ゆちょもごっそ?

食べてしまいたいくらいユチョンが好き!歌に演技に頑張っているパク・ユチョン君応援ブログ。

                                                                                                 






テーマ:

毎日、淡々と生きるように努力中のあきです、あんにょん!

 

だんだんとフラワー爆弾wにも慣れてまいりました:(;゙゚'ω゚'):

いろいろ心配は尽きないけれど、今考えてもしょーがないですしね…。

映画を観たり、ドラマを観たり。毎日ひとつづつ、楽しみを作って過ごそうとおもってます。

 

うまく言えるかわからないんだけど。

彼が決めたことであろうと、そうでなかろうと、結局はその「結果」というのを、良いものも悪いものも受け取るのは、彼の「領分」なんだと思うんですよね。

良いことばかりではなくて、悪いことも結局は人生には受け取るしかないことがあって…それは誰しもおなじだけど、彼は有名人として生きてるぶん、その受け取るものが良くも悪くもたくさんある。

この1年が過ぎて、それでも残るファンがいることを受け取るのも彼。

去っていくファンがいることを受け取るのも彼。

今、ユチョンが好きだけどユチョンが理解できないという人がいる、それを受け取るのも彼の「領分」。

どんなイメージで一般大衆に認知されるのか、それを受け取るのも彼。

そういう「受け取ったもの」を抱えて、彼がどう生きていくのか、私には想像もつかないけど…。その彼の「領分」を良いものだけにしてあげたいと思っても、それは無理なんだなと今は痛感しています。

 

彼が何をどう考えて生きていくのか、それがすべて私に解る日は来ないと思うんですよね。

自分だって自分の全てを周囲の人に理解されてるとは思わないし…。

自分の気持ちだって刻々と変化したりするし、自分で自分がどうしたいのか解らないときもあるし。

 

今まで自分が想像していた彼という人間、それもやはりどこか自分の望むとおりに作った偶像だったのかもしれないですよね。

それは悪い意味だけではなくて…。そういうファン生活も悪くないと思うんです、正直。そうやって良い姿を思うことで、自分ももっと良く生きよう、もっと優しくなろうとか思ったりも出来るきっかけになったりするし。それも偶像として愛される人のひとつの役割でもあるんかなーと…。

ただ、「そうじゃない」ファン活動も悪くないなと今は思ってます。

 

そう思ったのはね。リアルの友人に言われたんですよ。

ユチョンのことで一喜一憂する私の姿をこの1年見ていて、「もういい加減オトナになりなさいよ。愛するのも憎むのも、彼をオモチャにしてるという意味であまり変わらないように見える」って。(いやオトナも何も、いい加減BBAなんですが)

なんかめっちゃ凹みました…:(;゙゚'ω゚'):

良い偶像も、悪い偶像も、それは真実とも嘘とも言えない。そこには見ている私の我欲とエゴによる想像が加味されてしまうんだと言われたわけで…。じゃあそういう対象として生きるしかない仕事をしてるパクユチョンという青年はいったいどうやって生き抜いているんだろうって考えると、なんだか胸が痛くなりました。

 

そして色々考えた結果。

ライブで一緒に過ごす時間、映画やドラマで楽しむ時間、ファンミなどのイベントで楽しむ時間、写真集やインタビューで楽しむ時間…その時間に対して、私は彼から「充分に受け取った」と言えるじゃないかって思いました。

まさにそれが私にとっての「領分」だと。

 

これはファンそれぞれが違う「領分」を自分の中に持っているんだろうから、私の考えが人とは一致しなくてもしょうがない。そんなふうに思っています。

 

だから、去る人を責めたくはないし、葛藤中でもがいてる人を責めたくもない。

この1年、充分みんな苦しんだ。本当にみんな良く我慢したし、頑張ってきた。それはユチョンペンなら解ってくれる気持ちじゃないかな…。去るも残るも、簡単に決めたわけではなくて。変な例えかもだけど、愛情という高速スピードで走ってた車を、急停止したらスピンもするし横転もする。ゆっくり止まろうと思ったら長い制動距離が必要になるっていう…そんなふうに私は感じています。

停止した人も、時間が経って、いつかフンワリと軽い気持ちでも、また作品観てみようかな、曲を聴いてみようかなって思ってくれたらいいな。そんな未来がきたらいいな、そう思います。

 

でもそれと同時に、ユチョンを待ち続ける人を「盲目」だとバカにするのは、やめてもらいたいと思います…。みんな色々考えてるんだよ。悩んだり迷ったり…。表で口に出してることが気持ちの全てではないし、自分が言ってしまったことに後で後悔しないために、いろいろ必死で飲み込んで、待つっていう結果の気持ちだけを口にするようにしてる人もいるはずだから…。

 

私個人にとって、「自分が見てこなかった過去の第一期」、「自分が見てきた第二期」、そしてこの先の「自分の気持ちを少しゆったりさせたい第三期」のユチョンペン生活が待ってるんだなというのが、今のところのイメージです。

ユチョンが変わるというんじゃなく、自分が変わらなくちゃいけない第三期、そんなふうに思ってます。

自分の中でもまだ漠然としてるけど…。

 

でも、ユチョンに幸せでいて欲しいという気持ちは、やっぱり私の中で不動だったし、何を信じて何を信じたいかというと、またユチョンが演技する姿、歌う姿が観られるという希望。彼の才能に対する期待。それを信じています。

 

全てのカードが出揃ったとはいえない今の、今考えうる私の気持ちを書いてみました。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(1)

テーマ:

Netflixの小出し第二弾w

 

「ルシッドドリーム」の6月2日配信開始を前に、やっとティーザーや画像が入りました~。

ふふふw

予告編にユチョンがいるだけで嬉しい♥

予告編何回も観たけど、ついまた観てしまうwww

 

 

https://www.netflix.com/title/80158750

 

 

 

ネトフリだから、変な邦題つかないねw ←黙れ

 

 

 

ポンジュノ監督の「オクジャ」、カンヌ国際映画祭で上映されましたけど、揉めてますよね。

Netflixが「オクジャ」のフランスでの劇場上映を拒否、劇場で公開されない作品は受賞対象にしないと決まったそうで…。審査員たちの間でも賛否あるみたいですね。

映画館が少ない地域や、観たいものが上映されないとき、動画配信はとっても嬉しいシステムですけど…。どこの国も上映劇場の運営って大変なんですかね?

