世界一の醤油をつくりたい 湯浅醤油有限会社 社長 新古敏朗のブログ

湯浅醤油の社長、新古敏朗が想いを綴ります。
和歌山県の情報の発信、イベント情報などの掲載


テーマ:
当時の30代の若手漁師さんが大人に反対されながら公園(暑寒公園)で即売会(30年前から)をやっていたのが、始まり  手狭になったので、リバーサイドパークに移った。(えびの欲しい人達が集まり)

話題になりすぎて イベント化しようとサッカーグループとその後ろ建が國稀専務(現在の社長)地酒も付けようぜと松倉の親父さんも参戦(息子さん達若者が寝ずに頑張ったそうです)  2010年頃から盛り上がりをみせた  3年間は続けようと


その後住民がほっとけ無くなったため  やる気になった(2014年頃)
増毛町(ましけ)の大イベントに発展 
{49577517-E07F-4CEB-A9EE-DF0ABB5AD5DA}

{7857D037-4207-4936-9A7D-4EB386519472}

{E9065DCD-7F21-46BC-B9BA-E2E6A4D0183F}

{0B750D0F-11EC-40F4-B0BC-719E0CC59A88}



2日で4万人を集客
バスが60台も動員するイベントに成長

國稀酒造株式会社(日本最北端)
{92962778-BD96-4F41-B80A-B65426C8A13A}

{47B84464-CBA4-4294-9BAB-B307FAE48617}

{3EBA09CB-C4A2-470C-B1F6-A9B3B33E5C69}

{72F2FAD1-D344-4C31-A881-D565E34DA93B}

遠藤水産  (甘エビ扱い 日本一)
寿しのまつくら  (日本中からグルメが行列をつくる北の寿司屋さん)  こだわり親父さん
{08E56EC1-AC61-4C39-9AD4-34A71E1CD3E6}

{3E0759AB-FAAD-4BBD-8D38-A42A782AAA12}

{3B4E3AB3-A256-422A-9421-9FFEB30F9E80}


{97F759A6-06E7-4512-B81E-CB6B3D5239FB}

{04DF14EB-5D28-4EE7-8357-B0FEBB0247D5}

この甘エビ
本物はこの色ですよ。
ここのえびは、海老に触れずに皮を剥くくらいのこだわり  (色が違う)

取材は、湯浅醤油有限会社の新古です。
www.yuasasyouyi.co.jp


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

しょうゆ伝道師さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります