ゆちょもごっそ? パクユチョン君をひたすら愛でるブログ

食べてしまいたいくらいユチョンが好き!歌に演技に頑張っているパク・ユチョン君応援ブログ。

                                                                                                 





NEW !
テーマ:
Membership Weekのお知らせきましたね。


ユチョンのコンテンツは無しっていうことでした。
そのほうがいいね、今は…。
検察の結果が出るのはまだ時間がかかるみたいだし。
自粛するというのをキチンと守らないと、きっと良くないし。
ユチョンもきっとそう考えての結果だと私は思いました。

ただ「除外」じゃなくて「自粛」にして欲しかったけど…。

シアペンさんにとっては入隊前の最後のメンシプだし、思い切り楽しんで下さい~。
ジェジュンペンさんはいろいろ思うところあるだろうなぁ…。
去年は入隊中だからって無しって言われたんだもんね…。
なんで今年はアリなのよって思って当然だし。
ジュンス一人でやっても良いと思うんだけどな。
来年はジェジュン一人でやっていいと思うし…。
ま、私はそう思ったってことでw


http://www.jyjjapan.jp/
2016 キム・ジェジュン キム・ジュンス MEMBERSHIP WEEKについてご案内申し上げます。
 
2016年も‘MEMBERSHIP WEEK’は続きます。
‘2016 キム・ジェジュン キム・ジュンス MEMBERSHIP WEEK’は、トークショー、ドレスルーム、クラブ、未公開写真及び映像など、ファンの皆様が直接体験し楽しめるコンテンツが満載の予定です。
 
但し、事前にファンの皆様にご了承いただきたい事項がございます。
今回の2016博覧会では JYJ パク・ユチョンのコンテンツは誠に残念ながら除外される予定です。
 
捜査中につき2016 MEMBERSHIP WEEKを共にすることはできませんが、ファンの皆様が抱かれている心配と送ってくださった応援に対して責任感を持って今回のことを解決しようと思います。弊社は、検察捜査結果で無嫌疑立証を確信しており、ファンの皆様におかれましては、最終的に捜査結果が出るまで信じてお待ちいただきますようお願いいたします。
 
再度ファンの皆様のご理解とご了承をお願い申し上げます。




メンシプの日にしょんぼり過ごすのもなんなので、私は可愛いユチョンをツイって楽しく過ごしたいと思います~。
それまでに、検察の結果が出て、すっきり楽しく過ごせたらいいな・・・・




AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
ユファンちゃんの海外進出作品、「イコールズ」が韓国で8月公開決定となりました。
日本ではまだ公開未定みたいですね~。




「イコールズ」(原題:Equals)

監督:ドレイク・ドレマス
出演:クリステン・スチュワート、ニコラス・ホルト、ガイ・ピアース、ジャッキー・ウィーバー、トビー・ハズ、ケイト・リンシェール、レベッカ・ヘイゼルウッド、デビッド・シェルビー、パク・ユファン

あなたも感じていますか?
すべての感情が制御され、愛だけが唯一の犯罪とされる感情統制区域。ある日、仲間の死を目撃したサイラス(ニコラス・ホルト)は、現場でニア(クリステン・スチュワート)の微妙な表情の変化を見て、彼女が感情キャリアであることを知ることになる。

この感情を覚えていて
ニアを観察していたサイラスは生まれて初めてで不慣れな感情を感じ、感情抑制治療を受けるが、ニアへの心はますます大きくなっていく。初めて愛という感情を感じるようになったサイラスとニアは、お互いの心を確認し愛を共有するが、不測の危機に処する。結局、二人は愛を守るための脱出を決心する... 8月、制御することができない愛が始まる!



ユファンちゃんはちょろっとかもしれないけど、めでたい~。
イコールズの仲間とのインスタあげてたよね。
これからもっといろんな映画に出られるといいな・・・。



ユチョンもきっと楽しみにしてたよね。
朴兄弟ふぁいてぃん!
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

まだ1年前?

