ロードバイク初心者だけどなんとかなるよね?日記

おんな齢30over。ロードバイクに乗り始めました。
空気入れにも苦戦してるけど、なんとかなる!よね?


テーマ:
{79EEDCA4-F062-40B7-B29C-9112A215C84D}
誰もいない森の中…私…1人…
 
京都に帰ったらぜっったいロードバイクで行きたかったスポットがありました。
それは、ズバリ
 
渡月橋!
 
Twitterでも愛車と渡月橋のツーショット写真、よく見かけるんですよね。
 
{2FD972D7-ADE7-48C1-80FB-314518E547DD}
これこれ!愛車とのツーショット!これがやりたい!!
 
という事で、私も真似すべく京都っぽい嵐山に走りに行ってきました。
嵐山だけだと勿体無いので、そのまま保津峡経由で越畑に行き、ぐるっと北西部を走ること。
 
嵐山は超超有名な観光スポットで、人も多そうなので7時に出発します。
この夏は5時出発がデフォルトだったので、7時でも遅い気がして焦りましたが、充分間に合いました(笑)

 

{A0015346-2D76-4A8D-B60F-1E351F95B0C8}

秋の空と渡月橋と愛車

 

{AC41DE2A-F4C0-48C7-8F58-EA7048EFAD1C}

この時間は観光客も少なくて快適です

 
昼間は観光客でごった返し、歩くのも大変と言われる渡月橋ですが、着いた時間は人も少なく快適でした。
そして、そのまま嵐山周辺をぶらり〜

 

{51FE55F9-4823-4505-A4DC-262C47183691}

かの有名な竹林

 
嵐山周辺って、お寺も密集してるし、かなーりのパワースポットですね。
当たり前やろ!とツッコミが聞こえそうですが、意外と京都に住んでるとド有名な観光地とかお寺って行かないもんなんですよね〜。
しかも、実家は左京区だし、右京区に行くのも久しぶり。嵐山とか記憶に無いくらい久しぶりなので、物凄く新鮮でした。
 
ぶらりとした後は、そのまま山へ向かいます。

 

{F01123A2-0032-4DCB-86F9-DA06EFBDE944}

道も家も京都っぽくて、楽しすぎ!!

 

{B949B33A-8EF7-43FD-B94F-2473A916AB46}

夢に出そうな達磨。毛を撫でるとご縁があるらしい

 
運日龍図で有名な天龍寺、京都へ行こうポスターで有名な常寂光寺、鹿王院、清涼寺、その他諸々…。
嵐山周辺は有名なお寺だらけ!で、かなり後ろ髪引かれましたが、残念ながら観光地の寺巡りにロードバイクは不向き!!!
 
今日は大人しく山へ向かいます。
 

 

{22DF4624-5098-4D5B-817C-5C25DBFA602C}

六丁峠のスタート地点の鳥居

 

{BA2F9631-9257-4414-ACC0-CE79CC94EEFF}

登る前に賞味期限ギリギリ羊羹で補給

 
これ、去年のジャパンカップで買った宇都宮ブリッツェンのオフィシャル(?)羊羹です。
梨味ってどうなんだろう、と思ってたけど意外と美味しかったです。

 

{2598A1CC-E8DE-42D5-8A73-5B7C6A916E62}

斜度は10%ちょい。距離は1km足らずですが、最後は14-15%が続くなかなかの激坂

 

{CCD01F7B-0D1F-44F9-AEF7-7AC5E84B2AB1}

登頂完了!!

 
シーーンとして、人も車もおらず。
なんだかゾワゾワして「六丁峠 心霊」と検索して更にゾワゾワするという1人SMを楽しんだら、保津峡に向けて下ります。
 
結構に長くカーブの続く下り。保津峡側から登ったの方がキツそうですね、ここ。

 

{02E7BBE8-2E3A-4294-A5F5-B3A03708887D}

赤い橋を越え、トンネルをくぐると…

 

{86AAC640-8307-4E1E-8212-4DA8E0F1F864}
保津峡駅が見えてきました
 
下り途中にバイクを停めて写真撮影しているお兄さんがいたので、横に並んでひょいと覗き込むと、おぉーー保津峡が一望できる!!
なんとこの駅、橋の上にあるんです。珍しいでしょ?
隣で私もカシャカシャ撮影。
 
ここからは、柚子の里水尾を抜けて神明峠に向かいます。

 

{3B51EBEF-566D-4A25-A43F-436058006933}

道も良く、車も少なく、最高&最高!

