• 04 Aug
    • 症例報告22 腰痛の再発率

      0 0 1 189 1078 有道接骨院・鍼灸マッサージ院 8 2 1265 14.0 Normal 0 10 pt 0 2 false false false EN-US JA X-NONE $([\{£¥‘“〈《「『【〔$([{「£¥ !%),.:;?]}¢°’”‰′″℃、。々〉》」』】〕゛゜ゝゞ・ヽヾ!%),.:;?]}。」、・゙゚¢ /* Style Definitions */ table.MsoNormalTable {mso-style-name:標準の表; mso-tstyle-rowband-size:0; mso-tstyle-colband-size:0; mso-style-noshow:yes; mso-style-priority:99; mso-style-parent:""; mso-padding-alt:0mm 5.4pt 0mm 5.4pt; mso-para-margin:0mm; mso-para-margin-bottom:.0001pt; mso-pagination:widow-orphan; font-size:10.0pt; font-family:Century;} 腰痛の再発率   腰痛の再発率は何%ぐらいかご存じですか?   なんと……   約75%もあるという事が報告されています!!   ものすごく高い再発率ですね。   というわけで、今回は、腰痛が再発した40代の女性について評価と治療についてご紹介いたします。   腰痛の病歴は長く、高校生の時にギックリ腰になって以来腰痛を繰り返しているそうです。   色々な治療を受けたそうですが腰痛は改善されず、知人の紹介でマッケンジー法を勧められ当院へいらっしゃいました。   初回の評価・治療内容を結論からいいますと、腰をそのまま反らせるエクササイズではうまくいかず、腰を横にずらして反るエクササイズと日常生活の姿勢を改善することで、長年患っていた腰痛を克服されました。   その成果があって、ここ半年間は腰痛なく、簡単なエクササイズ(腰を反らせる事)と姿勢を良くすることで予防できていました・・・が、 今朝、トイレで手を伸ばした瞬間に、突然、腰部から殿部に違和感が走り腰痛が再発! すぐに腰を反らせるエクササイズをしたようですが、今回は症状が改善せず来院されました。   詳しくお話をうかがってみましたが、今回も前回と同様の部位に痛みが強く出ていました。姿勢のチェックや腰の動きなど一通り検査を終えて、自分で行ったというエクササイズを見せてもらいました。 通常のまっすぐな状態での腰をそらすエクササイズのようですが、それをやっても症状に変化はありません。   そこで、以前やって効果があった腰を横にずらして腰を反らせていただくと・・・・・今度はどんどん症状が良くなっていきます(^-^)   ぎっくり腰になった焦りからでしょうか、前回良くなったエクササイズのやり方を忘れていたようです。 実はこれ、臨床の現場ではよくあることなんです!   でも、またマッケンジー法でリカバリーできたので安心ですね!!   マッケンジー法の分類では特定の方向を意識したエクササイズによって比較的早期に良い反応が見られるDerangementと呼ばれるタイプです。 今回は横にずらして伸展するのが良くなる方向でした! Centralization(痛みの中央化現象と呼ばれる良い反応)も確認できるときは予後良好である事が多いので、患者さんには「安心してください。良い方向に向かっていますよ!」と伝えることができました。   もう再発しないように心がけたいところですが、もし再発した時には、今回の経験から冷静にエクササイズができれば良いですね。   *****   このように再発した腰痛でお見えになる患者さんは少なくありません。   たとえ腰痛が再発したとしても、自分で改善する方法を身につけておけば腰痛が酷くならずにすみます。   当院ではマッケンジー法により、腰痛を改善するだけでなく、将来的に腰痛が再発しても「自分で対処できる」よう、最終的に自立できることを目指した治療を行っています。   腰痛だけでなく、首や腰、手足の痛みについても同様の方針で治療しています。いつでも、お気軽にご相談ください。   墨田区 有道接骨院・鍼灸マッサージ院 03−5637−841 http://www.yudo8414.com  

      1
      テーマ:
  • 03 Aug
    • 症例報告21 左肩の痛み

      左肩関節Derangement 50代男性、約半年前から突然発症した、きっかけの特定できない左肩関節の痛み。 ここ1週間は、症状に変化はなく、100点満点で50〜60点の機能 痛みは、「腕を伸ばす動作」や、「肘を曲げた状態での外転動作」が痛む。 改善動作は、特になく、「動かさなければ痛くない」「動かしていると徐々に良くなる傾向」である。 原因がはっきりしない痛みは、脊椎の可能性は否定できません。 マッケンジー法の文献では、頚椎が原因になる肩関節痛は約30%あると言われています。 脊椎は、若干硬さがあるものの、痛みはなく、頚椎、胸椎とも最終域でのエクササイズを複数回行っても症状に変化はでないので、肩関節の評価を行います。 屈曲・外転で可動域制限、可動域途中での痛みあり。 伸展は可動域制限のみ、内旋は可動域制限と痛みあり。 水平内転で可動域制限と痛みあり。 筋力低下なし。 肩関節は動かす方向が多く、評価が大変ですが・・・ マッケンジー法は世界中で多くの研究がされていて、肩関節痛が良くなる独自のパターンを持っています。 私も、マッケンジー法を勉強してから、良い結果を出せるようになりました(^-^) ※ベースライン:肘を曲げた状態での外転動作VAS8、屈曲、外転、水平内転、結帯動作(全て自動運動)での可動域制限と可動域途中での痛み。 まずは、伸展方向から評価を行いますが症状に変化は見られません。 次に、内旋方向を評価します。 座位で結帯動作を複数回行いますが、症状に変化はありません。 ここで次の方向へ行くのではなく、負荷のオプションを変えて行きます。 座って変化がないので、寝た状態で内旋動作を複数回行うことにしました。 仰向け・横向きと内旋動作を確認していると、横向きがやりにくそうなので、このエクササイズを複数回行ってもらいました。 起き上がって、ベースラインをチェックすると・・・ 肘を曲げた状態での外転動作VAS8→2、屈曲、外転、水平内転、結帯動作(全て自動運動)での可動域制限と可動域途中での痛みもすべて改善!! 半年間もマッサージや鍼治療を受けていたそうですが、たった一回の施術で劇的変化。 やはり、動かして評価をして見ないとわかりませんね・・・ 「五十肩だと思っていた」 「治らないと諦めていた」肩の痛みが、実は原因が違うところにあることは少なくありません。 大事なことは、正しく評価することです。 結果は、動かして評価しないと正直わかりません。 1回の評価ではなく、時には複数回の評価と時間が必要な場合もあります。 諦めずに「良くなると信じて」マッケンジーセラピストまでご相談ください。  

