えるのでよりスピーディに借入することができます。


ネットからでも本人確認のあとに、即日指定の銀行にお金を振り込んんでくれるサービスをしている消費者金融もあるので、カードが届く前でもお金を借り入れることができます。

指定された枠以内の金額であれば、いつでもキャシング可能となりますし、返済も少額からできるので、とても安心して借入することができます。


利息は日割りですし、一括返済したい時にも連絡すれば返済できますから、色々な対応してもらえる消費者金融はとても便利だといえます。

AD

昔友達が収入がないからと消費者金融を利用していました。

昔とちがい銀行と提携してる会社(三井住友とプロミスとか)がおおいみたいで気楽にかりてしまったみたいですが、返せず、親が返済していたのをみたことがあります。


私の友達のようにどうしてもというより甘い心から借りる人もいますが、家族の医療費や子供の手術など本当にお金のいる人も借りているときいたことがあります。

海外で手術となると働けないし莫大な費用もいるし。

そういった人がかりて自己破産になるのは気の毒だと思います。

むやみやたらにお金を借りるのはだめですが、どうしてもという事情のある人とわけて考えたいなと思います。


昔の武富士のCMが印象的でしたし、町に個室みたいに安易にかりれる場所がある時代もありましたが、今はそこまでではなくなったので少しはそういうのは落ち着いたのかな?と思っています。

15年くらい前はCMも町にも消費者金融があふれかえっていて怖い日本という雰囲気もありましたが、今はあまり消費者金融の会社や看板は目立たなくなったと思います。


それでも私の友達が簡単にかりれるように、簡単にかりてかえせるという甘い雰囲気はなくしてほしいなと思います。

働いてもお金が貯まる時代でもないし、少しでもお金がほしいとおもいますが、かりなくていいような社会にかえてほしいなと思います。

本当にいる人に税金もつかってほしいです。そうじゃないから借りなきゃいけなくなると思います。

AD

私が小学生の子供だった頃、ある日、学校の先生が、「君たちが大人になる頃は、世の中からはお金が消えているかも知れないよ。


未来の時代はお札や硬貨がなくても、自分のサイン一つで買い物ができるようになるんだよ」というような意味のことをおっしゃっていました。

今にして思えば、その先生はクレジットカードの仕組みを分かり易く教えてくださっていたのかも知れません。


21世紀を迎えた今日の社会においては、確かに現金がなくても自由に買い物ができるようになったと言えるでしょう。しかし、たとえ現金が消えても財産は必要です。

財産がなければ、やはり買い物はできないと考えるべきでしょう。


ところがクレジットカードは多くの場合、カードローンの機能を気軽に利用することができます。

ですからたとえ財産が全くなかったとしてもカードさえあれば、自由に買い物ができてしまうとも言えるのではないでしょうか。

それは便利なような、怖いような、複雑な買い物です。


今はもう亡くなられたかつての恩師の言葉は、「お札や硬貨がなくても買い物ができる」でした。

それは決して、「財産がなくても買い物ができる」ではなかったはずです。

恩師もさすがにカードローンのことまでは予見できなかったようです。

自分のための借金でないローンは精神的苦痛を伴います。

不思議ですね。

自分のためのローンは納得して作るローンなので自分の中できちんと処理できます。

でも夫が勝手に作ったローンは精神的な苦痛を伴います。


何のためのローンか内容が理解できないのに、支払いの義務だけが残るローンには納得がいきません。

納得はいかないけれどとにかく支払わなければいけないとき精神的な苦痛が出てきます。


自分が借金していなくても夫婦として生計を共にしている場合、結局家計をやりくりしている私が支払わなければいけなくなるのです。

どうも理解できません。

理解できなくても時期がきたら否応なしに支払います。

払わなければ最速の電話が入ります。


電話に出るのさえ恐怖になります。

信頼しているはずの夫が信頼できなくなります。

自分がローンを組んでいないのに精神的苦痛だけ与えられるのには夫婦でも腑に落ちません。


金銭面がルーズな夫のおかげで、若いときから繰り返し精神的苦痛を負わされてきたのです。

自分の納得できない借金に対する返済は、はっきり言って嫌ですね。

購入したものが形に残りません。

購入したものが自分の身になって残りません。


そんなローンは嫌いです。

遊んでしまって何も残らないものに対するローンは納得がいきません。

でも夫はその納得のいかないローンをよくこしらえていたのです。

生活のことを考えると、返済の電話、返済日などは迷惑そのものです。


生活のために必要なローンは便利だし重宝だと思います。

しかし夫のローンはどうも私の作るローンとは質が違います。

もったいないだけで無意味そのものです。


夫のローンは妻は支払わなくても良いらしいです。

でも一緒に住んでいるとそうもいきません。

私の収入で夫の借金の支払いをします。

そんな生活が長かったですね。

残念ながら我が家には、ローンのない生活は考えられなくなってしまったのです。


でも元気で働いてきたのは良かったですね。

働いてさえ入ればちゃんと生活はできるものです。


でも精神的苦痛は白髪を増やします。

精神的苦痛は細胞にまで打撃を加えて細胞を老化させるようです。

年齢より老けて見えてくるのは本当みたいです。

意味の無いローンはくれぐれもしないほうが良いです。