大阪府豊中市で20年以上活動を続ける「鉄道研究会WOO(ウー)」(松本昌士代表)が18日、市立青年の家いぶきで、鉄道模型の走行会を開く。新幹線や阪急電車などの鉄道模型などを展示、走行させるほか、模型に取り付けた超小型カメラの映像を見ながら運転を模擬体験できるイベントも実施する。

 WOOは府立箕面高校の鉄道研究同好会のメンバーが、卒業後も活動を続ける場を確保しようと、青年の家いぶきの登録団体として昭和60年に立ち上げた。会社員や高校教諭など、20代前半から40代の13人が活動している。

 走行会は61年から実施。1周約16メートルのジオラマで走らせるまでに規模を大きくしてきた。また、6台の模型の先頭車両に超小型カメラを設置。映像をモニターに映し、電車の運転を疑似体験できるコーナーが人気を集めている。

 午前11時~午後3時、入場無料。車両模型の持ち込みは不可。問い合わせは青年の家いぶき((電)06・6866・3030)へ。

【関連記事】
「鉄ヲタ専用車両でーす」 暴走する一部鉄道ファン
駅前眺望?・ジオラマ…「宿鉄」呼び込め 
鉄ちゃん必見、限定模型セットも 京阪電鉄100周年展
鉄道むすめ人形「但馬みえ」を発売
阪急沿線のジオラマ…開業100周年、本社1階に
外国人地方参政権問題に一石

参院選出馬を否定=任期を全うする-東国原宮崎知事(時事通信)
沖縄通過の中国艦艇 沖ノ鳥島を1周 日本へ示威 反応探る(産経新聞)
田辺三菱に25日間の業務停止命令(医療介護CBニュース)
手塚治虫文化賞大賞に山田芳裕さん(時事通信)
<明石歩道橋事故>元副署長を20日に起訴(毎日新聞)
AD