 
ですが、今回も電波無し(笑)
これから一人山ライドの時は、ルートラボのスクリーンショットを撮影しておこうと心に誓いました。
 
{CBAD9B74-DF8D-45B8-9F9E-6DB14C5CC173}
杉の木立をどんどん走ります。雰囲気のある良き林道
 

ここの峠、そのまでキツい斜度ではないですがウネウネ、やたら長いんですよね。

登って登ってえっちらおっちら走っていると…
 
{FC0BFBC3-D328-40F4-B069-816161A0DCDF}
神明峠の看板発見!
 
普通って、頂上に峠の看板あるじゃないですか。
でも、ここは違うんです。
 
登りの途中に峠看板!
 
頂上だと思わせといてまだまた登らせる!!
 
「か、看板見えた〜!終わった〜!」と一息ついた私の気持ちをボッキリ根元から折ってくる、そんなとんでもないドS峠でした。
 
{A7608D24-AFC0-47AA-8A3C-D98D22BAA8A7}
越畑の棚田。水田の時期はかなり美しいんだろなー
 
峠を抜けて、しばし走って目的地の越畑に。
お店のオープン時間11時にあわせて、うまい具合に「越畑フレンドパークまつばら」に到着できました。
 
{C57BB4EC-5B73-44A2-B88C-8DADC2D70AA5}
天おろしそば、1730円なり。
 
なかなかのお値段ですが、お蕎麦も天ぷらもかなレベル高いです。
蕎麦の風味たっぷりの十割蕎麦と、サクサク天ぷら、辛味大根がよく合います。はぁ、美味しい。
 
さーて、ここからはもう帰るだけ!
 
{75A6573A-6014-4436-8C14-12C773139647}
それにしてもいい天気、いい道
 
残るは35km。477号線→363号線→162号線→31号線を辿って市内に戻ります。
杉並木を眺めながら、コギコギ。
って、実は今日のルートは前日、蕎麦屋を最終目的として決めたので、ここから先はほとんど調べてないんですよね〜。
 
162号線に入り、車が増えてきたので、中川トンネルを避けてgoogleで見つけた旧道を走る事にしたのですが…
 
{25D78B67-30F5-4683-9053-368C28F233FD}
栗爆弾!!!!
 
{20232887-197D-480C-88DE-97503146A0E0}
なんだか凄い所に来てしまいました
 
もうここまできたから行ってしまえ精神で無理やり押し歩きしたのですが…
 
{DFB04C5E-7521-4152-97D5-B9EAF8D2F465}
これはさすがに無理!!!
 
ブルドーザーないと通れない!!!
 
しかーし、せっかくここまで来たんだから根性で無理やりロードバイクを担いで言ってみたんですよね。
 
そしたら…
 
{A5195D58-BC8D-4520-917F-4DC4CEC2CD32}
通行止!!!
 
結局、再度ロードバイクを担いで来た道を戻り、中川トンネルを走って帰りました。無駄に1時間もタイムロスしちゃった。
 
駄目そうな時は早々にあきらめて戻った方がいいね。というか、1人の時は無理しちゃ駄目ですね。
 
反省!
 
{D5C30397-8D38-4AF2-8366-A391D0620A9F}
トンネルを抜けたら北山の里でちょっと一休み
 
{310DB9AD-26E4-43C6-9D62-AA949D8C6CB6}
謎の林道で疲れた体に草餅が染みる〜
 
はぁ、あんこが美味しい。
後は、もう下って帰るだけだわー。はぁ、お疲れ様、私。
 ・・・と思ってたけど、

最後に京見峠!!!