      テーマ:
  • 02 Aug
    • 休診のお知らせ

      臨時休診 8月6日(日) 院長不在のため、休診となります。   夏季休診 8月9日(水)〜11日(金) 上記が休診となります。 12日(土)から通常診療です。   天候が安定せず体調管理の難しい季節です。 いつでも体のメンテナンスにお越しください。   ご予約はお電話 03−5637−8414まで   墨田区で国際的に有名なマッケンジー法の評価・治療を受けられる 唯一の接骨院・鍼灸マッサージ院です。   ・怪我の処置やリハビリ ・鍼灸マッサージ治療 ・腰痛、首痛や手足の痛みや痺れでお困りの方 当院にご相談ください。      

      テーマ:
    • 症例報告20 子供の首痛

      「朝起きたら、首が痛い」と言う小学生の来院が最近多くなってきました。   今回は、「子供の首痛の原因」とマッケンジー法の「評価と施術法」をご紹介します。   まず、マッケンジー法では「痛みの原因となる動作や姿勢」、「日常生活でどのような姿勢を良くとっているか」などを詳しく問診します。   詳しい問診の中から「重篤な病気が隠れていないこと」「適応疾患ではない病気」がないかを確認します。   このように「リスク管理」を徹底してから理学検査をおこないます。   最初に、マッケンジー法が重要にしている「姿勢の評価」をします。   どこかが痛くて来院する子供達の「姿勢は悪い」です・・・   特に、「座っている姿勢の悪さ」が目立ちます。   この「悪い座り姿勢」+「下を長時間向いている姿勢」が首痛の原因かもしれませんよ!?   お子さん悪い姿勢でゲームや読書に夢中になっていませんか?   悪い姿勢なら要注意です!! 姿勢を詳しく評価してから次に、可動域(首の動き)を評価します。   どのような動きで痛みが出るのか? 制限や硬さはないか?など「関節可動域(首の動き)を丁寧に評価」します。   マッケンジー法では、可動域が核となることが多いです。   分類で最も多い「Derangement Syndrome」の特徴の一つに、動きの制限があります。   子供達の来院理由の多くは、この「Derangement Syndrome」であることが多いです。   マッケンジー法の施術としては、「姿勢を良くする」こと、痛みと可動域が良くなる方向への「自分でやるエクササイズ」を用いています。   子供の場合は、姿勢をよくして、適切な体操をすることで、すぐに良くなります。   再発の予防として「姿勢と痛みの関連性」をしっかりと指導しています。   このようにマッケンジー法は、患者教育を重要視しています。   子供の姿勢の悪さでお困りの親御さんは多いと思います。   ぜひ認定セラピストまでご相談ください。   http://www.mckenzieinstitute.org/…/patien…/find-a-clinician/   子供のうちから正しい姿勢を身につけましょう!!

      テーマ:
  • 01 Aug
    • 症例報告19 膝関節痛 

        今回は、バレーボールで突然膝を伸ばした際に、膝関節を痛めた50代女性の症例報告です。 主訴は、右膝外側部の痛みと可動域制限(屈曲)です。 ベースライン(効果判定の基準)膝関節中等度屈曲制限、VAS8(0〜10)とします。   悪化する因子は、階段昇降、スクワット動作、膝をつく動作   腫脹が少し見られますが、「動作を続けていると可動域が改善する」と言うヒントを問診で聞き出せましたので、慎重に評価をしていきます。   脊椎は既往歴もなく、今回は明らかな原因のある膝の痛みなので、局所から評価をします。   膝関節は、屈曲動作に中等度の制限と可動域途中での痛みが見られます。   伸展動作は痛みも可動域制限もありません。   痛みは膝関節外側半月板付近にありますので半月板損傷なども念頭に置き、慎重に評価をすすめます。   初めに膝関節の伸展動作を20回ほど行ってもらいましたが、特に可動域と痛みには変化は見られません。   次に、可動域制限と痛みがある膝関節の屈曲動作を行ってもらいます。   「動かすと痛みが強くなりますが、運動後は痛みが軽減」しています。 ※外傷だから安静にしなくては行けないのでは?と通常では考えますよね。 もちろん痛みが増すことや、組織の損傷を悪化させることはやっては行けませんが、この症例では膝関節を曲げた方が良くなるタイプなので、あえて固定をする必要はないと私は考えます   ※マッケンジー法の特徴として、トラフィックライトガイドと言う痛みのナビゲーションを用いています。この方法を用いると評価を進んで良いのか、悪いのかがとてもよくわかります。   10回・20回と繰り返し屈曲をしていくと、痛みも可動域も改善していきます。 今回の痛みは、膝を曲げる動作で改善するタイプであり、「早期に改善する」ことがマッケンジー法では予測できます。   2回目(受傷翌日)は、VAS5、痛みが中心部分により、膝が動かしやすくなってきたとの報告。 (マッケンジー法ではlocalizationと言いDerangementの特徴の一つの現象です) 良い反応が出ているので、エクササイズは同じ屈曲動作を続けてもらいます。 正座をするとより深く曲げられるので、自宅でのエクササイズは正座としました。   3回目(受傷後4日)VAS3、痛みも少なく自転車に乗れるようになり、日常生活は殆ど影響なくなったとの報告。   痛みが完全に取れるまでは、エクササイズを続けるように指導し終了。   膝関節の痛みであってもマッケンジー法は反復運動や姿勢の保持を用いて「反応を評価します」   膝痛だから、伸展する!と言う単純な評価法ではありません。 確かに、膝痛で伸展方向のエクササイズをすると改善する人が多いのは事実です。   しかし、膝痛の原因が腰椎にあったり、膝の屈曲で良くなったり、伸展で良くなったりと膝痛でも色々なパターンがあります。   マッケンジー法の良さは、「評価・分類法」なので、どのようなタイプなのかを判断し、その人にあった治療法を提供することです。   ぜひ皆様もセラピストと一緒に、よくなるエクササイズや姿勢を探してください。 それが膝痛など痛みを早く改善する方法だと私は考えます。

