湯気の彼方にVol 3 @札幌 ラーメン徘徊記

ちょと斜になって世の中を見渡せば、面白くも可笑しくも無い事々を見定めるほどに描き並べ、由無し事の数々を思い付く儘の落書きです。どちらさまも肩の力なぞお抜きいただいて、出来ることだけおやりになれば好いのです。そうと決まれば、さぁ、お熱いうちに

NEW !
テーマ:

 

 

なんだかんだといいながら、結果的にはいいオリンピックだったのでしょう。近年の傾向通り、女子の活躍に終わった中身でした。此の国は元々女中心の国ですから、明治以降の西洋かぶれに依る男尊女卑思想に惑わされた、愚かなる人種が、この国の方向性を見誤らせ碌でもない種族になり下がったものの、まことに女だけは、どのように教育しようとされようと、したたかに天性を全うするということが証明されている証拠です。そこへ行くと、おとこ等は情けないもので社会の風潮や隣近所の噂話に簡単にやられてますから、景気のイイ話しやら調子の好い宣伝に載せられて、宗旨替えはするは、態度は豹変するやら、困ったものなのです。まあ、オスとメスですから、如何贔屓目に見たってオスの方が分が悪いに決ってます。現にシシャモにしたって鰊にしたって雄の扱いは悲惨なもので、今日見たスーパーだって半値です。鮭に至っては見るも無残なもので、思い出すだけでも涙が出て来ます。そんな訳で、此の列島の隅々まで箸にも棒にもかからないガキどもが満ち溢れ、口の減らない年寄りどもが其れを更に上回って、どうにも身動きが取れなくなってから、男女平等と雇用機会均等法が丸で次元の違う価値観なのだと判っても手遅れなのです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

心なしか寒さが緩んだような気がしますが、気の所為かも知れません。幹線道路は路面の出たところと轍になった処が9:1ですが、脇道に入れば行き交ときには減速を余儀なくさせられる幅員の狭さは相変わらずで、小雪の上、排雪の跡も見当たりませんから今年はさぞかし除雪の予算が手着かずで残っているものと思われますが、其処は口の減らない地方公務員の小役人ですから、パートナーシップに予算を割いたとか何とかで年度を持ち越すこと等ないのでしょう。民間なら内部保留金となるところですが、何処からともなく未計上収支予算が湧いてくるのが行政のエライところですから、予算審議のネタにもなりません。

いやぁ、お久し振りですと言われると、そうかなとも思いますが、懐かしい人に遭う時に限って、暫らく振りのお店にお邪魔した時というのも、妙な縁です。どちらかというと此の町では濃いめの一杯を食わせてくれるお店です。開店から2年を越えて、客筋もその辺りの方向性を踏まえながらリピートする層で固まりつつあるのか、今までの此の箱で商売してきたお店たちとは一味違った集客を見せています。本日は開店前の店内に、店主が独立営業する前にいたお店の店主が顔を見せていましたが、何にせよ、此の町の業界内で絡んだり絡まれたりは浮世の常なのです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

塩焼うどんという新ジャンルの開拓を試みましたが、うどんの入った野菜炒めになってしまいました。鯖の水煮缶を入れることでコクと味の深みを狙いましたが、唯の増量だけに終わったようです。喰い終わってみて、殊の外、腹が一杯になりそのことに気が付きました。

カーリング女子が五輪開催前からの予想以上の盛り上がりを見せて好印象を全国に与えているようです。JOCの浅はかな思惑ではアイスホッケー女子を押していた向きがありますが、やはり勝たないことには、人気が着いていきません。遅ればせながら愛称も付けられたようですが、スマイルジャパンをアイスホッケーで使ってしまったので使う訳にも行かず、「そだねジャパン」だそうです。いくらなんでも工夫が無さ過ぎはしないかと思いますが、終盤に差し掛かり、時間がありません。

上掲の一杯は白石の旧区役所前にあったお店のものですが、朝ラ―を始めたと聞いて勇んで行ったものの、なんだか田舎のビジネスホテルの朝食セットの様で、複雑な思いをしたことを覚えています。これで500円ならコストパフォーマンスはまずまずだと思いますが、朝ラーメンに対する店主の認識が伺い知れるだけに、世間で『朝ラ―』というものが出回っているらしいと聞いて、自分の中のイメージが食い違ったままなことを、少々痛いと感じたものでした。中央の皿は野菜炒めで、右下の目玉焼きは貼紙に依ると「煮玉子」となっておりました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

