International School Life @ 香港

香港での5年半の駐在生活を終え、日本に帰国。
我が家流日本の楽しみ方と子どもたちの成長の記録。


テーマ:
International School Lifeと銘打ち5年間書きつづってきましたが、
インターナショナルスクールに関する記事が減っていき、
いつしか主な取扱い内容は「ハイキング」になってしまったこのブログ

最後にタイトルらしくわが家の帰国子女たちの
その後の様子を少し記しておこうと思います。

長女に英語の授業中はどうしているのかと聞いてみたら
「とっても真面目にうんうんって聞いてるふりをしている」そうです。
教科書をみんなの前で音読するときには
「あまりぺらぺらって言わないようにしてるんやけど
やっぱりぺらって言ってしまう」って。苦悩だね笑
定期テストはというと、満点はなかなかとれず。
たとえば「明日図書館へいくつもりです」を6語で英訳しなさいという質問に
I will go to the library.と答えて不正解。
正解は I'll go to the library tomorrow.
語数を合わせるために短縮形を使うという
ちょっとしたテクニックが必要なんですが、
そのあたりの日本的な英語のテストの形式に少々手こずっている感があります。
「次の単語の下線部の発音を含む単語を答えなさい。」という典型的な発音問題は
初めてのテストでは問題の意味が分からず
4問中1問しか正解しなかったということもありました。
きっと発音させたら上手だと思うんだけどな考えてる顔
そんな長女は春から中3。受験生になります。

次女は週1回アメリカ人の先生の授業がありますが、
どうすごしているのか頑として教えてくれずいまだになぞ。
恥ずかしいようで、英語の授業参観もあったのですが参観拒否されましたううっ・・・

長男は同じアメリカ人の先生の授業が何回かあったそうですが、
ゲームで自分のチームがダントツ1位だったと大喜びでした。
そりゃそうやろう凹
ということは、お友達の前でも気にせずぺらっとしゃべってしまうのか、と思いきや、
ある日「友達の前では英語しゃべれへん。かっこつけてるみたいやから」
って言うじゃありませんか。
ほぉ。ちっと大人になってきたねニコー

次女と長男は二人でいっしょにネイティブの先生の個人レッスンを週1回受けています。
長男はお友達のアメリカ人ママにインターのEnglishのような読み書きのレッスンをしてもらっています。
そしてBSの「フィニアスとファーブ」というアニメを英語で見たり、
NHKのジョブ基礎英語を見たり(勉強というよろいは番組自体がおもしろい)
あの手この手でなんとか英語力をキープしようともがいています(母が凹

こどもたちがInternational School Lifeで得た経験や語学力を
この先本人たちが大きくなって、どう思うか?
そしてどう生かすのか、または生かさないのか?
というところが楽しみですが、
どちらにしても、それぞれが人生を楽しんで
幸せに生きていってくれればいいなと思います。

さて、体育会系とは縁遠いわが家の主とわたくしですが、
香港在住中に、ハイキングやランニングという新しい趣味にめざめました。
一般的な香港のイメージとはかけはなれているようで、
実は香港の美しい自然、魅力的な山々と、整備されたハイキングコースのおかげであり、
HKマラソンのランナーが走っているのを間近で見る機会があったおかげの
新しい趣味だと思います。
「四十にして惑わず」の言葉の通り、
この趣味は日本に帰国してからも続いていて
こどもたちを巻き込んでわが家の生活スタイルになっています。

新しいブログはそんなわが家のアウトドアの記録を中心に
ときどきは横道にそれたり、思いついたことをつづったりしながら
楽しく記していきたいと思います。
もしよかったらのぞきに来てください。


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
歓声の中いざ出発
右手にTV放送のステージを見てマイクの声に応援されての出発です。
「大きい大会はちがうわ~」と感心しつつ、
人の流れに流されるように走り始めました。
1㎞走ったところで、ランニングアプリが教えてくれたペースが7分/km!えー
「こりゃいかんっ汗」とペースを上げようとしたものの、
ランナーが多すぎてなかなか自分のペースで走れません・・・
それどころか、横から後ろから予想外の動きで割って入ってくる人に
足をひっかけられたり、体が接触したりで、
「大きい大会はちがう・・・えっ・・・
マイナス面を実感・・・