      テーマ:
  • 25 Jul
    • 症例報告18 「足関節捻挫 マッケンジー法での評価と施術」

      捻挫がなかなか良くならない! 時間が経っているのに違和感が取れない!   そんな経験をしたことはありませんか?     約2週間前にスライディングをした際に負傷したサッカー選手のお話   主訴は階段の下り動作が痛む、ランニング不可   レッドフラッグなし   炎症所見(-)   若干腫れている感じはありますが、酷くはありません。   前方引き出し・内反ストレステスト(±)   過去に複数回捻挫の既往があり若干緩みを感じます。   可動域制限は、底屈動作で足関節外足部に痛み、内反動作で軽度の制限と痛みがあります。   マッケンジー法は足関節の痛みであっても、脊椎から評価し、脊椎由来の可能性を除外します。   今回は、足関節に脊椎からの影響なしと判断し、足関節の評価を行います。   ベースライン(効果判定の基準)は、歩行時の痛みVAS4、底屈時痛、内反の軽度可動域制限と痛みとしました。   まずは、痛みが出る動作とは反対方向の背屈動作から行ってもらいます。   荷重をかけずに自動運動で背屈→なんか楽な気がする!との反応なので、負荷を一つ上げて、荷重をかけて自動運動で背屈を合計で20回ほど行ってもらいました。   効果判定のベースラインをチェックすると・・・   歩行時痛は4点から1点へ   底屈、内反痛もなくなり、可動域制限も改善しています!   マッケンジー法では「足関節Derangement!!」   よくなる方向は背屈動作!!と言うことがわかりました。   Derangementとは反復運動や姿勢保持等で短期間、短時間に症状や所見の改善が見られる事を言います。   足関節を背屈方向に自分で反復運動する事で関節が正しい位置に整いました。   マッケンジー法の良さは、「自分自身で身体を整えられる事」です。   自分で整えられれば、施術効果も高く、早期の回復が望めます!   捻挫であっても正しい評価と施術が重要となります。   自然治癒力を最大限発揮させるためには、阻害している原因を一つずつ除去しなければいけません。   ずれた状態では、自然治癒力が最大限発揮することはできません。   まずは正しい状態に整えてあげることが必要です!   正しい状態に患部を整復する!!   足関節捻挫であってもマッケンジー法は有効なメッソドの一つです!!

      テーマ:
  • 24 Jul
    • 子供の首痛

      0 0 1 128 733 有道接骨院・鍼灸マッサージ院 6 1 860 14.0 Normal 0 10 pt 0 2 false false false EN-US JA X-NONE $([\{£¥‘“〈《「『【〔$([{「£¥ !%),.:;?]}¢°’”‰′″℃、。々〉》」』】〕゛゜ゝゞ・ヽヾ!%),.:;?]}。」、・゙゚¢ /* Style Definitions */ table.MsoNormalTable {mso-style-name:標準の表; mso-tstyle-rowband-size:0; mso-tstyle-colband-size:0; mso-style-noshow:yes; mso-style-priority:99; mso-style-parent:""; mso-padding-alt:0mm 5.4pt 0mm 5.4pt; mso-para-margin:0mm; mso-para-margin-bottom:.0001pt; mso-pagination:widow-orphan; font-size:12.0pt; font-family:Century; mso-ascii-font-family:Century; mso-ascii-theme-font:minor-latin; mso-hansi-font-family:Century; mso-hansi-theme-font:minor-latin; mso-font-kerning:1.0pt;} 「朝起きたら、首が痛い」と言う小学生の来院が最近多くなってきました。 今回は、「子供の首痛の原因」とマッケンジー法の「評価と施術法」をご紹介します。 まず、マッケンジー法では「痛みの原因となる動作や姿勢」、「日常生活でどのような姿勢を良くとっているか」などを詳しく問診します。 詳しい問診の中から「重篤な病気が隠れていないこと」「適応疾患ではない病態」がないかを確認します。 このように「リスク管理」を徹底してから理学検査をおこないます。 最初に、マッケンジー法が重要にしている「姿勢の評価」をします。 どこかが痛くて来院する小学生は、ほとんど「姿勢が悪い」です。 特に、「座っている姿勢の悪さ」が目立ちます。   この「悪い座り姿勢」+「下を長時間向いている姿勢」が首痛の原因かもしれませんよ!?   お子さん悪い姿勢でゲームや読書に夢中になっていませんか? しているようなら要注意です!! 姿勢を詳しく評価してから次に、「可動域(首の動き)」を評価します。 どのような動きで痛みが出るのか? 制限や硬さはないか?など「関節可動域(首の動き)を丁寧に評価」します。 マッケンジー法では、可動域が核となることが多いです。 分類で最も多い「Derangement Syndrome」の特徴の一つに、動きの制限があります。 子供達の来院理由の多くは、この「Derangement Syndrome」であることが多いです。 マッケンジー法の施術としては、「姿勢を良くする」こと、痛みと可動域が良くなる方向への「自分でやるエクササイズ」を特徴としています。 子供の場合は、姿勢をよくして、適切な体操をするとすぐ良くなります。   再発の予防として「姿勢と痛みの関連性」をしっかりと指導します。 このようにマッケンジー法は、患者教育を重要視しています。   子供の姿勢の悪さでお困りの親御さんは多いと思います。   ぜひ認定セラピストまでご相談ください。 http://www.mckenzieinstitute.org/japan/ja_JP/patients/find-a-clinician/   子供のうちから正しい姿勢を身につけましょう!!  

