中村俊輔CL初ゴール

テーマ:

9/13、サッカー欧州チャンピオンズリーグ、グループステージの初戦、マンチェスター・U対セルティックのゲームで、中村俊輔が日本人プレイヤーとして、CLで初ゴールを挙げました!!


スタジアムはマンUのホーム、オールド・トラフォード

夢の劇場です

マンUの昨シーズンの成績は、まさかのグループステージ敗退

今シーズンのグループFはマンUにとって割と楽な組み合わせになったものの、初戦&ホームとあっては、サポーターの応援も熱メラメラがはいるというもの


ゲーム開始後しばらくはホーム、マンUのペース

サア(フランス代表)、ルーニーが打っていきます

それに対し、セルティックはかなり引いています

まだ自分たちのリズムがつかめないようです


セルティックの中盤左サイドはボールキープ力に難あり。。

マンUが押している時間帯に、先制すれば、このゲームはまったく違うものになったでしょう

でも得点がないまま、少しずつセルティックの選手が試合になじんでくると

キーパーが放り込んだロングボールをキープした長身のFWフェネホールが、ファーディナンドを振り切り先制ゴール!


フェネホール、今期からセルティックに加入したオランダ代表の選手で、本名は、ヤン・フェネホールオフヘッセリンク(長!)

セルティックは昨年リーグ優勝したときとは、かなりメンバーが変わってるんです


このチームはぶっちゃけ、個々の選手の技量にも問題があると思うのに(トラップミスが目立つ、パス、クロスの精度が低い)コンビネーションも今ひとつでは、この先苦しいだろうなぁ

中村も自陣で不正確なパスを出したり、危なっかしいプレーがありました


セルティックの得点は前半21分でしたが、次の動きは30分に

ペナルティーエリア内で、キーパーがマンUの選手に接触、マンチェスターにPKが与えられます

これをサアが決めて1-1


40分にはスコールズ→サアで崩し、マンU逆転!!

いよいよホームのマンチェスターペースへ突入か?という流れでしたが、43分、ゴール正面右よりの位置でセルティックはフリーキックのチャンスになります

キッカーは中村

過去中村がこの位置から何回も直接決めるシーンを見ていたけれど、まさかここでもやってくれるとは!!

ボールは正確に壁の一番低いところを通過し(右から3人目)急カーブで落ちて直接ゴール右すみへクラッカー

「スーパーサッカー」で時々やってるバナナを越すシュートみたいな感じでした^^

VTRの映像でも、キーパーはまったく動けず、棒立ちでした

試合はこれで2-2

「劇場」は騒然。。そしてハーフタイム終了


この日の得点はお互い相手チームのミスから生まれたもの

ミスが失点に直結した、言い換えればそれだけするどくチャンスを捉える力をどちらのチームも備えていたということでしょう

後半開始早々、セルティックの選手のパスミスから、マンUがカウンターであっという間にゴールを奪い3-2

またゲームが動きました

このあたり、さすがマンUです

*ゴールはスールシャール


セルティックが組織立った守備ができないのもありますが、敵陣に入ってからの無駄のない攻めは見事です


マンUの問題点はなんといっても、ケガ人や、ペナルティーで出場停止になる選手がいたりで、なかなかフルメンバーがそろわないことですね

この日もクリスチアーノ・ロナウドが出場停止でしたっけ?

ルーニーは出場停止明け。。

何かと暴力行為の報道が絶えない選手です


試合結果は3-2でマンUの勝利でした

この日セルティックは負けましたが、アウェイで2点取ったことは無駄ではないはず

次回(9/26、vsFCコペンハーゲン)のゲームが大事になるでしょう


AD

コメント(3)