再興を期して色々やりましたが、やはり駄目でした。職人もいろいろ変ったようですが、本質的な処で何か勘違いがあったのでしょう、先代の作ったものも何度か食べてはいますが、優しい味が売りの極めてシンプルなものでした。自家製の麺も何か拘りがあったのかと言えば、麺の美味しさに対する思いというよりは、製麺業者なんかから買ってられるかといった、此の町のラーメン草創期の気概の様なものでしたから、寧ろその後の多加水麺に比べれば、色も白っぽく粉っぽさすら感じさせるものでした。先代が厨房に立てなくなり連れ合いがラーメンを作っていた時期もありましたが、客はと言えば馴染みの常連ばかりで、寧ろ落ち着いた雰囲気のお店でした。ラーメン職人といった呼び方がこれほど似合う人も無く、口数も少なく黙々とラーメンを作っていた姿を思い出します。此の町に現存する最古参のお店と言えば二条市場のお店でしょうが、このお店の一杯も二条市場の現在の一杯も似てはいましたが、同じではありません。此の町のラーメンの元祖かというと、そんな気配は少しも無く、毎日同じようには作っているけれど、日に依って違うのはしょうが無いさと、如何にも言いそうなオヤジの顔でした。

此処ばかりではありませんが、先代の店の名前を冠して、如何にも再興しようというのは、土台無理な話で、生まれも育ちも時代も違う人間が同じ一杯を作れたら、こんな便利な話はありません、そんな暇があったらその時に旨いと思うものを作った方が好いに決っています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

これはナンだと言うので、名古屋発祥の和風あんかけパスタだと答えると「ふぅ~ん、何味?」というのです。何味って、アンタ、もう食べてるんだから判るべさと思うのですが、今更、角を立てて世間を狭くすることもないかと「醤油味。」と答えます。まぁ、それだけの話ですが、パスタは和風に限ります。其の下が和風あんかけうどんで、和風じゃなかったら何だったのか、未だに不明です。其のさらに下が和風あんかけつけ汁のもりそばで、何れも時間が掛からないところが取り柄のメニューばかりです。こう並べてみると麺類ばかりを食べている様ですが、玉子かけごはんも食べます。

上掲の一杯は、行啓通を突き抜けたところにありましたが、まあまあ丁寧に拵えている印象のあった一杯でした。あの辺りで長く商売を続けることは難しいのか、何処でやっても同じなような気もしますが、なかなか難しい景気の停滞感が始まった頃でした。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

此の町の北の繁華街と言えば北24条ですが、何でここにこんな寂しい集落があるのかという話はNHKの新日本風土記ででも取り上げて欲しいほどですが、兎に角、人の流れは気紛れなもので、商いはことほど左様に旨くは運ばないと言ったところです。今でもそう閑散とした商店街ではありませんが、だからと言ってこれから飛躍的に商業エリアが拡大する見込みもありません。電車の終点というのはバスターミナルなんかよりも風情があるもので、日々の生活の中で隙間風の様にふっと旅愁が吹き抜けることがあるのだそうで、最終電車を降りて見るともなく目を遣ると、電燈の切れたネオンサインなんかが目に入るわけです。小腹も空いたしラーメンでも食って帰ろうかということになって、ふらふらと歩いていると、気が付けば『団地妻』と書いた看板に吸い込まれるらしいのです。そんな夢のような桃源郷が北の盛り場にあったと言う話は聞いたことはありますが。上掲の一杯はいくら考えても思い出せません。

冬季五輪がいよいよ佳境に入って参りまして、連日の中継は毎度の如くメダルの取れそうな競技ばかりに集中します。やってる選手もメダルの有るのとないのとでは帰国したときの飛行場のロビーでの待遇が違いますから、何としてでも頑張らなくてはなりません。それにしてもスキーやボード選手が、競技が終わってゴール地点で点数が出るのを待っている時に、ゴーグルを外すひととそうでない人が居るのは如何してなのか、ビミョーなものです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

哀しいことに朝から晩まで次は何を喰おうかと考えてばかりいます。これはきっと病気に違いないと思いますが、当面打つ手が見当たりません。朝飯が終われば昼飯を如何しようかと考え、漸く昼飯が終わったかと思へば晩めしのことを考えています。いっその事、一日一食にしてみようかと思いますが、腹が減って眠られず、夜中に何か喰うのだろうと読んでいます。何しろ一番長い付き合いですから自分のことは熟知しています。そんな訳で、白菜の浅漬けは最早、私の右に出るものはいないだろうと思われる腕前ですが、今シーズンの価格の高騰に手を焼いて、大根のハリハリモドキという朝漬けに手を染めています。大体にして漬けて、水が上がってから重石を調整して更に数ヵ月などという気が遠くなるような作業は性格的に向いていないと言うよりは、そんなものがこの世にあったと言うこと自体を忘れてしまいますから浅漬け以外は考えられません。配偶者はそんな私を更に上回って、漬けてる端からそれは何時になったら食べられるのかと聞いてきます。夫婦揃って、医者に行く前に何処か祈祷に行こうかと考えています。

