ポディウム

テーマ:

ヴェルディッキオ、「神の雫」のワインコラム、チョースケ本間氏の担当の週で取り上げられていましたよ!!

夏向きのすっきり白ワイン。あまりクセがないので、いろんな料理に合う、なじみやすい品種です。そのヴェルディッキオの中でも、評価・コスパとも高く、有名生産者で、しかも長期熟成までするという、ガロフォリポディウムを飲んでみました。


評判の良い2004年もの、熟成するかどうかは飲んじゃったのでわからないんですが(^^;、なかなか飲みやすく、オールマイティな1本だと思いました。シャルドネ好きな方にも、抵抗無く飲めるんじゃないかしら?


ポディウム

PODIUM 2004

VERDICCHIO DEI CASTELLI DI YESI DOC
CLASSICO SUPERIORE

GAROFOLI

<ポディウム

ヴェルディッキオ ディ カステッリ ディ イエジ

クラシコ スペリオーレ>

<ガロフォリ>

イタリア/マルケ州

ぶどうぶどう/ヴェルディッキオ100%

(株)フードライナー


2004年はトレビッキエリ&*(アスタリスクマーク)を獲得

お値段は、ネットショップで2000円程度です


ヴェルディッキオはマルケ州の土着品種で、その中のカステッリ・ディ・イエジは2003年で年間生産量2400万本のワインです


以前に書いたプレーニオの記事はここから

AD

パオロ・スカヴィーノ

テーマ:

大丸のワインフェスで試飲したとき、一番気に入って、まっさきに購入を決めたのがこの1本です(^^)


ピエモンテ州はイタリア北部、バローロなどの長熟ワインを生む名醸地です。パオロ・スカヴィーノはそこでバローロづくりを続ける名門。パオロは初代社長の名前で、現オーナーのエンリコ氏は2代目になります。老舗ながら革新的生産者のグループ「バローロ・ボーイズ」の一員として知られたところです。


今回紹介するのは、そのバローロではなく、ランゲ・ビアンコ=白ワイン。ランゲは土地の名称です。ワンランク上のビアンコ「SORRISO」もありますが、こちらはあくまで、スタンダードクラスのランゲ・ビアンコ。でもとても豊潤で、インパクトが強いんです。「濃い」もの好きな方におすすめですね~~。

パオロスカヴィーノ

<PAOLO SCAVINO LANGHE BIANCO2005>

パオロ・スカヴィーノ

ランゲ・ビアンコ

イタリア/ピエモンテ

輸入者 八田


休日にまったりと、このビアンコを飲みながらくつろいでいると、幸せドキドキ

AD

以前にもちょこっと書いた、池袋のワインバー「エスペルト」で、フレデリック・マニヤンの02年ものが、グラスでいろいろ楽しめるというので、先週ちょこっと行ってきました(^ー^*)/


フレデリック・マニヤンDAYは3日間。その最終日に寄ったので、もう選べる銘柄は4つくらいだったかな?

その中で私は

ムルソー02ジュヴレ・シャンベルタン・1erクリュペリエール02をいただきました


白ワインのムルソー、さすがに旨いデス。本当はモンタニーにも気があったのですが、当日はリストに無く。。


一緒に行った知人の感想では、ジュヴレ・シャンベルタンのV.V.より、ニュイ・サン・ジョルジュの1erの方が、ずっと奥行きのある、飲み応えのある味わいだったとか。私は赤白1種しか飲まなかったので、比較はできませんでしたが、飲んだワインはとても優雅で、ゆっくり杯を重ねたいものでした


ボトルで買ってみようかな?


和泉屋さんのblog のフレデリック・マニヤンの記事です

AD

日本ワイン

先日の甲州ワインに続き、日本ワインの紹介です


グランポレール北海道

この日飲んだのは、日本ワイン4種類


シャトー・メルシャン 甲州きいろ香06(白)

シャトー・メルシャン ももいろメルロー06(ロゼ)

シャトー・メルシャン 長野メルロー04(赤)

北海道ツヴァイゲルト・レーベ05(サッポロワイン)


日本のワイン4本


きいろ香が2000円台、長野メルローが3000円台、後の2つは1000円台で手に入ります

長野メルローは、02が国産ワインコンクール2006で銀賞受賞(04の評価はまだだと思います)

今回初めて飲みましたが、なめらかでコクもあり、良いワインだなぁと思いました(^∇^*)


きいろ香は05が初ヴィンテージの新しいワイン

ボルドー大学との共同研究で、香りが弱いのが欠点といわれてきた甲州種にも、柑橘系の香りがあることを見つけ、表現した画期的なワインです。フレッシュな酸味、よく冷やしてのみたいですね


日本ワイン、美味しいものは外国産に比べ割高なイメージがありましたが、カリテ・プリなものもありますね!!

成城アマルフィイ

昨年OPENした成城学園前駅の商業ビルにアマルフィイ・カステッロというお店が入ってます。湘南にあるアマルフィイの系列店だそうです。先日そちらでお食事をしました。


お値段は庶民的なのに、お料理はおしゃれ。あとサービスがよいですラブラブこれだけ心地よいサービスをしていただけるなら、リピートしたいと思っちゃいました!!


でも一番うれしかったのは、偶然頼んだワインワインがとても美味しかったこと(^-^*)幸せです!!そのワインは

Cerasuolo di Vittoria

<チェラズオーロ・ディ・ヴィットリア>

チェアスオーロと表記されることもあり、「チェリーのような色」という意味です。同じ名前でもアブルッツオ州ではロゼワインのことをさしますが、今回私が飲んだものはシチリアのワインで2005年と最近DOCGに認定されたワインなんです。

このワインを知っていましたが、使っているぶどうぶどうが、ネロ・ダヴォラフラッパートということで、ネロ・ダヴォラが苦手な私としては今までスルーでした。飲まず嫌い。。もったいなかったです(^^;

チェラズオーロ・ディ・ヴィットリアは、決して高級ワインじゃないと思いますが、この日飲んだものは、 葉巻のような香りが広がり、甘ったるい香りはほとんど感じられず、とても余韻の長いこれは!と思えるワインでした。残念なのは、グラスでもらったため、どんなメーカーのものなのかわからなかったことです。。

チェラズオーロ・ディ・ヴィットリア、また見つけたら飲みたい銘柄になりました(^-^*)/▽


気の利いたアンティパスト、さくらえびとルッコラのパスタ、イベリコ豚のセコンドも良かったです!!