ゆうちゃんママのひとりごと

嵐とタダシンヤさんを応援しています♪




テーマ:

もう6日ですけども、7月1日の「忍びの国」上映初回に行ってきたのです。

舞台挨拶中継つきチケットなんて初めてざます。

というか、徳島に嫁に来てから22年になりますけども、映画館で映画をみるのはたったの8回目なんですのよ、オッホッホッホ。映画って結構時間食うので、家でみることが多いんでね。

 

注:こっから先はネタバレオンパレードです。

 

大野さんが「忍びの国」をやるって聞いてすぐに原作も読んだんですけど、1年以上前なのであんまり記憶はないんです。でも、まず今回すごく感じたのが原作よりも強く感じる、「忍び」の面々のあっけらかんとした感じ。「金の亡者」とか「悪人」とかではないんでしょうね。人を殺すことも「だってお金くれるっていうから。」ぐらいの感じで、彼らにとっては生き残るためには「あたりまえ」のことだったんだろうなと。

 

忍び=かっこいい

忍び=影の存在

 

的な今までのイメージをぶっ壊すけど、多分リアルな忍びの姿はあれなんでしょうね。

人として大切なものが大きく欠落しているの。欠落していることにも気づいてないし。

満島くんの次郎兵衛のバカっぷりがすごかったけど、まさにあんな感じよ。

すごい強烈だったな、あの人。大好きな俳優さんです。

 

知念君が織田信雄をやるって聞いたとき、「忍びじゃねーのか!」って思ってたんだけど、信雄でよかった。すっごくよかったもの。忍びじゃねーのかって自分でいっといてなんですが、知念君みたいなまっすぐな瞳をした子、原作に出てくる「鉄」ならともかく、忍びじゃない。

自分を主と認めていない家臣たちを従えて、虚勢を張れば張るほどみっともない感じもすごくよかったし、大膳と対峙して本音がボロボロ出てくるところがホントよかった。「この人についていこう。」ではなく、「支えてあげたい」という従い方もあるのだなと。あの大膳にそう思わせるに充分な説得力があったなー。

 

忍びがあんな感じだから、もう大膳がかっこいいのなんのって。

元主を手にかけるなんて、武士としての矜持と誇りを持った大膳には、自ら死を選ぶよりもつらい選択だったろうに。元主の北畠具教の最後の言葉、刺さりましたねー。

たくさんの命を背負って生きるって、つらいです。

日置大膳役の伊勢谷さんの存在感と迫力に圧倒されました。いい役者さんだなー。

そして、北畠具教の國村さんの威厳に「うわーっ。」と鳥肌が。

格が違いますもん、かっこよすぎます。

前半の一番の見せ場でしたね。

 

そして、石原さとみちゃんのお国。

キャスト決まった当時、「さとみちゃんかあ、イメージ違うわー、やだわー。」と実は思ってたんです。

ごめんなさい、その言葉撤回します。

すごくよかったです。能面みたいな表情で冷たくあしらう様の気高さ、美しさ、すばらしかったです。

お国といえば、「なんで見知らぬ土地にたった一人で無門についてきたんだろう。てか、言ってたことと違うなら無門なんて見捨てて帰ればいいのに。」ってやつですよ。お金お金いっときながら、「国のため」とか言うし、お国ってどんなやつだよと突っ込みたくなる部分もあるんですが、お国だっていろいろ悩み迷ったんだろうし、確固たる意志を持って無門についてきたわけじゃない。凛とした部分も持ちながらももろい部分もあって、無門の孤独を感じて放っておけなくなったというより、ついて行かずにはいられない衝動に突き動かされたって感じだったんだろうなーと。

さとみちゃんて、意志の強さを感じる大人の部分も持ちつつ、無邪気な子供のような一面も合わせ持つ女性だから、お国にぴったりだったなーと改めて思うのです。魅力的です、ホント。

 

平兵衛役の鈴木亮平君。

平兵衛みたいな人間の心を持った忍びもちゃんといたのかと思うとほっとします。でも、多分さらわれてきた無門と、忍びの長の息子との違いなんだろうね。育ってきた過程が違いすぎる。

訴えても何ひとつ響かない、周りにいたのは人間の心なんて全く持ち合わせてない輩ばかりだったと知ってしまった時、ぞっとしただろうな。恐怖さえ覚えたんじゃないだろうか。

 

でもさ、裏切ることに決めたときから平兵衛の目って死んでたんですよね。それが、無門と一騎打ちしている間に目に生気がよみがえってきたような気がするんです。弟を殺された憎悪の炎へと。そして、そこからまた何か別のものが生まれたような気がするんですけど、うまく言えないな。

憎しみだけじゃなくて、戦うことへの喜びっていうか、本気でぶつかりあうことにより、何かが通じ合ったというか。「同志になった気がした。」ってのは亮平君の言葉でもあり、平兵衛の言葉でもあったんでしょうね。

 

今回の一番の悪役は百地三太夫なんだけど。

とぼけていて、コミカルであんまり悪役の感じがない百地三太夫。でも、それこそ、三太夫にとっては、当たり前のことをしているだけで、罪悪感なんてこれっぽっちもないんだもの、あれでいいんですよね。

だから立川談春さんのあのとぼけた感じがとてもマッチしていましたね。

 

さてさて、大野さん。

「お国への態度を見ていると、あの時から全く心がないわけじゃない。」っていう感じのことを言ってましたね。本は普段全然読まないとか、勉強苦手とかいろいろ言いますけどもあのヒト。脚本から読み取った大野さんなりの無門像のなんと深いことよ。

 

つ、疲れた。

続きはまた後日。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事

テーマ:

地元の絵本作家さん「羽尻利門さん」。

ちょっと懐かしくて、郷愁をそそる、胸がキューンとなる、そんな絵をかく人です。

数年前のイベントで出会って、絵を見たときに「うわぁぁぁ。」とただただ感動して、それから何度もご一緒する機会があって、いろいろ話をすればするほど、なんて魅力的な人なんだろうとますます好きになりました。

 

2児のパパさんでもある羽尻さん、子どもの絵がまたよいんです。

出会ったのは3年くらい前なのですが、この3年間にあれよあれよと売れっ子になってしまいました。

つい最近出た「夏が来た」は、厳選された言葉が絵を引き立たせてくれていて、とってもステキ。

原画を見ると、あまりの描写の細かさに震えがくるほどです。

 

小さいころからこんなに絵がかけたのかなーと思って聞いてみました。

 

「羽尻さんて、小さいころはどんな絵を描いてたんですか?」

 

「ドラゴンボールの絵ばかり描いてました。」

 

おっと~!智といっしょやん。

ああ、そういえば世代も一緒だわ。

 

描写の細かい絵を描く人って、鳥山明さんの絵を語らせたら止まりません。

 

「夏がきた」 羽尻利門

 

あ~~~~、夏が来たぜ~~~~!

ムキャー!

ってなりました。

PSの「ぼくのなつやすみ」を思い出します。

夏ってさー、めっちゃ楽しみだけど、終わった時のさびしさも同時に感じちゃって切なくもなるじゃない。

そんな夏が画面から伝わってくるんだよなー。

 

この絵本の解説をすみずみまで羽尻さんにしてもらいたい。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ブログがご無沙汰になったのは、1年半くらい前なのかな。

PCがスーパーのんびりやさんになって、開くのが億劫になったこと、仕事の負荷に負けたことが原因なんだけど、仕事の増加とともに嵐さんから少し離れ気味になっていたのも原因なんだろうなーと。

 

「さとしくんも年取ったしな~(失礼)、この距離感でぼちぼちファンやってればいいかな~。」

 

なんても思っていたのです。

 

それがですよ!

昨年の「逃げるは恥だが役に立つ」で、初めて「星野源」という人物に遭遇しまして。

「初めて」と言いましたが、本当に正真正銘、まさかの初ご対面だったという。

あんなに巷で人気を博していた星野さんを「名前すら知らない」というミラクルに我ながらびっくりした次第でございます。

 

テレビ見てなかったわけじゃないのよ、昨年の紅白だって見ていたさ。

でも、ところどころしか見れなくって、たまたま遭遇しなかったんでしょうね。

 

んで、逃げ恥で星野さんにまさかのだだハマり状態に陥る。

すげーよ、本もすべて購入して読破したし、出ている曲もほぼゲット。

サケロックまで遡りましたもん(CDもDVDも買いました)。

もー大変、へそくりみんな使ったもんね。

 

てか、こういうことになる自分をよくわかっているから、普段から好きになりそうなものには極力近づかないよう、みない努力をしているというのもあります。時間もお金も消費激しいからね。

見ないように努力しているのに入ってきちゃうのって、やっぱりメジャーどころなんですよ。

「売れる前に知りたかったな~。」なんて私にはありえんのです。避けてるんだもん。

 

ほんでもって、

 

星野さんにハマる

       ↓

新規ファン過ぎて後悔。昔を遡りたくなる

       ↓

Youtube漬けになる

       ↓

嵐さんの動画が時々流れてくる

       ↓

ついつい智の動画を見てしまう

       ↓

智ばかり追いかけて動画を見るようになる

       ↓

やっぱり智が好き~ってなる

(てか、最近某氏の発言のせいか、大野智美声特集とか、ソロ特集とか、歌うまい特集がやたらと目立ちましたな。別に大野さんが世間に評価されようがされまいが、自分が一番好きだったらそれでよいのにと思いましたけどね。)

 

ってな感じで、今すご~い嵐さんが好きです。

とはいえ、ただでさえ時間がないのに、星野さんと嵐さんを同時に追うのは大変に難しく。

しかも、学費捻出のため始めた夜の清掃バイトで使い物にならん時間が増えたことにより、本業の本を読む仕事にも支障をきたし、さらに時間がない。

 

星野さんのDVDも嵐さんのあゆあぴもみながら途中で寝るを繰り返し、いまだに最後まで見れていません。オールナイトニッポンなんてラジコのタイムフリーのやつを4つくらい使わないと最後までコンプリートできないもんね。

当然本も、読まなきゃいけない仕事の本は読めても自分の読みたい本まで手が回らない。

 

でも!

とっても楽しいのです。

やっぱり好きなものがあるってとってもステキ。

 

「忍びの国」公開が楽しみすぎるよ~♪

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日を逃したらずっと書けなくなりそうな気がするので、書き切っちゃうぞ~!

14.MUSIC(二宮さん)

おっと!今回は二宮さんの作曲ではないんですな。
今知った。

けどさ、すっごいいいっす、この曲。
にのみやさんのポテンシャルの高さ、すげーっす。

「うっわ、にのちゃんってホントすげー!編集してにのちゃんのソロアルバム作ろっかな。」
と思ったくらいっす。

毎年どんどん貪欲に成長していくのもにのちゃんだよね。
ブラックホールみたいになんでも吸収しちゃうんだわぁ。

こういう曲ってほかのメンバーは歌えないもんな。
嵐でよかったな、この人。
彼の声が入るだけで、曲に表情がつくんだよ。欠かせないっす。


15.伝えたいこと

えっと、わたしこの曲も好きなんですけど。
翔ちゃんのまっすぐ素直な歌い出しも好きだし、そこからの相葉さんの流れもよい!

おおお~っお~

ありきたりな歌詞だけど、だからこそまっすぐに伝わるかな。

というか、この曲Jいます?

というか、このアルバムJいなくね?

とまで言いたくなるくらい、Jさんの影が薄すぎる気がするのはワタシだけだろうか。
Jのクセのある声が生きる場面、曲があると思うんだけどな~。
今回彼の個性が消えちゃって、溶け込んじゃってる気がする。

おもろーなJが聞けないのも寂しい限りです。

16.Japonesque


この曲のらちゃちゃらっちゃちゃ~ らちゃちゃらちゃちゃ~ぐらいだよ、Jがいるの。

いやぁ、わたしゃ基本的に古典好きなんだろうなぁ。
どんなにとんちきな使い方でも和詞の響きが大好物らしい。
この曲も大好き。

たゆたえば~

とか言われるだけでうひょ~い♪ってなるもんね。

この曲の相葉さんのソロ部分が大変良いね。

花も鳥も風も月も~ みんな浮き世を詠うんだ~

いい、相葉さんと和詞。

ほんで、さとっさんからの翔ちゃん

うちあげよほぉぉぉぉ~

うぇぇぇ~、にのちゃん!今回すげーな!

で、潤がいない潤が。

らちゃちゃらっちゃちゃ~

だけかい。

Jさんは個性を消しちゃいかんよ~。


あるばむじゃぽにずむはママとしては、大変好きなアルバムでした~。
コンサートも楽しみで~す。
でも、次回はJがも少し出張ってくるとおもしろいと思うなり。

よいとこばんと初回も欲しいな~。
貧ちゃんだから無理やな~。
その前にレコーダー買わんと。

以上、おつきあいありがとやんした~!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。