Winnie the YUAPU

こんにちは。結婚出来ない男です。Hondaゼルビス乗りになりました。/ JPOPからデスメタルまで / たまに一眼レフの写真UP / 中年のクズです。/ 低脳低学歴低身長低年収デブ臭豚歩く公害


テーマ:
えーーーーー




今頃、浜松市にいる予定だったのですが
体調がすぐれないので、遅れがちなブログ更新中です(^-^ゞ





というわけでカブ旅2日目
この日は広島の大竹市にいる友人に会いに行く

前日に泊まったのはこんなホテルでした

福山センチュリーホテル

一泊\5,00の割には色々ちゃんとしたところだった
今度来る時も使わせてもらおう

ちなみに本当は尾道周辺で探していたのですが
空き室がないところばかりでした

出る時、ここの宿泊者で、スズキの隼に乗ってる人に話しかけられた
排気量関係なく、バイク仲間と見てくれるところがいいね!

・・・ま、私もドカに乗ってるけどね(^-^ゞ
こういうふれあいがあるから、バイクはやめられないのさ。





福山から大竹まで約140km
途中の原付が通れるバイパスで
「エンジン大丈夫かおい!?」っていうほど最高速アタックしたり
(っていうか、100km/hで流れてるので、そうしないと怖すぎた)


広島市内に入ると、宮島あたりの渋滞に苦しみながら駆け抜けまして


無事大竹到着!

(友人宅マンションより)


っていうか広島県って広い!
静岡も広いけど、同じくらい端から端まで
距離があるような気がした



多分会うのは数年ぶり。久々の再会だ!




「あ、ゆあぷー君にね、
是非とも連れて行きたいところがあるんだ」


そういわれると期待感パネエよ((´∀`*))

このYOU ME(ゆめタウン)の看板を見たら
ああ西に来たんだなあって思う


何気に広島には昔から足繁く行っておりまして
友人が広島に転勤になった時に5回ほど行ったのではないか


マツダスタジアムにも行ったし
勿論厳島神社にも行ったし
広島県民ならだれもが知ってる「お好み焼き村」にも2回行った

ついでにお好み焼きも、関西風ではなく「広島風お好み焼き」のほうが好み


このまま広島県民になれるような気がするほどだ





それはそうと、友人が連れて行ってくれた先。





なんだ
ここは!?








山口県にある知る人ぞ知る名所「いろり山賊


記念にパシャリ


屋台のようなものもありますが、
一つの敷地に3つほど店がある
あたかもフードパークのような感じです

その中でもメインと思われる「山賊」に並びます




しかし外装とか飾りにいくら掛かってんだ!?


それにしてもすごい人出
昼のピークを過ぎているのに、それでも20人待ちぐらい


やっと順番が来て、景色のいい場所に通され

「これは食べておくべき」という友人の勧めで
山賊むすび、山賊焼き


そしていろり焼き




豪快に行きます((´∀`*))

香ばしくてウマウマ!!
そしていろり焼きも意外と量があり、肉質も柔らかく素晴らしい



ペロリと食べてしましました(・∀・)

ここ、会社の山口出身の人も知っていることから
かなりメジャーなスポットなのでは





時間があれば、山口の角島にも行ってみたかったけど
さすがに時間がなく、次回の楽しみにとっておくことにしました




友人T君と奥様、ありがとう((´∀`*))
次大阪来たとき、たっぷりごちそうするから!



次回はいよいよカブ旅ラスト!
つづく
AD
コメント(8)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
香川県の綾川を出発したのが午後二時ころ


ここから今治のしまなみ海道まで約100km
日が暮れるまでには、なんとしても
しまなみ海道の入り口にたどり着きたい


しまなみ海道から見下ろす
絶景の夕暮れが見たい



ほとんど休憩も取らず
渋滞にも負けずひた走る





そしてやっとの思いで今治に到着
しまなみ海道自転車道の入口が分からず
色々迷いながらも
午後5時30分頃、


ついについに!
しまなみ海道到着!!



この時の感動たるや((´∀`*))




おさらいしておきますと
しまなみ海道は高速道路、自転車道と二つに分かれておりまして
自転車道は、高速道路とは別の入口となり、橋部分は高速道路と並走、
それ以外は島の一般道を縦断して行き、
橋を渡って→島内を進んで、の繰り返しとなります


今治から尾道方面ですと
今治→大島→伯方島→大三島→生口島→因島→向島→尾道
までをホップするように島を渡っていくルートになります
今治から尾道までの距離は、およそ65km
原付二種だと、ざっくり2時間。自転車だと3~4時間程度のルートでしょうか



各橋の前には料金箱とゲートがありまして

こんな感じでアナログにコインを入れていきます


<ワンポイントアドバイス>
事前に50円玉を多めに用意したほうがいいです。
無い場合は島内の自販機かコンビニなどでお釣りをゲットしましょう。
通行料金50円のところ、2回も100円を入れるハメになったゆあぷーより
あと無人だからと言って、払わずに通ったらだめよ!
ちゃんと監視カメラもついてますし、いまどきビックリマンチョコの値段よりも安いのです。
ケチケチせずにね☆



さてさて橋を登っていくと・・・うわあ!!!!
すごい景色!!!



道を通るだけでここまで感動したのは初めてだと思う
バタついててスマホカメラでの撮影で
一眼レフカメラで撮らなかったのが悔やまれる





橋の真ん中は高速道路で、多分車からはここまでのオーシャンビューは見えないと思う
でも自転車道は、橋の一番端っこを通る道になっているので
(3枚目参照:右側は、もう海です)
圧倒的なオーシャンビューが楽しめるのです



人口建造物である橋から見下ろす圧倒的な景色。
夕暮れでなければ、ずっとここに居たかったぐらい


ただ、自転車道なので道幅は狭く、すれ違う時には徐行が必要なほど
なのでこの写真も他のバイクが来ていない時を見計らって撮ったので
長居は難しいかもしれませんね






しまなみ海道沿いであることを示す、この青いライン



島内は少し入り組んだところもあるが、
この青いラインを目印にすれば
道に迷うことはないはず




事実、夕暮れ以降は、こんな漆黒の闇に(´・ω・`)







何度か道を外れたけど、この青いラインのおかげで
無事しまなみ海道に戻ってこれた



あと橋に向かう時、降りた時の道は
かなりスロープ状になっていて、
急勾配、急カーブ、見通しが悪い


チャリが多い時は要注意だと思った






そんなこんなで約二時間半後の午後八時
ついに向島を抜けて広島尾道に入った



尾道ラーメンを食べたかったが、もう疲れた
福山に向かって、第一日目は終了



しかししまなみ海道はもう一度走ってみたい
チャリでも一度走ってみたいと思った
感動しますよ(・∀・)
AD
コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日、この記事のとおり
長年使用したSamsung SC-06D(Galaxy S3)から
Xperia Z Ultraへ機種変更した




Galaxy S3は、しばらくの間家庭用サブ機として保有していて、
防水さえあればカブ用ナビとして活躍してくれるかとも思ったが
防水ではないのが最大のネックであり、使い道がなくなってしまった





かといってSIMロックもされているので、ヤフオクで売却しても
せいぜい数千円
まあそれでも家計の足しにはなるが、もっと有効な使い道がないものか


と思っていたら

まめぞーさんがこの機種を欲しがっているという情報をキャッチ!



そういえばOCN系のSIMを使用されていて
SIMロック解除しなくても、そのまま使用できるとのこと


こんなオンボロ機種でいいんでしょうか・・・
と一抹の不安を覚えつつ、まめぞーさん宅へ送付。



まめぞーさんには去年の関東遠征時にお世話になっており
こんなんで申し訳ないが恩返しできれば。。と思った



数日後・・・

仕事で疲れた体にムチ打ち、帰宅した私
ん?何か荷物か?最近通販なんて買ってないぞ・・・


ん?
こ、これはぁぁ!!!


(写真適当撮りでごめんなさい)








水曜どうでしょうグッズ
感謝感激大感謝!!