もっと経ったような気がする7月23日。

 

ドラマファンミやサイン会やコンサート、いろいろ行ったけど、1番をあげろと言われたら、私はこの横浜のソロファンミ最終日だなーと思います。

 

最終日のこと、自分のことはココにも書かずに終わったんだけど、本当にあの数日間いっぱいいっぱいでw

1年後に書くってどうよ?と思いつつ書いていますww

 

ユチョンの特別なイベントは絶対に一緒に見ようと約束してたチングのM嬢。お互い住んでるとこが離れてるから、必ずしも一緒に参戦っていうわけにもいかなかったりします。

喧嘩したり仲直りしたり、本当にいろんな歴史を積んできた私とM嬢www

ペンチングという枠を超えて、たぶん一生付き合う友達だと思いますw

私が突然死んだら、ユチョン関連のものは彼女に発送されることになっていますwwwww

 

そんなM嬢を、最終日の朝羽田空港へ車でお迎えに。

ユチョンを羽田にお迎えに行ったこともないのに!!www

合流するなり、とりあえず泣く私たちw

もうここまでのソロファンミツアーで完全に涙腺が緩みきってたw

喋ったり泣いたりしながら、急遽合流することになったブロガーF嬢と3人で、赤坂のDanteに行きました。もうこのF嬢、ほんと変な人wwwいつ話しても変なんだけど、やっぱりこの日も変だったwwwおかしなF嬢との食事は笑いっぱなしでしたww

 

そしてあの特別な時間が過ぎて。

今までに感じたことない、特別な余韻だった~。

たくさんのユチョンペンチングたちにも会えて。

ユチョンと共に過ごした最高の時間でした。

 

横浜アリーナの近くの駐車場に車を停めてたんだけど、車に辿りついてまた号泣w

いい年した大人2人、車の中で声をあげてわんわん泣いてw

この特別な時間をどう説明することも出来ないけど、本当に特別な時間だったことだけはお互いに解っていて…。

 

いまだにあの会場にみちみちた不思議な空気、うまく説明できない。

ユチョンへの愛情が会場の隅から隅まで行き渡っているというか。

一体感?この時間の全てを完全に吸収しようっていうか。

ユチョンへの愛情だけでいっぱいで、何ひとつ異質なものが無くて、ユチョンとファンがまるでテレパスで交信してるよーなw 交感してたっていうか…言葉とかを超えて、通信してた感じw

みんなが全身全霊でユチョンへ気持ちを送っていて、ユチョンもそれを体感してた、ユチョンが感じていることを、また私たちも解ってた。そんな感じ。

 

幸せで泣いて、寂しくて泣いて、また幸せで泣いて、何十分も車を出すこともできなかった。

M嬢とバイバイした後も、それぞれ家にむかいながら、きっと同じことを考えているだろうって思っていました。

あの時のこと、本当に忘れられないなぁ…。

 

ユチョンのファンになって良かった、本当にそう思いました。

今もその気持ちは変わらない。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

http://osen.mt.co.kr/article/G1110459594
放送通信審議委員会、パク・ユチョン論議放送した「PD手帳」に勧告措置


[OSEN=ソン・ジヨン記者]放送通信審議委員会(以下部屋筒審議委)がMBC 'PD手帳'で放送されたパク・ユチョン性暴行論議主題と関連して行政指導と法廷制裁を勧告したことと関連して勧告措置を下した。

放通審議委は20日午後ソウル、陽川区木洞放送会館大会議室で第25放送審議小委員会臨時会議を開催してMBC 'PD手帳'を案件として上程した。

この日放通審議委は"パク・ユチョン事件を放送して事件の具体的な事実が明らかにならなかった初期段階を見逃してバランスを失うほどの放送を流した"として"プログラムの進行方式もまた、男性を有罪だと考えるように放送を導いた。これは均衡性に外れる処置"と指摘した。

引き続き所属会社と'PD手帳'側が連絡ができないのと関連して"所属会社は'PD手帳'側にEメールを通じてインタビューが不可能な理由を明らかにしたが、あたかも連絡を無視したかのように放送を流したことは問題がある"と付け加えた。 

