宮崎雄一郎のゆうちゃんブログ

相模原市中央区の相模原市議会議員候補予定者の宮崎雄一郎のブログです。日々の考えや活動を発信してまいります。皆さまからの声も募集しております。


テーマ:
東日本大震災の4年目の鎮魂の祈りと復興への誓いを、
一国民として忘れないように、本日は静観していました。

また今日は、政治家を目指すための駅頭の早朝ご挨拶、
地元の街頭ご挨拶、広報宣伝車など全ての活動を
活動開始以来初めて自粛しました。





写真は、震災2年半後に日本航空の「生き方」、
人として何が正しいかで判断する「稲盛経営哲学」を学び続ける
ボランティア仲間と訪れた南三陸町志津川地区です。

この地区の皆様には、逆に大変なおもてなしをいただき、
大変感激と恐縮な気持ちになったことを忘れません。

また、この翌日に訪れた仙台空港のJAL女性職員の仲間から、
当時の話しをメンバーみんなで真摯にお聞きしました。

当時、自らの家族への心配や自身も大変なショックを受けているのに、
他社も含め、全てのお客様の為に尽くされた
当社の女性職員の仲間に何とも言えませんでした。

今でもフラッシュバックがあるという仲間の心中を御察しいたします。

関東でも、千葉や茨城でも被害がありました。

ディズニーランドのある浦安市も液状化で被災地となりました。

羽田空港でもJALの全ての職員は、お客様が空港で夜を明かすために、
最善のご配慮をいたしました。

震災が発生した瞬間、私は2010年の日本航空破綻で、
機長として担当していたボーイング747-400の退役と重なり、
その退役の会のために、木更津のアクアラインの橋げたのそばの市場にいました。

市場のお母さん方は何が起きたかわからない状況でした。

消防団員でもある私は、直ぐにそこにいる全ての人に、
真ん中の広場に来てしゃがむように叫びました。

アクアラインの巨大な橋げたは、
目の前で崩れるのではと思うほど大きく揺れていました。

その後、橋の向こうのコンビナートから火の手が上がりました。

家族ともその後携帯が繋がらなくなりました。

海外にフライトしていた客室乗務員の大切な同志の友人が、
一言、「逃げて!」と、唯一のショートメールをくださいました。

その後繋がらなくなりましたが、
私の身を海外から案じてくださったことを一生忘れません。

しかし、その場の皆さんを少しでも安全にと
市場や宿泊先のスタッフにお客様の避難場所の確保や、
水や食事の準備を指示させていただきました。

国民全ての皆様が、この日から大変な災難に直面しました。

この震災は、日航社員、機長として企業再生に尽くして円満退職した後、
政治家として東日本を中心に微力ながら地域や日本に尽くしたいと決意した
理由のひとつになっております。

相模原市から地方再生に微力ながら尽くす事により、
東日本の皆様の復興に少しでも貢献できるよう
自らの心を磨いてまいりたいと思います。



「ONE JAPAN ALL SAGAMI」
このグラコンのように、
相模原から被災地の一日も早い復興を願って。

2015年3月11日 宮崎雄一郎
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

yuchan1966さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。