情報誌で見つけたワインバーに行ってみました


エノテカ・アリオリオ


場所は町田です

JR横浜線の町田駅から東急ハンズの方面に歩いた、ホテル「ザ・エルシィ町田」と同じビルの1Fにあります

ただ店はエルシィとは逆の通りに面してますね


店内は16席ですべてカウンター席

テーブル席はなし


とカジュアルな作りですが、料理にも力を入れてるみたい


flitataiolio

こちらは魚介類のフリット・ミスト \1600

有頭えびにむきえび、ほたて、いか、たこの盛り合わせで、ボリュームありラブラブ

素揚げに近いつくりだったので、素材の味が楽しめて美味です


他に野菜サラダクアトロ・フロマージュのピッツァを頼みました

サラダはかなりの量がありましたね

ピッツァはサイズが選べるんです

Sサイズ\1200、Mサイズ\2000

生地がふんわり系で、食べやすかったです


この日は3種類しかオーダーしてませんが、食事はどれも美味しくて完食しましたよん


ただそれに比べてちょっと物足りないのがワインの品揃え

フランス、イタリアなどヨーロッパのワインにニューワールドのワインまで、まんべんなくリストに載ってるのは良いのですが、聞いてみると、在庫切れもけっこうあるそうで


グラスワインももう少し欲しいかも

ぜいたくかなぁ


dreamtime

結局この日は、クレマン(スパークリング)を1杯もらって、そのあとは白ワインのボトルをもらいました


DREAM TIME

オーストラリアのワインです

これはソーヴィニヨン・ブラン100%のパス・ソーヴィニヨンで、ボリュームはあまりなく、すっきり飲みやすい、まぁ万能タイプの白ワインでした


ちなみにこのDREAM TIMEとはアボリジニの創造神話のことだそうです

パス・シリーズはヨーロッパ系主要品種がずらりと揃ってます

(カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、シラーズ、シャルドネ、スパークリング、ロゼ)

オーストラリアの安旨ワインですね


そうそう、食事には単品のほか、本日のミニコース(一人\3000)、本日のコース(\5000)もあり、レストラン機能もありそうですよ

17:00~5:00 定休日火曜

ぐるなび


次回は池袋のワインバー「エスペルト」を紹介したいと思います

AD

さくらん

テーマ:
もうすぐ映画公開!!
24日(土曜)より
安野 モヨコ
さくらん

昨年末「働きマン」が深夜の時間帯でアニメ放映されていた安野モヨコのコミック


江戸吉原の物語

主人公は北国の出身。親を亡くし、子供のころ女衒に買われてきた

器量良しで、花魁付きの禿から、引込禿、新造と出世していくが、生来の意地っ張りな性格のため、まわりと必要以上のトラブルを巻き起こす

出る杭はなんとやら、たたかれ続けた「きよ葉」が、ついに花魁へと登りつめ。。


今のところ第一部、全1巻


おんなの凄みも情念も、汚さも哀しさも丸呑みできる人にオススメ口紅

AD

シャトー・ラグランジュ(メドック格付け第3級)のセカンド、ラ・フィエフ・ド・ラグランジュの2000年を飲みました


2000年はボルドーの優良年として知られる年、どっしりタイプかな?と予想していましたが、意外とあっさりのミディアムボディ。

タンニンの渋さが苦手な方、気軽に一杯飲もうという日に向いているかもしれません


ラグランジュ

Les Fiefs de Lagrange 2000

<ラ・フィエフ・ド・ラグランジュ>

フランス/ボルドー、メドック地区、サン・ジュリアン村

輸入者 成城石井


シャトー・ラグランジュは歴史あるシャトーですが、所有者の財政難で荒廃していたところを、1983年にサントリーが買収し、多額の資金を投入して生き返らせたシャトーです


3000円台前半で購入しました

AD

ベルコーレ

テーマ:

「愛の妙薬」でハッピーバレンタイン!


「愛の妙薬」っていうオペラをご存知ですか?

純愛物語ではなく、喜劇なんですけど。


このワインの名前「ベルコーレ」は、オペラ「愛の妙薬」の登場人物からとったものなんです


主人公の恋敵の名前なんですが、ベル(良い)コーレ(心)という意味もあり、最後はカッコイイセリフと共に狙っていた女性をあきらめる役回りなんですね


え?それじゃバレンタインに紹介するワインとしては不吉では?


