いわしの香草焼き

テーマ:

真いわしで作りました

いわしの香草焼きです(^^)/


いわしの香草焼き

いわしは手でちぎるようにして開きます

頭と内臓を取り、3枚におろす

そしてにんにくで焼いていきます


最初いわしは皮の方から焼き、周りが白っぽくなってきたら

裏返すのですが、火の通りが早いんです

30秒から60秒くらいで焼けてしまいます(汗

手早く返すにはやはりトングがいいですよ~

100円ショップで買ったものを愛用しております^^


使ったハーブはレモングラス、チャービル、イタリアンパセリ

そんなとこかな?


魚を返した後は仕上げに白ワインを投入

(ほかのソテーより少し多め)

アルコールを飛ばしたらフライパンをゆすって乳化させます

そこにレモンをしぼり、ソースも同時に作るんです

よく乳化したら、最後にEXオリーブオイルをかけ完成!!


ハーブとともに、レモンの香りが決めてですね~

ぜひつくりたてを食べたいです


↓こちらを参考にしています


落合 務

イタリア食堂「ラ・ベットラ」のお魚レシピ

一緒に飲んだのは、セッテソリのシャルドネです

シチリア産の白ワインですが、パワフルなだけじゃなく、複雑味があり好きです

私的には、1000円少々の白ではイチオシかも

これはいつ飲んでも安定しておいしいので、安心して飲めますね

AD

ラフテー

テーマ:

ちょっと気合を入れてラフテーを作ってみました

気合を入れるって何に?って感じですけど、これ手間はかからないけれど、時間はかかるんですよ^^;

今回所要時間は3時間くらいでした

(多分2時間くらいでもOK)


たっぷり時間をかけたのと、たっぷり泡盛を使ったので、とっても柔らかく仕上がりました^^

らふてー


「角煮とは違うのだよ、角煮とは」

なんちて


じゃ、ラフテーと角煮の主な違いとは?

レシピって細かい部分は料理人によってそれぞれ違いますからねー

主だった違いというと

角煮は

豚ばらのかたまりを使うのは同じ

でも最初に、適度な大きさに切り、一度焼き付けてから(肉のうまみを逃がさないため)、今度は味のついた煮汁とともに煮る

これに対しラフテーは

最初はかたまりのまま1時間泡盛(+水)で煮る

ここで一度茹で汁を捨て、鍋を軽く洗う

肉を切り、今度は味付の汁でまた1時間以上煮る

ってことかな


調理時間は長いんですが、煮ている時間がほとんどなので、その間室内で別の仕事なり、なんなりしていれば、苦になりません


肉がはしでホロリとくずれるほど、柔らかくなり、味もよくしみこみ美味しかったデスラブラブ!

AD

ルイ・ロデレール

テーマ:

シャンパーニュのルイ・ロデレール社といえば、すぐに思い浮かぶのが「クリスタル」

ロシア皇帝が愛したといわれる、プレステージ・シャンパーニュですね


そんなルイ・ロデレール社のスタンダードクラス、ブリュット プルミエ NVです



ルイ・ロデレール


ROUIS ROEDERER BRUT PREMIER NV

<ルイ・ロデレール ブリュット プルミエ ノンヴィンテージ>

ぶどうぶどう/ピノ・ノワール56%、ピノ・ムニエ10%、シャルドネ34%


ピノ種の比率が高いからか、ふくよかな印象。。ってゆーか、

ふっくらしすぎ?

もっとシャープで、無機質な味を予想してたら大違いでした

もうちょっとすっきりでもいいような。。

AD

今週号の神の雫

テーマ:

少し前記事にした、サン・ミケーレ・アッピアーノ社サンクト・ヴァレンティンシリーズ"ソーヴィニヨン"が、週間モーニングの連載「神の雫」に登場!!


このソーヴィニヨンのファンの自分としては、うれしいけれど心配。。な複雑な気持ちです

これで人気が上がり、値上がりしたり、品切れになったらどうしよう

等々


サンクト・ヴァレンティンシリーズのソーヴィニヨンの記事はこちら

たいめし

テーマ:

若狭名物小鯛の笹漬を使ってたいめしを作りました

切り身になった鯛を使うから手間がかからず、味も良いです

たまにははこういうのもいいですねー


小鯛の笹漬け

<小鯛の笹漬け>

*わさび醤油で食べると美味しい、お酒のお供♪


米は、まずといでから30分水切りののち、30分以上水につけておきます

お米2カップに対し、塩少々と、酒、醤油大さじ2を含めて2カップになるよう、水を足し、炊飯器で炊きます

炊けたら、鯛をほぐして、好みのトッピングをすればできあがり^^

私は大葉としょうがのせん切りを載せました

紅しょうがのみじん切りで色のアクセントをつけてもいいみたいです★

でゎお酒

たこのキムチあえ

テーマ:

今日は写真なしです、ゴメンナサイ

でも、かなり単純なものなので、イメージしやすいと思います(*^ー^)ノ


たこのキムチあえ

<材料:きゅうり1本、白菜キムチ150g、刺身用ゆでだこ150g、塩少々>


きゅうりはたて半分に切ってから、薄切りにして、塩少々をふり、軽くしぼる

白菜キムチは食べやすい大きさに切る

たこを薄切りにする

これをよく混ぜ合わせればできあがりです!!


そのままで食べると少しかたいゆでだこも、キムチとあえることで、驚くほどやわらかくなります

おかずにも、つまみビールにもOK!

ごはんが進みますよvv

おすすめ品ラブラブ


*キムチは京都のほし山というところのものを使いました

*元のレシピは日経新聞の土曜版です

ランファン・ジェズュ

テーマ:

ブシャール・ペール・エ・フィスのフラッグシップワイン、幼子イエスのランファン・ジェズュです


美味しいピノ・ノワールって、なかなかその辺の酒屋じゃ売ってないし、仕事が忙しく、レストランで夕食をとるなんて、当分できそうもない。。でも、どうしても、美味しいピノが飲みたいなぁ

そう思ったある日、家に1本だけあったブルゴーニュを開けることにしました


ランファンジェズ


でもこれが大失敗

セラーから出し、1時間くらい立てて置いてから開けたんですけど、02のこれ、抜栓直後に飲むのは無理ですねぇ

「絹のようななめらかさ」とうたわれる、すばらしさを味わうことはできませんでした


*銘酒はゆとりのあるときに飲みましょう*


GRAND VIN DE BEAUNE GREVES

VIGNE DE LENFANT JESUS 2002
BOUCHARD PERE&FILS

ドメーヌ ブシャール ペール エ フィス

ボーヌ プルミエ クリュ グレーヴ

ヴィーニュ ド ランファン ジェズュ

フランス/ブルゴーニュ

輸入者/ファインズ

バロン・フィリップ

ムートン・ロートシルトが、チリで造るワインです

カベルネSメルローシャルドネと主要なヨーロッパ品種が揃っています

こちらは、ソーヴィニヨン・ブラン

さわやかな香り、最初口に含んだとき感じる果実の甘さと、苦味を含む旨みがあり、飲みやすいと思います


バロンフィリップ

BARON PHILIPPE

SAUVIGNON BLANC

MAIPO CHILE


栓はコルクではなく、合成樹脂かな?

ショップ価格は1500円程度です

豚肉ときのこのソテー

テーマ:

スライスしたにんにくと、塩こしょうで味付けしました

白ワインと一緒に(*^ー^)ノ


豚肉ときのこのソテー

<材料:豚のもも肉(一口かつ用)を3等分したもの、しめじ、エリンギ、しいたけ、スタップえんどう、バジル、オリーブオイル、白ワイン、にんにく1片、塩、こしょう>


材料に火が通ったら、塩こしょうで味を調えて、最後にちぎったバジルを入れます

香りが出ていいカンジに。

カプスラ・ヴィオラ

テーマ:

名門アンティノリが造る白ワインです


以前読んだ「ワインデイズ」という文庫本で、初めてその名前を知りました

「ワインデイズ」はイタリアワイン好きのアメリカ人?のエッセイをまとめた本で、まあ思いっきり個人の好みを書いた本なんですが、その中においしい白ワインとして登場するのです


この夏、クイーンズ伊勢丹の売り場で見かけ、あっこれだ!

と思ったものの、ちょっと不安になりました

お値段が1000円ちょっと。。

もしかしてはずれかも?


でもワインは飲まなきゃわからないしねー

この値段ならはずれでも仕方ないか。。


と思いつつ、よく冷やして飲みました

一口目の印象。。。   「辛い!」

はーこれはかなり辛いですね(^^;)


これは飲みづらいなぁ、と冷蔵庫へ


カプスラヴィオラ


翌日、もう一度挑戦!!

そしたら、幸運なことに。。 「まろやかになってます」

あー良かったかお

無事すべて飲みきりましたvv


CAPSULA VIOLA 2005

TOSCANA

ぶどう/トレッビアーノ種主体

イタリア/トスカーナ州

輸入者/マキシアム・ジャパン


ヴィオラという名前に合わせ、ラベルの一部と、キャップシールが紫色です