最初の12, 3kmは高速道路を走るコース。

アップダウンはなだらかであまり感じない程度。
最初がゆっくりペースだったからか快調です。
オリンピア付近の歩道橋から「がんばれ~日本」と
日本の方の応援の声がうれしかったジーン
日本人のランナーも結構たくさんいました。
香港駐在の人や、「香港マラソンツアー御一行様」もいたようです。
香港人が大多数ですが、参加者の出身国は50か国にわたるそうです。
そういえば、スタート前に写真を撮って、と頼まれたおじさんは
韓国の方でした。(Tシャツにハングル文字がほー

いよいよ海底トンネル

自分の足でビクトリア海峡を渡るなんてめったにないチャンス
めっちゃ楽しみにしてたんですが、
その気持ちはみんな同じだったようで、
トンネル内でひっきりなしに歓声・・・というよりおたけびがあがりわーい!
一種異様な雰囲気爆笑
おたけびが前のほうからウェーブのようにやってきて、
仕方ないから私もおたけびをあげときました笑

トンネルのスロープもそれほど急じゃないですが、長いっ顔
しかも出口までがんばって上っていった後に待っていたのは
高架へのぼるもっと急な坂
それでも気合いではしってのぼりきったら
遠くにかすかに小さく見えたのがセントラルのIFCビル。
トンネル出てからセントラルまで遠っゾゾゾ
かなり絶望感に駆られました・・・ガクリ
IFCを過ぎてから海寄りの新しい道。
目の前に香港会議展覧中心とアドミラルティのビル街を見て走っていると
一瞬胸にこみ上げるものが。
あー香港に戻って走れてよかったなー
ジーン


最後の1㎞はよく歩いたコーズウェイベイのロックハート道。
SOGOの裏を通り、IKEAの前を通り、ビクトリアパークへ入ってゴール。

タイムは2時間15分。自己記録更新はなりませんでしたが、
基本目標「楽しく完走」は達成しました

荷物を取りに行き、ゴール近くまで戻ってダンナをまちつつ
お土産にもらったバナナをぱくつきながらストレッチしてると
思ったより早くダンナから「ゴールした」コール。
なんとサブフォー(4時間切り)達成
クラッカー
3時間55分の自己ベスト大更新の素晴らしいタイムでした
あっぱれ

タクシーがつかまらず、地下鉄でホテルへ。
地下鉄へ降りていく階段は手すり際が大混雑。
みんな痛い足を引きずって手すりにもたれかかるように歩いてておもしろかった
笑

お昼ご飯は会社のランナー仲間(若い香港人のお兄さんたちです)
においしい飲茶をごちそうになりました。


このインヨン炒飯、初めて食べたけどめっちゃおいしかった心

時間がもったいない!と、休まずそのまま街へ繰り出しうろうろし、
晩ごはんはこれまた友達ファミリー(ご夫婦ともにランナー)と
火鍋を囲みマラソンの打ち上げ。



そのほかにもしっかり懐かしい味を満喫。


香港名物パイナップルパン



最終日の朝、よく走ったり遊びに行ったりしたプロムナードを散歩。



まだ郷愁に浸るには香港生活の記憶は新しすぎますが、
何年後かに訪れるときには懐かしく感じるのでしょう。



2009年の2月から、好きなペースで思いつくままにつづってきたこのブログですが、タイトル「International School Life」と内容とが食い違ってきていることが気になっていました。
この「里帰り」を一つの区切りとしていったん閉め、新たにE家のアウトドアな週末の記録を残していきたいと考えています。

このブログで近いうちにお引っ越し先をお知らせしますので
ご興味のある方、のぞきに来てくださるとうれしいです。
長い間お付き合いくださったみなさま、ありがとうございました。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
ごぶさたです。
すっかりさぼってしまってますテヘ
いいわけではありませんが、首がまわらず(そのままの意味で)
肩がこる作業はなるべく控えたい…とかいう事情もあり。
いやそれよりは「TVが楽しい♪」のほうが直接的な理由かもしれません笑う

さて。
週末2泊3日で香港に里帰りしてきましたひこうきぐも
メインイベントは16日の香港マラソン
昨年はダンナが10㎞に参加しましたが、今年はフルにエントリー。
私は↑の応援組でしたが、ハーフにエントリー。
香港マラソンは参加者7万人を超えるアジア最大級のマラソン大会。
高速道路を走り、海底トンネルを走り、摩天楼の中を走る、
バラエティに富んだコースが魅力。
毎年マンションから目の前の高速道路を選手たちが走る風景を目にしてきましたが、
昨年3月から走り始めた私は、香港マラソンを走ることなく帰国したので、
どうしても香港で走りたくておもいきってエントリーしました。
こどもたちはおばあちゃんとお留守番土下座
前日にぱぱっと荷物をまとめ、二人なのでフットワークも軽く行ってまいりました。