いやー、さすが盆地京都。山を越えなきゃ、市内に戻れない。
最後の最後まで、素敵な山道ありがとうございます。
 
ということで、これにて私の2017年夏休み、地元京都で走りまくりライド終了!
知ってるつもりの地元京都。
ロードバイクで走ったら、まだまだ知らないところだらけでした。
 
新幹線輪行もマスターしたし、これからはちょくちょく京都にロードバイクを持って帰って走り回りたいな~。
京都在住ローディーさん、ぜひぜひ素敵な峠や場所、教えてくださいね。
 
ちなみに、次回狙っているのは・・・
「市内から自走で日本海側まで走っちゃう!天橋立を見て一泊、次の日は丹後半島ぐるり一周ライド」です。
 
はぁ~~、次回の帰省が楽しみ楽しみ♪♪
 

■今回走ったルートラボはこちら

 

にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ
気が向いたらポチっとな

AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

テーマ:
{F7EA9B74-332A-4586-B5AF-5862D8BB4BA5}
え?これ初級コース?ちょっとハードル高くない?
 
京都に帰ってきたんだから、いっぱいいっぱい自転車に乗りたい!
美山ライドの次の日も、自転車に乗ってきました。
ただーし、この日はロードバイクではなくマウンテンバイク(MTB)です。
 
実は、少し前に富士見パノラマリゾートにてMTBに乗ってたのですが(詳しくはしおいんです、まで!)、それがすこぶる楽しく、機会があればまたMTBに乗りたいな~と思っていました。
 
偶然ナイスなことに、学生時代の友人がダウンヒル競技をやっており、「京都に帰るならいつでも乗りにつれて行ってあげるよ」とのお言葉に甘えて、今回の帰省に便乗してMTBに乗ってきました!
 
{36B209FC-0282-45D3-8274-0EBCD2C75401}
車に積み込んで出発や~
 
というか、MTBガッツリやるためには、車ないとちょっと厳しくないですか?
後、自転車が丸洗いできる環境、ついでに室内に設置できる環境、ハンドル幅広いからロードバイクよりスペース必要そうだし・・・とかとかとか。

 

 

{83DC7CB9-8989-425D-A42F-44C4C99D5263}

 

 

南京都の和束町にあるMTBの常設コースです。

レンタルバイクも豊富なので、手ぶらでも楽しめる上に、値段もかなり安い!

なんでも、MTBライダー達がボランティアしつつ様々なコースを作ったらしく、連れて行ってくれた友人もかなり初期から足しげく通いながら携わっていたらしいです。

 

{703EB79F-7009-4CB4-9910-0F5D9EC22339}
レンタルバイク、サイズも種類も豊富でした

 

 

{47FA0DD3-7B70-44D0-813A-F39263B938AC}
155cmの私のサイズはS。いわれるがままに手前の赤いscottのMTBにしました
 
先日、富士見で乗ったとはいえど、その乗り方は完全自己流。次の日にて腕がパンパンになっており、友人に「しがみつきすぎ。MTBは正しく乗ればそこまで腕は疲れないから」と言われました。
ということで、今回は乗り方もレクチャーしてもらうことに。
 
しかーーーし、コースに行く前に・・・

 

 

{7427B510-712D-4686-830E-BA9A1C308D54}
この凄い坂道をひたすら登りました
 
ちょっ・・・軽く斜度10%超えてる!
 
MTB=ダウンヒル=下るだけ、と思っていた私、甘かった。
走るために、がっつり登りまくりました。
というか、ロードバイクで普段走っている峠並みに斜度があるんですけど・・・。
MTBってこんな登る体力もいるのか・・・(汗)

 

 

{089F9230-C9B2-4CEB-812C-B1932E767EBF}
ぜぇはぁしながらやっと目的のコースに到着
 
体重のかけ方、ブレーキの使い方、腕、お尻の位置、諸々友達に細かく教えてもらってからいよいよ走ることに。
まずは友達が先に走り、その後を走ります。

 

 

{72C39309-195E-48BA-906C-6F698251FE80}
ってなんかもう凄いスピードなんですけど。えぇええぇぇえぇぇぇえ?