劇場を守るということと、動画配信サービスの共存する方法をうまく見つけていかないと、潰しあいみたいになってしまうのかなぁ…。

予告編を観ると、「オクジャ」を大スクリーンと素晴らしい音響で観ないのは本当にもったいない気がしますけどね…。

韓国でも公開終了するとすぐVOD配信してますよね。

うらやましいなーと思いつつ、でもそれが海賊版になってすぐ出回ってしまったりもするわけで…。

映画の作り手側は、資金を集める苦労もあり、公開されても集客が少ないと1週間で公開打ち切りということもザラ。スタッフはみんな安いお給料で、それでも映画の世界が好きで働くわけですが…。

海賊版があまりに出回るので、とくに中国には安くしか売れないという現象もあるそうで。

こういうことが制作費を集める苦労としてPDや監督にのしかかり、作りたいものが作りたい通りに作れないということを生み出したりもするんでしょう。

若手のまだ実績がない監督さんは、なおさら大変なんだろうなぁ…。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

めっちゃ楽しみーー!

ティーザー観るとなおさら楽しみになってきました!

 

オクジャ、垂れ耳だよ!www

てか想像してたのよりずっと可愛いww

豚っていうか…カバ?w

オクジャのスタッフ用のグッズがどれもこれも可愛かったのも頷けるw

 

 

 

 

 

日本バージョンのポスター!

 

美しい江原道の風景と、あまりにも微笑ましい巨大豚オクジャとアンソヒョンちゃん演じるミジャ。

ティーザー観てみると、ミジャがどれだけオクジャを大事に思ってるか、必死かがわかりますよねぇ。

相当なアクションシーンをあの年齢でこなしてるのが凄いし!

そしてやっぱりティルダ様の、スノーピアサー並みのやばそうなキャラw

 

 

ツベを日本語字幕版に差し替えします

 

 

 

一緒に遊んで、一緒に食べて、一緒に寝て…

ミジャの大事な友達なんだね、オクジャは。

ティーザー観ただけでちょっとジーンとしちゃったわw

 

 

 

 

オクジャ、座れるんか!w

 

 

そしてやっぱりアンソヒョンちゃんが凄そうな予感。

ドラマ「テロワール」や「ドリーム・ハイ」、そしてなんといっても印象的な子だと思ったのは、イ・ジョンジェさんの「ハウスメイド」に出てたとき。

この子なんか愛らしいのに「陰」が似合う子だと思ったのを覚えてます。

最近観たのはドラマ「アチアラ村の秘密」。このとき、ああずいぶん大きくなったんだねーなんて思いました。

 

でね、先日Netflixで、イ・ミンギ氏とキム・ゴウンさんの「その怪物」って映画を見たんですよ。あまり期待せずに観たんですけど、結構面白かった。

確かに笑っていいのか泣いていいのか怖がっていいのかわからん映画なんですが、見所はいろいろw

その中でアン・ソヒョンちゃんは殺人を目撃したために殺し屋に狙われる少女役なんですが、これがまた上手い。彼女の持つ「陰」と「目力」が凄い。

子役にも関わらず、小手先感がない演技するんですよー。

とにかく目力がある。目が演技する子って感じ。

なので、オクジャもめっちゃ期待してます。

「コクソン」でのすんげー怪演をこなしたキム・ファニちゃんに続いて、韓国子役の力量にきっと驚くんじゃないかなあ。

 

韓国だけはNetflixだけではなく劇場公開されるそうですね~。うらやまー!

これ大スクリーンで観たいよねえ…。

 

しかしポンジュノ監督って、やっぱり凄い。

オクジャの次は何を撮るのかなぁ。

同時進行してた脚本が、まだあるはずだもんね。

 

ユチョンがまた一緒にお仕事できたらなぁ…。

ポンジュノ監督作品なら、資本はもはや世界だし。

海外なら、プライベートのゴシップなんて演技の仕事に影響ないもんね…。
もっともっと、映画の世界で挑戦していくユチョンが見たい。

この願いが叶いますように…

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

Eチャンネルの「勇敢な記者たち3」という番組で、ユチョンのことが取り上げられたそうです。

 

많은 팬들이 기다리고 있니
연예계 활동은 멈추지 말아요!

多くのファンが待っているの
芸能活動は停止しないでください!

 

動画見てみたけど、字幕無いしよくわからないんだけど。

ユチョンをとりあげた部分のナムヘウォン記者の最後の締めの言葉がこれでした。

ありがたいね…


 

 

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(5)

テーマ:

スリーデイズのあのカッコいい公開録画(*´ω`*)♥

 

あのときのテコンドーの模範演技をしてた方が、インスタにあげて下さったんですって~。

カッコいいテギョン~~~(*´ω`*)♥

 

 

 

 

すてき♥

胴着も似合ってたし、スーツ姿も良かったよね♥

 

 

 

 

いいなあ警護官!

またこういう白シャツスーツ姿の役が見たいーーーー!!!!

きっといろんな方が撮影した写真があるはず…

もっと見せてーーーーー!!!!:(;゙゚'ω゚'):

 

 

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(1)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。