出発の土曜日早朝は、前日の雪のせいで高速道路は通行止め。
仕方なく早めに家を出て一般道で峠を越えました。
金曜日の雪はほんとうにすごかった。
長女を学校に送っていった帰り道、普段10分で帰れる道が
1時間かかり、その間救急車が走ること3回。
こどもたちは大喜びでしたが
香港行きを翌日に控えて、気が気じゃなかったです凹

8か月ぶりの香港は・・・・懐かしくなかったマシュマロ
もうちょっと郷愁にひたるかなーと思ってましたが、
まったく普通で自然な感じでした。
ホテルにチェックインした後小腹が減ったので
ホテルの前のチャーチャンティンで下午茶(アフタヌーンティ)。

香港スタイルのフレンチトースト「西多士」とミルクティ。
香港ではミルクティばかり飲んでました。
こってり濃くてめっちゃおいしいおいしい


「明日ここを走るときにはうれしいやろうなー」と思いつつ眺める
ビクトリアパークの前日のゴール。
ここでマラソンの受付を済ませた後は
買い物へGOがんばる
土地勘があるだけに買い物も速い!

中華なデコレーションだねー金魚金魚

そして友人家族と晩御飯@鼎泰豊(ディンタイフォン)

久々の青島と小龍包、etc おいしかった~ニコちゃん
話も弾み、楽しいひと時をすごしました。
セッティングありがとう!


マラソン当日は4時起き。
地下鉄でスタート地点のネイザンロードへ。

スタート地点。まだ真っ暗。
最初のグループが出発するのを見学して、
あとは準備運動、トイレをすませ、
ダンナが先に出発。

遅れること1時間20分。
すっかり明るくなった曇り空の下、出発がんばる




~後編につづく~

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
新年あけましておめでとうございますぺこり
・・・って新年が明けてもう2週間。
ごあいさつが遅すぎました汗
「光陰矢のごとし」を毎日感じながら暮らす今日このごろです。

なぜかInternet Explorerでブログを書くことができなくなってしまっていて
(Amebaの問題?理由はよくわかりません)
しかたなく不慣れなMacで書いています。
写真を編集する都合上、デスクトップで作業するのがいちばんいいんだけどな。うだうだうだうだうだ・・・
何とか考えないといけません(考えるのはダンナですが)
(↑すぐ解決しました。どのパソコンでもファイルを共有できるというDrop Boxというすばらしい機能を使って。)

お正月は、6年前の慣習に従って
お互いの実家を行ったり来たり。
親戚が集まりにぎやかに過ごしました。
のんびりできたような忙しかったような。
夜中に初詣鳥居に行ったりもして日本のお正月をしっかり満喫しました。
長女は初売りではつ福袋福袋の買い物を楽しんでました。
お買い物が楽しいお年ごろでございます笑

そしてあっというまに冬休みが終わり、
学校が始まった!わーい♪と思ったら、気づけば3連休!!!!!!!!!!!!!

初日。
高野山に雪遊びにいきました。
(軽自動車の乗車人数の都合上、母は留守番)
各地で気温が下がって雪が降った翌日で
高野山も雪が積もっているだろう!と思いたったが吉日、
大昔のスキー手袋やら、レインコートやらをかき集め・・・


思ったほどは積もっていなかったようですが
十分楽しかったようです。


3連休中日、晴天極寒の日曜日は
2回めのハーフマラソンに参加しました。
新春マラソンという地元のランニング愛好者しか知らないような
マニアックな小さなレースで、紀の川の河原をひたすら走ります。

写真はこんなのしかなかった凹
子供たちはお留守番だったので夫婦二人じゃあカメラも持たず

結果は
ダンナ1時間44分
わたくし2時間11分。
ふたりともめでたく記録を更新し、とりあえず満足な結果となりましたあっぱれ
河原を走るので景色が単調でつらい、と聞いてましたが
わたくし的には、小さい頃からよく見知った景色を見ながら、
高校生の頃自転車でわたった「一銭橋」をくぐり、
社会人になって車で通勤した「紀ノ川大橋」を頭上にながめ、
というようにかるく思い出にひたりつつ走れてよかったです。
川や海を眺めながら走るのは好きです。
(とはいっても最後の3kmはしんどすぎて景色なんぞ見ちゃーいません)


