桜井のぞみ

☆☆☆勝手に勉強する子どもに変わる、お母さんが楽しく勉強を教える画期的な家庭学習法を実践する、桜井のぞみの我が子との楽しい学びの日々のブログです☆☆☆


NEW !
テーマ:
『勉強好きな子どもに育つ、
楽しい家庭学習』講師 
桜井のぞみです。

先日の親子イベントでは、
感性の遊びとしてマーブリングを
しただけではなく、
お気に入りの作品についての
作文実践講座もいたしました。

{1F9A9A0D-BA80-44CF-B90B-38B91119A241}

{CEC3FB2F-A19A-401C-B26E-EAF4BCC9649A}

{0ADE3B8C-41EB-44DD-9CA8-3B10BB07DC64}


関連記事:親子イベント
「実践重視!親子イベントデー」

関連記事:作文実践講座
「作文が得意な方は、見ないでください!」


作文実践講座でもお話ししましたが、
子どもの想いを引き出す声かけをする際に
とっても、とっても!!重要なことがあります。


ここ、めちゃくちゃ重要なんです!!
ここが抜けていたら、
せっかくの、良い声かけも
ムダになるので、もったいないの。


それは、お母さんは、
お子さんの言うことを
絶対、
否定しない、
ってこと。


小さなお子さんほど、
ファンタジーの中で
生きているもの。

だから、
お子さんから出てきた言葉は、
お母さんの感覚からしたら、
「???」不可解だったり、
「それ、違うでしょ」というもの
だったりすることは、
往々にしてあるんですよね。


でもね、いいんですよ~
ウインク
作文に正解はありません。


だって、お子さんの想いを
引き出すのが、目的ですから。


想いは、人それぞれ。
自由なんです。


もしも、否定されちゃったら、
あなたならどうですか?


この先、自分の正直な想いを
伝えようと思うかな?


きっと、「この人には言ってもムダ。
否定されるなら、言うのやめよう」
って思うんじゃない?


例えば、保育園から帰ってきたお子さんとの
会話で、よくあるのは、
「今日、保育園で、何が一番楽しかった?」
ですよね。

お子さんが「滑り台」と答えたとします。

「滑り台を滑ってる時の気持ちって、
 何色?」
と、五感に基づいた問いかけで、
オリジナルの言葉を引き出そうとしたと
します。


すると、子どもは
「う〇ち!」
と言うかもしれません。
(特に男子にはあるあるネタです(笑))

そういう時、お母さんの
期待する答えとは違っていても
否定しない。


この「否定しない」という姿勢が
子どもの想いを引き出すのには
不可欠なことなんですよ。


この否定しない接し方は、

作文だけじゃなく、
子育て全般においても、
大切なこと、だったりします。


まずは、丸ごと、まるっと
受け止めてみる。


この否定されないという安心感から、
こどもとの間に信頼関係が生まれ
何でも相談できる関係性を
築くことができるんですね。


まずは「否定しない」を
取り入れてみてくださいね。


『楽しい家庭学習』の単発講座として
『子どもの想いを引き出す作文講座』を開催予定。

先行案内をご希望の方は下記よりご登録くださいね。
『子どもの想いを引き出す作文講座』 先行案内お申込フォーム



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

『勉強好きな子どもに育つ、
楽しい家庭学習』講師
桜井のぞみです。

昨日の親子イベントデーで、
「感性の遊び」として取り組んだ
《マーブリング》

マーブリングって、何?というご質問を
いただきましたので、
解説いたしますね。

マーブリングとは、水面に水よりも
比重の軽い絵の具を垂らし、
水面に浮かぶ模様を
紙などに写しとる技法のことです。

こちらの動画で見ると、よく分かります。




わたしが思う、マーブリングの魅力は、

クローバー水に絵の具を浮かべる非日常性

クローバー息を吹きかけたり、
   竹串を使うことで、偶然に
   複雑な模様ができる不思議さ

クローバーそれを紙に写しとるまで
    どんな模様になるか分からない
    ミステリアスなところ

などですね。

こういった点で、子どもが自由に
感じるままに制作ができる
と考え、親子イベントに取り入れました。



また、実際の作業は、

インクを水面に落とすために
指で微妙な力加減を調整し、

何色を組み合わせるかを判断し、

どこまで混ぜ合わせるか、
吹く息の強さを調整したりと、

瞬時に色んな感覚と
集中力を養うことが
出来ます。


それまで戦いごっこをしていた
男子たちでさえ、制作が始まると
真剣!!に取り組んでいました。

そして、息子が作った作品がコチラ。
{A41B2A36-E30B-468D-A8BF-1F9C0D9D34FB}



コチラは、受講生さんの娘ちゃんたちが
作った作品。
{0FB1FAD1-7C04-4D74-A42D-39479D1FD610}


次回は、
親子イベントの作文実践講座で
受講生さんにお伝えした
【作文の7つのポイント】を、
解説いたします!