 

 

{C6F58BD5-8951-4F84-9DDA-B177504427EB}
怖すぎて腰が引けている私
 
普段ロードバイクで舗装路ばかりを走っているせいか、ちょっとした段差や障害物が怖すぎて自転車になかなか身を任せられません。
実際は、大した斜度ではないはずなのですが、視覚的な恐怖が勝っちゃう。
 
「重心後ろにして、お尻はもっと引いて!」
「腕にもっと余裕持たせて。上半身力入りすぎ」
「かかとでもっと踏ん張るようにして!」
「カーブはハンドル倒さずに加重で曲がって!」
「ブランコの立ちこぎをイメージして足をプッシュして!」
 
って、むりーーー!
しがみつき走行全開ーーー!
 

 

{2BE8E25F-AD7A-4833-B080-101E764BD181}
そのあと、クロスカントリーのコースも走りに行きました
 
ここも大概なアップダウン。というか、かなりの斜度を登らないと下れない。
全開富士見で走った時は完全ダウンヒルだったので、そこまで苦にならなかったんだけど・・・つ、つらーーーい!
 
MTBってこんなに体力いるんだ・・・。
MTB乗ってる人凄い・・・。

 

 

{3ACD431C-D17D-49A7-868F-8C0CAFF30394}
スルスル消える友人。ノロノロ走りの私。
 
2時間半も経つ頃には、息も絶え絶え。
普段なら、このまま午後もがっつり走るといわれましたが、早々にギブアップして切り上げました。
 
最近、ランニングも初めて持久力もついた、と思い込んでたけどめっちゃキツイ。
ロードバイクよりよっぽど体力いる!
ついでに、度胸もバランス感覚も判断力もいる!
 
改めて
 
サガン凄いわーー!

 

 

{CA764D21-8119-42A0-9FEE-AA44B77D49C6}
高圧洗浄機で自転車を洗って終了!
 
これ、前々からやってみたかったからちょっとうれしかったです。
私の汚いロードバイクも洗いたい。

 

 

 

{8988C121-40CB-4919-AEB0-6EEE67780215}
美山ライドの3倍疲れた(>_<)
 
東京でMTBに乗るのは、ハードル高すぎですが、せっかく身近にMTB競技をやっている友達がいるんだから、また帰省した暁には乗りにつれて行ってもらおうかな~。
 
あ、ちなみに次の日は予定通り(?)、腕パンパンでした。
上半身リラックス、難しい。ビビりから脱するの、難しい。
 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

image
憧れの美山、かやぶきの里に行ってきたよ~

せっかくロードバイクをもって帰ってきたんだから、京都の山に走りに行きたい!そして、いい景色見たい!
ということで、自転車の聖地と名高い「美山」に走りにいってきました。

実家から自走で・・・と思っていろいろルートも引いたのですが、自走で行って帰るとどうしても120kmオーバー、しかも獲得標高も2000m近くに。
距離も登りも一人では頑張れないので、サクッと輪行で日吉駅まで向かい、そこからスタートすることにしました。

あぁ、輪行ってほんとうに便利!

image
始発電車で日吉駅に到着

スタート時間は7時半。今日は90km走る予定です。
初めての輪行で乗る電車で混雑具合が分からず、念のため始発電車に乗りました。
それに早くスタートすれば、それだけ時間の余裕もあるし♪

美山から佐々里峠、花脊峠を登り、鞍馬経由で市内に帰る予定です。

image
はぁ、山は良い。山は良い。山は良い。

早朝は、山全体に朝靄がかかっていて、これはこれでまた素敵な眺め。
美山に向かって、一本道を進みます。

しかし、不安になるほどお店がない。
コンビニがないのはもちろん、自動販売機も少ない。うーん。

image
 と、走り始めて18km、ヤマザキストアを発見

image
お茶と豆大福補給をします

実は、補給場所あんまり調べてこなかったんですよね。
このままずーっと、補給できるところがなかったらどうしよう!と不安になって食べちゃいましたが、この後すぐに「道の駅 美山ふれあい広場」に到着。

image
せっかくだからここでも補給

image
 ここでしか食べられないという鹿カレーおやき

スパイシーなキーマカレーって感じで、ジビエにありがちな獣臭さはなかったです。
この道の駅、ソフトクリームも有名らしいんですが、朝早すぎてまだ開店してませんでした。残念!

そして走ること数km

image
美山かやぶきの里に到着

30棟以上のかやぶき屋根の家が並んでおり、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されているそうです。
正に日本の原風景、日本昔話に出てきそうなお家がずらっと並んでいました。

image
コスモスとかやぶき屋根。秋だね~

image
かやぶき屋根と記念写真

到着してすぐはかなり空いていたのですが、あっという間に観光バスが次々やってきて人だらけに!
ここは、ゆっくり見学するためには早い時間に到着した方がよさそうです。

image
とうきびソフトクリーム、いただきまーす

image
手作りおはぎも食べたかったけど、胃にスペースがない!悔しい!

かやぶきの里の前にあるお土産物屋さんでちょっと休憩しつつ、この後のルートとお昼ご飯を食べられそうな場所を探します。
うーん、ここまでずっと食べ続けており、しばらくお腹が減らなさそうなので、30kmほど走って花脊でランチをとることに決めて、再出発。

image
うーん、それにしてもいい道。

いやーーーーー、噂には聞いていたけどほんっっっと走りやすい道です。

①のどかな山里風景が見飽きない
②道が荒れておらず自転車で走りやすいし、車も少ない。信号もない。
③山の中だけどほぼ平地。頑張って登るところ無し
④一本道で迷子になりにくい

①×②×③×④=
美山最高ーー!

image
こんな素晴らしい道がずーーっと続くなんて最高以外の何物でもないよ

ただーーーーし、一つだけ美山には大きな弱点があります。
それは、電波がほとんど入らないこと!

かやぶきの里を出て、花脊峠の頂上に着くまで約40km近く、ほぼずーーーっと圏外でした。

ガーミンがあるからルートはわかるものの、万が一なんかあった時に電波がないと私無力!
近くの民家に飛び込んで助けを乞うしかないのか、等々結構な距離が圏外だったのでちょっぴり不安でした。

まぁでも、自転車さえ壊れなければなんとかなるか。
いや、自転車が壊れても体さえ問題なければなんとかなるか。
いや、体がなんとかなっても声さえ出せればなんとかなるか。
とかとか、いろんな事を考えつつ走りましたw

image
ランチの前に佐々里峠超え

image
両脇に立派な杉が立ち並びます

美山側から登ると、5.8kmで平均斜度は6%くらい。
えっちらおっちら走行で頂上を目指します。

image
登頂!

走ってる最中、近くの大学の自転車部の面々が颯爽と抜いていってくれてうれしかったですw
みんないい脚してる~!

image
花脊峠に登る前に山村都市交流の森でお昼ご飯

image
鍋焼きうどん。お出汁がきいた関西風うどんが嬉しい

この日は晴天で、山の中も20度前後だったのですが、それでも日影はそこそこ涼しかったので、あったかい鍋焼きうどんが沁みました。
お店に出入りするローディーと何人かすれ違ったけど、そこそこ有名な休憩スポットなのかな?

市内に戻る最後は花脊峠!
この花脊峠、大変きっっついと有名な峠なのですが、美山側からであれば8.5kmで平均斜度4.5%とかなりゆるゆると登れます。

image
あれ?キツイところあるのかな?とダラダラ走ってるうちに登頂

ただーーーし、鞍馬から花脊峠に登ると、平均斜度8.6%、5.9kmの道が続くとのこと。
なんでもここを登れたら一人前のヒルクライマーと言われている峠だそう。

実家から10km足らずで場所的には素晴らしく行きやすいところにありますが、これは・・・これは・・・一人では登りたくないぞ!

image
しかもめっちゃヘアピン多いし!

下りもかなり要注意な場所でした。
距離も斜度もきついから、いつか遠い未来に挑戦しよう・・・。

image
鞍馬寺にちらっと立ち寄ってそのまま一気に市内まで走りました

心配だった一人ライドでのパンクもなく、無事ゴーーール!
美山から実家まで走って帰ってこれたなんて、久々にものすごい充実感!達成感!

美山いいとこ!京都いいとこ!
是非みなさん、京都においでくださいw

 

ルートラボはこちら


にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ
気が向いたらポチっとな

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。