そして3連休最終日。
海南市主催の駅伝に、ダンナが1区の走者で出場。
こちらは私と次女の「二人応援団」が自転車で出動し自転車激写。



中学生、高校生、一般は同時スタート。
沿道にはわが子を応援する父兄らしき人がたくさん出てきていました。
トップの高校生。箱根駅伝を彷彿とさせる筋肉隆々さで
馬のように駆け抜けて行きました駈歩(例えがおかしいですな)

小学生の部もあり、次女のお友達も走りました。
駅伝というとチーム競技なので、精神的にもきついと思いますが、
小学生が小さな体で一生懸命走っている姿は心に響くものがありますジーン


うどんのタダ券を2枚もらってくらいつく父娘。


午後から温泉
温泉まぁくへ行って3日間の疲れをいやしましたおんせん。。

人生で初めて、温泉の会員券を作りましたぽけ~
(200円です。)
帰国してからこっち、キャンプへ行っては温泉、
走っては温泉、と温泉率高いです。

そして帰りに小腹が減ったので

友達に教えてもらった「日本一たい焼」でたい焼きたいやきを食べました。
九州発祥のチェーン店のようです。

めっちゃおいしかった。また行こう。

3連休おつかれさま~おやすみ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先週、今年のハイキングおさめに生石山(おいしやま)に登ってきました。
車でも頂上付近まで行けるんですが、
いいハイキングコースがいくつかあって
「生石神社」や「なんちゃら岩」などスポットもあります
(☝あまり興味がないのでスルーが多いですが)
この日の気温は5度くらい。
シャカシャカのズボンにネックウォーマー、
手袋、毛糸の帽子、ダウンジャンパー。
冬山用のいでたちで極寒ハイキングにいざがんばる
思わぬ景色に大感激キラ のハイキングでした。


林の中をひたすら登って行きます。


頂上手前1kmのところにある山小屋。

 
薪ストーブのテーブルを陣取ってお昼ご飯。
あったかいうどんやカレーに舌つづみおいしい
前回のハイキングではおにぎりが冷蔵庫で冷やした並みに冷たかった。
あったかいご飯が食べれるなんてステキすぎジーン
しかも誰かが作ってくれるなんてステキさマックス心
山小屋サイコー 爆笑
余談ですが、この山小屋で知人に遭遇。
世間はせまいです・・・


寒風吹きすさぶ中子供たちは雪遊び雪だるま に夢中でした。
次女と長男にとっては本人たちの記憶上初めての雪で大喜びでした。


地元一望。


長い昼休憩の後、1㎞先の頂上を目指します。


ススキ野の雪景色。


樹氷ーーー!!!


天使の梯子天使
頂上(870m)からは360度の大パノラマジーン 

 
 

樹氷ーーーキラ 涙



中学生も雪に夢中。
 

作った雪玉を大事にかかえて下山。


さすがに重かったようで、
民家が見えだしたころさよならしましたううっ・・・ 
 
自宅から車で30分くらいのご近所の山ですが、
わが家もいっしょにいったお友達も登ったことがなかった・・・
ススキ野原が有名ですが、雪景色もめちゃくちゃよかったです
かなり感動的でした。


ハイクタイム 7時間(長めの昼休憩ふくむ)
距離 10km

 
冬休みに入って、HKで長女と大の仲良しだった同級生が
東京から遊びに来てくれました。

  

いっしょに出かけたり、白浜に遊びに行ったりもしましたが、
家で普通に遊んだりいっしょにTVを見て笑ったり、
とても楽しそうでした。
ご近所のお友達と親子交えて忘年会もしました。
こうして年末は楽しく矢のように過ぎてゆき
今年も残すところあと1日になりました。
帰国してから半年。
よいお友達に恵まれいろいろ助けていただき、
日本での生活も軌道に乗りました。
家族全員がそれぞれ、元気に楽しく毎日を過ごせることに
喜びと感謝を感じます。

今年1年お世話になったみなさま、ありがとうございました。
みなさまにとって来年も楽しく幸せな1年になりますように。
よいお年をお迎えください。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。