      2
      テーマ:
  • 06 Jul
    • 急性頚部痛 マッケンジー法での評価と施術

      症例報告17朝起きたら突然首が痛くて動かない!!こんな経験をしたことがある方も多いのでは?!今回は、急に首が痛くなったバレーボール選手のお話。痛みは片側肩甲骨内側の痛みで首を前後に動かす動作、右に振り向く動作が制限されています。レッドフラッグ(重篤な病態)はありません。効果判定の指標(ベースライン)は、痛みの度合いVAS7可動域の制限:伸展中等度制限と痛み、右回旋中等度制限と痛み。まずは、頚椎から評価を行います。①Retraction 顎を引く動作を行ってもらいます。こちらは特に変化はありません。②Retraction Extension 顎を引き、空を見上げる動作を次に行ってもらいます。こちらは痛みが出ますが、徐々に首の動きが良くなって来ました。頚椎ではあまり変化が出ないので③胸椎の伸展運動を行ってもらいます。10回程行うと良さそうな反応が出たので、そのまま続けてもらいます!20回・30回と行ってもらうと・・・あれ「痛くない!!」痛みの点数も7点から2点首の動きも「スムーズに動くようになりました!」劇的な変化!!胸椎の伸展エクササイズで症状が改善!!これなら今日のバレーボールの練習もできると言っていただけました。このように急に痛くなっても、正しく評価し動かせば劇的に症状が良くなることも少なくありません。逆に、「過度の安静」、「痛みを恐れ、行動を制限する意識」、「痛みに対する悲観的な考え方」は治りを悪くすると言われています。皆様も急な痛みが出たら、正しい評価と適切な治療を早期に行いましょう!注意:ただ動かせば良いわけではありません。正しい評価をし、適切なアドバイスをしてくれる医療機関を見つけましょう!マッケンジー法が受けられる施設http://www.mckenzieinstitute.org/japan/ja_JP/patients/find-a-clinician/

      2
      テーマ:
  • 10 Jun
  • 09 Jun
    • 症例報告16 膝の痛みその後

      60代女性 立ち上がり動作、しゃがむ動作、歩き始めや階段の下りの痛み。 効果判定のベースラインは、しゃがみこみ動作7/10、歩行時の痛み3/10と設定。 初回は腰のエクササイズで膝の痛みが改善した! と言うところまでお話ししました。 その後の途中経過です。   2回目 しゃがみこみ動作4/10 歩行時の痛み1/10 腰のエクササイズをすると膝の調子が良いとの事で同じエクササイズを続ける。 青!🚥   3回目 しゃがみこみ動作2/10 歩行時の痛み0.5/10 経過は良好、エクササイズをしないと調子が悪くなる。 黄!🚥 腰のエクササイズを出来るだけ反らすと良い反応が出ます! 青!🚥 定期的なエクササイズをやる事を指導します。   4回目 しゃがみこみ動作1/10 歩行時の痛み0 腰のエクササイズをしていると膝の動きも良くなり、しゃがみこみ動作、歩行の痛みも消失するとの事です。 青!🚥   マッケンジー法では、信号機の色に🚥例えて、エクササイズの効果を判定します。     青→進め!   赤→止まれ!   黄→慎重にすすめ!   青は、痛みが軽くなり、動きが良くなる事   赤は、痛みが強くなり、動きが悪くなる事   黄は、痛みも、動きも変わらない状態です。   この方は、エクササイズをしないと黄色信号が出ますが、   エクササイズをすると青色信号が出ます。   青色が出ている際は、どんどん進んで行きます!   膝のエクササイズをしなくても、腰のエクササイズで膝の痛みも動きも改善しています。   もちろん、腰のエクササイズで改善しなくなれば膝のエクササイズも考慮していきます。   マッケンジー法のトラフィックライドガイドはとても役に立つ指標です。

      テーマ:
  • 08 Jun
    • 嬉しい招待状

      嬉しい招待状初めて彼を紹介されたのは行きつけのBARのマスターより、腰椎椎間板ヘルニアで困っている若者が居るんだけどマッケンジー法で何とかならないか?と相談を受けました。約3年前から続く下肢への痛みとシビレ、何件も病院や治療院へ行き手術しかないと言われてきたそうで、仕事もフルタイムでは働けない状態でした。マッケンジー法での5回目の施術の際、側方シフト(カラダが横に曲がっている姿勢)を矯正した際に、今まで取れなかった痺れと痛みが何と3年ぶりにその場で取れてしまいました!3年ですよ!!色々な治療法も受けてきたそうです。マッケンジー法を学んでいて良かったと心から思う瞬間でした。カラダが横に曲がった状態が何年も続いていて、マッケンジー法の代名詞であるマニュアルシフトコレクションでまさかの劇的変化!その後は、国際マッケンジー協会の先生方にも評価をしてもらい、本人もかなり自信をつけ、仕事もフルタイムで働けるようになり、結婚も決めたようです!そんな嬉しい報告をしてくれた彼からの結婚式招待状とてもお世話になったからと言っていただけました。本人の努力が何よりですがとても嬉しい報告となりました!喜んで出席させていただきます!!マッケンジー法は魔法ではありませんが、彼は間違いなくマッケンジー法で救われた患者様の1人なのは事実です。腰痛で困っている方にマッケンジー法と言う選択肢がある事を世の中に広がる事を願います。

