≪Theatre Company カクシンハン

メンバー・出演者オーディション≫



所属しているTheatre Companyカクシンハンで、今後共に演劇界に革新をもたらしていくメンバーと、8月の吉祥寺シアター公演『タイタス・アンドロニカス』の出演者を募集しています。


{BF61EB2C-7B49-41EE-B28C-903F89135F63}



カクシンハンにとっても大事なこのタイミングで、たくさんの刺激的な同志と出会いたいと心から思っているので、ここで少しカクシンハンがどのようなことをしているのか紹介させていただきます。




■ Theatre Company カクシンハンとは?



シェイクスピアを現代的に上演するカンパニーとして、結成五年目のカンパニーながら近年、急ピッチで認知されて来たカクシンハン。


{CE970492-202D-44D5-A15D-1A58F9083E8B}


演劇を初めて観るお客様から、観劇好きな方々まで、幅広く楽しんでいただける、セッション度が高い演劇として、公演の度にリピート観劇していただく方も増えてきております。


かたやシェイクスピア研究者の松岡和子さんをはじめに、大橋洋一さん、河合祥一郎さん、そして著名な俳優や演出家にも観に来ていただき、高く評価していただいており、今一番勢いがあるカンパニーのひとつと言っても過言ではない若手カンパニーです。


昨年の一ヶ月ロングラン公演『カクシンハン版 リチャード三世』/POCKET HISTORY『ヘンリー六世 三部作』の時に書き上げたこちらのカクシンハンについての記事が、新聞・雑誌・ネットでの紹介記事などのリンク満載です!



【「カクシンハンとは?」】

   http://ameblo.jp/yudaiiwasaki/entry-12153658276.html


{194E4550-0485-4CB8-BDF2-75E174E39184}



■ 20171月には初の東京芸術劇場進出!



今年の1月には、初めての東京芸術劇場公演で堂々と「マクベス」を上演し、その劇場空間をフルに活かしたミニマルで革新的な演出と鮮烈な上演により多くの感動と議論を巻き起こしました。


{195ED026-75F7-4FED-ACB3-F779C7DEB583}

{89C6EDE9-333C-4A57-813A-B4220D8C01DD}



【カクシンハン「マクベス」ご感想まとめ】

   https://togetter.com/li/1074604



結成四年目(当時)の集団としては異例の注目を集め、同時期に上のプレイハウスではNODAMAP、隣のシアターウエストでは二兎社が公演をしているなか、四日間という短い期間ながら、たくさんのお客様にカクシンハンの上演を体験していただけました。




そして2017年8月、初めての吉祥寺シアター!



そしてその「マクベス」の直後に、2016年度プロミシングカンパニー(シアター風姿花伝が、勢いのある若手カンパニーを一年間バックアップするプログラム)の集大成として、3月にはPOCKET05「夏の夜の夢」をシアター風姿花伝で上演、本公演とは差別化した、凝縮されたPOCKET公演をたくさんのお客様に楽しんでいただき


【カクシンハンPOCKET05「夏の夜の夢」感想まとめ】

   https://togetter.com/li/1092211



{8EEC31D8-D60E-49F3-B1AC-700EF2A6AB78}


次は、8月に、舞台空間の大きさとしては今までで最大規模となる吉祥寺シアターで、シェイクスピアの大作『タイタス・アンドロニカス』を上演いたします。


空間を大胆でスタイリッシュな演出で埋めていく木村龍之介演出が、吉祥寺シアターの空間でどこまでスケールを拡げていくのかが期待される上演です。


今回の出演者募集は、この注目を集めている吉祥寺シアター公演のためのものとなります。




俳優が躍動する、カクシンハンの創作。



俳優と演出家、スタッフがフラットな立場で創作を行うカクシンハンの現場では、俳優の自主性と創作的提案が重視されます。


そこには特定のメソッドなど演技スタイルの縛りはなく、演出家の木村龍之介が戯曲から広げた多様なイメージ=セカイの中で、俳優がそれぞれに、生き生きと、面白く、作品を深める具体的な提案を積み重ねていくことで創作が行われていきます。


{83B3931D-6E0A-4490-BF54-141912E6C373}


個々のポテンシャルが最大限に問われる現場で、毎公演、集まったキャストの一人でも欠けたら作品が別物になるような能動的な創作が行われていきます。実力者の集まりの中で切磋琢磨しながら創り上げていく稽古は、それぞれの俳優にとって大きな経験ともなります。