そうですね

でも、生産者のイ・ジュスティ・エ・ザンツァは他の登場人物の名をつけたワインも造っていますから参考になさってくださいニコニコ


一番格上のワインがデュルカマーラ

(主人公に「ほれ薬」と偽ってワインを売りつけたペテン師の名前です→結果的には恋のキューピッドになった役。ラベルはなぜか、女性の顔のイラスト)


次がこちらのベルコーレ

(女好きの軍曹、恋敵,、ラベルはぶどうのイラスト)


一番お手ごろ価格なのがネモリーノ

(村の青年、主人公の名前がつけられています。ラベルはバッカスのイラスト)


あなたなら、どれを選びますか?



ベルコーレ

I GIUSTI&ZANZA
BELCORE 2004

TOSCANA IGT ROSSO

<イ ジュスティ エ ザンツァ

ベルコーレ>

イタリア/トスカーナ

ぶどうぶどう/サンジョベーゼ80% メルロー20%

輸入者 中島董商店


以前からこの生産者のことは知っていたものの、ラベルが派手すぎて、なんか食指が動かなかったんです

でも、評判も良いようだし、サンジョベーゼ+メルローなら飲んでみたいなぁと思い、私はまずこのベルコーレを選びました

香りはメルローの香りが強いのかな?

かなり自分好みの香りです


味わいは少し酸味が強いように思いました


ちなみにデュルカマーラはカベルネ・ソーヴィニヨン80%、メルロー20%のフルボディタイプ

ネモリーノはサンジョベーゼ50%、メルロー30%、カベルネS20%の普段飲みに向いたワインです


ベルコーレ、お値段は2000円台後半で

ただいまの悩み

テーマ:

今日は土曜日。

なのに午前中からネット喫茶?で篭城中

今はもう午後か…


何でこんなことをしてるかといえば、今年に入ってから自分の住んでるマンションは全部屋工事中だからである


私の住んでいる地域は(比較的)近くに航空基地がある

近くとはいっても、車で一時間ほどの距離はあるのだけれど。


なので、国のお金でただいま全室、防音工事の真っ最中なのだ


部屋は借部屋なので、私には選択権がない

一応工事に対する同意書にサインメモさせられたが、任意ではないのである


先週、まずはサッシとドアの付け替えから

朝の8時から窓という窓はすべて取り払い、表のドアもはずしてしまったので、気温はもう外気とかわらず、すごく寒かったカゼ

おまけに全室から電動工具の音がする、この状態で部屋にいられるはずもない

翌日も工事ということで、私は実家へ避難した


留守中にドアを交換、鍵も新しいものになるとのことで、あらかじめ渡されていた新錠を持ち、あいさつだけして実家で一泊

翌日遅く星空、仕事を終えてから戻ると、案の定ベッドの上に物が置かれ、おまけに砂でじゃりじゃりである

床も、パソコンパソコンも。。

深夜に雑巾がけ、カーテンもつけなおす


そして昨日は次の工程

全室の壁紙張替えである

部屋、台所、玄関までも

荷物をどかせといっても、避難させるところなどない


仕事から帰ったら、部屋中ほこりだらけ、はがした壁紙を詰めたビニール袋は撤去し忘れて残っていた


パソコンパソコンのコンセントが抜けている

インターネットがおかしくなっていたので、時刻合わせをした

パソの時計が1904年とかになっている

設定を合わせ復旧した


ワインセラーワインのコンセントが抜けている

夏じゃなくてよかったよ


エアコンが撤去されている(明日新しいのに換えるといってたなぁ~)

今年が暖冬でよかったよ


CDコンポCDをつけたらエラー表示

明日の昼、本格的に調べよう

これはマジ壊れたかもしれない


その他、普段使っているものの大部分がどこにしまわれたのかわからない状態だ

読みかけの本も見当たらないパンチ!