      テーマ:
  • 22 May
    • 膝の痛み

      Normal 0 10 pt 0 2 false false false EN-US JA X-NONE $([\{£¥‘“〈《「『【〔$([{「£¥ !%),.:;?]}¢°’”‰′″℃、。々〉》」』】〕゛゜ゝゞ・ヽヾ!%),.:;?]}。」、・゙゚¢ /* Style Definitions */ table.MsoNormalTable {mso-style-name:標準の表; mso-tstyle-rowband-size:0; mso-tstyle-colband-size:0; mso-style-noshow:yes; mso-style-priority:99; mso-style-parent:""; mso-padding-alt:0mm 5.4pt 0mm 5.4pt; mso-para-margin:0mm; mso-para-margin-bottom:.0001pt; mso-pagination:widow-orphan; font-size:12.0pt; font-family:Century; mso-ascii-font-family:Century; mso-ascii-theme-font:minor-latin; mso-hansi-font-family:Century; mso-hansi-theme-font:minor-latin; mso-font-kerning:1.0pt;} 症例報告16 膝の痛み   60代女性 膝痛で来院 支障をきたしているのは、立ち上がり動作、しゃがむ動作、歩き始めや階段の下りも痛いそうです。 詳しくお話を聞いていると、立ち上がる前に膝を何度か伸ばしてから立ち上がると楽であり、膝を動かしていると徐々に良くなる!という大ヒントをいただけました!   効果判定のベースラインは、しゃがみこみ動作7/10、歩行時の痛み3/10と設定をしました。   ここだけを聞くと膝の問題がありそうだと思うのが普通だと思います。 ですが、MDTでは膝の痛みでも、脊椎から検査をします。 なぜなら、脊椎由来の痛みが多く存在するからです。   今回も、腰椎の伸展動作を20回ほど行い立ち上がってもらいます。 まずは、歩行痛は・・・?あれ痛くない・・・ しゃがみこみ動作は?先ほどは10点満点中7点 腰の伸展の後は・・・10点満点中2点!痛くない・・・   痛みも動きも両方とも改善しています!! 思い込みは良くありませんね。   膝の痛みであっても、必ず脊椎から評価することの重要性をご理解していただけたらと思います。   日本のマッケンジー法認定施設であるクリニックの調査でも、98名の膝痛患者さんの57%が腰痛由来の痛みであったとの報告もあります。   2回目の来院でも、やはり膝の痛みと機能が改善していました。 膝の痛みでお困りの方、マッケンジー法での評価をオススメします!!

      3
      テーマ:
  • 14 May
    • 症例報告15 足首の痛み

      症例報告15ブログ用にまとめていたら、症例報告も15回目報告したい症例が多すぎて、なかなか追いつきませんがこれからも徐々に書いて行きます!「左足首の痛み」普段痛みは少ないが、稽古後に左足首周辺が痛くなると言う力士の方、足首の捻挫を3.4回しているようです。足首の捻挫は再発しやすいです!捻挫だからと言って甘く見てはいけません。マッケンジー法は、明らかな外傷以外は腰から評価します。なぜなら、腰椎由来の痛みが少なくないからです。今回は、腰にも痛みが少しあり、右脚は腱の障害もあります。こちらは後日まとめます。相撲にケガはつきもの、少々の痛みでも稽古は休めません(涙)腰の評価をしっかりやりきり、右脚は腱の障害と評価出来たので、次は足首の番です。腰の影響はなかったので、足首の可動域を効果判定の基準(ベースライン)としました。足首を底屈(つま先を床に倒す)をすると軽度の可動域制限と痛みが出ます。その他は、外反(足裏を外側に向ける)をすると軽度の制限と痛みが出ます。まずは、荷重はかけないで底屈を10回行います。ベースラインチェック変化はありません!次に、荷重をかけた状態で底屈を10回行います。ベースラインチェックうーん!?あまり変化はありません。次に、片足立ちで底屈を10回かけます。ベースラインチェックあれ!!痛くない!!✌︎('ω'✌︎ )今までになかった足関節の良い感じ!!と驚きのようです!私は、マッケンジー法を勉強していてよかった〜といつも思います(^_^)可動域制限も取れ、痛みも出なくなりました。良い結果が出たので、あとは自分で良い状態をキープする為のエクササイズを確認しました。マッケンジー法の特徴は、段階的に負荷をかけていきます。ここがキーポイントです。スポーツ選手にもバッチリ効果が出ます!!ぜひ、お困りの方はご相談してくださいね!