放送通信審議委は「放送すべきテーマであったが、その中に情報を入れるとき、制作陣側の問題が大きかった」と勧告意見の理由を説明した。 /sjy0401@osen.co.kr

 

 

 

PD手帳側は、放送内容の間違いについて、番組HPでこっそりお知らせしただけでした。

予告から始まり、関連記事は何百もごっそりあったのに、この記事は今の時点でたったの6個。それが全てを物語っているように思いました。

これは、シジェスとの連絡を無視したという問題だけではないから、ここまでの勧告となったんじゃないですか?自分たちが向わせたい方向に心象を操作するためには手段は選ばないという姿勢が問われているんじゃないですか?

放送をよりセンセーショナルにするためには作り手側は何をするかわからない、製作する側にフラットな視点が無い、間違っていても訂正報道も自らしない。

最近になって、魔女狩り報道はどうよ?ってな記事が出てくるようになりましたけど…。それを語ってるのが、さんざん口汚く報道した会社だったりするから、笑える。

 

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(1)

テーマ:
毎日ヘトヘトになるまで働いてますw
余計なことを考えずに済むし。

ユチョンのDVD観ようかなと思ったんだけど…。
私まだどうしても観られない。
可愛い可愛いユチョンの顔を見ると、泣けてしまう。

それは、今回の事件でガッカリしたからとかじゃないですよ。
この先、この子はこうやって演技の仕事できるんだろうか?
またこんなふうに笑顔で撮影現場に立つことが出来るんだろうか?
そう思うと、心配で胸が押しつぶされそうで。

ブロガー仲間に、「あきさん弱ってるね」って言われたw
書いたものを読んでそう思ったって。
弱ってますよそりゃ…
空元気も出ないです。
正直な気持ちです。
ボロクソな報道、毎日見過ぎた。

私ふだんあまり他の方のブログを見なくなってたんですけど。
今回のことで、また見るようになりました。
自分と同じように、怒ったり悲しんだり耐えたり。
そういうユチョンペンの姿を見て、かなり元気貰いました。
温度の違いや、気持ちのズレみたいなものも見ましたけどね。
ただ、ズレはあっても、やっぱりユチョンを待ってるんだっていう事が嬉しかった。

まああまり見てないので、誰かファンを辞めてブログを辞めた人もいるかもだけど、わかりませんw

あとさ、やっぱり相変わらず出所がわからない情報撒き散らす人もいるんだね。
サセンが見たユチョンのことを、良い内容に見えてもバラ撒かないほうが良いと思うんだけど。

私この前ちょっと書いたけど。
JYJの名前出してユチョンのこと応援するの、今はしたくない。
名前出すことで「巻き込まれ感」を強める他メンファンさんだっているでしょう。
そういう気持ちを持つなって言っても、しょうがない。
そう思ってます、というか、観念してますというか…

今、ユチョンを批判する言葉に傷つくユチョンペンもいると思います。
でもそればかり気にしても、何にもならない。
何が一番大事か、それはユチョンだから。
自分がなんて思われるかは、今はどうでもいい。

なんでユチョンペンはユチョンに怒らないの、批判しないのって言われても。
したくないだけです。ただそれだけ。
たくさんの人が彼を非難し、批判したでしょう。
十分すぎるほどに。
だから私はどういう結論が出ても、ユチョンを叱りたくもないし、責めたくもない。
「正しいファンの定義」なんて、私にとっては空論に過ぎない。
他のユチョンペンさんに、ああしろこうしろなんて思いません。
私には、「私とユチョン」が積み重ねてきたものしかわからないから。
世界中がなんと言おうとも、「私にとって」守るべき人なだけです。

一日単位で見ていると、絶望的な気持ちになることもあるけど。
10年後のユチョンを考えて、20年後のユチョンを考えて、応援します。
失敗も糧にすることが出来る、それが人間だと思うから。

共にするユチョンペンさんたち。
頑張りましょう、うり。
きっと、耐えただけのものを見る日が来る。






いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(1)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。