お楽しみに~ウインク





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
『勉強好きな子どもになる、楽しい家庭学習』
講師、桜井のぞみです。

今日は、初!の親子イベントデーでした。

{4AA1DD9C-8829-44B8-9932-4EFEB21F69C6}


通常、3ヶ月の本講座は、対象がお母様なので
親子で、体験できる機会は、貴重です。

わたしのお伝えしている『楽しい家庭学習』では
《実体験》をとても大切にしています。
体で感じたことは、記憶に残るからです。

今日のワークは、
クローバー『感性の遊び』としてマーブリング作品制作。
クローバーその後、お気に入りの作品を選んでもらい、
それについての作文実践講座。

{261F78EA-6D27-4FDE-83C2-11766CC19FB5}

制作が始まると、
それまで戦いごっこをしていた男子達も
集中して、真剣モード。

{690B8D10-B8A4-4D62-9098-0B8F943876C0}

とっても楽しく、盛り上がりました。

{2BC0F2D2-1AEE-4864-B931-E76671762D30}

作文実践講座では、
『子どもの想いを引き出す』言葉かけの
7つのポイントをお伝えしました。

その7つのポイントは、コチラ下矢印
1『教えたい!』と思ったことは何?
2『誰』に教えたい?
3その『誰か』は、何て言ってくれそう?
4同じような気持ちを感じるのは、どんな時?
5その時の気持ちを一言で言うと? 
6その気持ちを『五感を使った質問』で言い換えると?
7まるで〇〇のようだね。


言葉かけの例としては、
星今の気持ちを一言で言うと?
星その気持ちは、何色?
星マーブリングの楽しさを誰に伝えたい?
など。

作文は、書き手の技術ではなく
聞き手の引き出し方が重要なんです!

なので、受講生さんたちには、
普段の会話から、五感に基づく質問や
まるで〇〇だね~という比喩を使った会話を
取り入れてくださるように
お伝えしています。

面白いオリジナル作文を引き出す時に
お母さんが【絶対にやってはいけないこと】
があるので、次の記事で書きますね。

作文について、もっと
詳しくお知りになりたい方に向けては、
単発の『キッズ作文講座』を開講いたしますので
下記より、ご連絡くださいね。

{66F57BCB-5CCD-404C-A093-5FCD050F0B30}












いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
『勉強好きな子どもになる、楽しい家庭学習法』講師
桜井のぞみです。

今日は、節約起業コンサルタント 前田伊織さんの講座に参加。
その名も、「10年愛されるビジネスの基礎」



わたしのお隣、紺色のTシャツの方が
前田伊織さん。


あなたは、起業した人が、1年以内に半数が、3年位内に約90%が

廃業しているということを、ご存知でしたか?
それくらい、起業というのは厳しいもの。
その中で、「10年愛されるビジネスを作る」って銘打ってる講座ですもの。
受けずにはいられません。

目からウロコが落ちまくりの講座で、
たっくさんの学びがありましたが、その中でも
わたしの読者様にも、きっとお役に立つだろうことを
一つシェア。

起業家にも、おうちという小さな社会の中の太陽であるママにも
通じること。

それは、「自分自身がにあふれ、その愛を与える存在」である
ということ。

でも、自分を愛で満たすってどうやるの?って思いますよね。
わたしも分からなかったので、すぐその場で質問しました。

「子どもを愛するように、自分の良いも悪いも全て愛する」
というのが答え。

これはわたし自身の課題でもあるので、
これから日々、取り組んでいきます!

そして、10年愛される講座を作っていきますよ



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
1週間で勝手に勉強する子どもに変わる、
楽しい家庭学習を実践する 
神戸・芦屋の母勉インストラクター 
桜井のぞみです。


学校や幼稚園は、今日からでしょうか。

仕事がスタートして、もうお正月気分は 
抜けましたか?



年末年始の休みの間、
規則正しい生活が、ちょっと乱れてしまった
我が家ですが、やっと元に戻りました。



働いていても、働いていなくても、
忙しいお母さんたちには、
時間の余裕はないですよね。



しかし、それでも、
子どもと一緒にトランプで遊ぶ時間や
自分のための時間が作れると
いいと思いませんか?



そのための『お母さんの時間割』に
ついて、今日はお伝えしますね。




ポイントその1。

まずは、自分の24時間を何に
使っているのか、棚卸をして
書き出してみましょう。



使っている時間を見ながら、
短縮できるところはないか、
見直します。




子どもが勉強や宿題をするときと
同じように、自分のやることにも
制限時間を設けて、何分でできるか、
いつもより5分早くできないか、
など、ゲーム感覚でこなしてみる、
というのもいいですね。



そうすると、案外、時間が取れることに
気付くのではないでしょうか?



ポイントその2。

通勤時間や、お昼休みなど、
まとまった時間が取れる時は、
何をするのか、あらかじめ決めておく。



わたしは、移動時間や、お昼休みは
ブログの更新、Facebookの
コメントや、頂いたコメントへのお返事の
時間に充てています。



やることが決まっているので、
何をやろうか、迷うこともありませんし
決まった時間内に仕上げる!と
決めているので、
集中力を持って、進めることができます。



忙しくて、お子さんと、
トランプやかるたで遊ぶ時間が
なかなか取れない!という方は、
遊ぶ時間帯を決めてしまうといいですね。



お夕飯の後すぐ、とか、
寝る前、とか、時間割に
最初から組み込んでしまうと
子どもも、慣れて、自分から
その時間になったら、遊ぼうと
言うようになります。

{31E09FB7-F99E-4317-8F83-773586F8DC76:01}



ぜひ、忙しいお母さんは、
自分の時間割を持つことを
やってみてくださいね。




1週間で勝手に勉強する子どもに変わる、楽しい家庭学習 『母勉』

楽しい家庭学習の秘訣をお伝えする無料メール講座
手紙メルマガ「忙しいワーキングマザーでもできる、楽しく勉強する子どもが育つ母勉バイブル」申込みフォーム


楽しく遊ぶように勉強する学習法を体感していただけます。
本 お母さんのためのお役立ちサロン詳細・申込フォーム


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)