きくな湯田眼科-院長のブログ

眼瞼下垂、結膜母斑、なみだ目、レーシック、流涙症なら                     

横浜市港北区菊名にある『きくな湯田眼科』


テーマ:

まぶたを閉じる眼輪筋は大きく3つの部分に分けることができます。


きくな湯田眼科-院長のブログ


瞼板前部、隔壁前部、眼窩部です。瞼板前部と隔壁前部を合わせて眼瞼部ということもあります。このように分けるのは付着部が異なっていることと、それぞれの部位が必ずしも同時に収縮するのではないからです。


随意瞬目や意識しての閉瞼では眼窩部眼輪筋は他の部位と同時に収縮しますが、自然瞬目では眼窩部の収縮は見られません。


自然瞬目には大きな瞬目と小さな瞬目と2種類あって、筋電図を取って調べると、大きな瞬目では瞼板前部と隔壁前部の収縮が見られますが、小さな瞬目では瞼板前部の収縮しか見られません。


また、上眼瞼と下眼瞼では眼輪筋瞼板前部の筋繊維の走行が少々異なっており、上眼瞼では弧状に配列しているのに対し、下眼瞼では直線上に配列しています。この結果、眼輪筋瞼板前部が収縮すると、上眼瞼は下方に動き、下眼瞼は内側に向かって動きます。(眼輪筋の付着部は内側ががっちりと固定されているのに対し、外側の付着部はルーズになっているので、内側に引っ張られることになります)



涙は耳上側にある涙腺で産生され、鼻側にある涙点から涙小管そして鼻へと流れていきますが、この眼輪筋の収縮が涙の上耳側から下涙点へと流れる動きを作っているのです。従って、顔面神経麻痺では涙の流れが失われ、流涙症を起こすことになります。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

湯田 院長さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。