世界一の醤油をつくりたい 湯浅醤油有限会社 社長 新古敏朗のブログ

湯浅醤油の社長、新古敏朗が想いを綴ります。
和歌山県の情報の発信、イベント情報などの掲載


テーマ:

湯浅醤油有限会社の新古です。

 

 ハラールやムスリムと言葉を聞いたことがあるでしょうか?

ハラールとは、イスラムの宗教的に食べても良いよということ、

反対にハラームは、宗教的に駄目ですよという食品や料理です。(主に豚肉とアルコール)

 

湯浅醤油有限会社で、ハラールに対応した湯浅醤油を開発し、販売する事になりました。

 

 

image

 

 

 

以前、私は、トルコでイスラム教の信者に3日間、イスラムの教の事を押してもらった事があり、日本の仏教と同じ位共通する素晴らしい考えだとしりました。 日本には、アメリカの情報は多が、イスラム圏の情報は、ほとんど皆無。逆に怖いイメージの方が強い、私も実際に関わるまでは、違うイメージでした。イスラムでは、お金を貸して利子をもらうことは、駄目なんですよ。働かずに儲けると言う考えが駄目なんです。えーって思うかもしれませんが、

その時、私は醤油をもって行ってましたが、そのイスラム教の信者は、最初口にしませんでした。しかし、3日間私が、作った醤油は、その教えに反していることが無いと説明して食べてもらう事になりました。 凄く美味しいと喜んでもらいました。

彼にとって人生初の醤油だったのです。

 

これから後に、ハラールの醤油の事を考えるようになりました。

本当の日本の美味しい醤油を、料理を食べてもらいたいなと言う気持ちになりました。

 

しかし・・・・・・

 

このハラルの醤油を、開発するにあたって消極的になっていました。

理由として、認定してもらうために、調査が入りチェックし駄目なところは、修正し認定書をいただくと言う流れになるのですが、ハラルの協会に対して支払う費用で湯浅醤油の規模で、初回100万円、年次更新50万円必要だと聞きました。この時点で、商業的には、不可能だということを思い知りました。

えっ これは、イスラムの教えとして正しいのかとも思い困惑し、本当にイスラム人に和食や醤油を食べさせたいという思いが感じられなかったのです。逆に日本人から取ってやれという風に感じられました。違う、何かが違うと思い、湯浅醤油(有)は、ここであきらめる事になりました。

 

しかし、数年前に知人から、マレーシア政府関係者から、日本でハラルを進めて欲しいという要望がきているから、メンバーに入って欲しいという話しでした。

私は、上記の事を伝え認定機関に対して不信感を持っていると伝えましたが、

日本料理国際化協会に、関わらせていただく事になりました。

 

ここでは、日本料理を世界の人に伝えようという活動で、

ハラルの醤油はあるが、日本料理に使える美味しい醤油が無く困っているから、本物の醤油をハラルで出して欲しいという要望がありました。

 

そこまで、いわれたらやるしか無いかなと思い色々考えていたところ、

今回お世話になった、シンガポールのハラル認定資格保有者に繋がりました。

彼の考えは、ボランティア的で、ハラル信者に美味しい日本食を食べて欲しいという思いの

有る人でした。これこそ私が考えるイスラムの教えを純粋に信仰している人だと考え認定してもらう事になりました。

 

 

シンガポールか来ていただき、社員全員で研修を受け、ハラルの教えを考え方を勉強しました。

 

製造担当者は、湯浅醤油の製造過程でハラルに準ずるかどうかを確認して、チェックしてもらい、会議をかさねました。

 

これらを経て、今回 

「ムスリムフレンドリー湯浅醤油」の完成にこぎつけました。

 

美味しくて、安心して食べる事ができる、ハラルの醤油が誕生しました。

この考え方に、共感する人達に使って頂きたいと思っています。

 

湯浅醤油(有) http://www.yuasasyouyu.co.jp
丸新本家   http://www.marushinhonke.com 
Facebook     https://www.facebook.com/yuasa.soysauce.marushinhonke?ref=hl

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

しょうゆ伝道師さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります