オバマ大統領の言葉って。
訳してる人の用いる語彙が適切なんだろうとか、そんなことは考えなくても。
演説の言葉が、素直でストレートだなぁって。
毎回ちゃんと聞いてる訳じゃないけどねぼけー

"子どもが朝起きてきて、向けてくる笑顔" とか、
当たり前にあった、今も当たり前にある情景でも、言われなきゃ「ああ、そうだね」って思い出さない。

アメリカの大統領が広島に行くことは、原爆投下を謝ることになるから反対だって声が、あっちの国であるよね。

それは日本の総理大臣の靖国参拝と同じような問題なのか、それは私にはよく分からないけれど、

(でも、靖国参拝は下手に周りの国に刺激を与えるなら、やらなきゃ良いのにと思う。気持ちだけにしとけ!って。
大体、いつも変な時期に、刺激するのが目的かって感じで やるんだもんね)

謝る謝らないとかって捉え方だけだと、核の廃絶なんて話は出来ないんだろうな。

オバマさんは立場が大統領だから周りの見る目は複雑だろうけど、
立場が大統領だからこそ、「これから どうしていくか」を目に見える形で表す必要もあるんだよね。

それにしても、難しいねぇ。

核兵器は作ってしまったら、無に出来ない、戻せない物だし。

基地問題も言葉にすることは憚られる。



すべてがなかった頃に戻ることは出来ない。
でも、なかった頃がどんなだったかも、もう、誰も知らない。

今 ある、その状況から どうしていくか考えるしかないのに、
あるという状況を作った過去は、守りたい。

どうするのが良いのか分かりきってても、
天秤にかけると過去が重くなる。

変な世界だよ。



AD

あれ?乳腺炎?

テーマ:
一昨日の深夜、授乳のために起き上がろうとしたら、右の乳房の乳首より下の辺りで激痛😵

でも、とにかくも、くぅちゃんに飲ませなくちゃ…と右の乳房からあげ始めました。

あげながら、観察。

吸われてるからといって、乳房や乳首、どこかの乳腺が痛い訳じゃない。
発熱してない。
乳房の張りは、飲まれてない左と同じだし、飲まれたあとの右の乳房はフニャッと柔らかい。

じゃあ、なんで痛いわけ?

朝が来てから、乳腺炎について、もう少し調べる。

発熱のない乳腺炎もあるらしい。

ただ、
痛い部分の色が変わってもいない。
白斑もない。
たぶん、出は悪くなってないけど、一応マッサージしてみる?したら、力いれなくてもピピッと母乳が飛んでった😰

だけど、痛いの変わらず。

思い付く理由は。遡ってみると…

先週 金曜のプールの日の夜、くぅちゃんは、一晩中抱っこでないと寝なかった。
土曜の夕方から、くしゃみ連発、鼻水が流れ出し、初めての発熱。39度手前まで。
土曜だけど19時半までやってる小児科(市内だけど、4駅先)に駆け込んだ。
どうやら、昔で言うところのプール熱?それと、プールで冷えたから体温を上げようとしてるとか。
加えて、日曜の夕方から私がのどが痛くなり、心配通り、副鼻腔炎に。
月曜に二人で耳鼻科で薬を出してもらう。

そして、火曜の夜に右の乳房が痛くなった。

ということは、金曜の夜から、水分補給のための授乳の量がいつもより多かったから、かな?
母乳の需要と供給バランスが崩れたのと、私の体力がなくなったのと。

結局、痛いところが痛い(押されたりすると特に)だけの状態で、最寄り駅近くにある産婦人科へ初診で掛かる。

「所見が少な過ぎて、乳腺炎と言うにはねえ…😰
(お薬手帳見て)耳鼻科で抗生物質出てるんだね、これのせいで熱とか腫れとかないのかもしれない。
血行が良くなることで乳腺炎が治まることなあるから、そのための漢方の葛根湯飲んでみる?」

1日二回、5日 分の葛根湯。
昨日の夜、今朝。
二回だけ飲んで、昼の授乳で気がつく。

もう痛くないわ。

うーん、乳腺炎だったのかな?
葛根湯が効いたのかな?

中途半端でトラブルにもなりきれないトラブル。
よく分からない😥
AD

職場の人達がうちに来た

テーマ:
今日のお昼に、
「今日はこれからご在宅~?」
と、

産休中にも「(出産の兆候は)どうよ?」と電話をくれた同期の男性から、メールが来ました。

今日は雨だし(工事会社なのでね)
…これは、自宅に来るのかな?と思った私。
来るとしても、一人じゃなくて、何人か一緒だろうなぁ。

「いるよー。来る😄?」

(事務所建築中のため)今いる仮事務所から私の家までは、国道を走って10分ほど🚗。

少ししたら、同期の男性と、私の上司と、今年度入社の女の子の、3人が来ました。

うちに居たのは30分ほど。

くぅちゃんは、どうしたのよ?と思うほどに、それぞれに抱かれて、ニコニコとおしゃべりをしていました。

同じような感じで、じぃじに抱かれてくれたら良いのになぁ😅
自分の家の中だから、それが安心なのかな?

家のこと、生活の様子、保育園のこと等々。
くぅちゃんを真ん中に座らせて、リビングの床に車座になって話していました。

やっぱり、くぅちゃんをずっと見ていたい気持ちだけでなく、仕事というより職場に戻りたい気持ちがあるんだなぁ…


実は今日も午前中は、保育園見学でした。

どこもだけど、0才児クラスは定員が少ないよね😢
今日のところは、3人が定員でした。
ってことは、0才児クラスの保育士さんは一人だけ。

むずかしーい😞

おんぶして仕事に行っちゃ ダメですかー❗
AD

読み聞かせが難しいので

テーマ:
3カ月頃からのくぅちゃんは、読み聞かせが難しいです。

なんでかというと、目の前に本が来ると、口に 入れたがるから。
本に限らず、とにかく口に入れちゃう。
思うように口に入って舐められないと、泣いて怒るんですよね。

それを我慢させて、ムリヤリ読んで聞かせてたりするけど、いや なかなかショック

でも、音には反応するし、口笛とか歌うのとかは好き。

どうしたもんかな。
あ、明日は雑誌とかの回収日だから、捨てる前に読み返しとこ~と、昨夜の寝かしつけのあとに読んでいたら、

先月のひよこクラブで、オーディブル(Audible)というアプリで読み聞かせができる…というのがありました。
Amazonのファミリー会員なら3カ月無料で利用できると。

ダメ元で、私もお話考えなくてもいいし、やってみよ~と、インストール。

そういえば、私も小さい頃、絵本の他に、カセットテープの童話を聞いていました。

日本の昔話シリーズ、世界の童話シリーズのセット売りされていた本もあったけど、大きめで、ちょっと重いそれらの本は、
幼稚園の年長さんから通い始めた習字教室で平仮名を覚えてから、自分で読むようになったんですよね。

それまでは、母に、仕事の合間に読んでもらって(自営業の事務所に入り浸っていた)、忙しいときや車で出掛けるときにカセットテープで聞いていました。

だからかな?
アプリの画面見せるのは抵抗あるけれど、お話を読む声を聞かせることには全く抵抗なく。

今朝から試してみましたが、いい感じ。
合いの手入れたり、言葉にあった動きをさせてみたり。

聞くことはできると再確認。

無料で利用できるうちは使って、口に入れるのが落ち着いたら、本に戻りたいなぁ

保育園見学に思うこと

テーマ:
認可保育園の利用申し込み申請は既に提出済みですが、第一希望で出した保育園の見学に、今日、行って来ました。

今年の四月に開園した新しい保育園。
園長先生に案内していただいて、どんな考えで子どもと接して保育しているかを聞きました。

時間も、2才児クラスのお昼ご飯の様子も見ることが出来て良かったです。
今までの見学では、それより前に案内が終わってたから、給食室で作ってるとこしか見てないの。

やっぱり第一希望はここだなぁ…と思いました。
でも、定員いっぱい😢
もう一人、保育士さんが0才児クラスにいればなぁ。

でも、縁がありそうな気もしている…

ただね、うちの くぅちゃんが入るために、今いる、今日 0才児クラスで会った子達の誰かが退園したからっていうのは、なんだか嫌なんですよね。

前の記事でも旦那っちが「他の待機児童は敵だ」と言ったけど、私はそんな風には考えられません。

当然、既に入園している子達がいなくなれば…っていうのも違う気がする。

特に、今日会った子達は、今まで見学に行った保育園で会った0才児の子達と違って、とても私に興味持ってくれて、かわいいなぁと思いました。

申請の希望順位は物理的な理由でした。
家や駅に近いとか、園庭があるかとか。
他に見学に云っていた保育園では 、気持ちがやっぱりその理由より優先することはありませんでした。

でも、この保育園は、気持ちが、行きたいなぁ。
いや、私じゃなかった。
くぅちゃんを行かせてあげたいな。

もうひとつ、保育園見学に行く度に思うことです。

0才児、1才児クラスに、くぅちゃんを抱っこして入る。
それがね、お母さんを恋しくさせちゃうんじゃないかな…って思うのです。

まあ、時期がね、今はならし保育も終えて落ち着いただろう頃だと考えるから、私がそう思うだけなんですが。

今日の保育園は開園したばかりだから、すべてのクラス(まだ0から2才児クラスしかない)の子が、4月に入園した、ならし保育を終えた子達だから、余計にそんなことを考えながら、行きました。

でも、今日、1才児クラスから「バイバイ🙋」と出るときに、
「おかあしゃーん」
って、小さい声が聞こえたんですよね。

見学は行った方がいい、行かないといけない…とは言うけれど、気が引けてしまうのです。

せっかく落ち着いて保育園で過ごしてるだろうに、一時でも 寂しい気持ちを起こしちゃうのが。

ひととき泣いたあとは、ケロッとしてるかもしれないけどね。

きっと、くぅちゃんが保育園に行き始めたら、最初はどうなんだろう?と気になるからなんでしょうね。

私だって幼稚園に入ったばかりの頃、お散歩に行くと聞くと、これ以上家から遠くなるのかと思って、幼稚園のトイレに立て籠ったことがありますから。