暇です

テーマ:
もうすぐお迎えに行く時間です。

保育園は家から歩いて15分(普段使う最寄り駅の隣駅に近い)。
でも、家に帰らず、隣駅周辺を探検し、いくつかカフェを発掘にやり

出産してから、買っても読んでない本達。
持ち込んで時間潰すのもアリですな。
そんなのも、最初だけでしょうが。

一応10月1日で復帰予定として、営業所の所長と上司には会って話してきてあります。
9月末の育休期限まで、産後ガタガタの関節をなんとかし、
旦那っちからも行けと言われている岩盤浴に通い、
二人目妊活も致しましょう。

くぅちゃんを妊娠したときは、体外受精周期中の溶岩浴、効いた気がするんですよね~

さて、お迎えだ。

保育園前の小さい公園で、お迎えまえの10分を過ごしてました。
AD

今日から保育園

テーマ:
9時に、くぅちゃんを預けてきましたぐすん

保育園側は半日でも大丈夫と言われましたが、私が大丈夫でなくて…

一応、11時にお迎えに行く予定です。

その前に何かあれば連絡くださいと言いおいて、くぅちゃんの泣き叫ぶ声を聞きながら、保育園から出てきましたショック

家族以外にお願いするのは、子育てセミナーに参加したときにもしていますが、30分もたずに戻ってきていた。
保育園はそうもいかないから、迎えに行くまで泣いてるのかな~


4ヵ月のとき、心臓の検査で心電図、レントゲン、超音波の3つをしたとき、大泣きでした。

技師さんには「4ヵ月だと思ってナメられないな~」と言われ、

お医者さんには「(眠る座薬入れたのに)こんなに根性で起きていられるのか」と言われ…

あまりに泣いてエコーがとれなかったので、座薬を入れるはめになりました。


昨日までは私がしんみり。
育休はまだまだあるけれど、もっと長く一緒にくっついているつもりでいたのになぁ。
と。

今朝はもう、そんなこと言ってられないので…

保育園は年上の子どもも皆一緒の混合保育。

子育てサロンとかに行くと、赤ちゃんでも、年上の子どもにも、ニコニコ手を差し伸べる、お友達が大好きな くぅちゃん。
早く保育園のお友達にも気がついて、楽しく遊んでね。

とはいっても、それはそれで、やっぱり寂しいぼけー
AD

離れよう!

テーマ:
いい加減、しんどいな。

聞きたいように聞けばいい。
思いたいように思えばいい。

されなかったことばかり数えて、恨めしく思うなら思えばいい。

(そういうこと言われると、「だったら私だって」と言いたくなるのが、私自身、嫌になる)

自分の思ったことをぶつけて済むなら、すれば?

「そんなこと考えてもなかったんだけど」と答えて、もやもやに振り回されてた私が未熟者だった。

もう いいかな?と気を緩めた私が馬鹿だった。

くぅちゃんにあげる おっぱいの味が不味くなっちゃうから、精神的な距離はもっともっと離れよう。




はい、愚痴です。
でも、あー、スッキリ



AD

哺乳瓶問題が解消出来ない…

テーマ:
とうとう来週になった、来月1日。

今日、保育園に着替えやらオムツやら、必要になるものを運んできました。

よく耳にするような、手作りの保育園用品って、今まで認可保育園に見学に行っても聞いたことないし、今回お世話になる認可外保育園でも ありません。

お昼寝布団も要らないから、運ぶのはそんなに大変ではありませんでした。

だがしかし、くぅちゃんのミルクのための哺乳瓶。
結局、使えないままなんですよねえーん

生まれたときから、ピジョンの母乳実感を使っていたのですが。
どこぞの知恵袋で時々、それなら大丈夫だったとかあるけれど、うちはそれがダメ

寝かしつけの授乳の途中で自前の乳首から哺乳瓶に差し替えることも何度もチャレンジしましたが、全然ダメ。

コップ飲みで、お茶や水は飲むのに、ミルクにすると顔を背けられ…

あ、買うことのできた粉ミルクを数種類、試してみましたが、どれも そんな感じです
ぐすん

ちなみに、個人的に、私が嗅いでも「こりゃ無理だろ」と思う匂いのミルクもありました。
それだけは、勿体ないと思うことなく、ごみ箱行き。

保育園の荷物にはスパウトと、部品替えればコップ飲みの練習もできるものも持っていきました。

あー、どーしよー
胃がきりきり。

さっき、乳首が「ママみたいな質感」とうたっている哺乳瓶を、アマゾンで注文しました。
ミミジュミってやつです。
高~い札束
これでダメなら胃も諦めるだろう笑い泣き

もう寂しい

テーマ:
7月からで、まだまだなのに、くぅちゃんを保育園に預けるということが、もう、やたら寂しいのですぐすん

まだまだといっても、あと2週間。

哺乳瓶の乳首はカミカミで、飲むどころじゃない。
60ミリまでの計量コップで、コップ飲みを練習することにしました。
停滞していた離乳食は、昨日からやっと、かぼちゃ粥や、さつまいも粥を小さじ三口ほど食べてくれるように。

保育園におく、着替えやタオルなどの準備は、可愛いものを選ぶのが楽しい反面、なんだか むなしい。

一日中くっついていて、時には「一人なら楽なんだけどな…」と思うこともあった外出も、
保育園に預けて、私もくぅちゃんも慣れたら、離れてるのが当たり前になってしまうんだろうか。

10月1日といわず、早々に復職したら?なんて考えることもあるけれど、この寂しさはそれで埋まるもんじゃないんだろうな。
育休はギリギリまで取りたい希望だったし、復職するまでは 保育園の時間前後のくぅちゃんを堪能したい。


小さい時はあっという間。
手を離すことが近くなってきたら、とても実感します。

生まれて1か月はこうだったな。
引っ越したばかりは、こんなだったな。
最近、こんな表情するようになったね。
あれ?今、歌ってるね?
月齢上がるにつれて、甘えん坊になるなぁ。
とか。
意外にも出産後からほぼ毎日つけてる育児日記を見返してます。


毎日一緒にいて、
日中、やむを得ず、実家にお願いして離れていたのは4日だけ。

あー
頭では分かってても、さびしーよー