土曜日、つまり今日

朝7時に起き、朝食を作って食べる

8時過ぎには工事のスタッフが訪れた

私は今日の工事について、責任者に質問した

内容は私がもらった説明書とは違い、監督の持つ「図面どおり」やるとのこと。。

それじゃー開始前同意書にサインしても意味ないじゃん!?プンプン


そして工事は丸一日かかるとのこと

窓はすべて開けられ、ドアも開け放たれる

電動工具の音

寒さとうるささのため、まんきつに避難


しかし仕事は夕方から深夜にかけてなのである

なのに朝から部屋を追い出されたのじゃ困ってしまうよ


まだまだ来週も続くそうである。゚(T^T)゚。

カルピネート

テーマ:

カルピネート社キャンティ・クラシコ・リゼルヴァ


ラベルデザインがポッジョピアーノのキャンティに似てるなぁ。。


タンニン、酸がしっかりしたフルボディ。ベリー系の果実がいくつも合わさった複雑な香り

キャンティ・クラシコ・Rらしいよさをもった、しっかりしたワインです



カルピネート

CHIANTI CLASSICO RISERVA 2001

CARPINETO

<キャンティ・クラシコ・リゼルヴァ

カルピネート>

イタリア/トスカーナ

ぶどう/ぶどうサンジョベーゼ

輸入 成城石井


3000円台前半で。


※カルピネートのサンジョベーゼ主体のワイン、ドガジョーロ の記事


やはり、同じメーカーで価格の違うワインが出ていれば、それはきちんと差があるものですね

違うメーカーで2000円台と3000円台のワインが在ったときに、必ず3000円の方がすばらしいワインかというと、一概に言えないかもしれませんが、同一メーカーなら、まず間違いないと感じました

恵方巻

テーマ:

昨年ごろからブーム到来の節分の行事、恵方巻

皆さんは召し上がりましたか?


私はあんまり興味もなく、自分一人だったら食べなかったと思うけど、ちょうど実家に帰ったら、弟の奥さんが買ってきてくれたので、ごちそうになりましたお茶


今いろいろ困ったことばかりなので、少しでも運気が上向いてくれるといいなぁと思いつつ。。チューリップピンク

モンテ物産なら安心?

イタリアの安旨ワイン


ビアンキ

BIANCHI 2005

MONTEPULCIANO D'ABRUZZO

<ビアンキ モンテプルチアーノ・ダブルッツオ>

ウマニ・ロンキ社

ぶどうぶどう/モンテプルチアーノ

イタリア/アブルッツオ

アルコール 13%

輸入者 モンテ物産


気軽に飲める赤ワイン、ミディアムボディです

ラズベリーなどベリー系の香りがアクセントになっていて、バランスがよく、食事にも合わせ易いと思います

またそのまま飲んでもOK


モンテプルチアーノ種を使ったコスパなワインって、よく見かけますね

日本人に一番馴染みのある赤ワインの品種っていうと、カベルネかな?って思うんですけど、モンテプルチアーノの香りはカベルネとは似てないんです。

でもこれはこれで受け入れられているんですね


安旨の鍵となる生産量は、キャンティの年間一億本以上には及ばないものの、モンテプルチアーノ・ダブルッツォも年間6000万本が作られています

お値段は小売店で1000円前後

以前このブログでも何回か紹介したことのあるワイナリー、ニュージーランドのクラウディ・ベイ

ここのフラッグシップワインがテ・ココです


テココ

CLOUDY BAY TE KOKO 2002

<クラウディ・ベイ テ・ココ>

ニュージーランド/マールボロ

ぶどうぶどう/ソーヴィニヨン100%

アルコール 13.5%

輸入者 ディアジオ モエ ヘネシー(株)


味わいはといいますと、かなりリッチで、あっさりした料理では負けてしまいそう

私は寒ブリの脂の乗ったお刺身といっしょにいただきましたが、お肉のほうが良かったかもしれません


一つ前に書いた、マウント・ネルソンに比べたら、香りは控えめ

というか、ちょうど心地よいくらいの強さです(^^;


クラウディ・ベイのワインの記事はこちら↓

ピノ・ノワール

ソーヴィニヨン (スタンダードクラスのもの)


テ・ココはスクリューキャップではありません

ネットで3000円台前半です

(なぜかスタンダードクラスと1000円も変わらないんだよなぁ。。)