ゆちょもごっそ? パクユチョン君をひたすら愛でるブログ

食べてしまいたいくらいユチョンが好き!歌に演技に頑張っているパク・ユチョン君応援ブログ。

                                                                                                 





NEW !
テーマ:

再追記(訂正):公判はあと2回、その2週間後に判決が出る予定だそうです。あくまでも予定なんでしょうけれど…。

12月08日午後4時 第6回公判(証人審問)

12月22日午後4時 第7回公判(被告人審問)

 

被告人たちは判決が近づいたせいか、反省文や嘆願書を提出しているそうです。形勢不利ということで方向性を変えるように弁護士が指導してるのかしらね???「反省」とは「犯した罪」を認めているからこその「反省」ですし。被告人の拘束期間は2ヶ月までで、その後は裁判所がさらに拘束延長する必要があると判断した場合、延長となります。拘置所長の意見書なども提出されており、拘束は延長と決定されました。

 

_________________

 

第5回公判のまとめをお借りしてきました。

翻訳機による転載です。

 

 

http://blog.naver.com/nowbluecho/220876755902

虚偽告訴一党拘束から公判まで
パク・ユチョン無嫌疑:虚偽告訴人一党5回公判(12月1日)の内容_パク・ユチョン事件

2016.12.03。06:31


パク・ユチョンを誣告し恐喝した虚偽告訴女イ某氏一味(イ某氏、イ某氏同居の男、暴力団ファン氏)の第5回公判が12月1日、ソウル中央地裁でチェジョンジン判事の審理で開かれた。

 

この裁判の被告人と疑惑は次の通りである。 
被告人1.イ○○:業者女性でパク・ユチョンに対する誣告と恐喝未遂で拘束起訴され、拘置所にある。
被告人2.イ○○:被告人1の同居の男でパク・ユチョンに対する恐喝未遂で不拘束起訴される。(去る6月警察の召還に応じないで、メディアインタビューしに歩き回る)
被告人3.ファン○○:別名組織暴力団員ファン氏。パク・ユチョンに対する恐喝未遂で拘束起訴されて拘置所にある。パク・ユチョンに対する恐喝未遂の他に、他の人に対する詐欺疑惑2件も一緒に裁判中。マスコミでは、ファン氏を被告1の従兄だと書くが、実際には違う。 その場合は、判事がそう指摘してくださっただろう。 判事は、1次公判時、被告1と被告人2の自宅の住所が同じだということを必ず指摘して下さり、被告1と2に確認までしたからである。


12月1日、パク・ユチョンを誣告して恐喝した虚偽告訴一党3人の第5回公判は午後4時予定だった。ただし前の公判が遅れて、4時10分から証人尋問が始まった。
この日も前のすべての公判と同様に、被害者であるパク・ユチョンのプライバシー保護次元で証人尋問は非公開で行われた。

 

5次公判の証人は2人で、すべて出席した。最初の証人は、シジェス代表ペク・チャンジュだった。証人尋問は、午後4時10分から開始され、午後5時30分頃終わった。第二の証人は、ペク・チャンジュの父親ベク某氏で午後5時30分に法廷に入場し、6時26分に法廷を出てきた。

 

証人尋問の後、判事様が証拠採用するかどうかについて、被告側の弁護士と検事と話を交わした。この日の公判は、午後6時40分頃に終わった。

 

この日5次公判には予想した通り記者たちの出席が低調だった。この日7個の媒体が9個の記事を書いた。 日刊スポーツとニュース1がそれぞれ2個の記事を書いた。 

 

ところで本当に呆れることが起きた。
この日も他の公判の時と同様に証人尋問は非公開で行われた。 そして法廷の中の証人尋問内容が外に聞こえるのを防止するために法廷のドアの前ではなく法廷の外の廊下に保護フェンスを設置した。 

 

ところが、最初の証人尋問が行われていた午後5時頃、灰色のロングパーカを着た長い髪の女性記者が、裁判所職員がいない隙に乗じてフェンスを横にスライドさせ移った。廊下にいたファンたちが何をするんだと、法廷のドアのすぐ横の壁にあった公示を見るようにしながら前に立って動こうとしなかった。
裁判所職員が法廷から出てきて話をする、その時だけフェンスを越えて元の位置に戻った。
もし、その場にファン達がいなかったら、その記者はどのように行動したのか?
保護フェンスがなかった2次公判のとき、ある記者は法廷のドアの横の壁にもたれて座り、壁に耳を当てていた。

 

その記者の言葉通り本当に公示を見に行ったのだったとすれば、その記者は公判が終る時まで待てば良いことだった。 でなければ、少なくとも裁判所職員が廊下に出てきた時あらかじめ了解を求めて公示を見に行ったり、公示を見せてくれと言うことが正しかった。なぜならその記者はその後も引き続き長い間法廷の廊下を離れなかったためだ。  

 

ところがその記者はこの三つ選択をみな無視して、法廷職員がない時、保護フェンスの前にいたファン達が見ようがやめようが気にせずに保護フェンスを越えていった。 この裁判の被害者であるパク・ユチョンの私生活を保護するために設置した保護フェンスを越えたのである。 

 

12月1日午後5時頃、法廷の外の廊下で起こったこの事は単純なハプニングではなく、非常に象徴的な事件に見えた。だから見るのが終始苦く非常に腹が立った。

米国ドラマ<ニュースルーム>から、ニュースアンカーである男性主人公がパーティで会ったスキャンダルのコラムニストにした言葉を、昨年の夏パク・ユチョンを相手に歪曲と偏向報道を極めた大韓民国記者にあげたい。
「一人の人生は、装身具ではない。」

 

次の公判は12月8日である。

 

パク・ユチョン性的暴行の疑い4件すべて無嫌疑
最初の告訴人イ某氏誣告、恐喝未遂拘束起訴、裁判回付
最初の原告と共謀した暴力団員ファン氏恐喝未遂拘束起訴。裁判回付
最初の原告と共謀したボーイフレンド恐喝未遂在宅起訴。裁判回付
第二原告訴人(被疑者)訴状虚偽の記載により誣告検察送検捜査中
第三原告誣告、検察捜査中
第四原告誣告。検察捜査中

 

 

 

__________________

 

 

 

 

ユチョンが被害者である、誣告恐喝犯一味の第5回公判が行われました。

 

相変わらずのキレギ(ゴミ記者)によるゴミ記事が並んでいるそうなので、記事は見ていません。リンクもしません。ペクチャンジュ代表と父が証人として出廷したそうです。どちらにしても全て非公開なので、わかることはそれだけですね。いずれまた傍聴の詳細をまとめて下さったものが来ると思います。

 

傍聴した方の、取り急ぎの報告がギャラリーに来ているということで見てきました。

以下、翻訳機による転載です。

 

http://m.dcinside.com/view.php?id=pyc&no=402956&page=1

 

今、個人的に重要なことがあって 
スマフォで簡単に後記残します。
詳しい話は、他のヒョンが上げてくださると信じてね
何卒ご理解してくれ。
今日ご存知のように以前延期されていた 
ベク代表側証人尋問があった。
ところで開廷の中間に、ある女性記者が 
非公開のために裁判所側で張っておいたフェンスを越えて
公判内容を盗聴しようとする試みがあった。
ファンが規定を守ってほしいと抗議したら 
やっと本人も決まりが悪くなったのか移動した。
ないものを作ってつけ、本人の想像力を重ねて 
犯罪者を美化させる小説を作りまくり
今や傍若無人に常識のない行動までね。
その場にファン達がいなかったら、どうなっていたところだったか(泣)
本当にみんな忙しいのに無い時間割いて 
寒い日を守る役割のために苦労が多くて 
そのありがたさは語りようがない。
やっぱりキレギ達がコピペした記事がたくさん飛んでる。
宣告日までいくらも残っていないから、それと一緒にゴミも横行するね。
キャプチャしっかりよくしてくれ、告訴・進行中だということ 
明確に釘を刺しておくから。

 

 

報道のプロがこの無法っぷり…

なんだかもう呆れるしかない。

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(4)
同じテーマ 「事 件」 の記事

テーマ:


日本の「Amazon ランキング大賞2016」のミュージック 輸入盤部門に、ユチョンのアルバムが20位に入ってるってーーーー!( ;∀;)

嬉しいねーーーー!( ;∀;)

楽しいお知らせ久しぶり!( ;∀;)

 

広報する時間もないままお知らせから1週間で発売になったけど、ジリジリと売れ続けていたんだな~と思うと、嬉しいね( ;∀;)

集計期間は2015年11月16日~2016年11月13日ということですね!

なんか無性に嬉しいよㅠㅠ

 


ミュージック総合
J-POP
アナログ盤

輸入盤
アニメ・ゲーム
クラシック
ジャズ・フュージョン
ロック・ポップス
ヒップホップ・R&B
ダンス・エレクトロニカ

 

って音楽部門の中で分かれていて、ユチョンのアルバムがランクインしたのは「輸入盤」なんですね~。

 

 

https://goo.gl/wiujp3

dummyTitle

 

アルバムのページに飛ぶと、ちゃんと「ランキング大賞2016」ランクイン商品ですってなってるんだね~( ;∀;)

 

dummyTitle

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

Cry / jamestown story


Tell me what's wrong
Tell me why you're broken
Come here for a moment
I'll wrap you up in my arms


So, talk
I'll only listen
And should you lose control
Of that lump in your throat

 

Just go on and cry
Let it all out
Hold on to me tight
Surrender your pride
Go on and cry

 

Pain
The hurt is taking over
So bring on those teardrops
And I'll be the shoulder


Strength comes
Only after the storm's gone
There's no use in hiding
The thunder and lightning


Oh go on and cry
Let it all out
Hold on to me tight
Surrender your pride

 

Go on and cry
Let it all out
Hold on to me tight
Surrender your pride


It's funny how you realize
After it's over
The one thing you needed was
To lose your composure
Hold on real tight
Go on and cry

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

上半期、もしくは3月~4月に変更ってことみたいですね…。

ちょいちょい変わるのが常とはいえ、翻弄~~ㅠㅠ

 

 

http://star.mt.co.kr/view/stview.php?no=2016112815542338330&outlink=2&SVEC

ソル・ギョング、コ・ス主演映画「ルシッド・ドリーム」、来年1月4日→上半期..開封変更

 

ファンタジースリラー映画「ルシッド・ドリーム」(監督キムジュンソン)が開封した日付を変更した。

28日「ルシッド・ドリーム」の配給会社NEWは「当初「ルシッド・ドリーム」の公開日を来年1月4日に指定したが、変更した」と明らかにした。NEWによると、「ルシッド・ドリーム」の公開日は、来年上半期中に決まる予定である。 

 

先に11月に公開予定だったチャ・テヒョン、キム・ユジョン主演の映画「愛しているから」が1月に公開が押され、当初1月予定だった「ルシッド・ドリーム」の公開日までに変更になったのだ。 
NEWが準備しているチョ・インソン、チョン・ウソン主演の映画「ザ・キング」は、1月お正月の連休前後の公開を準備している。
 
一方、「ルシッド・ドリーム」は、子供を拉致された父親が夢の中で補助者の助けを借りて、犯罪の手がかりを探しに出る過程を描いたスリラー映画。コ・ス、ソル・ギョング、カン・ヘジョン、パク・ユチョンなどが出演した。

 

 

 

別記事によるとこうなってますが、どーなることかわからないね。

 

これと関連し関係者は「「ルシッド・ドリーム」の1月公開は事実上難しいと思われる。上半期封切りで見直している」とし、「今のところ3月が最も有力で、遅くとも4月を越すことはないようだ」と明らかにした。 
 

 

 

 

他作品との競合考えて、明るい映画を持ってきたんでしょーかね…。

キム・ユジョンちゃん、今盛り上がってるし…

「愛しているから」をどこに入れるのかと思ってたけど、ここかよ~。

1月4日公開予定にしては、何も広報始まらないわけだ…。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。