古典を扱いつつも、圧倒的なライブ感。



木村演出は、全セクションがセッションを重ね、最後は幕が明けてからお客さんと創り上げるスタイルなので、古典をベースにしながら圧倒的なライブ感のある公演を重ねることになります。そのため、作品を何度を楽しみにリピート観劇をなさるお客様もたくさんいらっしゃいます。


{D22C0F8D-D135-4D95-850B-29A9539DBDD2}


演劇=playというスタンスを元に、古典のスケール感へと高められた身体で、真剣に遊びながら演じられるカクシンハンの作品は、日常を超越した濃密なエネルギーを交換する場を創り上げ、演じ手にとっても観客の皆様にとっても、特別な演劇体験となります。


{AE9C34B8-FBAD-4F93-9DD8-9B89860F480B}


そのような演劇体験の中で出会ったお客様は、魅力的だと思った役者さんのその後の活動を追ってくれることも少なくなく、創作の中で自分の魅力を存分に作品にぶつけられた役者さんは、多くのお客様に鮮烈な印象を残すことができます。




■ 今後のカクシンハン、そして活躍のチャンス!



カクシンハンは、古典作品を現代的にアップデートするカンパニーとして、今後も日本のみにとどまらず世界的に活動していくことを目標としています。


実はカクシンハンは、シェイクスピアのみならず、世界共通の古典作品を上演することだけに固執してはいません。ですが、こういった作品は作品自体が共通言語となりうるので、海外の観客に向けて現代日本人の切り口で創り上げられた上演を届けるのに適していると考えています。


海外の上演作品などもとらえながら行われているカクシンハンの創作では、世界に通用する演劇を目指しています。


そこに共に挑戦し、世界の演劇史に名を刻むカンパニーを共に作り上げていく仲間を、今回募っています。


正直なところ、現在のカクシンハンは、注目度に対して少人数で運営しています。このタイミングで成長過程のカンパニーのメンバーになることは、なかなかないチャンスだと思っています。ここから共にカンパニーを創り上げていく新しいメンバーたちは、今後のカクシンハンにおいて欠かせない中心メンバーになっていく可能性が大いにあります。


そしてそれは我々現メンバーにとっても、その中で自分の立場を勝ち取っていかなければならない、新たな戦いの始まりでもあります。


自分がこのカンパニーを大きくしていき、自分もカンパニーと共に大きくなっていくんだという気概を持った新しい演劇人と出会えることを楽しみにしています。




募集要項。



カクシンハンのメンバー募集要項は、こちらの公式サイトに載っております。



【Theatre Company カクシンハン公式サイト】

    http://kakushinhan.org/others/titus2017



たくさんの刺激的な出会いを期待しております。



どうぞよろしくお願いいたします。




2017.4.17

◆岩崎MARK雄大◆

AD

6月出演作品、


三輪えり花のお送りする

シェイクスピア遊び語り第13


『空騒ぎ』

Much Ado About Nothing



2017年6月8日(木)〜10日(日)

@四谷 絵本塾ホール


原作:W.シェイクスピア

翻訳・構成・演出:三輪えり花


【出演】

三輪えり花
LUTHERヒロシ市村
岩崎MARK雄大
岩田翼
鈴木美紗

料金:4,500円

{EC3A767A-5D41-4A12-9A44-CE4E51114770}
{57055498-DD5B-49BC-9FBD-B72A519618C4}


稽古が開始しました!




少人数による親切・上品なリーディングショウ



【シェイクスピア遊び語り】とは?


ものがたりを、スライドによる解説や、英語の原文の台詞も織り交ぜ、上品に遊びながら語るシェイクスピア作品のリーディングショウ。


イギリスでシェイクスピアを学んで来た、演出家の三輪えり花さんが展開し続けて来た、予備知識がない方にもシェイクスピアを身近に感じてもらい、耳で味わって楽しんでいただこうという企画です。




初の稽古参加、でも出演は二度目?!



今回初めての正式な出演です。初めて、創作から稽古に参加させていただいています。


ただし、実は昨年6月、カクシンハンの一ヶ月ロングラン公演【『カクシンハン版 リチャード三世』/POCKET HISTORY『ヘンリー六世 三部作』】の翌週に、シェイクスピア遊び語り『ハムレット』の受付をお手伝いしに二日間行きました。


そこで、一日目に出演者のお一人が体調不良で急遽降板することになってしまい、翌日の二公演を急遽代役登板させていただくという、稀有な機会をいただきました。


その節は、急だったのでSNSだけでのお知らせでしたが、前日のお知らせにも関わらず観に来てくださったお客様もいらして、「カクシンハンとはまた違ったシェイクスピアの楽しみ方で、これも面白かった」とお声かけいただき嬉しかったです。ありがとうございました!


