ポッジョ・ピアーノ

テーマ:

今シーズン(冬季)紹介する最後のキャンティになります


スーパータスカン「ロッソ・ディ・セーラ」で有名な、ポッジョピアーノキャンティ・クラシコ


フルボディですがダレてしまわず、酸とタンニンのバランスが取れたワインです

熟成期間が長いスペリオーレより、慣れていない人でも、とっつきやすい一面があると思います


ポッジョピアーノ

FATTORIA POGGIOPIANO

<ファットリア・ポッジョピアーノ>
CHIANTI CLASSICO DOCG 2003

<キャンティ・クラシコ>

イタリア/トスカーナ

ぶどうぶどう/サンジョベーゼ95%、カナイオーロ5%

輸入者 モトックス


ポッジョピアーノのカジュアルラインは「マーマ・ノン・マーマ」という名のワインで、その意味は黄色い花花占いのセリフ

「好き。。嫌い。。好き」

このブログのトップに使っている写真がそれです

高級ワインの写真を使いたくなかったので(そういうブログでもないですし^^;)なんとなくずっと載せたまま、説明もしてなく。

なので、ここでちょこっと書いてみました(遅)

AD

ソムリエール

テーマ:
城 アラキ, 松井 勝法
ソムリエール 1 (1)

月2回刊(1日、15日)のビジネスジャンプに連載中のソムリエール、第1巻が発売されました


いつの間にコミックスになるほど、話が貯まってたのかな?と思ったら、1巻は第5話まででした


ワインのウンチクメインの筋立ては、ソムリエ、瞬のワインと同系列ですね



それにしてもヒロインのカナは10代に見えます(^o^;)


一瞬、あれ、お酒飲んでいいんだっけ?と思っちゃいました


でも1話で大学でワイン醸造学を学んで卒業したと書かれているから、今20代前半なんでしょうね。。


絵はすっきり、読みやすいですニコニコ

AD

マラミエーロ

テーマ:

イタリアの高級スプマンテといえば、フランチャコルタがありますが、これはアブルッツォ州で作られる、シャンパン方式(瓶内2次発酵)のスプマンテです


これを作っているワイナリーはアブルッツォの注目ワイナリーマラミエーロ


赤ワインの「インフェリ」がワインコンクールで最高金賞を受賞したり、白ワインの「プンタ・ディ・コッレ」でも金賞をとった実績があります



マラミエーロ

MARRAMIERO Brut

イタリア/アブルッツォ

ぶどう/シャルドネ65%、ピノ・ネロ35%

輸入者 (株)ヴィントナーズ


シャンパーニュと同じようなトースト香、果実味豊かですっきりした味わいは見事です

良いなあと思うんですけど、生産量が毎年8000本と少な過ぎ!!

そこが難点ですね


¥3000



プンタディコッレ
プンタ・ディ・コッレ(白ワイン)

AD

ルチェンテ04

テーマ:

ルチェンテはスーパータスカン「ルーチェ」のセカンドラインにあたるワインです


ルーチェ

イタリア語で光の意味をもつこのワインは、

1995年、イタリアのフレスコバルディ社と、アメリカ(カリフォルニア)のロバート・モンダヴィ社が、新たなスーパータスカンを世に送り出すため設立した「ルーチェ・デッラ・ヴィーテ」によって作られています

*2005年にモンダヴィはフレスコバルディにすべて売却しましたが、まだ一部つながりがあるようです


イタリアとアメリカの合作で有名なルーチェ、実際のワイン作りはイタリアで、トスカーナの、カステルジョコンドの近くのぶどうを使っています。カステルジョコンドというのは、フレスコバルディが所有する名高いクリュなんですね


そこで採れたサンジョベーゼメルローを使ったのがルーチェ

ルチェンテにはさらにカベルネ・ソーヴィニヨンもブレンドされています


ルチェンテ

La Vite Lucente 2004

<ラ・ヴィーテ ルチェンテ>

イタリア/トスカーナ

ぶどう/メルロ50%、サンジョベーゼ35%、カベルネS15%

輸入者 オーバーシーズ


2004年はトスカーナの優良年

ルチェンテも高い評価を受けています


でも私としては中途半端に重くてあまり好みではなかったです

同じお値段ならボルドーの方がいいかな

どうやらスーパータスカンに飲み疲れてしまったようですねしょぼん


それにつけてもモンテソーディが恋しいです。。


*輸入食料品店で約5000円で購入

鮭と野沢菜の混ぜご飯

テーマ:

簡単混ぜご飯!!


鮭と野沢菜ごはん

鮭と野沢菜の混ぜご飯です

簡単に出来て失敗なし!


たまには味つきご飯にしてみようと思ったときにどうぞ合格


<材料 温かいご飯、鮭(一合に切り身一切れくらいが適量かな)、野沢菜のみじん切り、しょうがのみじん切り適量、しろごま>


鮭を焼いて、骨を取り、よくほぐします

野沢菜は葉の部分は意外に広いので、よく刻んで

ボウルに上記の材料を入れて混ぜるだけ


鮭も野沢菜も塩味があるので、調味料は必要なしです


しょうがの香りがアクセントになるので、しょうがが苦手でない方は、ぜひその場で刻んだものを混ぜてみて!!