      1
      テーマ:
  • 13 May
    • 症例報告14 膝の痛み

      右膝の痛み30代女性主訴:5日前から膝に違和感を感じ、整形外科にてレントゲン検査異常なし。ロキソニンを服用するも痛みに変化なし。マッケンジー法で痛みの原因を探って行きます。特に、これといったきっかけは特定できません。もっと詳しく、お話を伺っていくと映画館で長時間座った後から膝に激痛が起きた。(脊椎が関係しているかもしれない徴候①)逆に膝を伸ばしていると楽である。(脊椎が関係しているかもしれない徴候②)姿勢は、ものすごく悪いです・・・(T . T)(脊椎が関係しているかもしれない徴候③)姿勢を矯正すると膝の痛み改善しています(^_^)(脊椎が関係しているかもしれない徴候④)これだけの問診を聞いただけでも、脊椎(腰椎)が関係していそうですね。今回のベースラインは、痛みの程度10点満点中8点、歩行痛としました。脊椎が原因と決めつけるのは良くないので、マッケンジー法の特徴である、反復運動検査に入って行きます。腰を反らす体操を20回ほどベースライン10点満点中4点!歩行痛消失!(^。^)腰の可動域も良くなり、膝は触っていないのに痛みが半分になりました。本人からも、そう言えば何日か前に腰痛がありました!昨日も慣れない腹筋を沢山しました!と言うことが評価の中で聞き出せました。やはり、丁寧な問診がキーポイントになりますね。「思い込みは良くない。」膝が痛くても、腰椎の可能性を見逃してはいけないと言う症例報告でした。

      テーマ:
  • 12 May
    • 症例報告 13 首の痛み 両手の違和感

      マッケンジー法での症例報告です今回は、40代男性、飲食業3年前に自転車での事故を起こしてから、頚痛、両前腕の痺れ、両手の握力が落ち握る動作がやりにくいと言うのが主訴です。詳しくお話を聞くと、3年前の事故直後から両手が痺れ、色々な治療を受けたがあまりよくならず現在まで来ているようです。ベースラインは両手の機能を100点満点で評価してもらい、初回は60/100点とつけてもらいました。姿勢は、非常に悪いです。理学所見は、伸展・屈曲方向は軽度の制限、左右側屈が中等度の制限で痛みはありませんが可動域が少し悪いようです。マッケンジー法は、伸展方向から攻めるのが原則です。まずは伸展負荷を行っていきました。2回目の効果判定は、62点!少し首が軽いかな?と言う位の評価今回も負荷を上げて伸展を攻めきります!3回目の効果判定は、64点!少しずつ良くなっている感がある?!うーん。私的にはちょっと不満足な感じなので伸展もやりきった事ですし、次は側方原則で制限の強い左側屈を行いました。初めは、硬く動かしにくそうです。やればやるほど可動域が増えていきます。本人も今までにない感じと実感されています。検査後点数を聞くとなんと「120点!!」おー100点を超えた!劇的変化!!犯人は側屈だったのですね!何年も苦しんでいた首の痛み、両手の痺れあきらめかけていた症状が良くなることは素晴らしいことですね。4回目の効果判定も「120点」今までできなかったことが沢山出来るようになったとの報告。このまま、続ければもっと良くなりますよ!とお話し終了。皆様も、その痛みあきらめていませんか?マッケンジー法は、魔法ではありませんが、このように劇的に症状が改善することもあります。まずはご自身が良くなりたいと言う気持ちが大切ですが「身体でやる気を迎えに行く!」やり始めないとやる気は出ません。実際に体を動かして、何かをし始めてからやる気がついてくると言うのは脳科学の実験でも証明されています。治らないとあきらめている方、何かをやり始めましょう!!

      テーマ:
  • 11 May
    • 症例報告12 肘の痛み

      肘の痛み今回も肘の痛みですが、前回とは違い今回は脊椎由来の肘の痛みです。30代女性 約1ヶ月前より物を持つと右肘に痛みが出現。他院で肘のレントゲン検査では異常なし、電気治療と湿布で加療をしていたが変化がないため転院。詳しい問診をすると、肘以外にも小指側にシビレと右頚部に痛みが最近出てきたようです。悪化するのは、長時間座っている時。屈曲位で肘を固定をすると固まってしまう。重いものを持ったり、肘に負担がかかるとさらに悪化するようです。改善因子は特にありません。その他として、肘のひっかかり感と抜けそうな感じがあるそうです!今回は、明確なきっかけなし!ここまでの問診だけでも、脊椎を疑える項目がいくつかありますね。シビレあり・慢性的な肩こり・長時間の座位で悪化などなどもちろん座っている姿勢はすごく悪いです。理学検査肘の可動域制限は、自動運動では屈曲に軽度制限あり、過神展で痛みと怖さがあるそうです。回内でも痛みがあります。他動運動では、屈曲で痛み誘発です。抵抗運動は、伸展、回外で痛み誘発です。その他は、Cozen’s test(+) Thomsen test(+) Chair test(+) 中指伸展テスト(+)頚椎は、首を後ろに引く(Retraction動作)中等度制限、首に痛みあり、左側屈で頸部に少し痛みがあるそうです。今回は、ベースライン(効果判定の指標)として肘関節:自動運動での屈曲・伸展・回内他動運動での屈曲抵抗運動での伸展・回外Cozen’s test(+) Thomsen test(+) Chair test(+) 中指伸展テスト(+)頚椎はRETまず姿勢を良くして、ベースラインを再度確認すると、肘の屈曲制限が取れ、回内も改善、他動屈曲も改善、伸展も・・・あれれ!姿勢を良くしただけで、最初の設定したベースラインが改善です。これは、明らかに姿勢が関係してそうです(^-^)v姿勢を正して、再度ベースラインチェックすると、過伸展の怖さ、抵抗運動での回外、Cozen’s test(+) Thomsen test(+) Chair test(+) 中指伸展テスト(+)頚椎はRETとなりました。姿勢で、ベースラインが減った!なぜ?!と普通の方は思います。気を取り直して、頚椎からエクササイズ、首の症状は取れました。肘は変化なし。次は、胸椎伸展エクササイズ!患者さん「あれ!痛くない」私「原因は悪い姿勢ですね!」いくら肘に刺激をしても、この症状は変化ないと思います。いつかは自然治癒するかもしれませんが、「いつになるかはわかりません!」それよりも「積極的に自分で治す治療」が良くないですか?悪い姿勢を治して、自分にあったエクササイズで自然治癒能力を最大限に発揮する!肘の痛みでも、短橈側手根伸筋(ECRB)起始部の腱付着部炎、脊椎由来の痛み、前回の様なDerangement syndrome、外傷後の拘縮や短縮、など色々な原因が考えられます。まずは、詳しい問診と力学的な検査が重要であると思います。なかなか治らないと諦める前に正しい評価を!!今回は、そんな症例でした。

