オリオンビアフェスト

テーマ:

今年も新宿伊勢丹の「大沖縄展」に行ってきました

これは夏に毎年行われるイベントで、6階の催事場で物産展が開催されるほか、屋上はこの会期だけ「オリオンビアフェスト&沖縄出身のアーティストのライブが行われます。また連動して、新宿エイサー祭りも。


屋上のビアガーデン&コンサートは入場無料で、6階の催事場で売っている食べ物の持ち込みも自由。できたての沖縄のおそうざいを食べ、ライブを聴きながら、ビールを楽しむことができます。この自由さも好きなんですが、普通のデパートの屋上のビアガーデンと違って、客層がリーマン限定じゃないんですよ。


私たちは昼間から行くので、もともといろんなお客さんがいます。それが夕方になっても、女性と女の子がやたら多い。となりでプリキュアごっこしてました音譜男性もあまり群れていない。自分が好きだから来ているという感じ。本物の芝生に寝そべってライブ待ちをしていたり、すごく皆くつろいでいて楽しそうなんです。私はその雰囲気も好きかな。


出かけたのは金曜日で(7/27)夕方から夏川りみさんが歌うのを、屋外で楽しむ人達用に用意されたスクリーンで見ながら、沖縄を満喫しました。買ったお惣菜は、ラフテー、ゴーヤチャンプルー、海草のてんぷら、小エビ入りはんぺんの揚げたて、じゅーしー、それにアグーのハムなど。ほんとはもっと買いたかったけど。。


結局3時半くらいから、8時くらいまでまったりしてしまいましたあせる

また来年!!

AD

昨年単発で放映された、コミック原作のドラマ「探偵学園Q」が連ドラテレビになりました

単発ドラマ の時は、猿島ロケで、原作そのままのレトロな雰囲気でしたが、今回は舞台も下町で(カンダ、アキハバラ周辺)学園の用意した教室?もダーツバーの奥の隠し部屋と、ポップなイメージ


キャストは戦隊ものを踏襲した5人の生徒のうち、神木隆之介志田未来山田涼介要潤の4人は単発の時と同じで、数馬役だけが今回若葉克実に変更。前回私も数馬役はしっくりこないなぁと思ったのですが(ブログにも書いてますね)同じ感想を持った人が多かったのかな


原作は数馬が小学生、キュウ、メグ、リュウが中学生、キンタが高校生ですが、さすがに要潤の高校生はないでしょ?でキンタはフツーに大人キャラ(設定は25才)として出ています。数馬も中学生に格(?)上げ。あと全体に垢抜けなかったファッションも数馬がパンク風おしゃれクンに変更されたり、メグのコスプレが見られたり楽しめるカンジに


残念なのは適役の冥王星キャラがカッコ悪いこと。これは…予算の都合なのでしょうか(><)


こんな風にダサイ部分を手直ししてリニューアルした感のあるドラマ、原作もよく読んでたので、楽しんで見てるんですが、どうしても追いつけないところがあるんです


それは 「探偵もの」の古さ

ぶっちゃけジャンル自体がレトロだなーと。もちろん本格推理とか、レトロなスタイルの中で読者を楽しませるジャンルもあり、それはそれで支持しています。ミステリの中にもいろいろなジャンルがあり、それぞれの魅力があるのを知っているつもりです。でもミステリ内での最近の流行が「ノワール」「コン・ゲーム」系でしたので(クロサギ、デス・ノート、ライアー・ゲームetc.)それらと対極的な「探偵もの」は厳しいかなと。。まぁ「ノワール」「コン・ゲーム」もそろそろ終わりかな。

「探偵」がどこまでがんばれるか、見てますよ!!

AD

イタリアワインの種類はとても多いと言われます。普段自分で選ぶと、どうしても好きな地方のものや、好きなぶどう品種ぶどうを使ったものに片寄ってしまうので、ときどき、ワインバーでその日、その月のおすすめを頼んでみたりします。


少し前に書いた成城のイタリアンレストラン「アマルフィイ・カステッロ」のカウンターバーで、おすすめワインを試してみました。どちらもこのブログ初登場の品種、サグランティーノとインツォリアです


サグランティーノウンブリア州の赤ワイン

インツォリアシチリアの白ワインです


ウンブリア州というのはイタリア半島の中部にあり、唯一海に面していない州です。日本なら長野県といったところかな?サッカーの中田英寿さんがいたペルージャが州都です。サグランティーノはここの固有品種。このぶどうを使ったワインの有名な生産者は、アルナルド・カプライルンガロッティなどです

私がいただいた1杯は、少しくすんだ赤色のワインで、木の皮のような香り、ベリー系の香りがあり、こくのあるものでした。アルコールも強く感じられました。とても美味しいけれど、たくさん飲むタイプではないですねー


インツォリアはいシチリアのぶどう品種の1つで、さらりとしたタイプです


まだまだ個性的なワインがたくさんあるイタリアです!!

AD