上掲の一杯は琴似に何処かから移転してきた一杯でしたが、はて何処から移転してきたのだったかと思い出せず、もやもやしています。

カーリング女子の北海道弁の会話が話題になっていますが、「そーだねぇ」と繰り返す言い回しは確かに便利なもので、グループディスカッションには欠かせません。夫婦二人でやっていると会話が前に進みません。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

限定なのだそうです、入って来る客の内、半分くらいが頼んでいるところを見ると、限定という奴の効用はいかばかりかと思われます。成る程鶏の切れが感じられる好い醤油ですが、一番目に好いのはタレでしょう、醤油だれに納得させられ、二番目が幟や暖簾に染め抜かれた近頃変わったと思われる麺です。麺は低加水のものに限りますが、その点旭川のものは安心して食せます。元々は此の町の麺も今で言えば低加水であったのですが、三平の味噌が全国に知られ、札幌と言えばラーメンといった日本人特有のレッテル貼りに逆に便乗した此の町の飲食業組合が遂々、調子に乗った結果が今のサッポロ麺ですから、当時としてはノーベル賞並みの大発明であった訳です。その後、ラーメンの夏枯れ対策に冷やしラーメンなる物を導入し、此処でもまた、怪我の功名と言いますか、グルテンがちがちのサッポロ麺が茹で上げた後に流水で締めると、温麺では得られない食感が愉しめると言うことに気が付いたのです。それも半世紀以上も経てば神通力も次第に無くなってくるもので、致し方の無いことなのです。そんな訳で旭川麺がひょっとすると、此の町の一杯に活路を開いて呉れるかもしれないと言う話です。

電子商取引が楽天、ヤフー、アマゾンの上位3社だけで全国の百貨店の売り上げを越えていたことに気が付いた日は、ハブともハニュウとも読める名字なのだと新聞の見出しを見て、気が付いた日でもありました。テレビの前を横切ろうとしたら配偶者に片手で邪魔だと払われます。画面を見ればもう何度と無く、昨日から見せつけられたフィギヤスケートの場面です。「もう何遍も見て飽きたでしょう。」と些か食傷気味に言うと、「もうアンタの顔も飽きるほど見ている。」と言われます。返す言葉が咄嗟に出て来ない活路の見えない話です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

11時45分じゃないと開けなかったお店が、8時です。場所柄から臨機応変に対応するのは誠に、商人の鑑ですが、思い付くものを片っ端から遣っていく様を見ているのも、中々に面白いもので、こう言うラーメンの生き方があっても好いのだと思っています。

困ったことには、こう言ったラーメンを食する機会が多くなると、体の方がすっかり馴染んでしまって、今風の一杯達には余り惹かれなくなることで、すっかり億劫になってしまった新規店の訪問です。

そう言えば、最近めっきり聞かなくなったのはメタボとダイオキシンですが、そろそろ地球温暖化と石油資源の枯渇も仲間入りしそうな気配です。何れにしても最終的にはコストの問題ですから、地球環境や人の健康等まともに考えている役人も医者もいないと言うことだけははっきりしましたし、既存利権の争奪と新規利権の創造で振り回される庶民は、構造的には封建時代と何も変わってはいない訳で、縄文時代が懐かしいと思わず言ってしまってから、洗浄便座だけは勘弁してやろうと思い直しました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

上掲は東区ながらほぼ北区というか自身も北区だと思っていた節があって、店名が最寄りの北区の地名を冠しておりました。此の辺りはクルマで走っておりましても何とも悩ましい土地で、前述のように東区は丘珠飛行場を眺め気が付けば北区だと気が付く間もなくまっすぐ行けば屯田で右に折れれば、篠路だ拓北だと、勝手気儘なもので、此の地における開拓使時代の気分を色濃く残していると言えば、言えるのですが、要は人口密度が低いといいますか、ふんだんに土地があるエリアです。今では流石にありませんが、大雪で交通障害が出るのも此の辺りです。随分と目立つ建物で、その割には何処ででも話題に載ることも無く、何時も通る度に、気にはなっていたのですが、ある日、意を決して入店してみましたが、観光地の土産物屋の売店の脇で喰っているような不思議なお店でした。まぁ、何事も経験といいますが、人生にはしなくても好い経験があるものだと勉強させて貰いました。

またしてもしらたきで遊んでおりますが、パスタと呼ぶには流石におこがましいかと思い、先日のナポリタンミートソースという、私の完璧なオリジナルを並べておくことにします。

朝日新聞が尖閣は日本領では無いと言っているらしいのですが、エイプリルフールの練習でしょうか。南京や慰安婦では飽き足らず、またしても捏造の虫が涌いたのでしょうか。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。