      テーマ:
  • 10 May
    • 症例報告11 肘の痛み

      肘の痛み1週間ほど前から、物を持ち上げた際に肘の外側に痛みを感じる方の症例報告です。詳しくお話を聞くと、約2ヶ月前にテニスプレー中に転倒し肘を怪我した事が聞き出せました。詳しく怪我をした状態を聞くと、転んだ際に手をつき肘を打ち2回転ほど転んだそうです。怪我の痛みは現在落ち着いてきていたが、ここ数日で肘外側の状態は悪化。脊椎は問題なく、しびれ等の異常なし。悪化因子は、肘を伸ばす動作途中の痛み、握りしめる動作、屈曲位や伸展位で固定をしている時。改善因子は、特になしひっかかり感が少しあり、曲げ伸ばしでポキポキ音がするようです。肘の可動域自動運動は、伸展が軽度の制限があり伸びが悪い。回外・回内も軽度制限で肘の痛みがしっかりと出ます。他動運動は、それほど痛みが誘発されません。抵抗運動は、屈曲・伸展で軽度の制限、回外は重度の制限と痛みが強く誘発されます。その他のテストは、Mill’s test(+),Thomsen test(+)Chair test(+)中指伸展テスト(+)1キロの重りを持つ(+)マッケンジー法では、脊椎からアプローチをすることが基本となります。今回も、脊椎に症状、反復運動で変化はありません。脊椎を評価してから肘の反復運動をしていきます。まずは、肘の伸展 運動中は少し痛み誘発するが、運動後は検査前と同じ状態。負荷を強めていきますが、変化なし。自分でエクササイズして変化はないので、ここから「私の出番」です。伸展運動を何回もやって痛みは悪化していないので、安全性は確認出来ています。慎重に、他動で伸展運動をしていきます。ポキポキ音がしています。何回かやって、症状を確認するも変化はなし。次に、上腕骨を固定し尺骨を外側に滑らせて伸展をかけます。何回か繰り返し、ベースラインをチェックすると少し変化が出てきました。力が入ってきた!痛みも少なくなってきた!おっ!良い変化が出たので、反復運動を続けていきます。ポキポキ音が言わなくなってきました。可動域も広がり、抵抗運動も痛みが減り始めました。特に回外制限が強かったのですが、力が入ってきました!制限も重度から軽度に!症状は、完全に消失はしていませんが、明らかに良くなっていることを患者も実感していただけました。あとは、セルフケア自分で同じように効果的なエクササイズをやらなければいけません。色々工夫をしていると、肘を外側に押して伸展をかけるとすごく気持ちよくて、その後も調子が良いとの反応が出たので、自宅でのセルフケアにしていただき初回は終了となりました。マッケンジー法というと、脊椎(頚椎・腰椎)のアプローチとしては有名ですが実は運動器疾患全てが適用なのです!!今回も暫定分類は、肘のDerangement syndromeDerangement syndromeとは、反復運動や姿勢保持といった負荷を加えたことによって、症状、可動域の改善が認められるとマッケンジー法では定義されています。※ Derangement syndromeをわかりやすく説明すると以下は、私個人の考えです。肘だと肘内障がイメージしやすいと思います。肘内障だと橈骨輪状靭帯が腕橈関節に嵌頓し回内や回外、屈曲などで嵌頓を整復したら、劇的によくなる症状がイメージしやすいと思います。関節の機能異常などとも言われています。今回は症状が良くなる方向は、外側に押しながら・肘の伸展テニス肘・ゴルフ肘という疾患名であっても、まずは脊椎から評価をすること。次に肘を動かしてどうなるのかを詳しく評価すること。力学的な評価が重要です!というお話でした。

      テーマ:
  • 09 May
    • 症例報告10 肩関節痛

      肩関節痛60代男性約2ヶ月前よりバトミントンをしてから肩が痛くなる。支障をきたしている動作:重いもの持つと抜けそうな感じがする。朝方が辛いと言う患者さんの症例報告です。マッケンジー法で脊椎(頚椎・胸椎)のアプローチ済み、肩関節の症状に変化はないので、肩関節の評価を行いました。屈曲や伸展は軽度の制限で痛みはなし、外転動作でペインフルアークサイン(+)、外旋で軽度の制限と肩関節痛あり、内旋は中等度の制限あり内旋の動きに制限があり、反復運動を行うと症状と所見が改善せれたので、自宅でのセルフケアとし内旋運動を10回1セットを2時間おきと、指導し初回は終了しました。肩の評価後、2回目の受診の際、患者さんから「エクササイズをしていたら、ずれていたものがハマった感じがした!痛みがスーと引いてしまった!肩もスムーズに動くようになった!」と喜びの報告を受けました。肩関節Derangement(反復運動などで症状所見が劇的に良くなる反応)良いエクササイズは内旋でした!このように動かしていて、劇的に良くなる患者さんの話は良く聞きます。しっかりとした評価と自分でやるエクササイズの重要性を感じた症例でした。皆様も、五十肩などは良くならないから!と言って放置はしないでくださいね!適切な評価をすれば、早期の回復が望めます!マッケンジー法はエビデンス(医学的根拠があります)また、認定セラピストの検者間一致率96%!信頼性が高い数値が出ています!優れたシステムという事で世界的に評価を受けています。

      テーマ:
  • 08 May
    • 症例報告9 踵の痛み 足底腱膜炎?

