ノヴェッロ

テーマ:
現在私はいくつかのワインショップにメルマガの登録をしています
すると、来ましたよ!!続々と

ボジョレー・ヌーボーの予約開始のお知らせが!

年々高騰していくヌーボー
そして味も本来のライトなものから「ヌーボーとは思えないしっかりした味わい」を売りにしたものに変わっていく…
3000円台後半から4000円以上出し、しっかりした味わいのワインを求めるなら、わざわざボジョレー・ヌーボー限定で買わなくてもいいよ
そう思ってしまいます

イタリアの新酒はノヴェッロといい、ボジョレー・ヌーボーより早く店頭に出回るのですが、今年はそれらをいくつか買ってみようかな

ほとんどがガメイというぶどう品種ぶどうから造られるボジョレー・ヌーボーに対し、ノヴェッロはイタリアの土地土地で作られる、さまざまなぶどうから造られるので、好きなものを選べるのが良いです
赤と白一本ずつ買って見ようかと思っております(^∇^)
AD

盛夏のほうとう鍋

テーマ:
はじめは豚汁を作るつもりだったんです。さつまいもを使った、甘みのある豚汁というか、具沢山のお味噌汁ね(元レシピはケンタロウの野菜がうまいッ!より)

でもそれだと、他にご飯を炊いて、別のおかずも用意しないとならない。それはちょっとしんどいな~と思うくらい暑かったんです、これを作った日は。なので、そうだ「ほうとう鍋」なら季節の野菜と豚肉をみそ味で煮るだけ、基本は豚汁と同じだし、それにうどんを入れれば、これ一品で夕ご飯OK!?余った野菜も使えるし、いい考えだ!と思ったんです

入れた野菜は、さつまいも、なす、大根、長ネギ、カリフラワー、人参、まいたけ+豚肉、ほうとう(ねばりけのある太いうどん)で見た目も楽しく、美味しくできたと思います
ハイ、おいしかったですよ

でも、暑かった~~

そうこの料理を作ったのは、もう2週間前のハナシ。
でも記事にするのも暑苦しかったので、今になりました(^^;)

☆ちなみによく使ってるレシピ集には7、8月の料理として載ってたんです…
AD

Tシャツショップ

テーマ:
友人に教えてもらった、Tシャツオンリーのショップgraniph
実店舗には行ったことがないのですが、ネットショッピングも充実してます音譜

好みの一枚が見つかりそう!!

Design Tshirts Store graniph

☆通販で自分にあったサイズのTシャツを買うために☆
手持ちのTシャツの中から、ジャストサイズだと思うもの、または今回買いたいと思うサイズの服のバストサイズと、着丈を測ります。バストサイズは袖の付け根から袖の付け根までで。通販用のサイズ表にはSはバスト何cm、着丈何cmと書いてあるので、自分のサイズに近いものを注文すればハズレなしっす('-^*)/
AD

夏コミ2007

テーマ:
今年も行って参りました。夏の恒例行事、有明詣で。国際会議場正門前船

18日(土)毎日30度を超えるのが当たり前の東京において、この日だけ最高気温が28度という、異例の涼しさで、開場前の行列の時間も短く(約30分)楽でした~~

それにしてもコミケの開場前の行列管理はスゴイです。日常生活で、例えば連休前の銀行で大行列ができてるとするじゃないですか?行列がビルの外まではみ出しちゃってたり…そんなとき思うんですよ。コミケの時みたいに、もっとつめるよう係の人が誘導してくれたらなぁ、とか、そんなに間をあけて並ぶんじゃないよ!とか…うん、現実にはできないことなんですけど。

誰だって知らない人とぴったりくっついて並ぶのはイヤですよね。でもコミケの場合は何万人も並ばせるんだから、そうもいってられない。横6人で、前の人とはぶつからないぎりぎりの間合いまでつめるよう強く誘導されます。余裕をもったりは許されません。全員がつめるまで何回も叱咤されます。でもたいていの人は慣れているので、黙々とかつ速やかに詰めていきます。まぁ一気につめようとして将棋倒しにでもなったらことですから、一定の時間がかかるのは当然です。

そして体重を右足から左足に移動するにも、隣にあたらぬよう注意が必要なほど密集すると、いきなり「じわっ」と汗が出てくるのがわかるんです。あぁさっきまで、今日は涼しいな~と思っていたのに。人間ってこんなにアツイんだなー。赤外線センサーで見たらどんなことになってんでしょうね!?