三つ葉のかきたま汁

テーマ:

少し前のエントリに書きましたが、自宅の防音工事が終わって、ほっと一息と思ったら、今までの疲れが出たのか、風邪をひいてしまいましたカゼ


薬を飲み、5日ほどで大分良くなりましたが、今度は薬の副作用で胃腸の調子が悪。。


と、どこまでも復調しない今日この頃ですあせる


ちなみにもう12日くらい、アルコールとは縁のない生活をしております(すごっ)



今日は風邪で体調が優れないときのメニューとして、三つ葉のかきたま汁を紹介します


<用意するもの>

三つ葉(3cm長さに切る)

つゆの素

片栗粉

おろししょうが


白だしの素をつかって簡単にすまし汁を作ります

三つ葉を入れ、沸騰したところに、溶き卵を流しいれ、かきたまをつくります

おろししょうがを少々入れ、卵が固まったら(浮き上がったら)最後に水溶き片栗粉を加えてできあがり


三つ葉には消炎効果があるそうなので、おすすめです

しょうがもポイントですね


フィアーノ7

テーマ:

パワフルなワインを飲む機会が続くと飲みつかれするというか、ほっとするワインが飲みたくなります(笑


私にとってほっとするワインの一つが、カンパーニャの地場品種を使った白なんですね

こちらはブログで紹介する7種類目のフィアーノです

このワインは飲んだ後にちょっとほろ苦い感じがあります

これがすごく和むんです

いいな~と思いつつ飲みます^^


トマス&ギーセン

エノロゴのファブリツィオ・トマス、経営者のステーファノ・ボルサ、コンサルタントのステファン・ギーセンという3人で作った会社で、そのうち2人の名前が、社名に使われています

地元の生産者と契約し、買いぶどうからワインを作るネゴシアン方式です


トマス&ギーセン

TOMAS&GIESEN
TRIC A BALLAC

<トマス&ギーセン

IGTイルピーニャ・フィアーノ

トリック ア バラック 2005>

イタリア/カンパーニャ

ぶどうぶどう/フィアーノ

輸入元 ラシーヌ


一筆書きのような、味のある絵が印象的なラベルです


ネットショップより2000円台前半で購入

ミレウーヴェ

テーマ:

コッリオ・ミレウーヴェ・ビアンコ

北イタリアの白ワインで、ミレウーヴェとは「千のぶどう」という意味です

実際は、4種のブレンドで、ソーヴィニヨン・ブランシャルドネマルヴァージアリースリングが使われています


4つのぶどうからできているだけあって、あれ?これ何からできてるんだろう?

って思う、変わった香りがします

でももちろん、嫌なものではなく、とても魅力的な香りです


かなりアルコールが強く感じられる、パワフルなワインでした


milleuve

MILLEUVE BIANCO 2003

VENEZIA GIULIA IGT
<ミレウーヴェ・ビアンコ>

ニコラ・マンフェッラーリ

イタリア/ヴェネツィア・ジューリア州

アルコール/13.5%

輸入元 ラシーヌ


このワインの上級ラインにボルゴ・デル・ティリオがあります

リースリングの代わりに、トカイ・フリウラーノ種を使い、とてもバランスがよく、飲みやすいワインです


またミレウーヴェ・ロッソもあり、こちらも評価が高いワインです


ミレウーヴェ・ビアンコ \2000円台で購入

ワインバー エスペルト

テーマ:

東京都、池袋に、昨年12月にオープンしたワインバーワインエスペルトに寄ってみました


ここの特徴はスタンディング、そう立ち飲み方式なんです

座れないから、女性はヒール靴だったりすると、ちょっとつらいかも。。

でも逆に、グループで利用したりするときは、自由に立ち位置を換えられるから、ぴったりです!!

ワイワイやるのにマルニコニコ


エスペルト

<店内カウンター付近から入り口を見た写真です>


そうそう一応置き看板はありましたが、左右の飲み屋さんに比べ、あまり目立たないので、よく探してね

1Fなので、外からもちらっと店内を伺うことができますチューリップオレンジ


グラスワインはフランスイタリアとここの店名にもなっているスペイン(のワイナリー)が中心でした

そのほかに、本日のおすすめ銘柄もあるので、HPでチェックしてから行くってゆー楽しみ方もありますね!

いろんなイベントもやってるみたいです


重い料理を食べるよりも、気軽に飲みたい店です音譜

ワインバー エスペルト

17:00~23:00 日曜定休

http://www.espelt.jp/

3月

テーマ:

3月、アメブロを始めて3年目になります

あっという間でもあり、この2年で食べ物の好み、ワインの好みがずいぶん変わったようでもあり


ワインの好みは、明らかに白が好きになりました

以前はほとんど飲まず、10本に1本飲んだかどうかだったのが、今では赤と半々です

イタリアの地場品種にほれ込んだのがきっかけと思われます^^;


そのほかに変わったところは、TVドラマを観る時間が増えました

これはDVDのおかげです

それまで毎週こまめに録画するのがめんどうで、連ドラは観ませんでしたが、DVDを購入してから、ワンシーズンにつき0本→2本くらいになりました

今は派遣の品格きらきら研修医を観てますね。。


その分読書タイムが減ってしまいました

週2冊→月2冊くらいに

長い間ずっとそれ以上のペースで本を読んでた私にとっては激減かも!?

自由に使える時間は限られてるもんね^^;



ところで1月から2月にかけて、ずっと悩まされていた防音工事がとうとう終わりました!!

といっても、壊れたCDコンポのことを話したら、直してあげるから預からせてといわれて、預けたままなので、まだ完全には終わってませんね

でも工事のホコリっぽさはおさまってきたから、ようやく安心して美容院へ行ってきました


早く春になあれ!! チューリップ黄チューリップ赤チューリップ紫