      かかとの痛み足底腱膜炎?かかとの痛みは、なかなか治らない?と思っている皆さん必見です!!教科書でも、足底腱膜炎は9割が保存治療で治癒するが、治癒までに数ヶ月から場合によっては1年近くかかることもあると書いてあります。なかなか「治らないかかとの痛み」でお困りのセラピストは多いと思います。今回は、40代男性セラピストの方の症例報告です。約2ヶ月前より、野球をしていて右のかかとに痛みが出て、その後に左のかかとも痛くなる。電気治療やマッサージ、インソールなどを自分で試すも痛みに変化はない。通常であると足底腱膜炎?と疑ってしまいそうですがマッケンジーセラピストはここからが通常のセラピストとは異なります。より詳しい評価をしていきます。悪化するのは、前かがみで腰が少し痛い。長時間の座位(車の運転)で腰が痛い。歩行時にかかとの痛みがあり、特に朝方が痛む傾向がある。ここまで良く話を聞くと、やはり腰が怪しそうですね。楽になるのは、ふくらはぎをマッサージした後や時間が経つにつれて。動いていると楽になる!と言うのも何だかヒントになりそうですね。ここから理学検査に入ります!姿勢は・・・やはり座り姿勢が悪いですm(_ _)m足の可動域は、左の内反動作に少し制限がありますがその他は正常です。腰は、伸展動作・左の側方滑りに少し制限が見られます。ベースラインとしては、歩行時の痛み、内反、腰は伸展、左側方滑りとしました。初回で腰部の伸展エクササイズを行うと、ベースラインに変化が出たので、自宅でのセルフケアは腰椎伸展と座位の指導をし終了。途中経過は、遠いところから来ている方でしたので、メールで確認。「痛くない時も出てきた」とのことでしたので、しっかりとエクササイズと正しい姿勢を続けるように指導する。2回目来院、痛みはどうかと聞くと?「痛みは以前両方あったかかとの痛みが、今は左足のみになり、痛かったり痛くなかったりする」とのこと。因みに初回は右かかとの方がより痛みを強く訴えていました。腰の可動域は、エクササイズの効果か「可動域が明らかに良くなっています」ベースラインを今回は「片脚荷重で3/10」としてまずはエクササイズのチェック上手にできているので「負荷を上げてベースラインチェック」うーん?!「悪くはないけど痛みは変わらず」しばらく負荷を上げてやったが変化がないため「腰を横にずらして伸展に変えると」ベースラインが2/10・1/10とどんどん変化していきます。本人も「荷重をかけても痛くない!!」今日から「腰を横にずらして伸展に変えましょう!」となり2回目終了。本人も最初はかかとの痛みで「なんで腰なの?」と疑問を持っていたと思います。今回は本人も納得の劇的変化!最後に「先生、マッケンジー法講習会参加したいです」と言っていただけました!同じセラピストでも、自身が実体験をして納得して講習会に参加する。私自身が腰痛になりマッケンジー法で劇的変化を経験し、講習会の門を叩きました。実体験はすごく大切ですね。皆様も是非一度マッケンジー法を体験して見てください!http://www.mckenzieinstitute.org/japan/ja_JP/patients/find-a-clinician/

      テーマ:
  • 06 May
    • 症例報告8 大胸筋の痛み

      症例報告8大胸筋部の痛み大相撲力士稽古中に相手を受け止めた際に大胸筋部を痛めたとの訴え。エピソードもしっかりとしてそうだし、今回は間違いなく大胸筋の損傷かな?(^_^*)昨年3月に頚椎後縦靱帯骨化症の手術をされていることもあり、頚椎のチェックは必要です。昨年の12月より完全復帰術後の頚椎の状態は?との質問に100%OKですと。手術前が30/100だとすると術後は100/100と手術の評価はパーフェクト!!現在、頚椎は全く問題なしとのことでした。ベースラインとしては、・重いものを持つと痛い。・肩を回すと痛い。・VASは5〜6/10肩関節の可動域は、屈曲が軽度制限と大胸筋の痛み(+)、伸展が中等度の制限と大胸筋の痛み(+)、外転が軽度の制限と大胸筋の痛み(+)頚椎は伸展時に軽度の制限とつっぱり感を訴えます。こちらをベースラインと設定しました。姿勢は、かなり悪いですが、姿勢の評価で変化はなし。写真1とりあえず、頚椎をクリアにしようと伸展をフルレンジで行ってもらいます。最近手に入れたアイテムを駆使し攻めます(^。^)写真2ベースラインチェック!あれ!良くなっている・・・お互いに犯人は頚椎かー!と目を合わせ驚き(*⁰▿⁰*)本人には、手術は他力で良い結果が出たので今度は頚椎にストレスを極力かけないように自力でコントロールしましょう!と話をして、終了となりました。いよいよ明日から大阪入り、当院に通院している力士の方達へ東京から応援していますよ!怪我なく最高のコンディションで最高の結果を!最後に、胡座をかく事が多いので、座り方の指導をして終了です。写真3今回も写真掲載と症例報告の許可を得ています。

      テーマ:

プロフィール

ゆうどう

お住まいの地域:
東京都
自己紹介:
東京都墨田区ではじめて国際マッケンジー協会認定セラピストを取得しました。 マッケンジー法と出会って...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

旧ランキング

医療・介護関係
3016 位
健康・医療
8602 位

ランキングトップへ

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。