冬はいきなり大手サークルに並び、最初の1冊を買うのに2時間半かかりましたが(死)今回は1時間少々でした。はー疲れたショック!

ブーズロン・アリゴテ

テーマ:
アリゴテは、ブルゴーニュ地方で作られる白ワイン用の品種ですが、シャルドネに比べてずっとマイナー。香りもシャルドネとはまったく違いますから、初めて飲むと??とまどってしまうかも

そんなアリゴテで、これはいいなぁと思ったのがアーエーペー・ド・ヴィレーヌブーズロン・アリゴテ(ブーズロンは地名)です。ヴィレーヌさんはDRCの共同経営者で、その方の個人所有のドメーヌがこのAePド・ヴィレーヌというわけです

複雑さがあるけど濃すぎずすっきり。飲みやすいです
都内某スーパーで2200円で購入
ネットショップならもう少し低価格で買えます

ブーズロン
DOMAINE A.ET P.DE VILLAINE
BOUZERON 2004
<ドメーヌ アーエーペー・ド・ヴィレーヌ ブーズロン>
フランス/ブルゴーニュ
ぶどうぶどう/アリゴテ
アルコール/12.5%
輸入者 ラック・コーポレーション



同じアリゴテ種の白で造られた、ヴェルジェのワイン
かなりヴェルジェひいきの私ですが、この2つならヴィレーヌが好きですね
アリゴテ
BOURGOGNE ALIGOTE 2004
VERGET
<ブルゴーニュ・アリゴテ ヴェルジェ>
フランス/ブルゴーニュ
ぶどうぶどう/アリゴテ
アルコール/13%
輸入者 八田

大丸のワインフェスにて約1800円で購入

デスパレートな妻たち

テーマ:
少し前、デスパレートな妻たちのシーズン1、シーズン2を観終えました
今はシーズン3待ちですニコニコ

NHK総合テレビでシーズン1を放映してから人気が出たようで、レンタルショップのコーナーはいつも女性でいっぱいでした。このドラマのレンタル客は90%以上が女性なんでしょうね

内容はアメリカ西海岸の郊外にある、富裕層の住む(一軒家の連なる)一角で暮らす、女性たちの日常を描いたドラマ。初めたいくつそうでピンとこなかったのですが、観ているとハマってしまう、そんなシリーズでした。

まぁ第1話から仲良し5人グループのリーダー格の主婦が、自宅でピストル自殺。以降残された仲間がその真相をつきとめようと、動き出すので、ミステリータッチではあるのですが、回を追うごとにさまざまな犯罪要素が絡んできて、平凡な主婦や、バツイチ女性の恋愛コメディーというには、かなりブラック。

ところで、このドラマの小道具にはかなりの頻度で「ワイン」が登場します。家族で食事をするとき。恋人とくつろぐとき。一人寂しく飲むとき。とにかくワイン。アメリカでは余裕のある階層はワインってイメージなのでしょうか?その中で密かに気になっているのは、女優さんたちのグラスの持ち方。みんなブランデーグラスみたいに持っているんです!!ちょっとおかしくないですか!?

竹久夢二伊香保記念館

テーマ:
ワイン会のツアーで伊香保に行ってきました。なぜワイン会ワインで伊香保?と思いますよね。そう、もともとは、山形あたりのワイナリーに行き、そこの庭あるいは敷地内でコンサートをやろう!ってものでした。でもやはりレンガの蔵や屋外の庭では、音響効果や、設備といった問題が残り、コンサート会場優先で竹久夢二伊香保記念館に決まったそうです

大正ロマンの芸術家といわれる、夢二の作品を多数所蔵、公開するこの記念館は館内にアンティーク家具やステンドグラスなどを随所にちりばめた、レトロな空間を提供してくれます。規模はかなり大きく、建物もいくつかに分かれていて、その中の夢二ホールが今回のコンサート会場となりました。コンサは私たちワイン会のためのものなので、教会の礼拝堂のような、ミニホールは貸し切りです。舞台奥の窓からは外の景色(森)が見え、天井からはステンドを通したやわらかい日の光が差し込みます

演奏はピアノとソプラノ独唱のDuo。アンニュイな空気の漂う室内には「summer time」がぴったり音譜

伊香保1
夢二黒船館前で

伊香保2
伊香保といえば「イニシャルD」