この「onちゃんが乗っています」
絶対カブにつけよっと(笑)


まめぞーさん、ありがとうございます!!


・・・またカブツーしたくなってきた。笑
AD
コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
1日目-1 :うどん県の洗礼


無事に知人と合流出来まして
怒涛のうどんタイム!!


香川在住で、このあたりのうどん屋に詳しい知人

何しろ事前のメール連絡で「伝説的なうどん屋ばかり巡るので
楽しみにしておいてくださいね」とな!



伝説

LEGEND



これは夢伝説 by スタレビ




大阪にも「やまもと」という伝説的なネギ焼きの店や
和楽路屋という伝説的なたこ焼き屋があるが
そういったたぐいの店か!
期待感ハンパない((´∀`*))





集合は朝8:30とのこと
そんな朝早くからうどん屋なんてやってるの?



という疑問は、

ものすごい行列を見て
いとも簡単に崩れ去った


「朝ラー」はメジャーだけど
ここでは朝うどんがメジャーだった
開始早くもうどん県の洗礼を浴びるわたし

1.山越うどん


釜玉うどん(釜揚げうどんに玉子入り)の元祖という山越えうどん
つい最近、ももクロのメンバーもここに来たそうな


やはりおすすめは「釜玉うどん」なんですが
残念ながら半熟より柔らかい玉子が苦手なので
釜揚げうどんをいただくことにしました

これで250円。値段も安い!意外と量もあります


感想:何この麺の粘り!!


なんというか、まるでもち米のような粘りの中に
アルデンテなかみごたえが残っておりまして


めっちゃうまい
もう吉田うどん食べれないかも




次に蒲生うどんに行く予定だったのですが
1時間待ちという凄まじい混雑で、諦めてスキップすることにしました。。
次回は是非。




2.もり家

ここはかき揚げ天ぷらのサイズがすごいらしい


うどんの中にかき揚げが立ってます!


うどんのコシは、山越うどんには少し及びませんが
このかき揚げがめっちゃ美味しくて、すごい満足感を味わえました((´∀`*))



3.山下うどん
連ちゃんのうどん突撃攻撃に
いささかの満腹感を感じつつ

本日最後の名店突撃となる山下うどん
ここはぶっかけうどんとその麺のコシでつとに有名だそう


ピークを外して行ったのにこの行列!
私が頼んだのは「ぶっかけ肉うどん」


事前情報どおり、これは山越うどんを超えるかもしれない
ハンパない麺のコシだ


そして肉うどんだけど、レモンが添えられているおかげで全然しつこくない

美味しい!

多分満腹じゃなければ
もっと美味しく感じたはずだ




うどん屋巡りはこれにて終了





と思ったか!




山下うどんの近くにある道の駅で
うどんアイスなるものを見つけた


さっぱりうどんアイス(一般向け)
純こってり(チャレンジャー向け)
超こってり(チャレンジャー向け)






迷わず超こってりを選択((´∀`*))


ところどころに確かにうどんが入っているのが確認できます


恐る恐る食べてみる




・・・





意外とオイシイぞこれ((´∀`*))
次回来る時も超こってりを注文しよう




案内して頂いた知人に感謝を伝えながら
私は一路、今治へ向かう



つづく
コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
飛び飛びになってしまいましたが
カブを手に入れて、即ロングツーリングに繰り出すことに
なりました



今回の旅程は


1日め
和歌山港→徳島県→香川県→
香川在住の知人と、うどん屋めぐり

今治→しまなみ海道を渡って広島尾道へ



2日め
尾道→大竹市に住む友人を訪ねる
そのまま新門司港から大阪行きのフェリーに乗るか、陸路で東に戻る



ざっくり全行程1000kmを走る
走りごたえのあるコースになります





まずは金曜日の仕事を終えて、速攻で和歌山港へ
午前2時50分の徳島行きフェリーに乗る



26号線がまさかの原付二種通行不可でかなり焦ったけど






山越えルートで迂回して
無事午前二時頃、フェリーターミナルに着くことが出来ました

(眠さと寒さで写真ブレブレ。。。)




写真に撮ってないけど、山の上から見下ろす和歌山の街は綺麗だったなあ
周りはお化けが出そうだったので長居してないですorz




そうそう、わざわざ和歌山まで行かなくても
神戸→香川県に行ける直通フェリーもあるのだが
和歌山まで来た理由は




通常1300円かかる原付二種車両運搬料金が
3月の終わりまで無料!

(もうキャンペーンは終了してますね)


まるで私の四国行きを見計らったのような
タイミングのキャンペーンに
乗らないわけ行かないでしょ(^o^)v













ガラガラですが、車の入庫前のため。
早朝から遊ぼうという人が多いのか、そこそこ乗客は多かった



乗船後、眠さMAXの私は
早々に床に寝床を確保し爆睡



……



あっという間の2時間
午前5時過ぎに徳島港に着いた





眠い。
寒い。




ここから香川県の知人との約束場所まで約100km



小雨も降り、寒さにうち震えながら






3時間後、何とか約束場所まで到着
イオンモールの中だったので、店内で暖をとる
身体の震えが止まるのに15分ほどかかるほど
冷えきっていたようだ


ちなみに燃費は、ざっくり60km/Lといったところ
さすがに優秀だ(^o^)v




つづきます
コメント(11)  |  リブログ(0)

テーマ:
大阪でも、長い雨と共にあっけなく桜が散ってしまいました




っていうか、今年の桜の見どき、少なすぎね?
多分一週間もしないうちに過ぎ去ってしまったような気がする。







というわけで、散らないうちに、を撮って参りました。



うぱ様と一緒に。




最近文ちゃんが気合いの入った写真をupしてるので
私も、いざ!!




桜って淡い色だから、色あわせにかなり苦労します
露出オーバー気味にすると、あっという間に白とびするし
露出を控えると今度はモデルさんの美しさが最大限引き出せない。





色々試した結果、
ラブリーうぱ様にあわせて
赤みを少し強調してみました。






夜桜も。



夜の撮影はホントに苦手なんです
すぐぶれるし、対策として感度を上げるとノイズが邪魔をする
とりあえずISOは1600にあわせてみました




夜景1枚目だけ、AF-S Nikkor 50mm f1.8
そのほかは全てSigma 17-70mm f2.8-4,5 Macroです


何とか形になったでしょうか?


去りゆく桜の季節ですが
余韻を少しでもお楽しみ下さい。
コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:


・・・翌朝。


頭がガンガンする

気づけば海路邸の施術室にいた




これはヤバイ
このレベルの二日酔いは近年なかったやつだ
一時期、肝臓のγ-GTPの数字がすごくて医者に怒られ
深酒を止めて以来、ひどい二日酔いはなかった


「カイロさん
めっちゃ気分悪いので
施術お願いします」



と言おうと思ったら








「おええええぇぇぇぇぇ」
・・・海路氏も同じ状態だ
orz





あれだけしこたま飲んで、3時間しか寝ていない
そりゃ頭がクラクラするはずだ



そんな中、海路さんのお子さんたちと
早々に車で大阪に向かう



・・・出発前に海路邸に咲いていた
綺麗な花をパシャリ



・・・ダメだ、構図が・・・オレは何を撮りたいのだかorz





車の中でも、何を話したか覚えてない
確か優真君にモバイルバッテリーを貸した覚えがあるが・・


ごめんね、愛果ちゃん
何度か話しかけられたと思うけど、
おじさんはHP4/53  MP0/24な状態で
とても余裕がなかったんだ









そうそう、出発間もなくして
海路氏から、とんでもないことを言われた



「ごめん、ゆあぷー、運転代わって!
帰り道居眠り運転しちゃうよこれじゃ」



コノワタシニ運転ヲマカセルノデスカアナタハ?


・・・っていうか、保険家族限定じゃないよね?

聞き忘れたけど




ここぞとばかりにワゴンRをぶっ飛ばす私



そんなこんなであっという間に大阪についた
目指すは道頓堀



文ちゃん!来たぞーーーい!!


