パープルスイートロード

テーマ:
パープルスイートロードという種類のさつまいもを買いました
「お菓子作りにも向いてます」との説明書きが

良く知らないで買ったのですが、皮を剥いたら、その色の濃さにびっくり

こんな色です↓↓

$今夜もワインで乾杯!?-パープルスイートロード

赤かぶみたい!?

煮たらその煮汁の色はもっとすごく、青いインク~墨の色

シチューに入れたら色が濁るかなぁと心配でした

$今夜もワインで乾杯!?-さつまいもシチュー

でもでき上がりはこんな色
ブルーベリーヨーグルトのような色合いですね(-^□^-)

味はかなり甘く、ねっとりした感じでした

写真メニューは「さつまいものシチュー」ですニコニコ
ダマになってるけどスルーしてください(^_^;)
AD

ソーミンチャンプルー

テーマ:
暑い夏は沖縄風料理で!
ソーミンチャンプルーを作りました

ソーミンは素麺のこと
チャンプルーはゴーヤー~でおなじみの「炒める」「混ぜ合わせる」といった意味です

ソーミンチャンプルーは、お好みでどんな野菜を入れても良いみたい
中でも、にらはわりとスタンダードのようです
ツナ入りも人気みたいですね

私はにらとちくわ、それに沖縄っぽさを出したくて、ミートも入れました

ソーミン

この料理は素麺の茹で具合が大事です
あとで炒めるので、表示より少し短めに茹でるのですが、茹で時間が短すぎると、水で洗うときぽきぽき折れてしまいます
茹で上がったら、流水で良く洗い、ぬめりをとるのがコツだそうです
それから水気をしっかり切って、油をまぶし、くっつきを防ぎます

味付けは塩、こしょうです
自分的には味がちょっと物足りないかなぁ

次回+oneを考えてみます

AD
ナンプラーを使ったエスニック炒めです

きゅうり炒め
<材料:豚バラ肉、むきえび、きくらげ、きゅうり、もやし、ナンプラー、ごま油、レモン、塩、>

元レシピは、豚バラ肉ときゅうりきくらげのみのシンプルなものでした
それにナンプラーに合いそうな、えびともやしをプラスし
アレンジしたものです

きくらげは裏が白く、コリコリした種類を使いました

<下ごしらえ>
豚肉は食べやすい大きさに切ります
きくらげは硬い部分を捨て、細切りに
きゅうりは縦半分に切り、種をスプーンでこそげて捨てます
乱切りにして塩をふり、水分をふき取って使います

<調理>
フライパンにごま油、薄切りにしたにんにくを入れて温め、豚肉とむきえびを入れます
火が通ったら、もやし、きくらげ、きゅうりも入れて更に炒めます
ナンプラー、レモン汁を回し入れてあえ、味を見て完成!

ナンプラーは魚醤
塩分が高いので、塩辛くなりすぎないよう気をつけてね

ビールにおすすめ!!
AD

桜えびのパスタ

テーマ:
春の味覚
駿河湾産桜えび
ぷりっとして美味しいですニコニコ
いくつかのイタリアレストランで桜えびのパスタを見かけたので、自分でも作ってみました
シャキシャキ感がある同士、水菜と合わせてみましたよ

さくらえびのパスタ

味はアーリオ・オーリオです

他に桜えびとあいそうな食材があったら教えてくださいね(^^)

ひき肉とたけのこのレタス包み

テーマ:
豚ひき肉、たけのこ、しいたけの他、たまたまあった紫アスパラもみじん切りにして使ってみました
春野菜の食感を楽しむ中華の一品です

本格派は黄ニラなんかも入れるみたい

味が濃いので、思ったより食べごたえがあります(^∇^)
そぼろあんとして、そのままでも食べられますが、レタスと一緒に食べた方が美味しく感じます
おすすめですニコニコ

ひきにくとたけのこ

薬味にはしょうがの甘酢漬けをどーぞ♪

塩豚

テーマ:
塩豚は沖縄の料理、保存食だそうです
2007年の「WaSaBi」4月号の表紙で見てから、ずっと作りたいなと思っていたのを、先日やっと初めて作りました
といっても難しいものじゃないんです
ただ「仕込んでから数日寝かす」というのが、すぐ食べたい自分としては難しかっただけで(^^;
簡単に言えば<肉に塩をまぶして冷蔵庫で寝かし、数日後切って焼くだけ>です☆

塩豚

用意するもの(仕込み時)
豚バラかたまり肉1kg、塩100g

かなりの塩を使いますね
まず豚肉の厚みを半分に切り(パンチェッタのイメージ)全体に塩をまぶし、よくすり込みます
これをラップできっちり包み、冷蔵庫で寝かします
3日以上置く場合は、一度ラップを開け、肉から出た水分を、ペーパータオルで取り、新しいラップで包み直します
3日後~1週間の間で食べきります

(調理時)
サラダ油 肉150gに対し大さじ1
サラダ用の野菜 レタス他たっぷり
お好みで レモン、黒砂糖、ラー油など

ラップをとった塩豚は塩を水で洗い流し、水分をよく拭き取って、食べやすい大きさに切る(8mm厚さ)
あとは、フライパンに油をしいて、両面よく焼くだけです
もうすでに塩味がついてますから、塩こしょうはいりません

お皿に盛ってからお好みで上記のレモンなどで食べてね

塩味がしっかり付いてるので、野菜と一緒に食べるのが必須です!!