今回は、上演は6月(シェイクスピア遊び語り『空騒ぎ』公演詳細)で、まだ少し先ですので、カクシンハンや、カクシンハンに限らず普通のシェイクスピア上演ではまず入らない、スライドまで使った台詞や設定の親切な解説なども聞きながら、なるほどシェイクスピアにはこういう面白さもあるんだと、楽しんでいただければと思っています。




演出家、三輪えり花さん。



ELICA MIWA プロフィール

http://elicamiwa.com/profile/


三輪えり花さんと初めてお会いしたのは、ちょうど十年前。RADA(英国王立演劇学校)のワークショップを東京で受けたときに、えり花さんが通訳として参加されていました。


以降、常々多方面でご活躍されているえり花さんといつかご一緒したいと思っていました。そんな、国際的な感覚を持つ演劇人として尊敬する先輩のお一人です。


そんなえり花さん企画ならではの稽古初日。


British Style(えり花さん談)の、

テーブルけいこ with Teaです。


【稽古初日のぞき見動画】

http://youtu.be/Ny2b-ZCA4V0?a


「これがイギリス式なんだよ!  アル・パチーノの『リチャードを探して』(Wikipedia:映画「リチャードを探して」)でもやってたでしょ!」


と、えり花さんは楽しそうに語っていました。いまだかつて経験したことないレベルでアットホームな稽古初日でした(笑)。




ピアノの生演奏付き♪  生歌も♪



3月のカクシンハンPOCKET05「夏の夜の夢」ではドラムのユージ・レルレ・カワグチさん(twitter:_ユージ・レルレ・カワグチ)と、次の5月の疎開サロン「ワーニャ伯父さん」ではヴァイオリンの柴貴子さん、ギターの木谷仁さんと。そして遊び語りではピアノの加藤千晶さんと。


ミュージシャンとのセッションが続くのも楽しみの一つです。しかも、ちょうど皆違う楽器!


戯曲、というくらい、演劇の台詞も音楽性が大事です。生演奏ならではの、言葉と音楽のセッションも楽しんでいただければと思っています。


また、出演者の一人、オペラ・ソウルのバス歌手であるLutherヒロシ市村さんの生歌も、格調高く作品を彩ってくれます!



英語の台詞! Shakespeare in English.



カクシンハンでは最近英語を取り入れさせていただく機会も増えていますが、イギリス英語も操る三輪えり花さんによる企画ならではの、シェイクスピアの原文の台詞を取り入れた上演になっているのもオススメのひとつ。


英語の台詞を、日本語と合わせて生で聴く機会は貴重です。親切に解説を交えてお届けする遊び語りならではの、時に原文と翻訳を行ったり来たりするスタイルの中で、原文の持つリズムや響きも味わっていただけます。


イキイキと英語の台詞を喋っている岩崎にもご注目ください(笑)。




■ ご予約受付開始しています!



5月のワーニャ伯父さんもぎゅっと身近な空間ですが、こちらも元々はライブハウスでやっていた企画を、人気のためもう少し広い会場でやるようになったという規模の作品で、一回あたり四十人程度にしかご覧いただけない上演です。


四谷駅から歩いて10分ほどの、閑静な住宅街の中にある絵本塾という小さなホールで上演致します。


【遊び語り『空騒ぎ』ご予約サイト】はこちらです。


【遊び語り『空騒ぎ』予約フォーム】


例によって、応援している出演者の名前のところで【岩崎MARK雄大】とお選びいただけると、応援が届きますのでよろしくお願いいたします!



それでは、シェイクスピア遊び語りへのご来場、心待ちにしております♪




◆岩崎MARK雄大◆

AD



5月出演作、情報解禁!チェーホフ!



5月に、久しぶりに、カクシンハン以外の公演に出演します! しかも…チェーホフ作品です!


{7BAEA133-AAEC-43DE-9451-BC62819E9D9F}


シェイクスピアとは色んな意味で真逆の、一つ一つの場面を長回しでじっくり描く会話劇に、久しぶりに取り組むのが楽しみです。




疎開サロン、そして演出の田丸さん。



カンパニーは、疎開サロンという、演出家の田丸一宏さんを中心に、俳優、音楽家、カメラマンの4名が主宰するユニット。


{31398DD6-C798-46F0-A51A-7AFB10228BA4}

疎開サロンWEBSITEよりお借りしました(^_^;))


普遍的な人間社会のテーマを持つ世界の名作がわたしたちのバックボーンにあると考え、その中に現代人・日本人の社会性・地域性を活かした演劇の可能性を探る。」と、古典と現代との出会いを追求するユニットです。


演出の田丸さんとは、2015年に出演させていただいた、田尾下哲シアターカンパニー「プライヴェート・リハーサル」、朗読劇「金閣寺」両作品で、田尾下哲さんと共同演出をしていただいて以来の共同作業となります。人間が心の内に抱え込んでいるエネルギーみたいなものにとても敏感な田丸さんとの創作が楽しみです。



(懐かしの2015年の作品のフライヤー↓)

{D766E403-7FD8-4739-9102-358076955050}
{1DA15D97-B11E-446F-87D2-45A53E3DE842}

{EB5CA840-DEEE-459B-8D7C-BEDE7F440B98}



舞台の広さは芸劇並み、でも60席限定?!



今回、疎開サロンが台東区中心に、主に劇場ではない空間を演劇的に利用して活動しているユニット(参考: 古民家で上演された「牡丹灯籠」)ということもあり、上演は入谷駅近くの「SOOOdramatic!」という倉庫後のスペースに東京芸術劇場でのカクシンハン公演ほどの広い舞台面を取って、そこに60席ほどのお席をお作りしてお届けするという贅沢な上演になる予定です。


チェーホフ作品にきっと合う空間、距離感だと思います。席数が少ないのでご予約はお早めがオススメです(自由席です)。



岩崎MARK雄大応援予約フォーム

  からご予約いただけると嬉しいです!



4月3日(月) 0:00予約受付開始です♪




---- ↓↓↓ 公演の詳細はこちらから! ↓↓↓----




疎開サロン

『ワーニャ伯父さん』


作:アントン・チェーホフ

訳:浦雅春(光文社古典新訳文庫)

演出:田丸一宏


2017525日(木)~528日(日)


{CE36E969-1F4A-4422-A7E2-FA3951D09304}


◆出演者◆


岩崎MARK雄大(カクシンハン)/黒木佳奈/桑原なお(タイムリーオフィス)/郷間楓子/小林裕/坂本翠(碗プロダクション)/外村道子(ECHOES)/野中ななみ/廣畑達也/三輪絢香


演奏

ヴァイオリン柴貴子




◆タイムスケジュール◆


2017年5月

25日(木) 14:00☆ / 19:00★

26日(金) 14:00★ / 19:00☆

27日(土) 14:00★ / 19:00☆

28日(日) 13:00☆ / 17:00★


* エレーナ役ダブルキャスト出演回

   ☆桑原なお外村道子


開場は、開演の30分前です。


25日(木)14時の回のみ、プレビュー公演500円引きでご覧いただけます。


526日(金)夜の回限定イベント開催

開場中、ソプラノ歌手の荒牧小百合さんとバリトン歌手の藪内俊弥さんによるプロローグライブを開催いたします。



◆チケット◆


全席自由 3500

*5/25(木)14時プレビュー公演 3000



▼▼チケット取り扱い先▼▼


【岩崎MARK雄大応援予約フォーム】

https://www.quartet-online.net/ticket/vanya?m=0fbghgb



◆会場◆


SOOO dramatic!

(東京都台東区下谷11115)

http://sooo-dramatic.com


東京メトロ日比谷線「入谷駅」

1番・2番出口から徒歩1


JR山手線「鶯谷駅」南口から徒歩6

             「上野駅」入谷口から徒歩12




◆スタッフ◆


演出/田丸一宏、衣裳/萩野緑、ダンス指導/郷間楓子、舞台監督/臼田典生


撮影/笛木雄樹、宣伝美術/照元萌子、制作/黒木佳奈



◆協力◆


ECHOES、カクシンハン、タイムリーオフィス、碗プロダクション



【企画・制作:疎開サロン】

   http://sokaisalon.com



お問い合わせ:info@sokaisalon.com

                          090-5423-7007(黒木)




------ ↑↑↑ 公演の詳細はここまで! ↑↑↑------




■ 今回の役どころ…


今回、アーストロフという、作品の大部分において中心人物である、色々な意味でとても人間らしい人間を演じさせていただきます。かなり楽しみな役です、どうぞ楽しみにしていてください!


役の説明はありませんが、疎開サロンHPで、疎開サロンメンバーでカメラマンの笛木雄樹さんに撮っていただいた写真と共に、軽くご紹介いただいています。よろしければご覧ください!

「Actor's Profile Vol.1 岩崎MARK雄大」
(疎開サロンtumblrより)


それでは、久しぶりのカクシンハン以外の演劇への出演、そして初めてのチェーホフ、たくさんのご来場お待ちしております!

何卒、よろしくお願いいたします!


2017.4.2.
◆岩崎MARK雄大◆


AD