文ちゃんは体調が万全でない中、頑張って体を起こして迎えてくれた!
事前にブログなどでやり取りしてそうだと思ってましたが、
思いに違わずナイスガイです!

(文ちゃん、もしモザイクかけたほうが良ければ言って下さいね!
ブログで隠れてないので、あえて出しております)


二日酔いだったことも忘れ
話が咲きまくる


文ちゃんとは私と趣味が本当に似ておりまして
中でもカメラは私が駆け出しカメラマンなのに対して
レンズを多数保有し、素晴らしい撮影テクニックを持っているため
今度師匠として色々教わろうと思っているのであります



写真撮り忘れましたが、素敵なお菓子まで頂きまして
有難うございます!
奥様にも気遣い頂きましてすみません。。。



道頓堀だったら、会社から割とすぐだ
こんな近くに気の合う仲間を作れてうれしい((´∀`*))


文ちゃん、奥様、本当に有難うございますm(_ _)m
海路さん、優真君、愛果ちゃんもありがとね!



帰りは海路さん車で吹田まで送って頂き
ワープ航法で自宅に帰りました((´∀`*))


















ん?










勘のいい方は分かりましたかね?

















「お前、ENはどうしたんだよ」







・・・よく気が付きましたね。






EN125はこの日をもって、海路氏に譲渡致しました。



先日、新たな相棒となるスーパーカブ70を入手致しまして
カブ70が面白くて楽しくて、気づけば出かけるお供はカブかドゥカティばかり
ENにかける愛情を保てる自信がなくなり、
手放したというわけです。



メーターを変更しており走行不明扱いで、売っても二束三文ですが
エンジンはまだまだ元気だし、
チェーンやスプロケはサビサビだけど、ちゃんと交換して
細かい消耗部品を替えればまだまだ活躍してくれるはずです



まあ、海路さんにはバイク関連で色々あったので、
すぐに海路さんライダー復帰というわけにはなかなかいかないでしょうが、
きっと近い将来、愛知県でブイブイ言わせることでしょう。
その日を楽しみにしています。
コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:
3. 岡崎の夜は長い

※今回は半分フィクションです

前回のあらすじ

新時代で飲んだくれ
へぼでも同じく飲んだくれ
終電を逃した夫婦が約1組


でも、私たちには終電など関係ない
千鳥足でたどり着いた先





そこは・・・・



夜の街♪

・・っていうか、ここはどこだ!?
さっきまで閑静な住宅街だったのに
突如として現れた夜の街


調べたら六名(むつな)というところらしい



私も結構酔っていたもので、あんまり覚えてないんだけど
K路氏が大好きな、ピンクが似合う店
入ったことは覚えている


あんまり女の子が来ないものだから、
黒服のセカオワのFukase似のお兄ちゃんに


私「お兄ちゃん!指名っていくらかかるの?」
Fukase「¥1,000かかります」
私「やえchan呼び出して!」
Fukase「了解いたしました」




と、MP1000使ってお得意の召喚の術を唱えた
やえchan「お待たせ~~♪」


と同時に、隣が騒がしい
「※いjしぽwじぇc;kうぇjくぁwせdrftgyふじこlp~~~!!!!!」



具体的には話せませんが、色々行き違いなどありまして
・・・あんまり楽しく話せなかった。。。orz

ま、話を聞くと、店も女の子も事前に説明しておくべきだと思いましたけどね。
でも・・・オレの\1,000返せ~~(泣)



そのあとはまさかの四軒目・・・
あんまり覚えてません
何故か私に、女の子とのロマンスのうわさも駆け巡ったようですが
所詮は一夜の夢


寄生虫より醜い私が女の子と恋愛するなんて、ありえませんから!
でも楽しかったよ
・・・楽しかったけど、代償として、3月分の貯金として貯めていた
諭吉4人が財布から消えていた


・・・いいのさ、楽しかったんだから。
来月から貯金頑張る。





あ。所帯持ちの皆様の名誉のために言っておくが
東海メンバーと一緒に行ったわけじゃないからね




ね、てっちゃん。
コメント(10)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。