ビールのつまみに最適音譜

肉の量1kgというのは、作りやすい量なのだそうですが、一人では食べきれません。1/3はお裾分けしました。参考までに。。

たら&新じゃがのソテー

テーマ:
冬はたらの美味しい季節
そのたらと新じゃがを使って白ワイン向きの一皿を作りました

たらの切り身を4つくらいに切って、フライパンで焼くのですが、塩、胡椒、軽く小麦粉をしたあと、中火でふたをして両面焼きます
すると、無理なく中まで火が通り、外側は美味しそうな焼き色がついて、いい感じに。
どのフライパンにも合うように工夫されたふたが活躍してくれる一品です

たら&新じゃが
いっしょに飲んだワインは「アニマ
イタリアの白です


この本の「たらとほくほくじゃがいも」
というレシピを参考にさせていただきましたv
ケンタロウ「魚!」ムズカシイことぬき! (講談社のお料理BOOK)/ケンタロウ

¥1,365
Amazon.co.jp

トマトの肉詰め

テーマ:
ハーブの香りが厨房に広がる、トマトの肉詰めしょうゆバターソース
ワインワインにとても合うおすすめメニュー
大きいサイズのトマトがあったら試してみてね!

トマト肉詰め
<材料 トマト2個に対し、合い挽き肉200g、にんにく1片、ハーブ(タイム、バジル、オレガノなど)各小さじ1、塩、こしょう各小さじ1/3、
バター10g、オリーブオイル大さじ1、小麦粉適量
ソース用に、バター30g、薄口しょうゆ大さじ1、パセリのみじん切り大さじ3>


ボウルにひき肉と、おろしたにんにく、刻んだハーブ、塩、こしょうを入れてよく練ります
トマトを横半分にスライスして、へたも取り、フォークの柄で種を取りだします
ペーパータオルで水分を押さえ、茶こしを使って小麦粉をふります(細かい網目を通して均一にふるいかける、あくをとる網じゃくしなどでもOK)
トマトに練った詰め物をぬり、焼いていきます
フライパンにバター、オリーブオイルを入れ、肉を下側にしてトマトを並べます
そのとき軽く押し込みます
中火で焼いて、焼き色がついたら返し、蒸し焼きに(6分くらい)
トマトの肉詰めを取り出し、しょうゆバターソースを作ってかければでき上がり音譜

タイムの香りが食欲をそそります

*焼きすぎるとかたくなっちゃうから注意
*肉の量はかなり多いので、大きいトマトをさがしてね!
*お皿に残った旨味をフランスパンですくって食べても美味しいです

。。。ちょっと季節ハズレでごめんなさい(;^_^A

大根ととりだんごの鍋

テーマ:
またまた「かんたん美味」から(これは1巻です)
大根ととりだんごの鍋です
素材が2種だけのシンプル鍋、でもとてもおいしいです
お好みで何か追加してもいいのでしょうけれど、あまりごちゃごちゃ入れない方がいいような気がします(私は+白菜で作ったことがある程度です)

本ではとりひき肉に材料を混ぜ、スプーンですくって鍋にいれるやり方を紹介していますが、私はひき肉と材料を混ぜるところを省略。とりだんご用に売られたできあいのものを買って作ってしまいます
これを買ってくると、更に時間短縮。全工程15分で暖かい鍋ができますよラブラブ

鍋にだし、酒、塩、醤油を入れ煮立てます
その間に大根の皮を剥き、短冊切りに
煮立っただしに、とり肉と材料を混ぜ粘りが出たもの(ペースト状)を、スプーンで一口サイズにまとめ、落とし入れます
アクをとりながら、とりの表面が白くなったら大根も加え、煮えたら完成!
薬味はゆずオレンジの皮の千切りがおすすめだそうです
全体に白いので、小ねぎの小口切りもあるときれいです

<材料 4人分 大根1/2本、とりだんご用加工肉300g、
だしカップ6、さけカップ1/4、塩小さじ1/2、しょうゆ小さじ1、
ゆず、小ねぎ、七味とうがらしなど>

自宅に帰るのが遅め、もうすぐ見たいTV番組が始まる、でも寒いから暖かいものが食べたい~なんてシチュエーションにも強いおすすめ品。
決めては自分の好みに合うだしが揃っているかですね^^

マッシュルームのマリネ

テーマ:
1つ前のエントリで書いた「かんたん美味3」を見てつくったもの 
レシピを見ると、え?これだけ?ってカンジですが、シンプルだけどかなり美味しいのです
もちろんワインにもあいますよ、おすすめ品(≡^∇^≡)

マッシュルーム
マッシュルームのマリネ

<材料2人分 ホワイトマッシュルーム8~10個-約70g、
にんにくのみじん切り1/2片、イタリアンパセリ大さじ1、レモン汁小さじ2、しょうゆ大さじ1/2、塩、こしょう少々、オリーヴオイル大さじ3、ローリエ1枚>
まず調味料をここに書き並べた順に混ぜ合わせます。その中に軽く水洗いし、熱湯で30~40秒ゆでたマッシュルームを30分以上漬け込みます。
このとき、マッシュルームがすべて隠れないので、ときどき向きを変えてあげたりも

*ほかのきのこでも同様に作れるそうです